昨日、韓国を「ホワイト国」から除外する閣議決定が予定通り決まりました。
同時に「ホワイト国」という通称も用いないことにもなったようです。
パブリックコメントも95%が賛成で反対は僅かに1%(残りは賛否不明)だったようで、
ほとんどの日本国民が韓国の「ホワイト国」除外を支持しています。

日本政府「戦略的放置」貫き韓国をホワイト国から粛々と除外

そんな日本に対し韓国の文大統領も声明を発表。

文氏「盗っ人たけだけしい」、反日感情あおる

まぁいつものように「全部日本が悪い」という話です。
日本が対話を拒否したかのような話になっていますが、
慰安婦・徴用工・自衛隊機に対するロックオン問題で2か国間協議を拒否してきたのは韓国です。
また、先の日本の「輸出管理強化」に対して「報復」という言葉を用いて非難してきたのに、
自分達は「日本に報復する」と堂々と宣言してますね。
また、日韓の軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の破棄まで口にしています。
日本としてはGSOMIA破棄なんて特に無問題でしょう。
GSOMIA破棄を口にすればアメリカが日本を説得(叱って)してくれると
思っているのかもしれませんね。

自衛隊機をロックオンしておきながら開き直る国と
GSOMIAを継続するのは日本国民としては逆に賛同できない気持ちですが、
ここは日本政府としては米国の手前GSOMIA継続希望と言っておかなければなりせんね。
韓国が破棄をするというのなら日本としては残念ながら破棄する以外ありません(笑)

さらには現在進行中の韓国国内での日本製品不買運動に加え、
東京オリンピックのボイコットなども取りざたされていますね。
また、日本各地での日韓交流もスポーツ・文化といった多岐にわたる分野でキャンセルが続出。
「どらえもん」までも韓国での上映が無期限延期になったそうです。
もちろん、それらは日本側から要請したわけだなく
韓国側がそのようなアクションをしているようです。
いよいよ、日韓関係の悪化は民間レベルまで裾野を広げ「戦後最悪」の様相を呈してきました。
国交正常化から約半世紀かけて築き上げてきた日韓関係も終焉に向かっているのでしょうか?
もっとも、この半世紀そしていまでも韓国で反日教育が行われているわけですから
真の「友好関係」を築いてきたとはボクには思えません。
両国間にずっと燻っていたけどなんとか抑えていたものがついに炎を上げたように思えます。

ボクは以前から言っていますが韓国を好きでも嫌いでもありませんが日本は好きです。
そしてお互いに嫌いな者同士はプライベートでもビジネスでも付き合う事はないと思っています。
プライベートで気が合わない相手とビジネスをすれば必ずモメます。
目先の利益・自分の利益の為に相手を利用するだけになるからです。
だったら最初からお付き合いしない方が良いというのがボクのポリシーです。
ですから韓国ともこちらから絶交することはないですが、
なるべくお付き合いしない方向がベターだと思います。
確かに日本にとって利益の損失はあるでしょうが目先の利益より重要なのは信頼です。
もはや、民間レベルでお互いの国を信用できないのだから普通にお付き合いするは難しい。
ましてや優先的・優遇的にお付き合いするのは「ありえない」レベルの話でしょうね。

まぁ韓国は日本や日本人が大嫌いかもしれませんが、
台湾を筆頭に、フィリピン・インドネシア・カンボジアなどなど
アジアのなかでも日本を好いてくれてる国もたくさんありますから
そのような国々と深い友好を結び共に歩んでいけばいいのだろうと思います。
もっともボクは海外旅行も行きませんし、K-POPも聞きませんし、韓流ドラマも観ません。
ボクの生活のなかでの韓国は、眞露とマッコリ、キムチに韓国海苔くらいです(笑)
なので、日韓関係が悪化しても良化しても個人的は被害も利益もありませんが、
不動産屋は韓国好きが多いので、某不動産屋の社長は気が気じゃないかも知れませんね(笑)

にほんブログ村 経営ブログ 零細企業社長へ
にほんブログ村

にほんブログ村 企業ブログ 不動産業へ
にほんブログ村

http://www.aiwa-j.com/