不動産屋さんの社長って(愛和住販社長ブログ)

愛和住販っていう不動産会社の社長の日記です。 多分、自分は社長タイプじゃありません(白目)

不動産の買い取り・売買・賃貸を坂戸・川越を中心に埼玉県をメインに営業している不動産会社です。新築戸建て・中古戸建てやマンション・売地など取り扱っています。賃貸の仲介もやってます。

カテゴリ: 全般

黒川検事長が辞職 森法相が進退伺、首相慰留 

定年延期の法案を巡ってすったもんだしていた黒川検事長でしたが、文春で賭け麻雀をすっぱ抜かれて結局「辞職」ということになりました。検察庁法案を今国会で見送った途端の文春砲からぁ~の辞職に何やら胡散臭さを感じたりします。それにしても処分が「訓告」ですか。「厳重注意」の次に軽い処分です。法の番人である検事さんが賭け麻雀という一応は違法行為を犯していながら「訓告」の処分とはいかにも軽すぎる気がします。賭け麻雀といえば過去には元ライオンズの東尾修さんとか蛭子さんとか逮捕されていますよね。高須先生のパートナーの西原理恵子さんも昔「まぁじゃん放浪記」というマンガを書いていた時には高レート麻雀をしている自分の姿をマンガに書いてましたね(逮捕されなかったけど)かくいうボクも今はほとんどやりませんが若かりし頃は毎日のように雀荘に通う「ジャンキー」でしたから賭け麻雀そのものを非難できるようなモンではありませんが、現状の日本の法律だと賭け麻雀は立派な「犯罪」なんですよね。公務員のしかも検察庁のしかも検事長が「訓告」だけの処分では、東尾さんも蛭子さんも納得いきませんよね?そしてもっと納得がいかないのは、「懲戒免職」ではなく「辞任」ということなので黒川さんには7000万円超の退職金が払われるということです。税金ですからね。一応は「犯罪」を犯してそれを認めたわけでしょ。それなのに辞任して退職金7000万とはボクのような庶民感覚だと納得がいきませんね。そしてこの軽い処分を下した森大臣にはお咎めなし。「進退伺」を出して総理が慰留って三文芝居ですよね(笑)やはりこの国はオカシイです。いやこの国の政治家と役人がオカシイです。ボクは決して自民党が嫌いではないのですが正直ってここ数年の安倍政権は信用できない事ばかりで失望感はあります。野党に対してもそれほど期待感はないのですが、与党に対する失望感の方が今は大きいですね。そろそろ安倍政権も限界じゃないかと感じています。それにしても「賭け麻雀」ですかぁ。一般人や一般企業なら大騒ぎして非難するような案件ではないとは思いますが、公務員で検事長で税金から退職金7000万円支給となるとそりゃ非難されますわな。こちとらまだ10万円支給の申請用紙すら届いてないどころかマスクすらいまだに未支給ですからね~。賭け麻雀といえば蛭子さんが捕まった時に「もう2度と賭け麻雀はしません。賭けてもいいです」というようなコメントしていたのを思い出します。

▼「ポチ」っとクリックお願いします。
にほんブログ村 経営ブログ 零細企業社長へ
にほんブログ村 

愛和住販コーポレートサイト



昨日、城西大学の野球部の監督とコーチ二人が来店し少しお話をさせていただきまた。実は今年の初めに野球部員の寮として賃貸のお部屋を仲介させていただいたのがご縁です。監督さんが弊社のスタッフと契約をしたのですがその時に監督さんが「村上さん」だったのでスタッフに「村上さんって駒澤大学の出身?」と聞いたらそうだというこで実は駒澤大学の村上さんて大学時代を知っているというような話になって昨日わざわざご挨拶に来てくれました。なぜボクが村上さんを知っているかというと、それはボクがドラフトマニアだからです。村上監督が大学生の時は駒大は強くてその時の主将が村上さんです。日米野球にも全日本に選ばれています。同機には、広沢や秦(ヤクルト)河野(日ハム)などがいます。河野は駒大です。そして村上監督と同期の駒大からは我がロッテ・オリオンズ(当時)に横田真之がいます。阪神でプレーしていた横田慎太郎のお父さんです。その横田と駒大で同級生だったのが村上さんです。村上さんはその後社会人に進みJFE西日本の初代監督も務めた方でボク的には結構な有名人です。その人が城西大野球部の監督になっていたとは驚きです。そしてさらに驚きなのが、コーチとして代田さんも来ました。代田さんは知っているマリーンズファンの人もいると思います。2004年のオフにトライアウトで当時のバレンタイン監督の目に留まり、2005年からマリーンズに在籍していたあの「代田」です。現役時代は俊足の外野手でしたよね。応援歌は「ルパン三世」でしたっけ?懐かしかったですね。こうなったら城西大野球部を応援せずにはいられませんね。正直「首都圏リーグ」は東海大と日体大くらいしか注目していませんでしたが、里崎も帝京大だし千隼も桜美林大で首都圏リーグですもんね。城西大は今2部ですがまずは2部優勝して1部へ昇格が目標ですね。村上監督なら強くなりそうです。大学野球は地元の東洋大を応援していましたが今年からは、東都は東洋・首都は城西を応援します。秋はリーグ戦が開催できることを祈っています。
preview
(左から、安冨HC・村上監督・ボク・代田Cです)
preview (2)
preview (3)
お土産で首都大リーグのパンフをもらいました。
preview (1)
名刺もいただきました。

