不動産屋さんの社長って(愛和住販社長ブログ)

愛和住販っていう不動産会社の社長の日記です。 多分、自分は社長タイプじゃありません(白目)

不動産の買い取り・売買・賃貸を坂戸・川越を中心に埼玉県をメインに営業している不動産会社です。新築戸建て・中古戸建てやマンション・売地など取り扱っています。賃貸の仲介もやってます。

カテゴリ:全般 > 全般

今日で9月も終わりですね。あしたから10月。そしていよいよ消費税が10%に上がるのですがなんだかあまり騒がれませんね。「駆け込み需要」ってなんかあったのかな?不動産業界は恐ろしいほど「駆け込み」的なものは無かった気がします。建築・リフォーム業界の友人や社長さんに聞いても多少はあったかもしれないけどそれ程でもなかったようです。我が家も特に増税前に大量に買い込んだものはありません。過去の消費増税時とはなんとなく違った雰囲気がします。とくに騒がれることもなく淡々と増税の日を迎えるという雰囲気ですね。これはもう国民が「消費税」に慣れちゃったってことですね。そして消費税の増税にも慣れちゃったのでしょうね。消費税が2%くらい上がっても別に今の生活が急変するわけじゃないということでしょうね。もう「茹で蛙」状態ですね。少しづつ馴らされちゃうんですよね。消費税だけじゃないですよ。先日、友人の会社が定年が65歳になったらしく友人は喜んでいましたが、ちょっと待って!昔は60歳で定年して年金で余生を暮らせたわけですよ。それが5年も長く働かないといけない状態になったわけでしょ?それって喜ぶことなんですかね。「生涯現役」とか「1億総活躍」とか耳障りがいい言葉で騙されているけど「死ぬまで働け」ってことです。いや「死ぬまで働きたい人」は自由ですけど「死ぬまで働かないと」生きていけないということです。増税して社会保険料も払っているのに「死ぬまで働からざるざを得ない」っておかしくないですか?消費増税だってそうです。大企業や富裕層を優遇したり、宗教法人や学校法人などを税制優遇したりして一般庶民からばかり税金を巻き上げる。消費税なんて逆進性が強い税金を増税すればますます所得格差が広がるだけす。そして一般庶民が貧しくなれば庶民を相手に商売をして儲けていた企業の業績も下がり株価も下がります。当然最終的には大企業にも富裕層にも影響がでるわけです。つまり「富の再分配」をしなければ最終的には皆貧しくなるわけです。どっちにしても「決まったことだから仕方ない」と淡々と消費増税を受けいる雰囲気に日本の将来が危ういと感じます。またそのうち10%が12、15、20%となっていくのでしょう。政府与党も税収の倍の予算を平気で使うのでしょう。そしてやがて皆「死ぬまで働く」いや「働かなければ死ね」という社会になるような気がします。ボクは生きてもあとせいぜい20年くらいでしょうからいいですけどボクの子供や今の子供達の世代にそんな日本という国を残したくないと思います。ともあれ明日から消費税10%。軽減税率なんてよくわからないシステムも導入されてるし暫くは色々と混乱する予定です。

にほんブログ村 経営ブログ 零細企業社長へ
にほんブログ村

http://www.aiwa-j.com/

今日は「ラブホテル」通称「ラブホ」の話をします。といっても別に「18禁」とかの話ではありません。
ボクの友人は最近釣りにハマっていて栃木県方面へ毎週のように出かけていそうで会社が連休の時は1泊2日で出かけるそうです。そんな時はどこに宿泊してるのかと聞くと釣り場の近くの「ラブホ」だそうです。ボクは良く知らないのですが最近のラブホは「お一人様」でも利用できるらしいです。てっきりボクは「ラブホ」という所は「お二人様」しか利用できない場所だと思っていましたがどうもそれは事実無根のようです。

で何故そんなことを書いているのかというと、マリンスタジアムに1泊2試合観戦に行くときに当然宿泊しますよね。その時は大抵マリンスタジアムから一番近いアパホテルに泊まるんですけど言われてみれば京葉幕張のインター付近に結構ラブホがあります。そこでちょっと「ヤホー」で調べてみたらなるほどほとんどのラブホは「お一人様OK」でした。また「外出」もOKのところがほとんどです。宿泊料金は宿泊日によって違いはあるモノのアパホテルとほぼ同じか中には安いところもあります。確かにマリンスタジアムから多少は遠いいもののこれならば「ラブホ」の泊った方がいいじゃんwwって思ったわけです。

なんでそう思ったのかというとアパなどの一般のホテル比べるとまず広い。一般のホテルのシングルやツインだとベット以外はほとんど通路しかない程度の広さですがラブホだとベット以外にソファーやテーブルがあるくらいに広い。一般ホテルのセミスィートくらいの広さがあります。そしてベットも大きい。一人で宿泊する時にこの「ベットが大きい」というのは結構重要なんですよ。更にお風呂も広い。一般のホテルにも大浴場があるけど室外に出て大浴場に行くのって結構面倒なんですよね。特に前回のような延長12回引き分け。みたいな試合の後は心身ともにクタクタなわけです。そんな時に室内で広いお風呂で足を伸ばして湯船に浸かれるのは最高です。さらにいいのは宿泊だとチェックインから最大15時間とか17時間とか滞在できるわけですよ。この「チェックイン」からというのが優れものです。一般のホテルだと14時チェックインして翌10時か11時にはチェックアウトしないといけません。確かに21時間くらい滞在できるのですが、ナイター2試合だと2日目が11時チェックアウトだと早すぎる。ラブホなら例えば試合後22時にチェックインしたらそこから15時間滞在できて13時チェックアウトでいいということでしょ?(とボクは理解したのですが)これはいい。海浜幕張駅近くの漫画喫茶で時間潰ししなくていいわけです。TVも大きいしネットも使えるルームサービスで飲食もできるし、一般ホテルと料金が一緒なら断然「ラブホ」を利用した方がお得な気がします。ボクはラブホに(最近)行ったことがないので全く思いもしない盲点でした。今年はマリンスタジアムにあと2回なので「ソロラブホ」デビューはないかも知れませんが次回宿泊するシチュエーションがあれば今度は「ソロラブホ」してみたいと思います。「ソロ」だと「ラブ」要素は全くない気もしますが、ボクにはマリーンズ「ラブ」がありますから大丈夫です!

