不動産屋さんの社長って(愛和住販社長ブログ)

愛和住販っていう不動産会社の社長の日記です。社長っていっても零細不動産屋ですから大したことないです。そもそも社長に向いてないし・・ジョブチェンジするなら迷わず「吟遊詩人」にします(笑)

不動産の買い取り・売買・賃貸を坂戸・川越を中心に埼玉県をメインに営業している不動産会社です。新築戸建て・中古戸建てやマンション・売地など取り扱っています。賃貸の仲介もやってます。

カテゴリ: プライベート

今シーズンのプロ野球も残すところ30試合ほどになりましたが、パリーグで現在首位に立っているのがなんと千葉ロッテマリーンズ。しかも2位と4ゲーム差で今日にもマジック点灯という快挙。ロッテにマジック?は?なんですかそれは?という感じで日々の試合中継を観戦しています。ボクもかれこれロッテ球団ファンになってから今年が48年目のシーズンになりますがロッテにマジック云々なんていうシチュエーションは記憶にありません。それもそのはず最後にロッテ球団にマジック点灯したのは51年前だそうでさすがにオールドファンでもそんな体験した人は数少ないと思います。といってもまだマジックが点灯したわけではありません。あ、因みにマジックというのは他球団関係なく自チームがあと何試合勝てば優勝できるよという数字です。M26なら残り26勝すれば優勝という数字です。とにかくいまそんな場所にマリーンズがいます。大方のファンもどうリアクション取っていいか分からず途方に暮れている状態です(笑)長年のファンもボクとしては知らない場所に連れて行かれた子猫のように不安と期待で震えています(笑)「どうせマリーンズだからここから連敗して優勝を逃すんだろうなぁ」とネガりつつ「優勝してくれ~」と祈る日々を送っています。

▼クリックしてくれると嬉しいです。
にほんブログ村 経営ブログ 零細企業社長へ
にほんブログ村

昨日のプロ野球。マリーンズ対イーグルス戦は楽しかったでね~。田中将大と佐々木朗希の投げ合い。両者ともに8回を2失点で白黒決着つかずの投手戦でした。佐々木朗希は2安打無四球2失点。対する田中将大も4安打1四球2失点でした。佐々木朗希に関してはプロ1年目の昨年は2軍でも登板ゼロで「育成失敗」だの「過保護」だのと散々マスコミや評論家・他球団ファンに言われてマリーンズファンとしては本当に悔しい気分でしたが昨日の投球を見ていると育成方針に間違いはなかったと気分が晴れました。昨年、育成方針にクレームつけていた野球評論がこぞって手のひら返ししているをみて内心「ザマアミロ」と思っています。甲子園では毎年のように注目される高校球児がいますが、本当の「怪物」級は滅多にいません。ボクが高校球児で「怪物」だと思ったのは、過去には江川・清原・松坂そして大谷と佐々木朗希の5人だけです。田中将大にしてもいい投手ではあったけど高校時代には「そこまで」感はありませんでした。清宮や藤原・根尾、菊池雄星や藤浪、古くは荒木大輔や桑田真澄、牛島・香川、水野、辻内などその年のドラフトの超目玉はいましたが、「怪物」は上記の5人だと思っています。その「怪物」がマリーンズにいるのですからワクワクが止まりません。佐々木朗希のすごい所はここからまだ伸びしろがあるところです。あと2~3年したら手の付けられない投手になると思います。心配なのはケガだけです。このまま順調に育って欲しいですね。

▼「ポチ」っとクリックお願いします。
にほんブログ村 経営ブログ 零細企業社長へ
にほんブログ村

今日から9月ですね。9月と言えばプロ野球リーグ戦もいよいよ佳境に入り優勝の行方を決める大切な1カ月です。我軍(マリーンズ)は昨日の勝利で首位オリックスバファローズと1.5ゲーム差となり優勝を狙える位置に付けています。さて、我軍(マリーンズ)は昨日の勝利で本拠地であるマリンスタジアムでも勝利数が通算1000勝となりました。(パチパチパチパチ)1992年に千葉移転して約30年ですかぁ。オリオンズ時代からのファンのボクとしては千葉移転で新しくてキレイで臭くない球場になって嬉しかったですね~。当時のおもひでといえば、ピンクのユニフォームがダサかったという。それと「オリオンズ」の名前が変わってしまうのが少し寂しかったですね。「マリーンズ」の他にも「ドルフィンズ」とか「シャークス」とかいろいろ言われていましたが大本命の「マリーンズ」に決まったわけです。今にして思えば「シャークス」じゃなくて「マリーンズ」で良かったなぁって思います。千葉移転当初はスタンドも川崎同様スカスカでしたが(移転1年目は川崎より人がいましたが)今球場に行くと当時では考えられないくらいのファンがいますね。特に女性と家族連れが多くなりました。当時はロッテファンなんて周囲に居ませんでしたからね。自分がロッテファンだと言うと微妙なリアクションをされたものです。「初芝って北坂戸中学校の出身なんだぜ」と地元の坂戸市の人間に聞かせても「初芝ってだれ?」でしたからね(笑)「七夕の悲劇」やら「史上最大の下克上」やら、福浦・サブロー・里崎の引退試合やら思い出いっぱいのマリンスタジアムです。さすがに2000勝目は無理でしょうけど1500勝目はギリみられるかも知れません。それよりリーグ1位になるところがみたいですけどね、かれこれ47年も見ていないもんで。

