不動産屋さんの社長って(愛和住販社長ブログ)

愛和住販っていう不動産会社の社長の日記です。 多分、自分は社長タイプじゃありません(白目)

不動産の買い取り・売買・賃貸を坂戸・川越を中心に埼玉県をメインに営業している不動産会社です。新築戸建て・中古戸建てやマンション・売地など取り扱っています。賃貸の仲介もやってます。

カテゴリ: 全般

山本太郎氏、都知事選「立候補します」 

れいわ新撰組の代表のメロリンキューこと山本太郎氏が今回の都知事選挙に立候補しました。埼玉県民のボクにとっては東京都知事は全く関係ありませんが、埼玉県知事選挙よりも注目してしまいます。前回は現都知事の小池さんが大フィーバーして鳥越氏を大差で破りましたが今回もまず小池さん有利は動かないでしょうね。一番の対抗馬が宇都宮氏ですからちょっと知名度もないところに加え山本太郎氏の出馬で票が割れるでしょうから小池さんとしては有利になった気がします。本当は野党が協力して対抗馬を立てれば多少はいい勝負するのでしょうけど野党は所詮野党なんですよね。まずまとままりません。ただ山本太郎氏の出馬で小池票も多少減るのではないかと思います。そういう意味でもホリエモンも立候補すれば絶対に当選しませんが見世物としては面白いかもしれません。それと注目は日本第一党・党首の桜井誠氏ですかね。もと在特会(在日特権を許さない会)の代表です。ヘイトスピーチと叩かれ橋下(当時大阪府知事)と対論もしました。在特会時代から桜井氏のYouTubeはたまに観ていました。確かに口は悪いしヘイトといえばヘイトなんですけど同じ日本人としては桜井氏の主張する内容に共感できる部分も多々あります。どちらにしても、ボクには投票権はありませんから都知事選挙は一種のショーみたいなものですが、第三者として小池都知事を見ていると「このオバサンって何した人だろう?」って純粋に思います。市場を築地から豊洲に移転したってことくらいしか分かりません。舛添さんよりは仕事をしてるかなぁ~って程度です。まぁボクは東京にほぼ行かないので分からないだけで仕事はしているとは思いますけど。

▼「ポチ」っとクリックお願いします
にほんブログ村 経営ブログ 零細企業社長へ
にほんブログ村 

愛和住販コーポレートサイト


アンジャッシュ渡部の不倫騒動。芸能人の不倫のニュースなんて珍しくもなく特に興味もなのですが、渡部と奥さんの佐々木希さんはマリーンズ球団にも縁が深いのでちょっと気になってしまいました。渡部(呼び捨て)は佐々木千隼の高校の先輩でオフなどにも絡んでいるようだし、相方の西表島さんも昨年ルーキーの小島が「コジマじゃないよオジマだよ!」とヒーインで新島さんのネタを披露。また佐々木朗希と一字違いの佐々木希さんは佐々木朗希にメッセージとか送っていましたので、渡部夫妻とマリーンズは結構「蜜」な間柄。そんなこともあって渡部にも好印象を持っていたですが「しでかして」しまって残念ですね。まぁ芸人の女性遊びは「芸のうち」なんて昔からいいますが、渡部夫妻の場合は「爽やか」系をウリにしていたので「不倫」はイメージ悪いですよね。ていうか、最近ではアンジャッシュとしての「芸」なんてほとんどやりませんからね。アンジャッシュもエンタの時は好きなコンビだったのですが多くの芸人さんは売れてくるとMCだとかコメンテーターだとがバラエティーとかやりだして、肝心のお笑いの「ネタ」をやらなくなります。そうなると「芸人」じゃないんですよね。ただの「芸能人」です。「芸能人」といっても、役者さんとか歌手とか色々といますが「ネタ」をやらなくなった「芸人」は「元お笑い芸人」であって今「芸人」ではないと思うんですよ。だから女性遊びはただの女性遊びで「芸の肥やし」にはならないのではないかと思います。「芸人」は「芸」をやってこそ。漫才師なら「漫才」や「コント」を作り演じてこそ「芸人」だと思ってます。だいたい本職の「ネタ」をやらなくなるとダメになりますよね。キチンと本職のネタをやっている芸人さんはあまり問題を起こさない気がします。とはいえ「不倫」ですからね。フジモン&ユッキーナや宮迫とはちょっと違うので佐々木希さんと相方の硫黄島さんの事を思うとしっかり謹慎してアンジャッシュとして寄席でコントをするところから出直して欲しいと思いますね。それよりも心配なのは佐々木千隼とかマリーンズの若手が渡部に変な遊びを教わって野球がおろそかになっていないかということです。渡部の「フリン」より「マリン」です。

