不動産屋さんの社長って(愛和住販社長ブログ)

愛和住販っていう不動産会社の社長の日記です。 多分、自分は社長タイプじゃありません(白目)

不動産の買い取り・売買・賃貸を坂戸・川越を中心に埼玉県をメインに営業している不動産会社です。新築戸建て・中古戸建てやマンション・売地など取り扱っています。賃貸の仲介もやってます。

落選の貴乃花親方は2票、阿武松親方は8票で当選

注目の大相撲協会の理事選挙がありましたね。
貴乃花親方はあっさり落選でした。
テレビでは連日「票読み」などをして
逆転もあるかも?と思わされたけど
蓋を開けてみれば、たったの2票。
改めて「一門」の結束の強さというか
何も変わらない体質というか
そういうものを感じました。
テレビで「票読み」なんてしたので
逆に「一門」内の締め付けが厳しくなったのかもしれませんね。

個人的には残念に思いますが
貴乃花親方は自分が落選するのは承知していたでしょう。
それでも、立候補したのは無選挙になることを避けたなど
色々と思惑があったのでしょうね。
それにしても、過去の傷害事件で係争中の春日野親方とかが
シラーっと理事に当選してたりすると
池坊さん達、評議員の方たちは
春日野親方を理事としてすんなり承認するのか?
などと思わなくもありません。

さて、これで相撲界の改革は遠のいたのでしょうか?
八角親方率いる現体制が勝利したのでしょうか?
私はそうでもない。と思っています。
ここ数カ月貴乃花親方が責められていたのは
「理事」でありながら協会に非協力だった。ということだから
逆に「理事」でなくなった今の方が
出来ることも増えたような気がします。
確かに具体的な改革は、理事になり味方を作らないと不可能ですが
具体的な改革よりも先に相撲界の体質を変えるとというか
今の悪い部分を壊すという意味では
むしろ「理事」でない方が自由が利くのではないかと思います。
貴ノ岩の事件も「理事」でなくなった今、
協会に対して強い態度ででれるのではないか。
また、今後様々な問題が起きた時には
理事でない分いまよりもっと色々な発言ができるのではないか
そんな風に思ったりします。
ともあれ、理事選は2年に1回。
貴乃花親方にはここから2年間の過ごし方が重要ですね。
まずは、自分の部屋の弟子たちを鍛え
関取を増やしていくことですね。
横綱・大関でも部屋から出せればね。


にほんブログ村


今日から2月ですね。
ついこの間「お正月」と思っていたら
もう1カ月過ぎてしまいました。
12月と1月は本当に過ぎるのが早く感じます。
2月と言えば、プロ野球の春季キャンプが始まる
プロ野球選手にとっては正月?仕事始め?です。
もちろん、プロ野球ファンにとっても
いよいよ今シーズンの始まりであります。

プロ野球に詳しくない方は、
「なんで12球団揃って2月1日からなの?」と思うでしょうね。
実は、これはプロ野球選手が球団と結ぶ
「統一契約書」で決められているんですね。
プロ野球選手の契約期間は
毎年、2月1日から11月30日までの10カ月間。
この10か月間が「給料」が発生する期間です。
12月と1月は、オフシーズンといって
給料は発生しません。
ですから、オフシーズンは球団が選手に対して
練習も含めて「強制」することができないわけです。
この期間に練習するのはあくまでも「自主トレ」です。
なので練習するもしないも個人の自由です。
またこの期間にテレビにでようと旅に出ようと勝手です。
とはいえ、どの選手も自主トレしてますよね。

さて、そんなオフシーズンも終わり今日からキャンプイン。
もう給料が発生していますのでシッカリやってください。
我がマリーンズは、2008年から石垣島でキャンプをしています。
時間とお金があったら石垣島でマリーンズキャンプをみていたい。
毎年「行きたい」と思いつつ、その夢は実現していません。
来年こそ2月の石垣島にいくぞ~!
と去年も言っていましたっけ・・


にほんブログ村

受動喫煙、加熱式たばこも規制 厚労省が法改正素案


受動喫煙に関する法改正の素案が厚労省から発表されました。
当初(2017年)案では店舗面積30㎡を超えるバーやスナックが対象としていたけど
今回は店舗面積150㎡に修正されました。
タバコを吸わない人達にとっては「改悪」なのでしょうが
タバコを吸う人たちや、飲食店の経営者のとっては朗報ですね。
30㎡といったら10坪ありません。
10坪しかないということは、ほとんどカウンターしかないお店です。
それ以外のバーやスナックでタバコを吸えなくなったら客足が遠のくのは分かり切ってます。
喫煙者としてあえて言わせてもらいますが、
バー・スナックなどのお店には
タバコはツキものなのです。
カウンターでバーボンを飲みながら煙草に火を付ける松田優作とか
場末の小料理屋でタバコ片手にコップ酒を飲む高倉健とか
渋くてカッコいいわけです。

また昔からタバコは多くの歌に登場するわけです。
永ちゃんの「雨のハイウェイ」とか
聖子ちゃんの「赤いスィートピー」などは
タバコが無くなったら歌として魅力半減です。
なので私ら世代の若い頃の男子は、
タバコを吸う姿に憧れたわけです。

昔は「国を挙げて」タバコを推奨してたわけです。
「タバコは紳士・淑女のたしなみ」なんて言って。
それがどうでしょう。
いまや、タバコを吸っているだけで「悪人」扱い。
まさに喫煙者受難の時代になりましたね。
確かに副流煙は他人様に対する迷惑行為ですからね。
人様に迷惑かけることはしません。
タバコを吸えない所では当然タバコは吸いません。
また「タバコが嫌いです」という人の近くでも吸いません。
これでも結構気を使っいながら吸っているんですよ。
しかも我が家では嫁が年頭から禁煙していますので
「家でタバコを吸わないで!」と言われる日も近いのです。
だからせめて、バーとかスナックとか居酒屋・焼き鳥屋では吸わせて下さいよ。
ほぼ常連さんだけの小さなお店でもタバコが吸えなくなると辛いのです。

私ら喫煙者は、お酒を提供する店で「禁煙」の店は基本行きません。
なので、タバコを吸わない人は「喫煙可」のお店に来なければいいのです。
「喫煙可」のお店よりも、「禁煙」のお店の方が
圧倒的に多いのだからわざわざタバコの匂いのするお店に来る必要はないのです。
こんな記事書いてますが、我社だって基本禁煙ですよ。
喫煙場所は屋上です。
今の時期は寒さに震えながら煙草を吸ってます。
え?禁煙すればいい?
そうなんです。それは重々分かっているし
何度も挑戦はするのですが今のところ成功していません。

ともあれ、タバコを吸う人も吸わない人も共存できる社会にしたいものです。
IMG_3463


にほんブログ村


↑このページのトップヘ