いよいよ明日から夏全国高校野球選手権、「甲子園」が開幕です。
令和初の「深紅の優勝旗」をその手につかむのはどの高校か楽しみですね。
マリーンズ自称非公認スカウトのボクの今夏の「甲子園」の展開予想はいいますと、
優勝候補は、智辯和歌山(和歌山)東海大相模(神奈川)の2校です。
最近の甲子園は「打力」のチームが勝ち上がる傾向が強いと思います。
ましてや今大は好投手もいますが、超高校級となると奥川(星稜)だけなので
尚更打力がモノを言うのではないかと思います。となるとやはりこの2校が優勝候補筆頭ですね。
東海大相模はマリーンズのドラフト候補(と勝手に思っている)西川などの2年生トリオを擁する破壊力と機動力抜群の強力打線。投手力は絶対的エースはいませんが層が厚いです。
智辯和歌山も似たようなチームですが何といっても選手たちが甲子園経験が豊富という所が強みです。
これを追うのが、来年のドラフト候補中森・来田の2年生コンビを擁する明石商業(兵庫)
激戦区の大阪代表の履正社(大阪)。プロ注目の主砲井上は地方大会で4HRです。
選抜準Vの習志野(千葉)もエース飯塚と左腕山内の2枚看板。
そして超高校級投手奥川を擁する星稜(石川)の4校でしょうか。
近江(滋賀)・津田学園(三重)・沖縄尚学(沖縄)そして我が埼玉代表の花咲徳栄にもワンチャンありそうです。徳栄は初戦の明石商業との戦いに勝ちきれれば波に乗れると思います。

さて今大会の注目選手もたくさんいますが、今大会は稀に見るキャッチャーの当たり年です。
マリーンズとしてはキャッチャー指名は最優先事項ですからね。
幸いプロ注目の、有馬(近江)・山瀬(星稜)・東妻(智辯和歌山)の3人がともに出場してますので
この3人はしっかり見てみたいと思っています。
またマリーンズ的にはショートですから、韮澤(花咲徳栄)・武岡(八戸学院光星)も要チェックです。


では最後に1回戦の好カードをご紹介しますね。
習志野(千葉) vs. 沖縄尚学(沖縄)8月9日(金)第3試合
東海大相模(神奈川) vs. 近江(滋賀) 8月11日(日)第2試合
花咲徳栄(埼玉) vs. 明石商(兵庫)8月11日(日)第4試合

さぁいよいよ始まる夏の甲子園。
どのチームも優勝目指して力いっぱい戦ってください。

にほんブログ村 経営ブログ 零細企業社長へ
にほんブログ村

にほんブログ村 企業ブログ 不動産業へ
にほんブログ村

http://www.aiwa-j.com/