不動産屋さんの社長って(愛和住販社長ブログ)

愛和住販っていう不動産会社の社長の日記です。 多分、自分は社長タイプじゃありません(白目)

不動産の買い取り・売買・賃貸を坂戸・川越を中心に埼玉県をメインに営業している不動産会社です。新築戸建て・中古戸建てやマンション・売地など取り扱っています。賃貸の仲介もやってます。

昨日は、ノムさん(野村克也氏)の突然の訃報に驚きました。昨日ボクの別ブログ「モヤモヤまり~んず」にも書きましたが野村克也と言えばパリーグ一筋47年のボクにとっては王・長嶋以上の選手です。

【訃報】ノムさん逝く。

戦後初の三冠王を取ったのがノムさんです。パリーグには三冠王はノムさんを含め落合(3回)ブーマー・松中と4人しかいません。因みにセリーグでは戦前の中島と王さんとバース(2回)です。キャッチャーで3冠王ってハンパなく凄い選手なんですけど映像とか残っているのが少ないですよね。昔はセリーグしかも巨人中心でしたからね。いかにパリーグが蔑ろにされていたのかよく分かります。パリーグでノムさんのいた南海とボクの贔屓のロッテとの試合「ロッテ・南海戦」といえばパリーグの黄金カードと呼ばれた時もあったんですがまぁ多分ほとんどの人か知りませんよね(笑)
そんなノムさんですが数々の語録も残しています。弱小チームを優勝に導く名監督として「弱者の勝ち方」的な語録はボクのような零細企業の社長やっている人間には参考になる部分もあるんですけど、逆に参考程度にしかならないんですよね。なぜなら野村監督が教えていたのは弱小だろうと何だろうと全員「プロ」の選手なんですよね。対して零細企業のスタッフは「プロ」じゃない。知識とかスキルとかキャリアでなくてそこまで「プロ意識」を持って働いている人って少ないと思うんですよね。そもそも「プロ」と名のつく職業は少ない。いくらボクが「不動産のプロ」を自称してもその「プロ」の中身って何なのかといえばアヤフヤです。例えば「将棋のプロ」というとなりたくてもなれないですが、「麻雀プロ」や「パチプロ」なんて自称でいいし要は「ソレで食っているかどうか」だけですから「プロ感」はありません。ボクがこの業界に入った時にはお金も大切ですが「不動産のプロ」を目指したものですが今は「働き方改革」とかなんとかで「仕事はお金を稼ぐための手段」という感覚の人も多く何かのプロを目指している人は少ないと思います。そんな人たちに向かって語録を語ったところで刺さらないですよね。とはいえ弱小チームを率いて巨大戦力のジャイアンツを圧倒したヤクルト監督時代のノムさんが本当に好きでしたね。パリーグ出身の野村監督がセリーグを倒すといった構図にパリーグファンのボクとしては胸がすく想いでした。ともあれ、カネやんに続きノムさんとボクの少年時代にみたていた選手が次々に亡くなってしまい淋しいです。

