不動産屋さんの社長って(愛和住販社長ブログ)

愛和住販っていう不動産会社の社長の日記です。 多分、自分は社長タイプじゃありません(白目)

不動産の買い取り・売買・賃貸を坂戸・川越を中心に埼玉県をメインに営業している不動産会社です。新築戸建て・中古戸建てやマンション・売地など取り扱っています。賃貸の仲介もやってます。

カテゴリ: 全般

来週の日曜日の21日は、参議院選挙の投票日です。
・・・と言っても毎回半分くらい人は選挙に行かないですよね。
大半は選挙に行った所で何も変わらない。という意見でしょうかね。
ボクはそうは思わないんですよね。
ボクが初めて選挙権を得た二十歳の頃から比べると随分変わりました。
消費税なんていうのも昔は無かったし、
タバコやお酒は増税されてかなり高くなりました。
これは「悪く変わった」例です。
逆に高速道路や新幹線などが整備されてかなり便利になりました。
これは「良く変わった」例です。
良くも悪くもこれらは政治で決まったことです。
そして政治を決まるのが選挙です。
選挙で選ばれるのが政治家です。
ですから政治家は当選するために票田を大切しますので
その票田の方たちに喜ばれる政治をします。
では票田ってどういうものかというと、いわゆる「組織票」ってやつです。
投票する人が少なければ「組織票」の割合が多く高くなり
「組織票」をもっている政治家や政党が当選するわけです。
そうなると、その「組織」に支持される政策するわけです。
そうした組織に属していない人達はあまり利益を得ることができないわけです。
だから「選挙に行っても何も変わらない」と感じてしまいまた選挙に行かなくなる。
でもそれは「選挙に行けば利益を得る」人達の思う壺なんですよね。
ボクのようなおっさんがいうのもなんですが、若者は選挙に行かない。
選挙に行かなければ政治家には「いない人」と同じでしょ。
ならば選挙に行く割合の多い、ジジ・ババに特になる政策が多くなり若者は不利益を被るわけです。
だから若者こそ選挙に行った方がいいと思うわけです。
そうでないといつまでたっても若者中心の政策は行われません。
若者が元気にならなければ日本も元気になるわけないと思います。
といわれても政治にも興味ないしどこの投票したいいか分からないのかもしれませんが、
なにかをきっかけに政治に興味をもってください。
一番ダメのは「誰かに頼まれた」候補や政党に投票することだと思います。
それでは「頼んだ側」の利益のために利用されているだけですからね。
まぁとりあえず「政党相性診断」でもしてみてください。

政党との相性診断

にほんブログ村 経営ブログ 零細企業社長へ
にほんブログ村

にほんブログ村 企業ブログ 不動産業へ
にほんブログ村

http://www.aiwa-j.com/

日本による韓国への輸出強化の話題が続いていますね。
不動産業界の人は韓国好きの人が多いですが、
ボクは韓国という国は特別好きでもなければ特別嫌いなわけでもないですね。
ただ今回の日本が韓国に対して行った輸出強化に対しては評価はしています。
勘違いしている人もたまにいますが、禁輸したわけじゃない。
いままで韓国に対して優遇していたものを通常の手続きに戻すだけであって
韓国側としても通常の手続きを踏めば購入するすることが出来るのだから
そんなに騒ぐことじゃないと思います。
8月には「ホワイト国」から韓国を除外する事も決めているようで、
こちらもまぁ妥当なことだなと思います。
最近の日韓関係を鑑みればいつまでも韓国を「ホワイト国」に指定していては、
今度は日本国内の世論が騒ぎ出すような雰囲気です。
徴用工問題・慰安婦財団問題・天皇陛下への謝罪要求に自衛隊機へのロックオン。
それらに関して日本側が協議や謝罪を申し込んでも無視し続け
これではとてもないじゃないけど「友好国」と言えないと思います。
同じお隣りでも台湾と韓国は全く違いますよね。
韓国は反日だけど台湾は親日です。
人間て感情の生き物ですから「嫌い」と言われれば好きになれないし、
「好き」と言われれば嫌いになれない。
冒頭に書きましたがボクは韓国は特別嫌いではありませんが台湾は好きです。
韓国の一部の反日家さん達の言動に触れれば当然日本人としては韓国に好感は持てない。
だからと言って反韓になるわけでもないですけど。
要するに韓国が特別な国だとは思わないってことです。
ブラック国でもホワイト国でもなく他の国と同じという事です。
しかし日韓関係はドンドン悪くなっていきますね。
まぁどちらが悪いとかではなく「気が合わない隣人」ということなんでしょうね。
日韓関係が悪くなればなるほど「気が合う隣人」である日台関係が良くなるような気がします。
半導体製品の世界シュアも台湾が韓国を抜く勢いですから、
日本政府も企業も、韓国から台湾へシフトしていくのでしょうね。
付き合いというのはやはり気ごころが知れた人とするのがいいですからね。
もっともボク個人的にはあまり関係のないですけどね。
韓国料理や焼き肉は食べたくなったら食べるし、
眞露やマッコリーも飲むし(笑)

