不動産屋さんの社長って(愛和住販社長ブログ)

愛和住販っていう不動産会社の社長の日記です。社長っていっても零細不動産屋ですから大したことないです。そもそも社長に向いてないし・・ジョブチェンジするなら迷わず「吟遊詩人」にします(笑)

不動産の買い取り・売買・賃貸を坂戸・川越を中心に埼玉県をメインに営業している不動産会社です。新築戸建て・中古戸建てやマンション・売地など取り扱っています。賃貸の仲介もやってます。

昨晩、寝ようと思ったらグラグラと地震が。最初はあまり気にしなかったのですが、これが結構長い。そのうち揺れが大きくなりベットにいた2匹の猫が飛び起きて1階にいた猫たちも2階に駆け上がってきて逃げ回る状況に。ボクも「ヤバイ」と思って階段近くで待機していた所ようやく揺れが収まりました。いやぁ~怖かったです。震源地をネットで見たら東北地方。震災から丸10年。ちょっと勘弁しろよって感じです。以前書きましたがボクの父方の本家が福島の中通りでして、福島中通りの震度は「6強」との発表。今朝早速、本家に住む従弟に電話しました。神棚と仏壇の中身が倒れたもののそれ以外は特に被害が無かったようで安心しました。従弟がいうには10年前の震災と同じくらいの強さだったらしいです。東北地方の方は10年前を経験しているからさぞ怖かったと思います。幸い今回は津波もなく大惨事にはならなずにホッとしていましたがそれでも100人以上の人がケガなどの負傷をしたようで余震を含めて今後数日間は心配です。何事もないことを祈るばかりです。

▼不動産に関するご相談・お問い合わせはこちら(全国対応)
お問い合わせフォーム

▼「ポチ」っとクリックお願いします。
にほんブログ村 経営ブログ 零細企業社長へ
にほんブログ村


先日マリーンズの今年のファンクラブの会員証が届きましたが、今度はファンクラブ・グッツも配達されました。

IMG_6318

IMG_6321
何品かの中から好きなグッツを選べるのですか、今年は「パーカー」にしました。そして更に5000円追加して、2wayトートリュックも。まぁ確かにパーカーもリュックもたくさんあるんですけどね。でもファンクラブ特典アイテムは非売品なので嬉しいといえば嬉しいです。これに試合のタダ券が数枚付いてきます。そしてこの荷物の中に今季のガイドブックが入っています。それを見ながら今季の「基本観戦日」を決めるのが楽しみなんですよね~。

▼不動産に関するご相談・お問い合わせはこちら(全国対応)
お問い合わせフォーム

▼「ポチ」っとクリックお願いします。

にほんブログ村 経営ブログ 零細企業社長へ
にほんブログ村

JOCの森会長がどうやら辞任という事になりそうです。「女性蔑視発言」が思の外大問題になってしまって辞任に追い込まれたという感じですかね。個人的な感想をいうとボク世代だと森会長の発言はそこまで「女性蔑視」というような受け止め方はしなかったのですが時代が時代だしオリンピックという世界的イベントの責任者としては軽率でしたね。ただ「女性が入ると話が長い」というのはどうかな?って思います。それは森さんの個人のイメージ。昔ながらの「女性はおしゃべり」みたいなイメージなんでしょうね。ボクは女性に対してそういうイメージはありませんね。話が長い・短いは男女問わず「人による」と思います。またオリンピックの理事会は「井戸端会議」じゃないんだから関係ない事をペラペラ話す人は男女問わずいないと思います。まぁ男女のイメージってありますよね。「男は適当だから」とか「男は雑だから」とか「男のくせに細かい」とかetc。よく聞くと「女性蔑視」と同じくらい「男性蔑視」も街角でよく耳にしますがあまり騒がれません(泣)まぁそれは長い間、男性が女性を押さえつけてきた側だったからなのでしょう。しかし、森さんに限らずどうして政治家は失言が多いんでしょうね。落語家と政治家は言葉を生業にしている人達なのに不思議です。落語なら納得できる落ちがありますが、政治家の失言は辞職が落ちですから笑えないですよね。先日も「高級クラブに行ったけど酒は飲んでいない」という笑えない落ちで辞職した国会議員さんもいましたけど本当に政治家の質は落ちたなと思います。自分の発言に対して相手がどう思うかということを想像できない。そんな人が増えたと思います。それはやはり自分の事しか考えていないからなのかなと思います。そういう政治家が増えるのは国民としては不幸ですね。まぁ森さんの辞任で後任が誰になるのか分かりませんけどそれ以前いこの状況でオリンピックなんて無理なんじゃね。と大半の人は思っていると思います。

▼不動産に関するご相談・お問い合わせはこちら(全国対応)
お問い合わせフォーム

▼「ポチ」っとクリックお願いします。
にほんブログ村 経営ブログ 零細企業社長へ
にほんブログ村





↑このページのトップヘ