先日スマホのLINEに高校時代の担任の先生が「知り合いかも?」と表示されました。15年くらい前に共通の知人からその先生のケータイ番号を聞いて登録したけど電話してもどうせ忘れられているだろうしそのまま放置してましたがLINEに出てきたので一応メッセージを送信してみたところ思いがけず返信がありボクのことを覚えていてくれました。マジか?って思いましたが感激しましたね。教え子なんて1万人以上はいるだろうに、しかも40年ぶりですよ。その間に一度も同窓会もなかったし(ボクが呼ばれていないだけかもしれませんが)本当に覚えているとは思いもしませんでした。近くに住んでいると思って「今度、酒でものみましょう」ってLINEをしたら何でも定年後に故郷の山形県に帰って現在は山形に住んでいるそうです。あ、でも子供さん達が埼玉にいるらしく年に何度が埼玉に来るらしいのでその時にでもっていう話になりました。いや、すごく感動したのでボクの方から山形に行ってもいいかなぁって思ってます。今年は仙台遠征(野球の話ね)もしなかったし。それにしても教師ってすごいなぁ。いまの時代「先生」ってあまり近い存在じゃない感じがしますが、ボクの世代はまさしく1作目の「金八先生」時代ですからね。鶴見慎吾が杉田かおるを腹ませて大騒ぎする世代ですからね。まだ「先生」が「聖職者」と呼ばれていた時代です。それにしても40年も前のしかもボクのように口数も少なく地味で目立たない生徒の事をよく覚えてくれてました(笑)久しぶりの感激しました。やっぱり山形まで会いに行こうかなぁ。

▼「ポチ」っとクリックお願いします。
にほんブログ村 経営ブログ 零細企業社長へ
にほんブログ村 

愛和住販コーポレートサイト