不動産屋さんの社長って(愛和住販社長ブログ)

愛和住販っていう不動産会社の社長の日記です。 多分、自分は社長タイプじゃありません(白目)

不動産の買い取り・売買・賃貸を坂戸・川越を中心に埼玉県をメインに営業している不動産会社です。新築戸建て・中古戸建てやマンション・売地など取り扱っています。賃貸の仲介もやってます。

今日は、お昼頃川越店にいったので
川越店の店長と宮本町の「ステどん」でランチ。
「ステどん」といえば埼玉県民の御馳走だが
なんと今日は「本日限定・先着順」でTKG食べ放題。
というビッグイベントが

IMG_3161

もちろんこんなビッグイベントに不参加するはずもなく
日替わりランチにTKGを注文した。

実は私は「丼物」というのはあまり好きじゃない。
牛丼なら牛皿。かつ丼ならカツ煮定食。という感じだ。
カレーだってできればご飯にルーをかけたくない。
白いご飯に何かをかけて汚すことはお米に対する冒とくだと勝手に思っている。
そんな私だが、ご飯にかけてよいものが二つある。
それは、みそ汁と卵である。
この二つはご飯にかけてよい。というよりも
ご飯にかけなければならいものであると確信する。
そして、TKG(卵かけご飯)とMKG(味噌汁かけご飯)は
私は大好物なのである。
ただ難点があって、TKGとMKGだと「おかず」は不要になってしまうところだ。
とはいえ、本日のイベントはTKGだけの注文は出来ないので
仕方がなくランチメニューも頼んだが
案の定、おかずがあるのでお腹がいっぱいになり
TKGは2杯しか食べられなかった・・ORZ
それとできれば、たくあんか白菜の漬物があれば・・・
とはいえ、お昼からTKGを食べられて大満足だった。

今回のイベントを企画してくれた「ステどん」さんと
このイベントに巡り合った幸運に感謝である(笑)

にほんブログ村 経営ブログ 零細企業社長へ
にほんブログ村


昨日、今年の漢字の発表がありましたね。
今年の漢字に選ばれたのは「北」だそうです。
個人的には、「北」で思い浮かべるのは
北朝鮮のミサイル・北海道日本ハムの大谷&清宮
そんなところです。
北島さぶちゃん所有の競走馬の
キタンブラックというのもあるらしいですが
いまは競馬は全くやらないので「そうなんだぁ」ってくらい。
しかし、毎年毎年「今年の漢字」を選んでいますが
12月12日は「漢字の日」だそうで、
それでこの時期に発表していらしいです。
京都の清水寺の住職さんが大きな筆で
今年の漢字を書く姿が印象に残ります。

さて、個人的に今年の漢字はなんだろうと考えてみると私的には、
「戻」
でしょうか。
今年は会社設立10年ということもあり
初心に戻るというか。
またプライベートでも色々と元に戻る。事が多かったです。
なんか「戻」っていうと後ろ向き?後退?
みたいなイメージかもしれませんが
そういうことではなく
「原点に戻る」
「基本に戻る」
そんな風に過ごしてきた1年間だった気がします。
みなさんはいかがですか?
今年はどんな感じ(漢字)の1年でしたか?

にほんブログ村 経営ブログ 零細企業社長へ
にほんブログ村



ついに高橋監督が勇退です。
ジャイアンツの高橋由伸監督じゃぁないですよ。
東洋大学野球部の高橋昭雄監督です。
東洋大といえば地元も地元。大地元です。
弊社が最初に店舗を構えたのが鶴ヶ島の駅前。
いまは鶴ヶ島にお店はありませんが自宅の最寄り駅は鶴ヶ島駅。
東洋大の最寄り駅です。

東洋大野球部と言えば私が大ファンである
マリーンズに多くの選手を送り出しています。
鈴木大地・藤岡・清田ですね。
それと来季からマリーンズの2軍監督となる今岡。
また現役だと中日にFA移籍が決まったファイターズの大野。
スワローズの原樹里もですね。
古くはカープの達川やライオンズの松沼兄弟。
そして中退しちゃいましたが
あの落合博満も東洋大なんですよ。
落合もロッテですからね。
そうそう、現在上武大学の野球部監督の谷口監督も東洋大。
これらは全員高橋監督の教え子という事になります。
私は直接の面識はありませんが
鶴ヶ島駅界隈の居酒屋さんや蕎麦屋さんで
その姿を何度も目撃しているのでとても他人とは思えません。
40年以上東洋大の監督をしていたのではないでしょうか?
いやいや凄いことです。

本当は今年のドラフトで4年生の飯田君が
ドラフト指名されればよかったんですが
昨年の笹川君同様指名されませんでした。
個人的にはマリーンズで獲得して欲しかったんですけどね。
でも、来年は笹川君が社会人を経てドラフトにかかりそうですし
来年4年生になる選手の中からも
ドラフトにかかりそうな選手も何人かいます。
(というか個人的にはマリーンズに来て欲しい)

いづれにしても長い間本当にご苦労様でした。
また鶴ヶ島駅近辺のどこかのお店でお見掛けしたら
今度は声をおかけしますね。

にほんブログ村 経営ブログ 零細企業社長へ
にほんブログ村



↑このページのトップヘ