不動産屋さんの社長って(愛和住販社長ブログ)

愛和住販っていう不動産会社の社長の日記です。 多分、自分は社長タイプじゃありません(白目)

不動産の買い取り・売買・賃貸を坂戸・川越を中心に埼玉県をメインに営業している不動産会社です。新築戸建て・中古戸建てやマンション・売地など取り扱っています。賃貸の仲介もやってます。

カテゴリ:プライベート > マリーンズ・プロ野球

来週金曜日の7月10日からプロ野球の有観客試合が始まります。マリーンズはホーム・マリンスタジアムでのライオンズ戦の最中です。昨日、ファンクラブ会員へのネットでの先行販売が開始されたのでとりあえず7月10日と7月12日のチケットを購入しました。
preview
この3日間のチケットは価格変動制での販売だったのですが、いや~高いです。10日はライトスタンド2名分。12日はセブンイレブンスタンドデッキ(4人ボックス席)をとったのですが通常の倍くらいの価格でした。12日は友人と行くつもりでボックス席狙いで内野のコカ・コーラボックスシートとかも取れたのですが4人で24,000円ですからね。同行者のフトコロ事情も勘案してセブンイレブンスタンドデッキにしました。球団も通常価格というわけにはいかないでしょうし高いチケット代金もファンとしてはこれもマリーンズの為ということで納得しないといけません。そんな高額チケットでしたが今朝球団ホームページを見てみたらなんと完売です。
preview (1)
まぁ入場制限があって5000人ですし、ファンにとっては事実上のホーム開幕戦ですから多少チケットが高かろうとさすがに即日完売でしょうね。でも今年は応援も制限されています。応援歌やコールはできませんしタオルを振り回すのも無しです。当然はファン同士のハイタッチも禁止です。といっても外野なんか1列に二人といった感じですからハイタッチなんて無理無理。さらにアルコール販売もありませんし売り子さんもいないようです。これは一体どんな状況になるのか想像もつきませんが逆にガラガラで静まり返ったスタンドの様子を見てみたいという気持ちもあります。さてどんな空気になるのやら。観戦記も書きますから乞うご期待!

▼「ポチ」っとクリックお願いします
にほんブログ村 経営ブログ 零細企業社長へ
にほんブログ村 

愛和住販コーポレートサイト


ロッテ、歴史的6連勝!レアードV弾 

プロ野球が開幕してボクの日常もかなり充実したものになっています。野球があれば言われなくても外出はしませんので自動的に自粛生活となりコロナ対策にもなります。一石二鳥とはこのことでプロ野球の力恐るべしです。さてプロ野球の対戦相手は通常ですと3試合ごとに変わります。同じチームと3連戦したところで対戦相手が変わるのですが今年は移動リスクを軽減するために同じチームと6連戦という変則的な日程になっています。先週の火曜日から我がマリーンズはオリックスバファローズと6連戦だったのですのが、なんと6戦全てに勝利してしまいました。この同一カード(同じ対戦相手)6連戦で6連勝というのはプロ野球史上初の快挙です。8月までこのような日程ですから他チームもいずれ6連戦6連勝をなし得るかもしれませんが、「史上初」ということでマリーンズはまたひとつ「記録」を歴史に刻みました。千葉ロッテマリーンズというプロ野球ファンの中でも地味なこの球団ですが実は数々の記録を持っています。新規参入した楽天の初年度には26-0という大勝し、2005年の日本シリーズの阪神戦では4試合合計で33-4で圧勝、2009年の広島戦では1イニング15得点という記録持っています。また2005年の日本一はアメリカ人監督が日本一になるという史上初の快挙。2010年にはリーグ戦3位から日本一になるといういまでも他11球団がなし得ていない記録もあります。さらには交流戦の初代の優勝チームで、その「畜生ぶり」は他球団の追従を許しません。そしてマリーンズの不朽の大記録と言えばなんといっても「18連敗」です。昨年ヤクルトが16連敗したときには少しドキドキしましたが、さすがに18連敗に届きませんでした。それほど偉大な記録が「18連敗」です。同じプロ同士が試合して18試合も連続で負けるなんてことは奇跡以外の何物でもなくそれを見事にやってみせたのが我がマリーンズなのです。(`・∀・´)エッヘン!!
そして今回、史上初の同一カード6連戦6連勝という、新たなる「畜生伝説」を生み出したのです。さすがボクが半世紀に亘り応援し続けたチームです。というわけで現在8連勝中で単独首位の我がマリーンズ。終わってみれば順位は定位置に収束するとは思いますがもうしばらくいい夢を見せて欲しいと願っています。バファローズファンの皆さんはあまり落ち込まないでください。18連敗はしないと思いますから。
preview
記念に今朝の順位表を貼り付けてみますた。

