不動産屋さんの社長って(愛和住販社長ブログ)

愛和住販っていう不動産会社の社長の日記です。社長っていっても零細不動産屋ですから大したことないです。そもそも社長に向いてないし・・ジョブチェンジするなら迷わず「吟遊詩人」にします(笑)

不動産の買い取り・売買・賃貸を坂戸・川越を中心に埼玉県をメインに営業している不動産会社です。新築戸建て・中古戸建てやマンション・売地など取り扱っています。賃貸の仲介もやってます。

「暑さ寒さも彼岸まで」とはよく言ったものでここ最近はいつの間にかスッカリ涼しくなってきましたね。夜のエアコンは全く不要になったどころか最近では半そでTシャツで寝ていると朝方寒かったりします。こういう時は風邪に気を付けないとですね。コロナ禍の最中ですし風邪で熱がでたら大変です。さて昨日は秋のお彼岸の中日でした。お彼岸については以前ブログにも書きましたが昨日は母と一緒に父の墓参に行き菩提寺のお寺さんでお焼香をしてお昼にうなぎを食べてきました。墓苑にも墓参の人がいてまだまだ日本人も捨てたものではないなぁって思いました。ボクはお盆やお彼岸には墓参やお寺さんへの参詣もありますが自宅の仏壇へもいつもより多めにお供え物をします。色々とお供物はありますがボクはやはり「落雁」ですね。やはり仏壇には「落雁」が一番似合います。まるでボクと嫁のようです(白目)そして今回は初めてお酒をお供えしました。お寺さんで聞いたらビールでもワインでもなんでもいいらしいのですが、やはり仏壇には「清酒」が一番似合います。まるでボクと嫁・・・。で最初にワンカップみたいなお酒にしようと思っていたのですが、「スーパーベルク」さんに「落雁」買いにいったら、ちゃんと「御神酒」が売っているのですね~。(中身は黄桜で金粉入り)さすがだなぁって思いました。大きさもボクの嫁なら一口でイケそうなくらいサイズであまり大きくない我が家の仏壇に丁度いいサイズでした。早速仏壇にお供えしてお線香を灯すとなんとも言えない清々しい気分になるのはボクがJJIだからか?それとも日本人のDNAか分かりませんが「いい気分」になりました。あとは「いい事」があればいいなぁ~って思います。お釈迦様の教えではいい事すれば返ってくるはずなんですけどね。
preview


▼クリックしてくれると嬉しいです。
にほんブログ村 経営ブログ 零細企業社長へ
にほんブログ村 


愛和住販コーポレートサイト


今日は「敬老の日」だったんですね。ボク等世代だと「敬老の日」は9月15日の固定だったのでちょっとピンときません。平成になって日付が変わってしまった祝日が多くてついて行けてません(笑)それに「敬老の日」ってボクの年代だと孫がいないとどうしようもないイベントですよね。ボクの友人達には孫が既にいる友人もいますがボクには孫もいないので孫からのサプライズもないのです。ただ「敬老の日」の発祥はとある村の「老人会」発足と言われていますので、今の時代60代でも「老人会」って感じじゃないしなんとも微妙なネーミングですね。「ベテランの日」とか「大パイセンの日」とかにしてくれるとボクも参加できるイベントになるのにと思います。「敬老の日」というとボクが子供の頃は、比較的近くに住んでいたじいちゃん、ばあちゃんの家に行ったりしましたね。プレゼントは昭和の小学生定番の「肩たたき券」です。今の若者は笑うかも知れませんが、ガチで「肩たたき券」を作ってプレゼントしたんですよ。たいていが5枚又は10枚綴りになっています。で、その券を渡すと早速じいちゃんが使います。「おお、気持ちいい」とか言ってくれて適当な所で「もういいよ」って言ってくれます。そして「肩たたきしてくれたからお小遣いをやろう」といって100円とか50円とかくれます。そうなんです。「肩たたき券」って無料ではなかったんですね~(笑)いや、もちろんプレゼントですからお金を貰おうなんて思ってませんよ。でも、くれると言われればそれはそれで吝かではないわけです。いまの年齢になると分かりますね。孫が顔を見せに来てくれることが一番のプレゼントだということが。そういうわけで全国の小中学生の皆さん!「肩たたき券」を持ってじいちゃんの家にGOTOしてください。じいちゃん、ばあちゃんにもそしてキミ達にもきっとささやかな幸福が訪れるはずです。人生の「大パイセン」が太鼓判を押します!


▼クリックしてくれると嬉しいです。
敬老の日


にほんブログ村 経営ブログ 零細企業社長へ
にほんブログ村 


愛和住販コーポレートサイト

先日スマホのLINEに高校時代の担任の先生が「知り合いかも?」と表示されました。15年くらい前に共通の知人からその先生のケータイ番号を聞いて登録したけど電話してもどうせ忘れられているだろうしそのまま放置してましたがLINEに出てきたので一応メッセージを送信してみたところ思いがけず返信がありボクのことを覚えていてくれました。マジか?って思いましたが感激しましたね。教え子なんて1万人以上はいるだろうに、しかも40年ぶりですよ。その間に一度も同窓会もなかったし(ボクが呼ばれていないだけかもしれませんが)本当に覚えているとは思いもしませんでした。近くに住んでいると思って「今度、酒でものみましょう」ってLINEをしたら何でも定年後に故郷の山形県に帰って現在は山形に住んでいるそうです。あ、でも子供さん達が埼玉にいるらしく年に何度が埼玉に来るらしいのでその時にでもっていう話になりました。いや、すごく感動したのでボクの方から山形に行ってもいいかなぁって思ってます。今年は仙台遠征(野球の話ね)もしなかったし。それにしても教師ってすごいなぁ。いまの時代「先生」ってあまり近い存在じゃない感じがしますが、ボクの世代はまさしく1作目の「金八先生」時代ですからね。鶴見慎吾が杉田かおるを腹ませて大騒ぎする世代ですからね。まだ「先生」が「聖職者」と呼ばれていた時代です。それにしても40年も前のしかもボクのように口数も少なく地味で目立たない生徒の事をよく覚えてくれてました(笑)久しぶりの感激しました。やっぱり山形まで会いに行こうかなぁ。

▼「ポチ」っとクリックお願いします。
にほんブログ村 経営ブログ 零細企業社長へ
にほんブログ村 

愛和住販コーポレートサイト



↑このページのトップヘ