この夏に予定してた東京オリンピックの延期が決定しました。日本国民の大多数が今年のオリンピック開催なんて無理だと思っていたでしょうから特に驚きもなく「ようやく決定かよ!」という感想です。来年どこかのタイミングでやるのでしょうが、これで今年の不況は決定的になった気がします。GDPももしかするとマイナスになるのでないでしょうか?日本だけではなく世界的に厳しい1年になると思います。今回の一件で思ったのは今後はそれほど積極的なオリンピック招致はしない方がいいということです。招致をすれば多額の税金が使われるわけです。それで内需が拡大して景気が浮揚すれば問題ないのですがオリンピックも昔とは違うし日本も前回の東京オリンピックと全然違う国内状況ですからオリンピックを開催した所で急速な景気拡大とはならないでしょう。社会保証料が足らないだの国が借金で破たんするだのといって増税して国民生活を圧迫しているような状態でオリンピックに莫大な税金を投入するなんて矛盾していると思いますね。借金だらけで将来の不安がある人が呑気に投資なんてしますか?って話です。オリンピックが景気浮揚につながるなんて言うのは少なくても先進国ではありえない話です。国民を元気にするのなら他の方法があるはずだと思いますけどね。ただ五輪よりマリンのボク的にはオリンピックが延期になれば夏場もプロ野球が開催することができそうで、開幕が大幅に遅れている今年のプロ野球もなんとか全日程組めるかもしれないと少し喜んでいます。ナイターでビール飲みながら球場で応援するっていうのはやっぱり「日本の夏・マリンの夏」ですからそれが今年も出来そうな流れになってきたのは個人的には嬉しいです(まだわからないけど)ただ今年のオリンピックを目指してたアスリートの皆さんは本当にお気の毒だと思います。気持ちを切り替えて来年開催されるだろうオリンピックに向けて調整してくださいとしか言えません。代表の選考とかもどうなるんだか・・

▼「ポチ」してくれると喜びます。
にほんブログ村 経営ブログ 零細企業社長へ
にほんブログ村

愛和住販コーポレートサイト