今日は「憲法記念日」日本国憲法が施行された日ですね。
日本国憲法と言われても日常生活で「憲法」について語ることってないですけど、
安倍総理になってからは憲法9条のことなど
たまに飲み屋で下ネタに飽きた時に話したりしています。
といっても、ボクの憲法の知識など中学校の社会科の授業で習った三原則を知ってる程度です。
「国民主権」「平和主義」「基本的人権の尊重」
あとの細かい事は知りません。
現在の憲法は日本が制定した憲法ではないのでの、
「自主」(日本製)の憲法を作ろう。というのが自民党の結党の目的なので、
安倍総理が「憲法改正」に力を入れるのはわかるのですが、
一方で、現在の憲法で何か国民に不都合があったか?と問われれば、
ボクとしては何の不都合もありません。
多分、一般ピープルの多くは現行の憲法に不満を感じていない。
だから憲法について語らない。興味がないといった方がいいかも知れない。
そんなことより、消費税や年金などの社会保障や景気。
そっちの方がよほど重要な問題ですよね。
そういう国民生活に直結した問題に改善が感じられないのに、
国民の憲法議論が高まるわけないっちゅーの。
「改憲」だなんだよりも、まずは国民生活の向上。
それが政治家さんの最優先重要ミッションですよ。

にほんブログ村 経営ブログ 零細企業社長へ
にほんブログ村

http://www.aiwa-j.com/