不動産屋さんの社長って(愛和住販社長ブログ)

愛和住販っていう不動産会社の社長の日記です。社長っていっても零細不動産屋ですから大したことないです。そもそも社長に向いてないし・・ジョブチェンジするなら迷わず「吟遊詩人」にします(笑)

不動産の買い取り・売買・賃貸を坂戸・川越を中心に埼玉県をメインに営業している不動産会社です。新築戸建て・中古戸建てやマンション・売地など取り扱っています。賃貸の仲介もやってます。

衆議委員が解散になって選挙になりますね。19日告示で31日投開票。なんだか随分といそがしい。もっとも衆議院の任期満了が21日ですから任期満了後の選挙ということになります。現憲法下では任期満了を超えてからの選挙は初めてだそうです。また解散から投開票まで17日は戦後最短だそうです。しかし岸田総理はまだ何もしていなので評価のしようがありません。そうなると菅総理が「してきたこと」を評価するしかないのですがならば自民はナシかなぁ。かといって野党の第一党も立憲ですから微妙ですね。まぁ要するに魅力ある政治家も政党も現状はないなぁというのが正直な感想です。それでもだからと言って選挙を棄権したらそれこそ魅力ない政治家の思う壺ですからね。たった1票では何も変わらないと若い頃は思っていましたが、「ゼロ」には何を掛けても「ゼロ」ですが「1」は何かを掛ければ10にも万にもなります。特に若い人は選挙に行った方がいいです。なぜなら政治家は選挙に勝つことを最優先しています。ですから「票になる」ところに手厚く手当します。若者が選挙にいかなければいつまでたっても若者を蔑ろにします。若者を蔑ろにする国家に発展はありません。だから若い人には選挙に行ってもらいたいなぁって思います。

▼「ポチ」っとクリックお願いします。
にほんブログ村 経営ブログ 零細企業社長へ
にほんブログ村

明後日の月曜日はプロ野球ドラフト会議です。今季もコロナやオリンピックもあってシーズン中のドラフト会議になります。ボクのような一部ドラフトマニアは別として全体的にあまり盛り上がっていません。今年はここ数年のように「超目玉」という選手がいなくて言葉は悪いですが「不作」と言われているのもあまり盛り上がらない原因かもしれませんね。昨日時点でドラフト1選手を公表したのはライオンズだけです。ライオンズは西日本工大の隅田投手を1位指名だそうです。ボクの予想とは違っていました(笑)こうなると我がマリーンズもちょっと考えないといけませんね。ひょっとしたら筑波大の佐藤投手を一本釣りできる可能性も出てきました。それはともあれ今年のように超目玉という選手がいない時のドラフトの方がマニアとしては予想していても面白かったりします。また「不作ドラフト」と言われる年が何年か周期でありますがそれでもその年に指名された選手の中から後の主軸になった選手も大勢います。ドラフトの結果は5年しないと分からないというのはまさにその通りです。だたこういう時のドラフトこそスカウトの腕が試されると思うので面白いです。月曜日の年に一度のドラフト会議を楽しみにしています。






にほんブログ村 経営ブログ 零細企業社長へ
にほんブログ村

やっと自民党の総裁選挙が終わりました。新総裁には岸田氏が選出されました。ボクはそれほど興味はなかったですが連日総裁選の話ばかりでウンザリしていたので終わってくれて良かったです。総裁選挙なんて所詮は自民党内の権力争いでしかありませんから別に誰が総裁になろうと大きく変わるわけではありません。ただ岸田氏が総裁になったことでひとつわかったのは自民党内では現状の自民党を変える気はないという勢力が多くいるということです。ネットでは河野氏や高市氏の人気が高かったですが何故人気が高かったといえばおそらく河野・高市氏ならば「何かを変えてくれる」と思った人が多かったからではないかと思います。裏を返せばいまの自民党の政策に不満があり何かを変えて欲しいという思いを多くの人が持っているのではないか。ボクもその一人です。でも結果は岸田氏ですから多分大きく何かが変わることはないでしょう。自民党内での勢力図が変わるくらい。といっても安倍・麻生両氏の発言力がますます強まるわけですから「何かを変えて欲しい」勢にとっては期待薄ですね。野党にとっては人気のある高市・河野でなく岸田氏が総裁になったのは多少のプラス材料だとは思いますが、岸田氏も高市・河野の人気を放置するはずもなく対衆議院選にむけて人事で二人を上手に使っていくと思います。あとはボク達有権者がどう見るかですね。岸田氏に期待し自民党へ投票するか、思い切った変革に望みを賭けて野党に1票を投じるか。なんとも悩ましいところです。

▼クリックしてくれると嬉しいです。
にほんブログ村 経営ブログ 零細企業社長へ
にほんブログ村

↑このページのトップヘ