▼「ポチ」っとクリックお願いします。
にほんブログ村 経営ブログ 零細企業社長へ
にほんブログ村 

愛和住販コーポレートサイト



黒川検事長が賭け麻雀で辞任しましたがその処分内容が軽いとの批判がありました。その件について衆院の法務委員会で、法務省の川原隆司刑事局長が「旧知の間で、レートはいわゆる点ピン。具体的に申し上げますと、1000点を100円と換算されるものでございまして、もちろん賭けマージャンは許されるものではありませんが、社会の実情をみましたところ、必ずしも高額と言えないレートでした」と答弁しネット上では「点ピンは合法」とザワついています。麻雀を知らない人の為に説明すると、「点ピン」とは、1000点=100円のレートのことです。1000点50円は「点ゴ」1000点1000円は「デカピン」といいます。麻雀は最初に25,000点を持っているのですが30,000点返しといって30,000点がプラマイ0の点数です。つまりゲーム終了時に31,000点持っていれば「プラス1000点」29,000点なら「マイナス1000点」です。最初に持っていた25,000点が全てなくなると「マイナス30,000点」です。1000点=100円ですと3000円ですが、これに順位点(ウマといいます)がつきます。1,2位にはプラスで3,4位はマイナスです。その他にもいろいろとお金のやり取りはありますが通常の回数やると勝っても負けても2~3万円という感じです。ボクもいまでこそ麻雀は数年に1回くらいしかやりませんが若い頃は麻雀が好きで年間250日くらいは麻雀を打っていました。仲間同士で行くこともありましたが、ほぼフリーといって一人で雀荘に行って知らない人と打つというパターンです。もっとも毎日通っているとフリーといってもみんな顔見知りになっちゃいますから飲み屋の常連みたいなものですね(笑)さてそんなフリーの雀荘のレートは大抵「点ピン」で、高くても「リャンピン(1000点200円)」です。なので検事長さんが打つレートしては確かに低いレートですし利益供与目的ではないと理解はできますが、2006年の第一次安倍政権の時に「賭け麻雀は違法」と閣議決定してるんですね。それが今回の上記のような答弁ですからお友達に寛容だと言われちゃいますよね。またいままで賭け麻雀を起訴してきた検察のNO2がいくらレートが低いからといって違法であることを知りながら賭け麻雀をやっていて懲戒じゃなくで辞職で退職金数全万円を受け取るのは国民感情としては面白くありませんよね。そういえばむかし知り合いの雀荘ががさ入れを食らったことがありました。その雀荘も「点ピン」でした。雀荘ががさ入れされるのはたいていが負けた人間が警察にタレこむというパターンらしいです。もう面倒だからマジで「点ピンが合法」と法律で決めちゃえばいいと思います。そして検察庁の中で堂々と「黒川杯」(麻雀大会)を「点ピン」でやりましょうよ。桜井章一さんとか西原理恵子さんを呼んで。優勝者には「総理大臣賞」でトロフィーを安倍総理が授与するとか盛り上がりそうです。そんな「黒川杯」なら参加してみたいですね(笑)

