不動産屋さんの社長って(愛和住販社長ブログ)

愛和住販っていう不動産会社の社長の日記です。 多分、自分は社長タイプじゃありません(白目)

不動産の買い取り・売買・賃貸を坂戸・川越を中心に埼玉県をメインに営業している不動産会社です。新築戸建て・中古戸建てやマンション・売地など取り扱っています。賃貸の仲介もやってます。

新コロナがWHOからパンデミック宣言されいよいよ東京オリンピックの通常開催に黄信号が灯りました。アメリカのトランプ大統領も「延期」を口にしましたので黄信号というより限りなく赤信号に近い橙信号と言った方がいいですかね。一応、森会長も小池東京都知事もそして決定権を持つIOCも予定通り開催の意向は示していますが、IOCのバッハ会長はWHOの助言に従うとやや後退気味の発言に変わってきています。問題はWHOのいつの時点の助言に従うかですが遅くても5月中には方向性をハッキリさせると思いますのでそうなるとほぼ延期の方向になるのではないかと思います。現状の日本ではほぼすべてのスポーツやイベントが自粛されています。昨日も書きましたが春のセンバツ高校野球大会すら中止になりました。「戦争」以外の理由で高校野球大会が中止になるのは初めてだそうです。つまりいまの日本は戦時下と同じ状況だということです。もちろんそれは世界中の国々でも同じことが起きていて世界大戦のようなものです。そんな中でオリンピックを通常通り開催できる。と思う方がどうかしてます。いくら森氏や小池氏が開催するといってもそんな言葉を信じる人の方が少ないでしょう。よしんば通常通り開催したとして一体誰が協議を観戦しに来るのでしょうか?そりゃ行く人はいるかも知れませんがおそらく予想を大きく下回る来場者数であることは誰でも予想できます。また世界の各国が選手を派遣するでしょうか?不参加を表明する国も当然あるだろうし逆に来られても怖いじゃないですか。ワクチンが完成して通常のインフルエンザと同じ病気にならない限り全ての人が安心できない状態が続くはずです。そんな中で通常開催しても何のメリットもありません。期待してた通りの経済効果もないでしょうから延期するのが最もベターな選択肢だと思います。選手の人達にはお気の毒ですが全てのアスリートやアーティストも同じ状況です。そもそもオリンピックは「平和の祭典」ですからこんな状況の時に無理やり開催するのはオリンピック精神にも反していると思います。ボクは最初からオリンピック観戦の予定もなければチケットも買ってない人だから「延期やむなし」と思うのでしょうけどオリンピック延期or中止に伴う経済損失を考えれば平和裏のうちに東京オリンピックを開催して欲しかった派です。しかしよりによって東京でオリンピックを開催する年にこんなことなるなんて。今年はどうなってしまうのか不安ですよね。

▼「ポチ」してくれると喜びます。
にほんブログ村 経営ブログ 零細企業社長へ
にほんブログ村

愛和住販コーポレートサイト

WHOがついに「新型コロナ」に対しパンデミック宣言をしましたね。これはいよいよ東京オリンピック開催も微妙になってきました。森会長は相変わらず「予定通り開催」と発言していますがパンデミックとなるとさすがにどうなんだろうと思います。そんな中昨日「選抜高校野球大会」の中止が決定しました。いくら高野連がKYとはいえ安倍総理もイベント自粛の延長を発言し日本全国津々浦々「自粛ムード一色」の中、無観客とはいえ「高校野球やりまぁ~す」とは言えませんよね。ボク達オトナは中止の判断を妥当だと仕方ないとは思いますが、出場が決まっていた高校球児たちにとっては本当に辛いと思います。甲子園常連校だって同じでしょうが、初出場校や数十年ぶりに出場を決めていたチームなどにとっては「夢の甲子園」だったわけですから、それがまさかこんなことで「幻の甲子園」になるとは本当に辛いと思います。オトナは「人生には不条理な事や仕方のない事はある」とか「この経験がいつか役に立つ時がある」とか知った風な慰めの言葉をいいますが、それは真実だけどだから何?って話ですよ。彼らは甲子園を目指して頑張ってきたわけです。そしてやっとその切符を手に入れたのに無情にもそれをオトナや社会に取り上げられたのです。それを「今こんな状況だから仕方ない」「人生にはそういうことはたくさんある」という言葉で済ませようとしているのがボク達オトナです。ボクもオッサンなんで「子供たちを守る」というのは理屈としてはよく理解できるのですが、政治や国のシステムが普段から「子供たちを守る」ということを優先してないじゃないですか。なのにこんな時だけ「子供たちを守る」という大義名分を翳して彼らの夢を奪う事こそ一番に「理不尽」だと思うのです。「子供たちを守る」と言えば聞こえがいいですけど「君たちのため」的な感じで責任を転嫁しているように思えるのです。そして「理不尽な事は人生にはある」なんて言ったら「理不尽だと思ったら諦めろ」と言っているように聞こえるのです。どこかの高校の監督が今回の選抜大会中止は「オトナが子供たちの夢を奪った」というようなことを言っていましたがボクもそうだと思います。まぁこんなボクもこんな偉そうなことを書いてはいますがじゃぁどうすればいいんだよ?って聞かれても正解はもっていません。だから彼らに対して慰めの言葉をかけることもしません。慰めの言葉すら見つかりません。一人の高校野球ンとしてはただ「痛恨の思い」です。個人的なことを言えば無観客でもいいから開催して彼らに甲子園の土を踏ませた上げたかったです。

▼「ポチ」してくれると喜びます。
にほんブログ村 経営ブログ 零細企業社長へ
にほんブログ村

愛和住販コーポレートサイト

今日は3月11日。東日本大震災から9年目になりました。といってもニュースの中心はやはり新型コロナで「3.11」の報道は本当に少ない。追悼式典も次々と中止になり仕方ないのない事ですが複雑な気分です。そんな中Yahooで「3.11」と検索すると一人10円の寄付がされるということなので早速「3.11」検索。をしました。10円の寄付ですけど金額ではなく「想い」ですよ。東北を震災を忘れていないという想いを届けるのが大切だと思っています。以前もブログに書いたかも知れませんがボクも嫁も親が福島県出身でいまでも福島県に親戚が大勢住んでいるので忘れようがないのですが、やはり9年前から毎年「3月11日」は特別な日になっています。10円寄付の企画をしてくれたYahooさんには感謝しています。
2

みなさんも是非参加してみてはどうでしょうか?「3.11を忘れていないぞ」という意味を込めて。

▼「ポチ」してくれると喜びます。
にほんブログ村 経営ブログ 零細企業社長へ
にほんブログ村

愛和住販コーポレートサイト

↑このページのトップヘ