不動産屋さんの社長って(愛和住販社長ブログ)

愛和住販っていう不動産会社の社長の日記です。社長っていっても零細不動産屋ですから大したことないです。そもそも社長に向いてないし・・ジョブチェンジするなら迷わず「吟遊詩人」にします(笑)

不動産の買い取り・売買・賃貸を坂戸・川越を中心に埼玉県をメインに営業している不動産会社です。新築戸建て・中古戸建てやマンション・売地など取り扱っています。賃貸の仲介もやってます。

カテゴリ:全般 > 全般

頼んでいた会社の来年の年賀状がきました。

IMG_6104
弊社ルールは【宛名は手書き】ということでボクも時間をみて宛名書きをしようと思います。ボクの子供頃は年賀状が届くのが嬉しかったですよね。友達や先生から届く年賀状を読むのが正月の楽しみにひとつでしたよね。好きな女子からの年賀状は宝物のようにしまっておいたりして(笑)そして好きな女子に書く年賀状は1枚だけ気合を入れて書いたりしました。が、しか~し今の時代はもう年賀状って時代じゃないですよね。メールやラインで速攻で新年の挨拶できちゃいますからいちいち年賀状とかもらわないし出さないし。ボクも友人関係にはほぼ年賀状は出しませんね。親しい友人とは新年会もやるから年賀状の必要性を感じません。ましてや会社の年賀状っていうのはどうなんでしょうね。儀礼的な意味合いしかない気がします。もらう方も大して嬉しくもないでしょう。それで何か意味があるのかなぁって最近は思うようになってます。みなさんはどうですか?年賀状書きますか?

▼不動産に関するご相談はこちらから▼
不動産に関する相談・お問合せ 


▼「ポチ」っとクリックお願いします
にほんブログ村 経営ブログ 零細企業社長へ
にほんブログ村

朝晩めっきり冷え込んできて我が家のネコも毛布の中に潜り込んでくる季節になりました。それもそのはず今日からもう11月なんですよね。プロ野球の公式戦が今年はまだやっているので11月という感じがしません。仕事の方は「新ホームページ」を立ち上げたので、それに物件の登録をしたりまたコンテンツ関係をいじったりとしているうちにシステムの方にも慣れつつあります。また来週末から新規の現地見学会が2カ所始まります。今年もあと2か月ですから頑張っていい年末年始を送りたいですね。そんなわけで寒くなってきたので風邪などいかないようにしましょうね。今の時期は風邪ひくとコロナか風邪か分からないですからね。早めのケアが大切です。ボクも昨晩は特に体調は崩れていませんが風邪薬をのんで寝ました。


愛和住販物件検索サイト 

▼「ポチ」っとクリックしてくださいね
にほんブログ村 経営ブログ 零細企業社長へ
にほんブログ村

今朝TVで接客して欲しいかどうかを意思表示するリストバンドを入店時につけるお店の話題を放送してました。入店する時に「接客不要」の人は緑のリストバンド「接客希望」の人はピンクのリストバンドを付けて入店するシステムらしいです。このお店に限らず最近ではこの手の取り組みをしている店舗が結構あってSNS界隈では少し話題になっています。接客不要の人用と接客希望の人用のフロアを完全に分離しているお店も登場してます。お客さんにとってはいい取り組みだと思いますね。ボクはどちらかというと「接客不要」人間です。というかそもそもボクは買い物に行くときは既に「買うモノ」を決めているタイプなので入店すると真っ先に目当ての商品を手に取り踵を返すようにレジにUターンするので接客もクソもありません。今はネット時代ですから欲しいものを事前にいくらでもリサーチできるのでお店に行く前に買うものを決めるのも楽です。衝動買いはほとんどしないタイプですし。唯一衝動買いをしてしまうのはマリーンズグッツくらいです。買ったはいいけどいまだに使用していないどころか開封すらしていないマリーンズグッツはほぼ衝動買いです(笑)そんなボクですが飲み屋さんはチェーン店はいやなんですよね。個人の居酒屋さんとかで大将やママさんなんかと話ながら、おすすめの肴なんかをつまみつつ飲んでいたいわけです。まぁ接客が必要かどうかは業種によって違いますよね。因みに冒頭のお店では来店客の90%が「接客不要」の緑のリストバンドを手に取っていました。不動産業も昔はオープンハウスなどの来場されたお客さんの後に営業マンがついていって色々説明しましたが、最近では自由に見てもらって何か質問とか相談があったら声をかけてもらうというパターンになってきました。当社もいまはそのスタイルですね。昭和の営業マンのボクとしてはなんとなく物足りなさは感じますがそれも時代ですよね。不動産業はサービス業だと思っていましたが最近では物販業に近くなってきた気がします。まぁ居酒屋のママさんに「今日のおすすめはコレだよ」といわれたた素直に従うけど、不動産屋さんに「おすすめ物件はこれですよ」といわれてもほとんどのお客さんは疑いますもんね。本当にオススメ物件だと思って勧めているんですけどね。

