不動産屋さんの社長って(愛和住販社長ブログ)

愛和住販っていう不動産会社の社長の日記です。社長っていっても零細不動産屋ですから大したことないです。そもそも社長に向いてないし・・ジョブチェンジするなら迷わず「吟遊詩人」にします(笑)

不動産の買い取り・売買・賃貸を坂戸・川越を中心に埼玉県をメインに営業している不動産会社です。新築戸建て・中古戸建てやマンション・売地など取り扱っています。賃貸の仲介もやってます。

先日、1泊でマリンスタジアムに行きましたが2日目にアパホテルをチェックアウトした後にナイターまで時間がかなりあるのでホテルから徒歩で「幕張温泉・湯楽の里」へ行き夕方まで時間を潰しました。
 JFA夢フィールド 幕張温泉 湯楽の里 
「湯楽の里」グループは埼玉県にもたくさんあります。よく行く宮沢湖温泉も「湯楽の里」グループの日帰り温泉施設です。

IMG_6075
アパホテルから歩いて10~15分くらいで到着しました。パンフレットには「海浜幕張駅」から徒歩22分になっていますがもう少しかかりそう。まぁ車で来る場所ですね。

IMG_6083
入館料は平日だったので980円。プラス300円で岩盤浴も利用できます。岩盤浴を利用しないと館内着がありません。またタオル類は買い取りで、普通のタイル150円でバスタオルが250円。ボクは岩盤浴に興味がないのでとりあえずタオルとバスタオルを購入しましたがタオルだけで良かったです。とにかく館内着もタオル類もないので全て持参した方がいいです。そこは不便です。お風呂はまぁ「湯楽の里」っぽい感じで普通ですが露店は東京湾を眼前に見ることができ遠く富士山も見えて開放感があって素晴らしいです。お風呂だけではなく食事処やお休み処からも海が一望でき「海大好き」の海なし埼玉県民のボクにとってはそれだけで感動モノです。
IMG_6080
レストランは窓際の海の見える席をキープ。
IMG_6079
瓶ビールと枝豆にあげ餃子のつまみ。サワーを友人とそれぞれ2杯。海を見ながら飲む酒は最高です。
IMG_6082
締めに広東麵を食べましたが、あんかけなのかなぁって思っていたところサラッとした感じの広東麵でした。食事代はまぁそれなりのお値段です。飲み食いしたりするとやっぱ5,000円くらいかかっちゃいますかね。館内は全てキャッシュレスで最後に清算になります。「幕張温泉・湯楽の里」の評価は4点/5点です。海をみながら過ごせるのでボク的には高評価です。来年はマリンでナイターの時は少し早めに家を出てここでゆっくりしてから野球観戦も悪くないと思います。

▼「ポチ」っとクリックお願いします。
にほんブログ村 経営ブログ 零細企業社長へ
にほんブログ村 

愛和住販物件検索サイト
愛和住販コーポレートサイト

今シーズン最後となるマリンスタジアムでの現地参戦を1泊2試合のスケジュールでしてきました。今季は通常応援禁止ということでいままであまり足を踏み入れたことのなかった内野席でアチコチ観戦してきましたが同行した友人が「バックネット裏で野球が観たい」というので内野SS席で4日は観戦しました。

IMG_6067
景色はこんな感じ。いつものライトスタンドとは真逆の景色で新鮮です(ホークスのバレンティンが打撃練習中に撮影)そしてサスガはバックネット裏ですね。選手が近くて大きい(笑)ライトスタンドから見てると縮小サイズの選手達がほぼフルサイズで観られます。そしてマウンドが意外と近い。あそこからならボクでも150km投げられそうなくらい近く感じました(なわけね~だろ!)投手の投げる球も迫力がありますね。特にこの日はホークスは千賀投手だったので「速って」感じでした。なのでマリーンズ打線がたったの2安打しか打てずに完封負けしてもしかたないと諦めました。ピッチャーの投げる球やバッターのスィングなど近くで見えて迫力があります。またグランド全体を正面から見られるので見やすいです。さらにはライトスタンドの応援風景も見ることができますが、通常の応援風景を見たら絶対にライトスタンドに行きたくなる自信があります。( ー`дー´)キリッ。野球の迫力を真近で見たい人にはたまらない席ですね。ちなみのこの日は5800円でした。
IMG_6071
外野席からはほぼ見えないコアラとバックスクリーンのモニターもバッチリ見えて新鮮でした。
IMG_6068
この日は「アパホテルデー」でアパホテルに「M」の文字が浮かんでいます。そしてこの日はアパホテルに宿泊したのでした。

▼「ポチ」っとクリックお願いします。
にほんブログ村 経営ブログ 零細企業社長へ
にほんブログ村

愛和住販物件検索サイト
愛和住販コーポレートサイト



大阪維新が目指していた「大阪都構想」の賛否を問う住民投票が行われ僅差で「反対派」が勝利し「大阪都構想」は2度目の否決という結果になりましたね。大阪維新の松井市長も政治家を引退とのことで。これでしばらくの間は「大阪都」となることはなくなりそうです。今回は前回と違って公明党も賛成に回っていたので賛成派が有利なのかな?と思っていましたが結果は反対派の勝利でした。「大阪都構想」の最大のポイントは「二重行政の撤廃」対する反対派は大阪都になることによって住民サービスが低下する事を懸念したわけです。住民にとっては「二重行政」云々より住民サービスが低下する方がより身近な問題と思いますよね。そもそも「行政」とは住民サービスに他ならないわけですから。ただこの「僅差」というのは気になりますね。選挙だから多数決なのはしかたないですが、僅差となると「多数のマイノリティ」の人達がいるわけでその人たちの意見は繁栄されないことになります。衆議院の小選挙区の選挙も同じですよね。51対49でも「51」の方が勝って残りの「49」の意見は反映されない。そう考えると多数決って公平なのかもしれないけど、ある意味不公平でもあると思います。とはいえ住民は大阪都構想には反対したけど大阪の税金の無駄遣いに賛成したわけではないので、「大阪市」は「大阪都」にしなくても経費削減・無駄遣いを減らすことに政治家や行政は知恵を使って欲しいと思います。国も同じです。「税金を下げると行政サービスができなくなるぞ」なんて言って国民を脅す前に、まずは税金の無駄遣いを見直すのが先だと思います。


▼「ポチ」っとクリックお願いします。
にほんブログ村 経営ブログ 零細企業社長へ
にほんブログ村 

愛和住販物件検索サイト
愛和住販コーポレートサイト

↑このページのトップヘ