不動産屋さんの社長って(愛和住販社長ブログ)

愛和住販っていう不動産会社の社長の日記です。 多分、自分は社長タイプじゃありません(白目)

不動産の買い取り・売買・賃貸を坂戸・川越を中心に埼玉県をメインに営業している不動産会社です。新築戸建て・中古戸建てやマンション・売地など取り扱っています。賃貸の仲介もやってます。

カテゴリ: 全般

日本、南アに敗れ史上初4強ならず

昨晩は友人宅で夕食をしながらラクビーW杯の日本VS南アフリカ戦を観ました。以前書きましたがボクはあまりラクビー詳しくなく予選は結果だけしか見ていなかったのですが、流石に昨日の試合は日本人として観なくてはと思いTV観戦。残念ながら日本の敗戦ということで、唯一みたラクビーW杯は日本が負けるところで日本が勝利をした試合を1試合も観ていないという愚か者です。
前半は3-5でボールも支配していて互角以上に戦っていて後半かなり期待したのですが、後半は南アフリカに圧倒され結果はみなさんご存知の通り3-26の大敗。ノートライでしたね。観てて感じたのは南アフリカの出足の早いこと早いこと。オフサイドじゃね?ってくらい出足が早くてチャンスを作る前に潰されちゃってチャンスらしいチャンスがなかったですね。それとモールが強い。スクラムはなんとか互角くらいなんですけどモールになると押されっぱなし。後半の南アのトライもず~っとモールで押し込まれてからのトライですからね。攻守ともに圧倒されたという感想です。
これで日本のW杯は終わりを告げましたが、初の決勝T に進出しベスト8は本当に大健闘だと思います。ぶっちゃけラクビーのW杯を日本で開催してもそれほど盛り上がらないと高を括っていましたがフタを開けてみれば大盛り上がりです。それもこれも選手たちが頑張ってくれたくれたお陰です。台風被害で暗くなりがちな日本に感動と喜びを与えたくれた日本代表の選手の皆さんには心から拍手を贈りたいと思います。
これがスポーツのいいところなんですよね。スポーツの場に政治的なことを持ち込む選手がいたりすると本当に興ざめします。またスポーツを政治的に利用したり利権の温床としたりする人間がいることに非常に憤りを感じたりします。オリンピックなんてまさにその象徴だと思うし、各スポーツ界に存在する「なんとか協会」とかそこの会長や理事とかいう人達が我が物顔で振舞っている姿は本当に醜い。アスリートたちやそれを応援したり観たりしているファンにとっては、そんな利権や政治は無関係なんですよね。いやむしろそういう人間は邪魔なんです。来年は東京オリンピック。ここにきてまたゴタゴタしてますけど選手やファンの邪魔になるような人間は本当に退場してもらいたですね。
ともあれラクビー日本代表のみなさん。お疲れさまでした。そしてありがとうございました。

にほんブログ村 経営ブログ 零細企業社長へ
にほんブログ村

http://www.aiwa-j.com/

現在開催されているラクビーのW杯で日本チームが初の決勝Tへ進出し世界8強になりました。台風19号で被害が出ている中で日本人にとって夢と希望を与える明るいニュースです。