にほんブログ村 経営ブログ 零細企業社長へ
にほんブログ村

愛和住販コーポレートサイト

プロ野球の開幕が待ち遠しい今日この頃。全国のマリーンズファン・プロ野球ファンの皆さんいかがお過ごしでしょうか。ボクは今日から発売になったマリンスタジアム開催のオープン戦のチケットをとりま取ってみました。開幕まで待てばいいのについつい買ってしまうオープン戦チケット。なんでかなぁ~。今年はマリンでのオープン戦は4試合だけなのでとりあえず3月1日の対イーグルス戦を買いました。嶋の移籍で落ち込んでいるイーグルスファンとの友情の証です。シーズンが始まるとほぼ100%ライトスタンドを取るのですが、オープン戦の時だけは普段買わない内野席を取ります。まぁたまには座って一杯やりながら呑気に野球をみようという趣旨です。呑気に野球をみられるのはオープン戦くらいですからね。公式戦になれば全力応援ですから。で今回は・・
1
「コカ・コーラピクニックボックスシート」にしてみました。初めての席です。何度も言うようにライトスタンドメインなので、内野席だとフィールドウィング数回と、井口の引退試合で外野が取れなかった都合で1塁側外野Aに1回座っただけです。今回もホームランラグーンと迷ったのですが3月1日ですから外野は日陰で寒そうなので晴れていれば日の当たる内野席にしました。また内野席側だと飲食のお店も近いし充実してる。そして「ピクニックボックス」は普段ほぼ用のない3塁側ですし何よりイーグルスファンの友人との友情の証ですからやはり3塁側でしょう。なんてボクは優しいのでしょう(笑)まぁそれほど嶋の移籍で友人は落ち込んでいるのです。まぁイーグルスの嶋といえばマリーンズでいえば福浦のような存在でしたから気持ちもわかります。
てなわけで3月1日はオープン戦です。座席は画像で公開しているので気が向いたら遊びに来てください。先着3名様にビールまたはチューハイをおごっちゃいますよ(笑)
さてあとは開幕戦を含めた公式戦のチケットですね。15日が販売開始日なので頑張って確保したいと思います。

▼誰もしてくれないので「ポチ」してくれると喜びます。
にほんブログ村 経営ブログ 零細企業社長へ
にほんブログ村

愛和住販コーポレートサイト

毎日お昼に何を食べるか考えるのが面倒です。基本的びボクはコンビニ弁当が好きではないのでお弁当ならいわゆる「ほか弁」かスーパーのお惣菜コーナーのお弁当を買います。愛和住販の近くには「日本亭」と「ほっともっと」があってだいたいバランスよく交互に食べます。前回は「ほっともっと」だったので今日は「日本亭」にしました。むかしは「ほか弁」といえば「ほっかほっか亭」ひとつだったんですけど、分裂して元祖グループの「日本亭」と「ほっともっと」になりました。店舗数は出て行った「ほっともっと」の方が多いイメージですが、元祖は「ほっかほっか亭」の「日本亭」です。実は「ほっかほっか亭」って埼玉県発祥の会社なんですよ。「ほっともっと」は知りませんが「日本亭」(ほっかほっか亭)の本社はいまでも埼玉県にあるはずです。このほか弁をボクが食べだしたのは18歳くらいの時だと思います。ほか弁の誕生は当時のボクには衝撃的でしたね。当時(昭和56年ごろ)はまだコンビニはほとんどなく有ったとしてもコンビニ弁当は日配品の冷たいお弁当で種類もありませんでした。なのでお昼というとどこかのお店で食べるのが一般的でした。(当時は定食屋さんとか街角中華屋さんとかもたくさんあったけど)それがまさかお弁当で温かいご飯が食べるれるなんて思いもよらず毎日のり弁としゃけ弁を交互に食べてました。さて「ほっともっと」と比べると「日本亭」弁当の方がボリュームがあります。メニューも「ほっともっと」よりも多いですね。もうヘルシーとかそんなもの完璧無視の若者・労働者のための弁当なのが「日本亭」ですね。あと唐揚げがデカイのが特徴ですね。アゲラーのから揚げ2個分はあるのではないかと思います。(Mカラとデカカラがあります)そして一度は病みつきになるのが「ノリからめんたい弁当」です。この弁当もかなり歴史のある定番中の定番ともいえます。こんなですから彩りなど完全無視でほぼ「茶色」の弁当はバランスが悪いと思いつつもソソルわけです。いつも「ほっともっと」ばかり食べていないでたまには「日本亭(ほっかほっか亭)」も食べてみてくださいね。因みに最近ボクは「日替わり弁当」にしてます。今日のメインはとんかつでした。
1

2


▼「ポチ」してくれると喜びます。
にほんブログ村 経営ブログ 零細企業社長へ
にほんブログ村

愛和住販コーポレートサイト


↑このページのトップヘ