▼「ポチ」っとクリックお願いします。
にほんブログ村 経営ブログ 零細企業社長へ
にほんブログ村 

愛和住販コーポレートサイト





政府、検察庁法改正案など成立見送りへ 方針固める 

「#検察庁法改正案に抗議します」のツイッター抗議が盛り上がる中、政府はどうやら検察庁法改正の今回での成立は見送る方向のようです。さすがにこの状況で強行採決はできないとようやく政府も気づいたみたいです。ツイッターでは自民党だけでなく連立を組む公明党への批判も炎上していて「#公明党支持辞めます」のハッシュタグが付いたツイートが増殖中です。公明党・山口代表の他人事のような発言が与党の一員として無責任だと批判されているようです。「#公明党支持辞めます」ツイートは当然のことですが支持者である創価学会員のみなさんを中心に広がりを見せています。自民党に抗議している人は自民党支持者以外の人が多いと思いますが、「#公明党支持辞めます」運動は、支持者である人たちからの抗議ですから自民党よりもダメージが大きいのではないかと思います。これで強行採決なんてしたら、安倍政権も吹っ飛ぶし、山口公明も崩壊ですから「見送り」は当然でしょうね。だからといって支持が戻るわけでもないでしょう。「廃案」でなく「見送り」ですから。まぁ今となっては「廃案」にしたところで、現政権への支持が回復するとは思えませんが。それにしても今回はネットの力というもをまざまざ見せつけれられました。10万円給付も公明党のお手柄のように言う人もいますが、アレだってネットの力です。これまでは自分一人が声をあげた所で何も変わらないという諦めムードが政治離れを助長していましたが。今回の一連の流れをみていると、一人でも声をあげることの大切さを感じます。一人ひとりの声は小さいけどまとまれば大きな力になるんだということを実際に体験させてもらった気分です。ボクはこれが本当の民主主義のあり方だと思います。民主主義が絶対とは言えない部分もありますが現在のように組織票が政治を動かすようなあり方は不健全だと思いますし、それが癒着や既得権益の温床となっているのだと感じます。今度は実際の選挙ですね。一人ひとりに「力」があることが証明されたのですから、今度はネットではなく実際に選挙に出向き投票することが大切だと思います。誰かに頼まれて投票するのではなく、いい候補者居ないから投票しないというのではなく個々人が自分で選んで投票するような社会になれば今よりはいい社会になり、いい未来を子供たちにも残せるのではないかと思います。それにしても日本人の国民力はまだまだ捨てたものではないですね。

▼「ポチ」っとクリックお願いします。
にほんブログ村 経営ブログ 零細企業社長へ
にほんブログ村 

愛和住販コーポレートサイト




夏の甲子園、中止へ  

どうなるのか気になっていた高校野球でしたが、どうやら「夏の甲子園」の中止の方向で進んでいるようです。春の選抜に続いて夏も中止。ボク達のような観客は、甲子園大会なんて毎年やっているのだから今年はこんな状況だし中止でも仕方ないと理解はしていますが、今年3年生の高校球児の気持ちを考えると切ないですね。実はボクの友人の友人(まぁ他人ですが)の息子さんが、埼玉の花咲徳栄野球部の3年生のレギュラーなんです。花咲徳栄高校は春の甲子園切符を手にしていたので是非TVで応援しよう(なんなら甲子園まで行って応援するか)と思っていたら、春の選抜は中止に。ならば夏。花咲徳栄なら甲子園も手に届く位置だから「夏の甲子園」を目指して頑張って欲しいなと思っていたのに残念です。一応地方大会は開催する都道府県も多いようなので引退試合的なことはできるかもしれませんが、やはり「甲子園」という目標がないと空しいと思います。特に甲子園を狙えるような高校の野球部だと尚更喪失感は大きいと思います。そういう事を乗り越えた体験が人生に役立つとオトナは思ったり言ったりしますが慰めにしかなりませんね。ボクは高校時代に部活動に熱中したこともないので高校野球に限らず学生さん達が何かに熱中する姿を見ると眩しくもあり羨ましくもあります。そしてそういう子供たちを見ていると応援したくなります。だからこそ夏の甲子園が中止の方向で進んでいるのは、「仕方ない」けど「ザンネン」でもあります。「秋の甲子園」は出来ないのか?甲子園じゃなくて「大阪ドーム」で無観客でもいいからやってあげられないのか?と無責任なんですがついついそう思ってしまします。もっとも、野球だけじゃなく多くの高校スポーツ大会が中止になっていますから「野球だけ」特別扱いはできませんよね。折角3年間頑張ってきたのに・・泣けてきます。