▼「ポチ」っとクリックお願いします。
にほんブログ村 経営ブログ 零細企業社長へ
にほんブログ村 


愛和住販コーポレートサイト

一昨日、緊急事態宣言が全国的に解除されましたね。約1か月半ですか。長ったようなあっという間だったような気分です。まぁここで解除で良かったのかどうかは今後の結果を見ない事にはわかりませんが、結局、アベノマスクは来ない。10万円の給付金の申請書は来ない。会社の給付金や融資も申し込んだだけで何もない。そんな「なぁ~んにもない」状況で緊急事態宣言が解除になりました(藁)さて今回のコロナ対策ですが「日本モデル」として世界で注目されています。なぜ注目されているかというと、強制力のない緊急事態宣言だけでコロナの第1波を抑え込んだという点らしいです。安倍総理も「日本モデル」として自画自賛していまたね。ボクも「日本モデル」は凄いなぁって思っていますが、おそらく「日本モデル」は日本以外の国には適用できない「モデル」だと思っているので他国は参考にできないと思います。緊急事態宣言したのに、お金は支給しない。緊急融資は実行しない。マスク2枚すら届かない。こんな状況で自粛生活を送れるのは日本人しかいないとボクは思うのです。他国だったら暴動ですよ。この間、旅館やホテル、飲食関係そのた諸々の企業や店舗がどれほど閉店や廃業に追い込まれたことか。ボクの知り合いの飲食店だけでも数件が閉店・廃業しています。それだって文句はあるけど自粛に協力したのです。こんな律儀な国民性を持つのは日本人位しかいないと思うんですよ。政府や国会議員や官僚が何か努力したわけじゃありません。確かに給付金等の政策を決定しましたが、現実は「何も間に合っていない」のです。それでも日本人は我慢して我慢して第1波の抑え込みに一応は成功したわけです。これが「日本モデル」の正体だと思っています。ですから他国の人が不思議がるも分かりますし、他国には通用しないモデルであると思っています。さて、秋口には第2波がやってくると言われています。今度はキチンと事前に準備をしておかなくてはいけませんね。まずは最低でも内閣総辞職でしょうね。できれば総選挙が望ましいと思っています。正直言って、安倍政権のままで第2波がきて再び緊急事態宣言が出されるのは「かなり不安」です。安倍総理にとっても未曽有の出来事だったことは本当に不運だと思いますが、この緊急事態宣言中に起きた様々な出来事、コロナに関することもすですがそれ以外の事に関しても見てきましたが今の政権で第2波を迎え撃つのは無茶・無理・無謀と思ってしまいます。なのでボクは「日本モデル」なんて評価しません。こんなものをモデルにして評価してしまえば、何かあったらまた国民に我慢させればそれでいい。と足元を見られてしまう気がします。ですが緊急事態宣言が解除になったことは歓迎してます。プロ野球も開幕しますからね(笑)プロ野球が開幕すれば、いわれなくても夜は出歩かずに家にいますから自動自粛生活になりますから(笑)

▼「ポチ」っとクリックお願いします。
にほんブログ村 経営ブログ 零細企業社長へ 
にほんブログ村 

愛和住販コーポレートサイト

女子プロレスラーの木村花さんがSNSの誹謗中傷が原因で亡くなったというニュースがアナウンスされています。ボクは女子プロレスといえばビューティーペア・クラッシュギャルズ世代なので木村花さんも華さんが出演して炎上の原因となった「テラスハウス」も知りませんが、22歳の夢と希望に満ち溢れた未来ある人が誹謗中傷で亡くなられたことに対しては心が痛みます。22歳といったらボクの子供より年下です。そのような子が誹謗中傷で命を絶たなければならないとは深い悲しみを覚えます。これを機にネット(特にSNS)の法整備をする必要があります。誹謗中傷とは逆にスラップ訴訟といって主に力のある人間や組織が個人を訴えるという「いやがらせ訴訟」も問題になっています。誹謗中傷発言も問題ですが、自分を批判する人間の発言を封じ込めようとするスラップ訴訟に関する法整備も同時に必要だと思います。確かに「言論の自由」という問題との関係もあってどのように法を整備するか難しい部分もあります。行き過ぎれば言論弾圧ですし、ゆるすぎれば人権蹂躙の誹謗中傷発言はなくなりません。だた現状のような無法地帯では今後も痛ましい事件事故がなくなりません。本来であれば各個人がある程度弁え節度のある発言ができれば一番いいのですがそこまで日本の社会は成熟していませんね。こういう事件が起きれば法律が出来て自分達の言論の自由を脅かされるのですけどね。また「自由」をはき違えてますね。「自由」って好き勝手やっていいということではないんですよね。自由には「リスク」があるんですよね。例えば「自由に人を殺していい」というキマリがあるとします。すると自分は誰でも好きな時に好きな人を自由に殺せますが、逆に言えば自分もいつでも殺されるというリスクもあるのです。ともあれ、今回の木村花さんの死を無駄にしてはいけないと思います。本当に可哀そうで痛ましい事件です。木村花さんのご冥福を心からお祈りいたします。


にほんブログ村 経営ブログ 零細企業社長へ 
にほんブログ村  

愛和住販コーポレートサイト



↑このページのトップヘ