にほんブログ村 経営ブログ 零細企業社長へ
にほんブログ村

http://www.aiwa-j.com/

過日、楽天イーグルファンの友人が仙台参戦のお土産を持ってきてくれました。
「伊達絵巻」という名前のお菓子なのですが、IMG_5258
箱の下に「EAGLES」の文字が。なるほどイーグルスとコラボなんだ。と軽い気持ちで開封したら・・

IMG_5259
なんじゃこりゃ。随分と楽しすぎる仕組みではりませんか(笑)

IMG_5260
しかもなにやらカードも入っていました。それもなんとエース「則元」のカードです。

IMG_5261
中身的には「バームクーヘン」ですね。このクリーム味と小倉アンコ味の2種が入っていました。
なかなかハートをくすぐるお土産ですね。これなら「仙台」ではなく「楽天生命パーク」へ行ってきたという事がすぐに伝わります。しかもバームクーヘンを食べ終わった後もこの空き箱ならばデスクに置いて小物入れにも使えます!まぁ~ボクはマリーンズファンなので小物入れには使いませんけど・・
さて今シーズンは現在CSに向けてマリーンズとイーグルスは熾烈な争いしていますがどっちがCSに行っても恨みっこなしというのがボク達の合言葉です。残り試合お互い贔屓チームの応援頑張ろうね~!

にほんブログ村 経営ブログ 零細企業社長へ
にほんブログ村

http://www.aiwa-j.com/





来週の日曜日の21日は、参議院選挙の投票日です。
・・・と言っても毎回半分くらい人は選挙に行かないですよね。
大半は選挙に行った所で何も変わらない。という意見でしょうかね。
ボクはそうは思わないんですよね。
ボクが初めて選挙権を得た二十歳の頃から比べると随分変わりました。
消費税なんていうのも昔は無かったし、
タバコやお酒は増税されてかなり高くなりました。
これは「悪く変わった」例です。
逆に高速道路や新幹線などが整備されてかなり便利になりました。
これは「良く変わった」例です。
良くも悪くもこれらは政治で決まったことです。
そして政治を決まるのが選挙です。
選挙で選ばれるのが政治家です。
ですから政治家は当選するために票田を大切しますので
その票田の方たちに喜ばれる政治をします。
では票田ってどういうものかというと、いわゆる「組織票」ってやつです。
投票する人が少なければ「組織票」の割合が多く高くなり
「組織票」をもっている政治家や政党が当選するわけです。
そうなると、その「組織」に支持される政策するわけです。
そうした組織に属していない人達はあまり利益を得ることができないわけです。
だから「選挙に行っても何も変わらない」と感じてしまいまた選挙に行かなくなる。
でもそれは「選挙に行けば利益を得る」人達の思う壺なんですよね。
ボクのようなおっさんがいうのもなんですが、若者は選挙に行かない。
選挙に行かなければ政治家には「いない人」と同じでしょ。
ならば選挙に行く割合の多い、ジジ・ババに特になる政策が多くなり若者は不利益を被るわけです。
だから若者こそ選挙に行った方がいいと思うわけです。
そうでないといつまでたっても若者中心の政策は行われません。
若者が元気にならなければ日本も元気になるわけないと思います。
といわれても政治にも興味ないしどこの投票したいいか分からないのかもしれませんが、
なにかをきっかけに政治に興味をもってください。
一番ダメのは「誰かに頼まれた」候補や政党に投票することだと思います。
それでは「頼んだ側」の利益のために利用されているだけですからね。
まぁとりあえず「政党相性診断」でもしてみてください。

政党との相性診断

にほんブログ村 経営ブログ 零細企業社長へ
にほんブログ村

にほんブログ村 企業ブログ 不動産業へ
にほんブログ村

http://www.aiwa-j.com/

今日は「憲法記念日」日本国憲法が施行された日ですね。
日本国憲法と言われても日常生活で「憲法」について語ることってないですけど、
安倍総理になってからは憲法9条のことなど
たまに飲み屋で下ネタに飽きた時に話したりしています。
といっても、ボクの憲法の知識など中学校の社会科の授業で習った三原則を知ってる程度です。
「国民主権」「平和主義」「基本的人権の尊重」
あとの細かい事は知りません。
現在の憲法は日本が制定した憲法ではないのでの、
「自主」(日本製)の憲法を作ろう。というのが自民党の結党の目的なので、
安倍総理が「憲法改正」に力を入れるのはわかるのですが、
一方で、現在の憲法で何か国民に不都合があったか?と問われれば、
ボクとしては何の不都合もありません。
多分、一般ピープルの多くは現行の憲法に不満を感じていない。
だから憲法について語らない。興味がないといった方がいいかも知れない。
そんなことより、消費税や年金などの社会保障や景気。
そっちの方がよほど重要な問題ですよね。
そういう国民生活に直結した問題に改善が感じられないのに、
国民の憲法議論が高まるわけないっちゅーの。
「改憲」だなんだよりも、まずは国民生活の向上。
それが政治家さんの最優先重要ミッションですよ。

にほんブログ村 経営ブログ 零細企業社長へ
にほんブログ村

http://www.aiwa-j.com/

↑このページのトップヘ