▼「ポチ」っとクリックお願いします。
にほんブログ村 経営ブログ 零細企業社長へ
にほんブログ村


ジャイアンツがトレード移籍した中田翔の移籍後初HRの記念グッツを販売するそうです。もう完全に中田の暴力事件は「無かったこと」になっていてここまでくるとむしろ清々しいというかなんというか。トレードに関してはボクはファイターズ側が悪いと思っていますよ。無期限謹慎としながら半月も経たないうちに処分を解除してトレードしているんですから、清田を解雇したマリーンズや先日佐々木へ1カ月の謹慎処分をしたライオンズ。同じパリーグの球団としてファイターズの行動には好かなからず嫌悪感があります。「パリーグ全体のイメージダウン」ですからね。しかし、今回のジャイアンツの「中田翔記念グッツ発売」ってどうんでしょう?ちょっとやり過ぎじゃないですか?そもそもボクはセリーグに興味がないのでアンチ巨人ではないですが、自他共に認める球界の盟主様がこんなことしているようではNPBの先行きも暗澹たるものがあるなぁって思います。もっとも盟主様だからこそこんなことができるのでしょうけど。ただプロ野球というのは相手がないと試合ができません。さらにファンがいなければ運営できない。多分、これってセリーグの他の5球団・・いやNPBの他の11球団のファンは眉をひそめている案件だと思います。それどころか当の巨人ファンでも納得できない人も大勢いると思うんですけどね。ジャイアンツの応援歌である「闘魂込めて」の替え歌で「商魂込めて」というのがあるのですが、ますます他球団から「商魂込こめぇ~て~」といじられますね(笑)これじゃプロ野球人気も下がる一方のような気がします。もっともボクはもともと不人気球団の盟主であるマリーンズファンですから全然影響はないですけどね。

▼「ポチ」っとクリックお願いします。
にほんブログ村 経営ブログ 零細企業社長へ
にほんブログ村










さっきラーメン屋さんで焼肉定食を食べている時にスマホで日ハムの中田翔が巨人へトレードというニュースをみて驚きました。チームメートへ暴力で11日に謹慎になってからわずか9日間でのトレードです。しかも無償トレード。そしてトレードとともに謹慎も終了。まぁ謹慎処分は日ハム球団の処分ですから他チームにいけば関係ないですけど巨人がどうするか知りませんがその気になれば今夜の試合から復帰も可能という事になります。ボクは教師からの体罰や体育会系部活の体罰を普通だと思って育ってきた昭和世代なので近年の○○ハラスメントみたいなものは非常に鈍感なのですが流石にこれってどうなの?って思いました。確かに、引退危機まで言われていた中田にとっては良かったと思います。しかもパリーグの最下位チームから日本一の人気球団への移籍ですからむしろ暴力沙汰になってラッキーって思っているかもしれません。巨人も無償で実績ある選手を獲得できてラッキーでしょう。日ハムにしても高年棒でコスパの悪い中田を放出できてラッキーで3者とも得したと思いますが、NPB全体としてみればマイナスでしかありません。日本の野球界の最高峰であるプロ野球がここまでコンプラ意識が低いと子供を持つ親としては野球なんてやらせたくないと思うのではないでしょうか?しかも球界の盟主と自他共に認められている巨人軍が・・引退危機の中田を救った巨人。というと美談風だけどこれを美談にしてほしくないと思います。でもチームメイトに暴力を加えた中田が10日で復帰できたのですから犯罪でも何でもない不倫と球団への報告隠蔽工作で犯罪でも何でもない行為でマリーンズを解雇された清田も各球団獲得しやすくなったと思うので清田も復帰ワンチャンあるかもしれませんね。

▼「一日イチ押」お願いします。
にほんブログ村 経営ブログ 零細企業社長へ
にほんブログ村

↑このページのトップヘ