某企業の公式ツイッターで自分の妻を「嫁」と書いて炎上・謝罪した件がちょっと話題になっています。ボクもこのブログで自分の配偶者の事を「嫁」と表現してしますがどうやら「嫁」というのは差別的な呼称でNGな人(特に女性)が多いようです。「嫁」という表現をする人は結構周囲にいますが別に「差別」とか妻を見下したりしているわけでもなくむしろ愛情をこめて「嫁」とか「嫁さん」とか「嫁ちゃん」とか呼んでいますがそれでもダメなんですね。ボクも友人達と話すときは「うちの嫁」とかいわないで名前を言いますしビジネス相手の時は「妻」とか「家内」とか呼んでます。ボクの中では「嫁」というのは愛情たっぷりの言葉なんですけど世間的には「嫁」はNGワードだそうでお恥ずかしながらこの年齢になって知りました。まぁ言葉ってその時代時代で変わりますからね。もともと持っていた言葉の意味と違う意味でつかわれている日本語なんてたくさんあるじゃないですか。会話や文章の内容でどんなニュアンスで使っているかって分かるじゃないですか。日本国内で妻の事を「嫁」って言っている人で女性を蔑視して言っている人ってほぼいないと思うんですよね。なんか言葉狩りみたいで世知辛いなぁって思います。正式な言葉の意味や意義を知っていて正式な日本語を使っている人なんて橋田壽賀子さんのドラマ「渡る世間は鬼ばかり」の中でしか見たことないんですけどね(笑)ただ「嫁」という呼ばれ方に違和感や嫌悪感をもつ女性の気持ちもわからないでもないです。夫の事を「御主人」とか「旦那さん」とかいうのはボクもオカシイと思うし、そんな風に呼ばれたくないですからね。夫は妻の「主人」でも「旦那」でもないですからね。ボクはそんな風に呼ばれたくないですね。もっともボクの嫁ボクの妻はボクの事を苗字に「さん」を付けて呼びます(二人の時はあだ名が多いですけど)それはそれでなんか他人行儀で淋しい時がありますね。(そもそもキミも同じ苗字だろ)まぁやはり「夫」「妻」という呼び方が無難ですね。今後はブログを書く時は「嫁」ではなく「妻」または「ハニー」と書くことにします(笑)


愛和住販物件検索サイト 

愛和住販コーポレートサイト 

▼「ポチ」っとクリックお願いします。
にほんブログ村 経営ブログ 零細企業社長へ
にほんブログ村