不動産屋さんの社長って(愛和住販社長ブログ)

愛和住販っていう不動産会社の社長の日記です。社長っていっても零細不動産屋ですから大したことないです。そもそも社長に向いてないし・・ジョブチェンジするなら迷わず「吟遊詩人」にします(笑)

不動産の買い取り・売買・賃貸を坂戸・川越を中心に埼玉県をメインに営業している不動産会社です。新築戸建て・中古戸建てやマンション・売地など取り扱っています。賃貸の仲介もやってます。

「金スマ」にユーミンが出演して中島みゆきの事を語ったというネットニュースをみた。ボクはTVを見ないので知りませんでしたが、ユーミンと中島みゆきといえばボクの青春時代からボク達の間では、キャンディーズVSピンクレディー、キャロルVSクールス、聖子VS中森明菜、という感じで議論されていたライバル関係です。ボクの体感では、ユーミンは巨人ファンで中島みゆきは阪神ファン。全国的にはユーミンファンがやや多いですが、中島みゆきファンはコアなファンが多いといった印象です。ボクですか?ボクは阪神ふぁんどころかパリーグのロッテファンですよ。こんなコアでマニアックな漢が心を惹かれるのは当然、中島みゆきです。もちろん、ユーミンも好きですよ。ボクの真っ赤なスターレットの座席にはカーステレオ用のカセットテープを入れる収納BOXがありましたが、SASや矢沢・聖子ちゃんとともに必ずユーミンの曲の入ったカセットテープがありました。ユーミンの曲はドライブに良く似合うんですよ。お気に入りだったのは「パールピアス」でしたね。アルバムの中に「DANG・DANG」という曲がありましてよく運転しながら聞いていました。ボクが19歳の頃です。対して中島みゆきの楽曲ときたらおよそドライブに相応しくないものばかりで21世紀になってようやく「宙船」のような楽曲がリリーズされましたが、20世紀の中島みゆきの楽曲はウキウキ気分で車の中で聞く曲ではありませんでした。ましてやデートドライブに中島みゆきは絶対ダメでしたね。でも、染みるんですよね~。失恋した真冬の深夜。一人の寒い部屋で毛布にくるまりながら中島みゆきの曲を聴いていると、涙がこぼれるんですよね。因みにこの中島みゆきのライバルといわれた山崎ハコの歌は「泣きたくなる」どころか「死にたくなる」ので失恋時にきくのはヤバかったです。さて、ユーミンの楽曲の世代別ベストテンで50・60歳世代の第一位は「卒業写真」でした。まぁそうでしょうね。この世代はそもそもユーミンに入ったキッカケはほぼ「卒業写真」ではないかと思います。ボクもそうです。ただボクの中のユーミンの楽曲で一番好きなのは「カンナ8号線」です。因みに中島みゆきだと「化粧」ですかね。桜田淳子も歌っていました。今夜は久しぶりにユーミン&中島みゆきでも聞いてみますかね。

▼不動産に関するご相談はコチラから▼
お問い合わせフォーム 

▼「ポチ」っとクリックお願いします。
にほんブログ村 経営ブログ 零細企業社長へ
にほんブログ村


日本シリーズも終わり今年も各球団からの戦力外通知が終了しました。プロ野球の戦力外通知というのは要するに「クビ」ということ事です。プロ野球は外国人選手を含めて1球団70人までと抱えられる選手の人数が決まっています。育成選手といって70人とは別枠で所属させることは可能ですが育成選手は1軍の試合には出場できないので、本当の意味でのプロ野球選手は常に1年間でMAX840人しかいないのですね。毎年ドラフトで新人が入団してくれので、その分毎年戦力外といって「クビ」になる選手がいるわけです。マリーンズは今年は8人(うち育成選手一人)が戦力外となりました。ドラフト時には全ての選手に期待したいますからその選手が毎年戦力外になっていくのは淋しいです。テレビ番組でも戦力外を取り上げたドキュメント番組を放映していますがボクはこの番組は見たことがありません。なんか悲しくなるので見ません。ただ毎年の事ですがマリーンズを戦力外で去っていった選手たちの第2の人生が幸福でありますようにと願っています。

▼不動産に関するご相談はコチラから▼
お問い合わせフォーム 

▼「ポチ」っとクリックお願いします。
にほんブログ村 経営ブログ 零細企業社長へ
にほんブログ村


プロ野球の日本シリーズは、昨年に続いてホークスがジャイアンツを4連勝で下して日本一になりました。ホークスファンのみなさん!おめでとうございます!毎年日本一で本当に羨ましい限りです。逆にジャイアンツファンの皆さんは残念でした。2年連続でホークス相手に1勝もできず悔しい思いをしているででしょうがそれでもセリーグ優勝ですからね。ボクは子供のころからずっとロッテ球団のファンであり、パリーグのファンなのでシーズン中は憎たらしいほど強い敵のホークスですがパリーグ代表としてセリーグの象徴ともいえるジャイアンツに圧勝したことは胸がスカッとしました。別にボクはアンチ巨人とかじゃないですよ。あえて「アンチ」という言葉を使うとしたら「アンチ・セリーグ」ですかね。というのはいまですらネットなどが発達して12球団すべてのチームの試合の中継を観ることができますが、それまではず~~~っとパリーグの試合なんか地上波で放映なんてされませんでしたからね。「TVじゃ見れない川崎劇場」なんていうロッテオリオンズのCMなんかも有ったんですよ。試合中継だけじゃないですよ。ニュースのスポーツコーナーもセリーグ中心で、ロッテ戦なんて下手すると映像もなく結果だけでオシマイということも多々ありました。唯一当時放送されていた「プロ野球ニュース」だけが全試合の映像を流してくれましたが、それでも「尺」はセリーグの方が長いんですよ。ボクのようなパリーグファンはず~っとこうやって虐げられてきたんですよね。いまでこそパリーグの野球は面白いといわれますが、昔からパリーグの方が面白かったんですよ。今も昔も変わりません。昔からパリーグの野球は力勝負も多いし、投打・攻走守もスピードがありました。ただメディアが取り上げてくれないし露出度が低くて人気が上がらず、ドラフトでも有望な選手はセリーグを希望するし指名しても入団拒否されたりと本当に長年にわたって選手もファンも耐え忍んできたのです。だから交流戦でも日本シリーズでも強いパリーグを見るとジ~ンとくるわけです。そしてまたいつかマリーンズの選手が日本シリーズの舞台に立ち、戦い、勝利する姿を見たいです。

▼不動産に関するご相談はコチラから▼
お問い合わせフォーム

▼「ポチ」っとクリックお願いします。
にほんブログ村 経営ブログ 零細企業社長へ
にほんブログ村

↑このページのトップヘ