日本初8強!スコットランド撃破し全勝で1位突破



ボクはラクビーに詳しくないのでTV観戦はしていませんがYouTubeやネットのスポーツニュースでちょいちょい日本戦はチェックしてたので今回の決勝T進出は喜び半分驚き半分です。まさかラクビーで日本が世界の8強に入るなんて思いませんでした。しかも予選リーグを1位通過というオマケ付きです。
自国開催でホームチームとしてのアドバンテージがあったとしてもラクビーはまだまだ世界の壁は厚いと思っていました。そもそもラクビーはボクらが子供の頃は全くやったことのない子供の方が多かったでしょう。男子は球技で言うと、野球>サッカー>バスケ・バレー>>>卓球>>>>ラクビーといったイメージです。ボクの通っていた中学校でも高校でもラクビー部ってなかった。ハンドボール部はあってけどラクビー部は無かったんですよ。なのでボクがラクビーというスポーツを初めてやったのは高1の体育の授業。これが最初で最後。先生に教えてもらったツールはノックオンとスローフォアードだけという有様です(笑)それでもスポーツ観戦好きなボクは若い頃は全国高校ラクビーはよくTVでみてました。まぁボクがサッカーやっていてので全国高校サッカーを見るついでという感じでしたが(高校サッカーとラクビーって全国大会の時期が被るんですよね)一番記憶に残っているのは堀越擁する熊谷工業がベスト4になった大会ですかね。なんか埼玉ってサッカーも強かったけどラクビーもそこそこ強かったんですよね。熊谷とか深谷とか北の方の高校が強いイメージがあります。なので今回のW杯の一部試合が熊谷で開催されたのも納得です。
ともあれこれだけ競技人口が少なく国民の関心が低かったラクビーで世界8強ですよ、世界ランキングも今日現在7位です。確かに純日本人選手は少ないとはいえこれはタダごとじゃないし快挙といって間違いないと思います。決勝T の初戦は南アフリカが相手ですね。今度の日曜日(20日)に試合です。さすがに決勝Tですからボクもテレビの前で応援したいと思っています。幸か不幸かライオンズが昨日ホークスに1勝も出来ずにCS敗退して野球の日本シリーズは巨人とソフトバンクの対決になりましたので、どちらのチームもボク的には応援したいというチームでもないので(西武なら埼玉県民なので多少応援したかったけど)心置きなくラクビーW杯のほうに全力応援できそうです。因みにもしもマリーンズが日本シリーズに出ていたらW杯どころではなかったと思います(笑)

にほんブログ村 経営ブログ 零細企業社長へ
にほんブログ村

http://www.aiwa-j.com/


台風19号が土曜日あたりに関東上陸の模様を呈してきましたね。

 台風19号 広く猛烈な風の恐れ 交通障害・停電警戒

今日は「嵐の前の静けさ」といった感じでいいお天気でしたが着々と台風が近づいています。千葉県ではまだ復興も全然進んでいないのにまたです。しかも今回は前回の台風を超える規模の台風です。どれくマリーンズファンのボクとしては千葉県にまったく所縁はないのですが心配です。今回の台風の中心の気圧は915hPaですから相当な大きさです。雨、そして暴風とどれくらいの規模になるのか想像もできません。そして何をどう対策していいやらサッパリ分からない。せいぜい雨戸を閉めて自宅の庭にある飛んでしまいそうなものを片付けてとその程度しか思いつきません。会社の方も何か対策しないとと思ってはいるもののこれまた飛んでしまいそうなものを片付けるくらいしか出来ません。一番怖いの看板とかが飛んで誰かにケガさせてしまう事ですね。多分大丈夫だとは思うのですがこればかりは運を天に任せるしかないですよね。もういまから心配だし怖いです。ともかく自分達もそうですけど、被害が最小限に収まることと人的被害が出ないことを祈ります。

にほんブログ村 経営ブログ 零細企業社長へ
にほんブログ村

http://www.aiwa-j.com/


金田正一さん 長嶋デビュー戦で4連続三振…400勝、4490奪三振、不滅の記録とともに天国へ

昨日、カネやんこと金田正一さんが逝去との訃報がありました。野球にあまり興味のない嫁に言ったら「誰?」と聞かれましたが昭和からのプロ野球ファンならば、長嶋・王と共に誰もが知っているビッグネームですね。通算400勝投手。現代野球ではおそらく破られることのない記録の持ち主です。ボクもカネやんが現役時代は知りません。なにせボクが6歳の時に引退してますから。まだ当時のボクはプロ野球よりウルトラマンに興味があった年齢です。なので国鉄スワローズ(現ヤクルト)時代はもとよりジャイアンツ時代も知りません。後にルーキー長嶋のデビュー戦で4連続三振を取ったとかその他諸々知りました。
ボクがカネやんを知ってたのは1974年。ロッテオリオンズがリーグ優勝をした年です。そうそれはボクがロッテ球団にファンになった年。ロッテ球団ファンという底なし沼に落ちてしまった年です。この時のオリオンズの監督こそが金田正一その人です。この年はジャイアンツがV10を逃した年でもあります。日本シリーズはいつもの巨人ではなく中日が相手でした。その中日を下し日本一になったのが金田監督率いるロッテオリオンズだったわけです。弘田・山崎・有藤にラフィーバー・アルトマンの打線に、エース金田留に村田兆治、木樽、八木沢、成田の投手陣。まさに投打ともに豪華なラインナップでまさしくこの時代こそがロッテ球団の黄金期といって過言でもありません。カネやんはその後90年代にも2年間2度目のオリオンズの監督に就任。その時は嬉しかったですね。園川が近鉄のトレーバー?に死球を与えて乱闘になりカネやんの顔面キックがさく裂したのも第二次金田監督時代でしたね。懐かしい思いです。
そんなわけでカネやんはロッテ球団の最後のリーグ優勝監督です。といってもカネやんを含めてリーグ優勝監督は二人しかいません。てか2回しかリーグ優勝してません。そうです1974年から45年間ロッテ球団がリーグ優勝をしたことはただの1度もないわけで当然12球団でもっともリーグ優勝していない球団がロッテ球団なのです。プロ野球ファンは贔屓のチームが弱くなると「暗黒時代」とかいいますが、マリーンズはオリオンズ時代から45年間ずっと暗黒なわけです。なのでマリーンズファンは「暗黒耐性」が強いんですよ。現状でチームがちょっと強くなっても「氷河期」のなかで少し今日はあったかいかなぁという程度です。最下位になっても「氷河期」だから当たり前なんです。ボクは12球団の中でマリーンズファンが一番メンタルが強いと思ってます。いや、メンタルが強くなければマリーンズファンは続けれません( ー`дー´)キリッ。
そんなカネやんが亡くなる前にもう一度ロッテ球団のリーグ優勝を見てもらいたかったですね。ボクの人生最後の夢も「死ぬ前にマリーンズのリーグ優勝をマリンスタジアムのライトスタンドで見る」事です。
何はともあれ昭和の大エースでありロッテ球団のリーグ優勝監督の金田正一さんのご冥福をマリーンズファンとしてそしてプロ野球ファンとして心からお祈り申し上げます。 合掌。

