不動産屋さんの社長って(愛和住販社長ブログ)

愛和住販っていう不動産会社の社長の日記です。 多分、自分は社長タイプじゃありません(白目)

不動産の買い取り・売買・賃貸を坂戸・川越を中心に埼玉県をメインに営業している不動産会社です。新築戸建て・中古戸建てやマンション・売地など取り扱っています。賃貸の仲介もやってます。

来週の火曜日は1泊で富山にいきます。
何をしに行くかは勘のいい読者の方には’ピン’と来るかも知れませんが
それは事後報告をするとして
埼玉県民の私はあまり富山県で馴染みがありません。
富山だけじゃなく福井とか石川とか北陸地方は遠く感じます。
新潟県はすごく身近な感じがするのですが何故なんでしょうね。
そんな富山県ではありますが、9年ほど前の夏に一度行ったきりです。
その時はアルペンルートってやつを、長野県側から入って通り抜けして
宇奈月温泉に泊まり、翌日トロッコ列車に乗って帰ってきました。
これが私の唯一の富山県キャリアです。
あと、イメージとしては「ホタルイカ」とか。「ブリ」とか。
海の幸が美味しいんだろうなぁっていうイメージです。
そんな富山県に来週は9年ぶり2度目の訪問であります。
楽しみです。

9年前はこんな感じでした。

001
長野県側のロープウェイの乗り口の駅です。

006

黒部ダムの放流を見ることもでき

012
こんな感じでロープウェイに乗って富山県側に通り抜けしました。

BlogPaint
宇奈月温泉のホテルに1泊して

049
トロッコ列車で終点の駅まで行きました。


052

これが私の9年前の富山県のおもひでです。

にほんブログ村 企業ブログ 不動産業へ
にほんブログ村

にほんブログ村 経営ブログ 零細企業社長へ
にほんブログ村







私事ではありますが(ブログなんで全部私事ですが)今月は私の誕生日があります。
そこで、自分から自分へのプレゼント
何にしようかなぁ~って悩んだ挙句に即決で「作業着」にしました。
その「作業着」が先日自宅に届きました。
淡いグリーンのどこにでもあるような「作業着」ですがさにあらず。
なんと、150着の限定品です。
じつは、黒と紺が以前限定100着つづ販売された時に買えなくでガッカリしていたところ
今回、追加でグリーンが発売になり無事誕生日に間に合うようにゲットしたわけです。

その作業着がこちら
IMG_3734

マリーンズファンならご存知の、丸福印の「安打製造所」の作業着です。
タグにシリアルナンバーがあります。

IMG_3735

私の番号は「60番」
「90番」だったらよかったのですが、こればかりは選べません。

そしてオマケでついてきたのが
IMG_3737

「名刺」です。裏には・・
IMG_3738

福浦先生のサインが印刷されいます。

いやいや我ながら素晴らしい自分へのバースデープレゼントです。
まぁ、これから暑くなるので秋になるまでは着れませんが・・
それと「作業着」だけど、汚すのが嫌なので
「作業」で着ることもありません。
秋になって少し寒くなったら、
これを着て居酒屋でホッピーでも飲みたいという野望か芽生えています。

にほんブログ村 企業ブログ 不動産業へ
にほんブログ村

にほんブログ村 経営ブログ 零細企業社長へ
にほんブログ村



先日、「サブロー」 「スシロー」に行った。
わざわざ川越市内まで何故に回転ずしを食べに行かなきゃならんのだ。って気持ちだったが
友人が行ったことがない。という安易な理由で「スシロー」に行く。
車で約30分。そして店先で待つこと40分。
念願の「スシロー」・・・まぁ回転ずしである。
ネタの好みとかあるのだろうけど、個人的には「魚米」が好きかなぁ。
わざわざ、「スシロー」じゃなくていい。
「魚米」なら的場にも若葉にもある。
「魚米」でおすすめは「海鮮茶わん蒸し」
あれで180円は安いなぁっていつも思う。

回転ずしと言えば鶴ヶ島で一番最初に回転ずしができた時に友人3人で行った記憶がある。
あれは18歳くらいの時なぁ。
「鶴ヶ島に回転ずしができたんだって。行ってみよう」ってな感じで行った。
で、その時は多分3人で1万円以上払った。
今と違って、当時の回転寿司は100円均一。
注文は出来ないので回ってくるやつをひたすら食べるわけで
ネタの種類も今みたいに多くない中3人で1万以上というと
ひとり余裕で30皿、60カンを食べていたわけだ。
まぁ、若かったし寿司なんて小僧寿しくらいしか食べられなかったからね
そりゃそれくらい食うわな。

「あれから40年」(きみまろ風)
スシローで食べたお皿の数は・・・
IMG_3699


全部で6枚。11カン。
老いたな・・・

今度は回転しない寿司屋に行ってきます。

にほんブログ村 経営ブログ 零細企業社長へ
にほんブログ村




↑このページのトップヘ