▼「ポチ」っとクリックお願いします。
にほんブログ村 企業ブログ 不動産業へ
にほんブログ村 



愛和住販コーポレートサイト

5月は税金の季節です。会社をやっている人は5月に限らず毎月何かしらの税金を納めていますが5月はそれにプラスして「税金払え!」と納税通知が届きます。皆さんのところにのも届いたと思いますが、私の会社と自宅にも納税通知が続々と届いています。まずは自動車税ですね。そして不動産を所有している人には固定資産税。ボクの会社は不動産業なので自宅や会社の社屋だけでなく、会社で販売用として所有している物件の固定資産税の納税通知書も届きます。税金の支払いだけでなかなかの金額になります。つい先日に消費税の予定納税を済ませたばかりというのにまたしても納税通知です。いや、いいんですよ。納税は国民の義務ですから頑張ってお支払いします。でもその税金を使って配ると言ったアベノマスクはまだ届いていません。既にマスクも徐々に市場に出回ってきてますね。アベノマスクが届く頃にはあんなガーゼのマスク要らなくなりそうな気配です(てか国会議員からしてアベノマスク使ってね~し)460億円も予算組んで未だに届かないなら、税金の無駄なのでアベノマスクは希望者だけに配布したらどうでしょう?まぁアベノマスクはともかくとして一番肝心な現金が誰の手元にも届いていないんじゃないですか?給付金はもちろんの事、融資金すら手元に届いていない。にもかかわらず、「納税通知」だけはシッカリと届けられます。いやわかりますよ。それとこれとは無関係だってことは。でもそうい所がイラっとします。自粛といってから1か月。お金もマスクも届く前に「税金払え」って気分的には気持ちよくないです。給付金は一人10万。単身世帯の人は、車の税金で半分は持っていかれます。夫婦で20万の持ち家世帯は、車と固定資産税払ったら残らないかもしれませんね。そうした税金の支払い猶予を決めた自治体もありますが「猶予」というのはいつか払わなければいけないわけです。じゃぁいつなら払えるのでしょう?自粛が解除になったからといってすぐに景気が元通りになるわけじゃない。いや、すでにマイナスなのですから元通りではダメでコロナ前より会社なら儲かる、個人なら給料が上がる状態にならないと払えないわけです。ましてや今回の自粛で商売を廃業せざるを得なかった方々は「猶予」されても払えないでしょう。ボクは自動車や固定資産税などの税金と社会保証料は全て「免除」にすべきだと思ってます。まぁそんなことをボクが主張した所で何も変えられませんが・・しかし国民が「生きるか死ぬか」の瀬戸際に「税金払え!」と通知を寄越す。何度も書きますがそれが悪いといっているのでなくて気分が悪いというだけです。そう思いません?

▼「ポチ」っとクリックお願いします。
にほんブログ村 経営ブログ 零細企業社長へ
にほんブログ村 

愛和住販コーポレートサイト

今日は憲法記念日。自民党そして安倍内閣の悲願である憲法改正も国民の多くが時期尚早であるというようなアンケート結果も出ているようです。憲法改正については喧々諤々の議論がありますが戦後今まで現行憲法で突拍子もなく不都合という事もなかったので時間をかけて議論すべきでしょうね。もっとも今年は憲法改正どころじゃありませんよね。コロナ禍の影響で倒産・閉店を余儀なくされる企業や店舗が続出していて自殺者もすでに出ているようです。憲法25条に「生存権」という権利がありますが知ってますか?第1項、すべて国民は、健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する。第2項、国は、すべての生活部面について、社会福祉、社会保障及び公衆衛生の向上及び増進に努めなければならない。という条項です。これだけ読むと「国」は「国民」に対し「生存権」を担保しなければいけないように読めるのですが、この生存権については様々な学説があります。例えば第1項は国に道義的な義務を課しているだけで法的義務を課していない。という解釈。これだと国は法的に国民の生存権を必ずしも絶対に担保する必要はないという事になります。逆に国は国民の生存権に対して法的義務を負うという学説もあります。そもそも【健康で文化的な最低限度の生活】に対して明確な取り決めがありません。そこで別の法律を作ってこの憲法25条を補足しているんですね。例えば生活保護法などがそうです。自粛だけ求め補償はしない。倒産は自己責任という人もいるでしょうが、上記のどちらの学説を採用したとしてもそれは国の憲法違反であると思います。そのような内閣が憲法改正を行おうとしている部分は危機感があります。もちろん今書いた憲法25条も中途半端でもっとハッキリと明文化しないといけない憲法条項はたくさんあるので憲法改正は吝かではありませんが、現政府与党が今回のコロナに対してどのような対応をするかによって安倍内閣下での憲法改正が是か非かが変わってきますね。確かに給付金や補償などの政策を打ち出していて一定の評価はできないわけじゃないですが、あまりにもスピード感に乏しく、申請方法も複雑で「できれば金をあげたくない」ように見えてしまうんですよね。お金って必要な時にないと意味ないんですよ。今月の支払いは今月に払わないとダメなんです。会社が倒産してから給付されても遅いんですよね。そもそも既に【健康で文化的な最低限度の生活】を大半の国民は過ごせていない。大半の国民は「生存権」をすでに脅かされている状況だという事を会議員さん達はどれほど理解しているのか怪しいです。集めた税金は国民の為に使う。こんなの法的責任を問う前に義的な話だと思いますけどね。

▼「ポチ」っとクリックお願いします。
にほんブログ村 経営ブログ 零細企業社長へ 
にほんブログ村 

愛和住販コーポレートサイト

↑このページのトップヘ