▼「ポチ」っとクリックお願いします。
にほんブログ村 経営ブログ 零細企業社長へ 
にほんブログ村 

愛和住販コーポレートサイト


コロナ騒動のどさくさに紛れて政府与党が検察庁法改正案を衆議院で審議入りしました。はぁ?いまやるか?マスクも給付金も届いていないのに?マスクといえば4社目の福島のあの会社の件はどうなった?となどと思っていたら早速ツイッターでは#検察庁法改正案に抗議しますのツイッター抗議デモが昨日あたりから始まっています。「検察庁法改正案に抗議します」のハッシュタグ(#)をつけてツイートするという抗議で昨晩ボクも参加しました。報道によるとすでに250万超の「#検察庁法改正案に抗議します」のツイートがあるようです。ボクのような無名の市民もいれば芸能界やスポーツ界などの著名人も数多くこのツイッター抗議デモに参加しているようです。検察庁法改正案というのは検査庁法で決められている検察官の定年を延長するという法案です。具体的には黒川弘務検事長の定年を安倍政府が閣議決定してしまったことが事の発端です。(因みに黒川さんは本当なら2月で定年でした)何故そんなことをしたのかというと黒川さんが安倍総理とお友達で安倍総理の色々な案件を見逃してくれているのではないかと巷ではウワサされてます。ツイッターなどを見ると三権分立の崩壊というような意見もあるけど、誤解してる人も多いのですが「検察」はもともと「裁判所」の管轄ではなく「法務省」の管轄ですから「司法」ではなく「行政」のカテゴリーなので三権分立云々という批判はどうかと思います。ボクの意見としては「検察」を「行政府」のカテゴリーに入れておく方が間違いで、「検察」や「警察」は「裁判所」のように独立した組織であるべきだと昔から思っています。いうまでもなく「行政府」というのは良く皆さんが使う「政府」ということです。これまた復習になりますが、国会は「立法府」ですが政府は「行政府」です。その行政府のトップが内閣総理大臣ということになりますし、自民・公明の議員さんたちが行政の責任者です。ここがボクの昔から納得できないところなのです。三権分立を謳いながら「立法府」である与党の党首がそのまま「行政府」のトップになってしまえば「立法」と「行政」の両方を兼ねることになります。もちろん国会は与党だけで法律が決まるわけではありませんが、最後は多数決ですから事実上国会における数の多い与党が権力を持つことになり、その与党の議員が「行政」のそれぞれの大臣になるのですから(たまに民間人もいますが)事実上「立法」と「行政」は一体で分権になっていないんですね。ここが一番の問題なのです。本当は「立法」である選挙とは別に「行政」のトップである内閣総理大臣は国民投票で別に選挙で決めるか、または内閣総理大臣以外の大臣は全員民間人を登用すべきだと思っています。その為には憲法を改正しないと実現しない。なのでボクは改憲もありだと思っています。話は逸れましたが、いま言ったように「検察」が行政ですから、上司である法務大臣やその上の社長である内閣総理大臣の指揮命令で動いているのです。この体制のままだと、政府与党は何をしても「検察」から起訴されることはないし、自分達が不利になる案件は起訴しないように指示することもできるわけです。「司法府」である裁判所は「起訴されない案件」について審議はしませんから政府はある意味何をしても許されちゃうわけです。それが今の日本の仕組みなんです。「HERO」に出てくるキムタクはまるで検察が正義の味方のように描かれていますが、基本的に「検察」は政府与党・権力側なんですね。それは「警察」にも同じことが言えます。だから「検察」や「警察」は政府から独立した機関にしないとダメだと思っています。その方向で検察庁法を改正するな賛成しますが現政府の保身目的(のように思える)の定年延長の改正案には「抗議」します。そもそも何でいまなの?それこそ「不急不要」の審議ではないでしょうか?今は他に審議すべきことはあるんじゃないですか?国民不在の政治って感じがしますね。因みにドラマ「HERO」ですが、キムタクのお相手は北川景子よりも松たか子でしょ。北川景子の方が美人だとは思うのですが、ボクはやっぱり松たか子の方が可愛くてすきです( ー`дー´)キリッ

▼「ポチ」っとクリックお願いします。
にほんブログ村 経営ブログ 零細企業社長へ 
にほんブログ村

愛和住販コーポレートサイト

↑このページのトップヘ