大相撲の巡業で人命救助の為に土俵に立ち入った女性に
「女性は土俵から降りてください」とのアナウンスが批判されてますね。
まぁそりゃ批判されますよ。
いくら大相撲が「神事」とはいえ、人命を見捨てるような「神事」なんてないわけで
「神事」とは、人間を幸福にするための行事ですからね。
土俵が女人禁制なのは報道によると相撲とは
豊作を司る女神を喜ばせる為のもので、そこに女性を上げると女神が怒るからだそうだ。
そう考えると相撲とは女性蔑視ではなく女性を尊敬するところから始まっているといえる。
話は違うけど、女性に参政権を与えなかったのも蔑視したのではなく
女性という純真で神聖な存在を政治などで汚してはいけないから、という説もある。
まぁ、どっちも「とってつけ」の後付け感がプンプンする説だよね。
日本で言えば鎌倉時代あたりからずっと「女性蔑視」の歴史があるからね。
いまさら、「そうじゃないんだよ」と言ってみても説得力がありません。

さて、現代はそうした「女性蔑視」「女性軽視」が徐々に無くなってきてますね。
むしろ「女性特別視」の傾向です。
「女性専用車両」や「女性専用フィットネス」「女性専用賃貸アパート」
また「レディースなんとか」という女性だけお得なサービスが街に溢れています。
また昔はほとんど男しかいなかった、立ち食い・立ち飲み屋や
パチンコを筆頭に競馬や競輪・競艇などのギャンブル場にも女性の姿があります。
その他にもゴルフや釣りだって女性はいなかったし
野球場だって昔は「なんとか女子」なんていませんでしたよ。
せいぜい、後楽園や神宮に上司のつきあいできているとおぼしき女性がたま~にいただけです。
最近では「スナック女子」なる女子も登場しているらしく
いまや女性が進出していない場所はありません。
それはそれで、周囲も楽しいし本人も楽しいのだからすごく良い事だと思います。
やはり女性と言うのは男と違い年齢関係なく「華」がありますからね。
ただ、そうした街角で見かける「女性専用~」「レディース~」という言葉やキャッチに
まだどこかに「差別感」みたいのを感じます。
女性だけの特権も悪くないし大賛成なんですが
そのサービスに「女性」という単語をわざわざつけるところが「まだまだ感」があります。
街角から、「女性専用」とか「レディースなんとか」といった言葉がなくなった時が
男女平等という事が当たり前に皆が認知したときなのだと思いますね。

にほんブログ村 経営ブログ 零細企業社長へ
にほんブログ村