にほんブログ村 経営ブログ 零細企業社長へ
にほんブログ村

にほんブログ村 企業ブログ 不動産業へ
にほんブログ村

http://www.aiwa-j.com/



今日は参議院選挙の公示日ですね。
前政権の民主党・野田総理と議員定数を削減する約束で政権を奪取した自民党ですが、
今回の参院選はなぜが参院定数が6増という選挙です。
身を切る改革なんて各政党の議員はいいますが全く口ばかりです。
ネットの党首討論で維新の松井代表が共産党の志位委員長に、
「身を切る改革なら政党助成金を返上したら」といわれてて笑いました。

【参院選党首討論】共産志位氏、維新松井氏に「身を切るのが好きなら政党助成金を返上したら」

参院選挙ですからさほど国政に影響はありませんけど今回はちょっと面白い。
何がって、山本太郎率いる「れいわ新選組」が台風の目になりそうな予感です。
色々と考えるとそれも頷けます。
自民党が悪いとは思いませんが、さすがに安倍1強が長すぎ。
権力が長期間ひとつ所に留まるとロクなことがありません。
またアベノミクスは格差を拡大したにすぎずとてもじゃないけど成功とは思えない。
では、野党はどうか?見てみても自民と対峙できる力のある野党がない。
野党第一党が立憲民主ではいかにも脆弱です。
それよりも何よりも、現在の既成政党には与野党を問わず辟易している。
この閉塞感を敗れるような政党は見当たりません。
そんな中、「れいわ」は面白い。
山本太郎個人はクセがあるので好き嫌いが分かれるところだけど、
候補者も色々な人を擁立してリベラルはリベラルだけど広範囲の人材を擁立しているし、
政策を見ると一番庶民感覚に近い。

政策 | れいわ新選組

もちろん、こういう政策を主張すると「財源はどうするんだ?」「現実的ではない」
という評論家や政治家が必ず出てくるんだけど、
いままでやってきたことだって財源が足りなくって増税してきたわけでしょ?
でもってまた消費増税とか言ってるわけだから、いままでだって「財源ありき」じゃないんですよ。
「政策ありき」でそれを元に財源を確保してきたわけです。
もしも「財源ありき」ならば社会保障の財源なんてないのだから、
いまの財源でできる保証しかしなければいいのです。
もしも、本当に多くの国民にとって必要な政策ならば増税でもいいんですよ。
そうじゃないから腹が立つわけです。
大企業や富裕層優遇や公益法人の税制優遇などはそのままで財源ないから税金あげます。
じゃ納得できませんよね。
なによりもまずは庶民にとっていいと思う政策はやって欲しい。
できるできないはともかく、最初から「無理」というなら政治家は不要です。
そんな中「出来るかできないか分からない」けどそれを政策で掲げるのは個人的には嫌いじゃない。
それにしてもSNSを見ると「れいわ新選組」の勢いを感じる。
一般人の寄付だけで2億円以上が集まったのも凄いなって思う。
もう組織選挙はうんざりしているから「れいわ新選組」は新鮮に見える。
前回の都議選で小池さんの「都民F」が躍進したモノの国政では大失敗。
小池さんの場合は常に権力臭がしたけど、
山本太郎さんは良くも悪くも権力臭がしてこないのも魅力なのかもしれない。
それと安易に芸能人や有名人を擁立しない所もいいと思う。
まぁボクの場合、山本太郎といえばメロリンQかミナミの帝王のイメージだが。
どっちにしても21日の投票日まではじっくり考えてみたい案件だ。

