昨夜、ついに政府から「緊急事態宣言」が発令されました。まずは、東京・埼玉・千葉・神奈川の1都3県に大阪・兵庫・福岡の全7都道府県が対象です。愛知とか北海道・京都などが対象外なのは意外ですがボクの暮らす埼玉県もシッカリ対象自治体になりました。ボクの会社は不動産会社なので営業することについてはそれほど影響はないと思われます。元々不動産業は不特定多数のお客様が店内にいらっしゃる訳でもないし、そもそも1日に数十人が来店するわけでもありません。下手したら誰も来店が無い日もあります。ですから通常通り営業はしますが、パートさんについては出勤日数を減らしてスタッフが店内に多くなりすぎないようにしよかと考えてます。パートさんにも生活はあると思うのですが少しでも感染リスク(するのも・させるのも)を下げる努力をしなければいけないと零細企業の社長なりに考えています。さて緊急事態宣言から一夜明けた今朝は今のところ街の様子は変わっていない感じです。毎朝立ち寄るセブンイレブンもいつもと変わらないお客さんに入りだったし車のいつもと変わらないくらい走っていました。まだ外回りに出ていないので大型のショッピングモールや食べ物屋さんがどんな状況になっているのか分かりません。あとは夜の繁華街。特に飲み屋さんがどうするかですかですね。東京都を除く各自治体は埼玉県を含め知事が自粛要請はしないとのことですが、果たしてそれで「緊急事態宣言」の効果があるかどうかは疑問です。もっとも何の手当もないまま自粛など要請されたら、コロナの前に経済的に死にますね。命は当然大切だし自分だけは無く他人の命にもかかわる事ですけど、会社やお店が倒産するということはその経営者は「死ぬ」ということです。会社やお店を廃業したらいままでの借金はチャラでなおかつ1億円をくれるというなら喜んで閉店する人がいると思いますが(ボクもそうします)そうでなければ死にます。本当に死ぬ人も出るだろうし本当に死ななくても倒産は「死」に等しいわけです。まぁそんなことは「コロナでも収入に影響しない」国会議員や官僚さん達には分からないでしょうけど「コロナでも私たちの収入に影響しない」なんて国民感情を逆なでするような言葉を発する人が総理大臣では先行き暗いですね。消費税や社会保険料の支払い猶予とかも言ってましたが、あくまでも「猶予」ですからどこかで「猶予」分をまとめて払わないといけないわけです。「猶予」じゃなくて「免除」にしない所が国民生活より「金」なんだなぁって思ったりします。いずれにしてもコロナを1日も早く終息されるためにはボク達一人ひとりが自覚をもって協力し合わないといけません。因みにボクは現在9日間仕事以外でほぼ出歩いていません。先週も今週も会社の休みでもコンビニ以外は自宅で引き籠っています。( ー`дー´)キリッ

▼「ポチ」っとしてね。
にほんブログ村 経営ブログ 零細企業社長へ
にほんブログ村 

愛和住販コーポレートサイト