▼「ポチ」っとクリックお願いします。
にほんブログ村 経営ブログ 零細企業社長へ 
にほんブログ村 

愛和住販コーポレートサイト

プロ野球、7月10日から観客あり 客数は各球団が調整 

金曜日にプロ野球が開幕しました。無観客とはいえ全国で多くのプロ野球ファンが盛り上がりましたね。ボクのイーグルスやライオンズファンの友人とLINEやら何やらで試合を観ながらそして試合後にも野球の話しまくりです。やっぱりプロ野球のある日常は本当に楽しいです。そんなプロ野球ですが、7月10日からスタジアムにファンを入れて「観客アリ」試合を再開する方向で進んでいるらしいですね。政府の指針だと、7月は5000人又は収容人数の半数のいずれか少ない方、8月1日からは収容人数の半分というアナウンスがされています。それでいうと7月10日は各球団5000人までということになるのでしょうか?その辺はまだ分かりませんが早速7月10日のマリーンズの日程を調べると、なんとマリンスタジアムでライオンズ戦じゃありませんか!ヤベーいきたぁ~い。5000人かぁ・・チケットの販売方法は抽選なのか?早いもの勝ちなのか?まだ詳細は分からりませんが、とにかく行きたい。10日~12日までがマリンで翌週は札幌でそのあとはメラドでまたライオンズ。そして再度マリンの戻るのが7月28日。う~んやはり10~12日のどこかでマリンに行きたいなぁ。まぁ他のファンの皆さんも同じでしょうけど。チケットの販売の詳細が待ち遠しいですね。

▼「ポチ」っとクリックお願いします
にほんブログ村 経営ブログ 零細企業社長へ
にほんブログ村

愛和住販コーポレートサイト



昨日ついに、待ちに待ったプロ野球が開幕しました。試合開始10分前にはPCの前に座って試合終了まで応援しました。まだ無観客ですけど開幕できたことは嬉しいですね。しかし開幕戦の自宅観戦なんて何年ぶりですかね?ここ数年は開幕はスタジアムで1泊2試合応援をしてきたのでいつもと違う開幕観戦でした。そして仲間のイーグルスファン・マリーンズファンで作っているグループライン「荒鷲かもめ会」も開幕しました。野球が始まると試合観戦そのものも楽しいのですが、こうしてファン同士で野球の話をするのも楽しいんですよね。このグループラインはライオンズファンは除外しているのですけど、イーグルスキチとラインズバカとマリーンズオタク(ボクのことです)で飲んでいると他の人間をそっちのけで野球話を延々してたりしてそれがまた楽しいんですよ。昨日はイーグルスさんとライオンズさんは勝利。我がマリーンズは延長サヨナラ負けという結果でしたが、マリーンズも和田がプロ初盗塁を甲斐キャノンから決めたり結果は出ませんでしたが、安田・福田光が代打で登場したり、イーグルスから来た小野郁が投げたりと若手の溌溂とした姿を見れたので満足です。そもそも、ボクの個人的予想だとマリーンズは今季は4位(これでもかなり忖度した順位です)イーグルスとライオンズで優勝争という今季の展望ですから。マリーンズは3年後(3年前もそう言っていた気がするが)に優勝を目指しています。( ー`дー´)キリッ
何はともあれプロ野球開幕、おめでとうございます!一日も早くマリンスタジアムで応援できる日が来ることを願っています。

▼「ポチ」っとクリックお願いします
にほんブログ村 経営ブログ 零細企業社長へ
にほんブログ村 

愛和住販コーポレートサイト

先日は誕生日だったので今日は自分の誕生日プレゼントを買ってみた。まぁこの年齢になると特に欲しいモノものも無いよね。有ったとしても凄い高額。自家用ジェットとかクルーザーとかドラエモンとか(笑)が、今回欲しいモノを発見!早速ネットで注文しました。
preview (4)
小さくて分かりずらいでしょうけど、まぁ案の定マリーンズグッツです(知ってた)
応援タオル&マフラータオルはオマケ(というか1万1000円以上じゃないと送料がかかるので調整)で、欲しかったのは1950年の毎日オリオンズ時代のレプリカユニフォームです。10,000円かぁ~と思いつつ誕生日だし「いいか!」って感じで発注です。背番号なしもあったのですが、背番号アリにしました。で「11」か「19」で迷ったんですよね。当時の「11」は荒巻投手。「19」はキャッチャーの土井垣。ちなみにドカベンに出てくる明訓高校の土井垣君のモデルはこの毎日オリオンズの土井垣捕手です。荒巻投手といえば「火の玉投手」との異名をとった左投手です。で悩んだ結果、荒巻の「11」に決めました。さすがのオールドファンのボクでも1950年は生まれていませんでしたが、パリーグ初代王者の毎日オリオンズに思いを馳せたいと思います。

▼「ポチ」っとクリックお願いします。
にほんブログ村 経営ブログ 零細企業社長へ
にほんブログ村 

愛和住販コーポレートサイト


↑このページのトップヘ