反社との闇営業問題で謹慎中だったロンブーの亮が一応復帰して記者会見をやったそうですね。宮迫もYouTubeで謝罪動画を配信したとか。まぁどちらもさほど興味がないのでネットニュースのテキストを読むだけで実際に記者会見もみていないしYouTubeもみていませんが、亮に対する風当たりと比べると宮迫に対しては厳しい意見が多いですね。まぁ宮迫の場合は亮と二人で行った記者会見の時もそうでしたが、なんとなく胡散臭いというか演技臭くてそういう「いやらしさ」みたいなものが見え隠れするところに世間の厳しい目が向けられるのかなぁと思います。フジモン&ユッキーナも同じ臭いがしましたけど世間の嗅覚は本人達が思っているほど鈍くないというところでしょうか。でも、宮迫やフジモン&ユッキーナは単なる芸能人で彼らが何をしでかそうがボク達には実害はないんですよね。ボクなんてほとんどTVは見ないし中でもバラエティー番組はまず見ません。お笑いだったらちゃんと「お笑いのネタ」を披露する番組しかみません。むしろ今国会で野党が追及している「桜を見る会」を始めとする政治家がらみの案件の方がヒドイと感じます。宮迫にしてもユッキーナにしても芸能人が不祥事を起こせばそれなりの社会的制裁を受けるわけですよ。謹慎だったり中には引退を余儀なくされることがある。なのに政治家はいくら疑惑があっても平気で政治家を続けるわけです。安倍総理に先日の答弁だってヒドイですよ。「募っているが募集はしてない」ってこれが日本の総理大臣とは思えない発言を平気で国会でしているわけです。芸能人と違って議員はボク達の税金で給料をもらいボク達の税金の使い道を決めているのです。それに対してボク達は宮迫やユッキーナに向けたような批判をしないわけです。だから彼ら政治家は「疑惑」なんて屁でもないんですね。「完璧な黒」でなければ議員として居続けられるわけですから「グレー」段階は謝罪すらせずにひたすら嘘と隠ぺいを繰り返すのだろうと思っています。胡散臭くても演技臭くても謝罪をする宮迫のほうがまだマシだなぁって思います。

にほんブログ村 経営ブログ 零細企業社長へ
にほんブログ村

愛和住販コーポレートサイト