前回は不動産購入時の税金の話を書きましたが今回は「贈与」時の税金の話をします。

  不動産取得時の税金の話①(不動産購入編)

不動産の取得は購入だけはなくて「贈与」とか「相続」での取得もあります。贈与は直接物件そのもを贈与されるだけでなく物件を購入するための資金の贈与ということもあります(実際はこちらのパターンの方がいいですけど)そして贈与を受けると「贈与税」が発生します。金銭のやり取りがなくても不動産の名義を変えたり時価より著しく安い価格で財産を買ったりしても「贈与」になり税金をとられます。この贈与税ですが基礎控除というもがあり年間110万円までの贈与は非課税です。ですから例えば子供や孫に年間110万円ずつ贈与すれば税金はかからないというわけです。この「贈与税」ってのがマジ高くて累進課税で税率が40~55%です。もうバカみたいな税率です。
しかし奥様には朗報がありまして結婚20年以上の旦那さん(配偶者)からの居住用不動産(自宅)を貰った場合は
贈与税の配偶者控除というモノがありまして2000万円までは非課税です。でもこれは1夫婦につき1回限定の控除です。結婚生活も長く続けてみるものですね。
また住宅取得用の資金もかなり控除額が多くて令和2年3月31日までは一般住宅で2500万円の控除があります。なので
子供や孫に住宅資金を援助してあげたいと思っているお父さん・お母さん・ジジ・ババは来年3月まで一番いいタイミングになります。
もちろん財務省のやることですから、いろいろと条件付きですがそんなに厳しい条件ということでもありません。詳しくは弊社スタッフにお尋ねください。次回は「相続時精算課税制度」についてそのうち覚えていたら書きたいと思いますのでこうご期待!

にほんブログ村 企業ブログ 不動産業へ
にほんブログ村

http://www.aiwa-j.com/