不動産屋さんの社長って(愛和住販社長ブログ)

愛和住販っていう不動産会社の社長の日記です。社長っていっても零細不動産屋ですから大したことないです。そもそも社長に向いてないし・・ジョブチェンジするなら迷わず「吟遊詩人」にします(笑)

不動産の買い取り・売買・賃貸を坂戸・川越を中心に埼玉県をメインに営業している不動産会社です。新築戸建て・中古戸建てやマンション・売地など取り扱っています。賃貸の仲介もやってます。

安倍総理が辞任して次期総理は菅さんでどうやら決定のようです。TVなどのメディアは連日菅さんを中心に次期総理話題を放送してますが別に何も盛り上がりませんよね。自民党内の権力闘争で派閥=数の力で決まるだけでそこに国民は介入できませんからね。菅さんは安倍政治の継承で各派閥の支持を受けたようです。現状維持を望むのは「現状に満足している人」ですから自民党の国会議員のみなさんは安倍政権時代の様々な事を変えて欲しくないんでしょうね。こうなるとボク達庶民の暮らしぶりも変わらないと言事になります。いま裕福な人はずっと裕福なままでいられるます。おめでとうございます!そしてボクを含めいま大変な思いをしている多くの人々は大変なまま必死で毎日生きていくわけです。菅さんは「自助・共助・公助」と言ってますが、要するに「自分の事は自分で何とかしろや。できなきゃ民間でなんとしろ。何でも国に頼ってんじゃね~よ」ってことです。サスガ叩き上げの菅さんらしい発想だと思います。自分の力で総理大臣まで上りつめた人が言うと説得力があります。でも、だったら国なんて要らないし政府なんて要らない。よって総理大臣も議員もいらね~よって話ですよ。公助が少ないなら税金も下げろよって思います。ボクの想像する政治ってそういう事ではないと思うんですけどね。そんな菅さんが自民党総裁=総理大臣になる日まであと少し。何の期待感も持てません。そもそも以前も書きましたが、自民党総裁=総理大臣ってやっぱり変。三権分立にならないじゃないですか。

政治家
議員さんってこんなイメージしか浮かんできません。まるで悪徳不動産屋です(笑)

▼「ポチ」っとクリックお願いします。
にほんブログ村 経営ブログ 零細企業社長へ
にほんブログ村 

愛和住販コーポレートサイト

前回は、不動さん売却時の譲渡税のあらましについて書きましたが今回は「軽減措置」につて書きます。

不動産売却時の税金の話②(譲渡所得のあらまし) 

色々とあるのですが一般のお客様に一番関わりが深い居住用財産を売った場合の特例について書きます。居住用財産を売った時場合の特例としては、
●3000万円特別控除
●所有期間10年超の居住用財産を譲渡した場合の軽減税率の特例
●特定の居住用財産の買換え特例
●居住用財産の買換えに係わる譲渡損失の繰越控除等の特例
●居住用財産の譲渡損失の繰越控除等の特例

などがあります。まず最初に居住用財産とは居住の用(自分が住んでいる)家屋と敷地のことです。
次に特例の対象となる居住用財産の譲渡とは、
①現在居住している家屋・敷地の譲渡
②転居してから3年後の12月31日までに居住していた不動産の譲渡(期間内に賃貸や事業用に供していても適用になります)
③災害等により家屋が滅失してしまった時は災害の有った日から3年を経過する日の属する12月31日までにその敷地だけを譲渡しても特例の対象になります。
④転居後に家屋を解体した時は、転居してから3年後の12月31日または解体後1年以内かのいずれか早い日までに譲渡すれば特例の対象になります(解体後にその敷地を貸したり事業用に使ったら適用外になります)
以上が基本線です。補足としては、特定の親族(配偶者・直系血族・生計を一緒にする親族・譲渡後にその家屋に居住する親族)や本人・配偶者・直系血族や生計を一緒にする親族が主宰している同族会社への譲渡の場合は特例は適用されません。また居住用財産の特例は3年に1度だけしか適用を受けることができません。尚、相続によって取得した空き家に係わる3000万円特別控除については一部要件が異なります。というわけでこの続きはまた次回にします。すぐに聞きたいお客様はメールか電話で直接お問い合わせくださいね。もちろん相談は無料ですから安心してお問い合わせください。
不動産の買い取り・売却は愛和住販にお任せください!
電話049-288-0705又はメールinfo@aiwa-j.comでご連絡お待ちしてます。

▼「ポチ」っとクリックお願いします。
にほんブログ村 企業ブログ 不動産業へ 
にほんブログ村 

一昨日の火曜日はマリンスタジアムに行ってきました。今年はライトスタンドから抜け出して、いままで座ったことのない座席で観戦すると独自ルールで応援のないマリンスタジアムを楽しんでいます。前回までは、「ウィングフィールド」「ホームランラグーン」と行きましたが、今回は【シートMロッソ】で観戦しました。
ウィングフィールドinマリンスタジアム

ホームランラグーンinマリンスタジアム 
preview (5)

入場前にまずは「和田康士朗」のユニフォーム購入。背番号とのネームが縫製ではなく圧着なので悩みましたがやはり「コウシロー」は「買い」でしょう。

preview (1)
さてコウシローのユニフォームに着替えて初めての【シートMロッソ】へ。Cゲート(コアラのマーチ)から入場して階段を昇ってフロア3へ行きライトスタンド方面に歩いて302通路から入って到着です。
preview (7)
おお、カウンターがあります。シートもライスタより広めでクッション付き。しかもこの席は屋根?にかかっていて雨で心配ない席です。梅雨の時期にはいいかも知れんせんね。
preview (6)
ライトポール際が「見切り」になってしまいますが高い場所から球場全体をほぼ見渡せて見やすい。
preview (10)
モニター画面もあるのはちょっと嬉しい。
preview (11)
ウェルカムドリンク(アルコール・ソフトドリンク)1杯とフード(この日はポップコーン&ナッツ)が無料でついているのがいいですね。デメリットとしてはコンコース内売店がフロア3には1店舗だけで喫煙所もないので、タバコを吸ったり飲食の時は階段で下まで降りないといけない所ですかね。あとは売り子さんがあまり巡回してきません。いつもサントリーさん提供のサワーを飲むのですがこの日は一度も売り子さんが来なくて飲みませんでした。まぁ売り子さん自体が少ないからかもしれませんが。トイレはすぐ近くにあります。肝心の試合の方は先発の大嶺が炎上し6回まで0-9、最終的には1-9になりましたがマリーンズはたったの2安打で、う~んこの試合でした(途中少し寝てました)でも初めての【シートMロッソ】を満喫したのでそれなりに楽しかったです。というわけで次回のマリンは10月になってから。また違う座席です。こうご期待!

▼「ポチ」っとクリックお願いします。
にほんブログ村 経営ブログ 零細企業社長へ 
にほんブログ村



↑このページのトップヘ