にほんブログ村 経営ブログ 零細企業社長へ
にほんブログ村

http://www.aiwa-j.com/

今日で9月も終わりですね。あしたから10月。そしていよいよ消費税が10%に上がるのですがなんだかあまり騒がれませんね。「駆け込み需要」ってなんかあったのかな?不動産業界は恐ろしいほど「駆け込み」的なものは無かった気がします。建築・リフォーム業界の友人や社長さんに聞いても多少はあったかもしれないけどそれ程でもなかったようです。我が家も特に増税前に大量に買い込んだものはありません。過去の消費増税時とはなんとなく違った雰囲気がします。とくに騒がれることもなく淡々と増税の日を迎えるという雰囲気ですね。これはもう国民が「消費税」に慣れちゃったってことですね。そして消費税の増税にも慣れちゃったのでしょうね。消費税が2%くらい上がっても別に今の生活が急変するわけじゃないということでしょうね。もう「茹で蛙」状態ですね。少しづつ馴らされちゃうんですよね。消費税だけじゃないですよ。先日、友人の会社が定年が65歳になったらしく友人は喜んでいましたが、ちょっと待って!昔は60歳で定年して年金で余生を暮らせたわけですよ。それが5年も長く働かないといけない状態になったわけでしょ?それって喜ぶことなんですかね。「生涯現役」とか「1億総活躍」とか耳障りがいい言葉で騙されているけど「死ぬまで働け」ってことです。いや「死ぬまで働きたい人」は自由ですけど「死ぬまで働かないと」生きていけないということです。増税して社会保険料も払っているのに「死ぬまで働からざるざを得ない」っておかしくないですか?消費増税だってそうです。大企業や富裕層を優遇したり、宗教法人や学校法人などを税制優遇したりして一般庶民からばかり税金を巻き上げる。消費税なんて逆進性が強い税金を増税すればますます所得格差が広がるだけす。そして一般庶民が貧しくなれば庶民を相手に商売をして儲けていた企業の業績も下がり株価も下がります。当然最終的には大企業にも富裕層にも影響がでるわけです。つまり「富の再分配」をしなければ最終的には皆貧しくなるわけです。どっちにしても「決まったことだから仕方ない」と淡々と消費増税を受けいる雰囲気に日本の将来が危ういと感じます。またそのうち10%が12、15、20%となっていくのでしょう。政府与党も税収の倍の予算を平気で使うのでしょう。そしてやがて皆「死ぬまで働く」いや「働かなければ死ね」という社会になるような気がします。ボクは生きてもあとせいぜい20年くらいでしょうからいいですけどボクの子供や今の子供達の世代にそんな日本という国を残したくないと思います。ともあれ明日から消費税10%。軽減税率なんてよくわからないシステムも導入されてるし暫くは色々と混乱する予定です。

にほんブログ村 経営ブログ 零細企業社長へ
にほんブログ村

http://www.aiwa-j.com/

↑このページのトップヘ