にほんブログ村 経営ブログ 零細企業社長へ
にほんブログ村

にほんブログ村 企業ブログ 不動産業へ
にほんブログ村

http://www.aiwa-j.com/

吉本興業の所属タレントによる、闇営業問題は沈静化までまだ時間がかかりそうですね。
昔から興業と反社は切っても切れない間柄ですけど、もう今はそういう社会ではありませんね。
とはいえ、振り込み詐欺グループのイベントじゃ反社かどうかは分からないと思うので、
「知らなかった」というのは本当の事だと思います。
そもそも、反社の人達が見るからにソレと分かるような恰好や素振りなんてしませんからね。
うまくソレとは分からないように社会に溶け込まないと詐欺なんてできません。
不動産会社もちょっと儲けてお金を持つようになると、
芸能人や有名人をイベントに呼ぶことが多々あります。
ボクが若かりし頃はバブル真っ盛りですから、会社のイベントで芸能人とか来てましたね。
しかもその時代の不動産屋の社員なんて、パンチ頭にサングラス。
パーラメント(タバコ)にす吸い口をさして吸っていて
外見だけなら「反社」のような業界ですからね(笑)
まぁさすがにこの業界でもパンチパーマは見なくなりましたが、
スキンヘッドで強面とか結構います。実際は全然普通の人ですけど。
まぁ宮迫なんかは「ギャラを貰ってない」ってウソを言ったのが良くなかったですね。
最初から正直に話していれば、まだ情状酌量の余地もあったけど
あの「ウソ」が「反社イベントに参加」よりも悪かったと思います。
さて、吉本興業はそうした芸人を処分してますが、
ボクなんかは吉本興業が一番悪いと思うクチです。
所属タレントと雇用契約をしてないわけでしょう。
となると、最初から外注みたいな感じでタレントは個人事業主というカタチなのかな。
それでは到底食べていけないタレントも多くなるし、当然ガバナンスも効かない。
本気で吉本興業がコンプラを遵守する気であるならば、
所属タレントとの契約を見直さないといけませんね。
外注扱いを止めて吉本興業の社員として雇用し、社員以外の斡旋はしない。
社員については最低限の固定給を払う。そんな風にしなければまた同じことは繰り返されそうです。
実は、不動産業界もよく似ているところがあるんですよね。
いまでこそ少なくなりましたが、昔の不動産営業マンは「フルコミ」という給与体系が主流でした。
「フルコミッション」つまり完全歩合制です。
売れなければ給料は0円どころかガソリンも携帯代も全部自分持ち。
その代わり売れればインセンティブ(歩合)が高い。まぁ個人事業主です。
ボクも勿論そのような経験を経て現在に至ってます。
さすがに最近ではフルコミでやりたいという猛者がほとんどいません。
よほど自分に自信がないとできませんからね。
っていうかどうせ個人事業主扱いならば、他人の会社に所属しないで自分で会社を興しても同じ。
だから、売れる営業マンってみんな独立しちゃうんでしょうね。
とまぁ~話は不動産業界のことに逸れてしましましたが、
今回の吉本の闇営業問題。
ボクの感想としては、あまり売れていない芸人さんの対してはかなり同情的な気持ちもあります。
まぁ普通に売れているのに闇営業でギャラ貰ってた連中は「知らん」って思います。
でも芸人なんだからおしろいネタを作ればTVに出れなくても、
ライブとかでやっていけると思うんですけどね。
最近の芸人さんはちょっと売れてくるとMCとか俳優とかやり出して
観心のネタを全然やらなくなるのは不満です。
その点、サンドウィッチマンや博多華丸大吉やナイツには好感持てます。
芸人なんだからネタ作ってなんぼでしょ。
不動産営業マンだって契約してなんぼですから。

にほんブログ村 経営ブログ 零細企業社長へ
にほんブログ村

にほんブログ村 企業ブログ 不動産業へ
にほんブログ村

http://www.aiwa-j.com/

八村塁、日本人初の1巡目! ウィザーズが全体9位で指名

八村塁君がNBAのドラフトで1巡目の指名を受けましたね~。
全体でも9位とは本当に日本人としての快挙ですね。
日本では大衆プロスポーツの最高峰といえば野球ですが、
アメリカでは、野球よりバスケット・アメフトの方が人気も高く年棒も高い。
そんなNBAのドラフトで日本人が指名されるだけでも今回の八村君が二人目なのに、
1位指名で全体で9位とか凄すぎです。

ボクの中学校の頃少しバスケット部に在籍していました。
当時は小学校で「ミニバス」ってやつが流行っていまして、
その流れでバスケ部へ入部する人も結構いましたが、
まだまだマイナーな球技でしたね。
小学校の体育の時間にはバスケットではなくポートボールでしたからね。
中学校に入って授業でたまにバスケットしましたが、
基本、雨でグランドが使えない時に体育館で行われる程度のものでした。
ボク的にはバスケットはそれほど熱心にやったという記憶がありません。
身長が低いからですかね~。でもその分ドリブルとか速かったんですけどあまり面白くなかった。
バレーボールもやってましたが、これまた身長が低いのでセッターであまり面白くなかった。
やっぱりサッカーが一番楽しかったですね。
どっちにしても、バスケットは女子にはそこそこ人気がありましたが、
男子にはあまり人気のあるスポーツという感じはしなかったですね。
因みにこんなに野球好きなのに、野球部へ入るという選択肢は全く無かったですね。
多分、「坊主頭」にするのがイヤだったのでしょう。
中学生といえば色気づく年頃ですからね。

ボクの少年時代は「その程度」の扱いだったバスケットも、
「スラムダンク」あたりから人気のスポーツに。(ボクの時は、「ダッシュ勝平」ですけど)
まぁ確かにNBAとかたまに観ると面白いです。
ボクはやはりスポーツは「観戦派」なのです。
なにはともあれ、そんなNBAに日本人がドラフト1位で指名されるなんて夢見たいです。
今後の活躍を大いに期待したいですね。
大坂なおみや大谷翔平など若い世代が世界へ羽ばたく姿は、
スポーツ好きのオジサンのとってはたまらないですなぁ。

にほんブログ村 経営ブログ 零細企業社長へ
にほんブログ村

にほんブログ村 企業ブログ 不動産業へ
にほんブログ村

http://www.aiwa-j.com/


↑このページのトップヘ