不動産屋さんの社長って(愛和住販社長ブログ)

愛和住販っていう不動産会社の社長の日記です。 多分、自分は社長タイプじゃありません(白目)

不動産の買い取り・売買・賃貸を坂戸・川越を中心に埼玉県をメインに営業している不動産会社です。新築戸建て・中古戸建てやマンション・売地など取り扱っています。賃貸の仲介もやってます。

カテゴリ:全般 > 全般

来週の日曜日の21日は、参議院選挙の投票日です。
・・・と言っても毎回半分くらい人は選挙に行かないですよね。
大半は選挙に行った所で何も変わらない。という意見でしょうかね。
ボクはそうは思わないんですよね。
ボクが初めて選挙権を得た二十歳の頃から比べると随分変わりました。
消費税なんていうのも昔は無かったし、
タバコやお酒は増税されてかなり高くなりました。
これは「悪く変わった」例です。
逆に高速道路や新幹線などが整備されてかなり便利になりました。
これは「良く変わった」例です。
良くも悪くもこれらは政治で決まったことです。
そして政治を決まるのが選挙です。
選挙で選ばれるのが政治家です。
ですから政治家は当選するために票田を大切しますので
その票田の方たちに喜ばれる政治をします。
では票田ってどういうものかというと、いわゆる「組織票」ってやつです。
投票する人が少なければ「組織票」の割合が多く高くなり
「組織票」をもっている政治家や政党が当選するわけです。
そうなると、その「組織」に支持される政策するわけです。
そうした組織に属していない人達はあまり利益を得ることができないわけです。
だから「選挙に行っても何も変わらない」と感じてしまいまた選挙に行かなくなる。
でもそれは「選挙に行けば利益を得る」人達の思う壺なんですよね。
ボクのようなおっさんがいうのもなんですが、若者は選挙に行かない。
選挙に行かなければ政治家には「いない人」と同じでしょ。
ならば選挙に行く割合の多い、ジジ・ババに特になる政策が多くなり若者は不利益を被るわけです。
だから若者こそ選挙に行った方がいいと思うわけです。
そうでないといつまでたっても若者中心の政策は行われません。
若者が元気にならなければ日本も元気になるわけないと思います。
といわれても政治にも興味ないしどこの投票したいいか分からないのかもしれませんが、
なにかをきっかけに政治に興味をもってください。
一番ダメのは「誰かに頼まれた」候補や政党に投票することだと思います。
それでは「頼んだ側」の利益のために利用されているだけですからね。
まぁとりあえず「政党相性診断」でもしてみてください。

政党との相性診断

にほんブログ村 経営ブログ 零細企業社長へ
にほんブログ村

にほんブログ村 企業ブログ 不動産業へ
にほんブログ村

http://www.aiwa-j.com/

今日は「憲法記念日」日本国憲法が施行された日ですね。
日本国憲法と言われても日常生活で「憲法」について語ることってないですけど、
安倍総理になってからは憲法9条のことなど
たまに飲み屋で下ネタに飽きた時に話したりしています。
といっても、ボクの憲法の知識など中学校の社会科の授業で習った三原則を知ってる程度です。
「国民主権」「平和主義」「基本的人権の尊重」
あとの細かい事は知りません。
現在の憲法は日本が制定した憲法ではないのでの、
「自主」(日本製)の憲法を作ろう。というのが自民党の結党の目的なので、
安倍総理が「憲法改正」に力を入れるのはわかるのですが、
一方で、現在の憲法で何か国民に不都合があったか?と問われれば、
ボクとしては何の不都合もありません。
多分、一般ピープルの多くは現行の憲法に不満を感じていない。
だから憲法について語らない。興味がないといった方がいいかも知れない。
そんなことより、消費税や年金などの社会保障や景気。
そっちの方がよほど重要な問題ですよね。
そういう国民生活に直結した問題に改善が感じられないのに、
国民の憲法議論が高まるわけないっちゅーの。
「改憲」だなんだよりも、まずは国民生活の向上。
それが政治家さんの最優先重要ミッションですよ。

にほんブログ村 経営ブログ 零細企業社長へ
にほんブログ村

http://www.aiwa-j.com/

愛和住販坂戸店周辺。出勤したときは雨だったのが
やがてみぞれになりそして午前中には牡丹雪に成長。
降り注ぐ牡丹雪に、これ積もったら帰れないかも?と一瞬ビビりました。



これが一番ヤバそうな時間帯の雪の動画です。
デスクから窓の外を撮影してみますた。
マリーンズの卓上カレンダーはアクセントです(笑)

でもいまはなんとかみぞれに戻り全く積雪もなくひと安心しています。
いやぁ4月の雪って珍しいんですけど、数年に一度は振っているんですね。
前回は2014年だとか。わりと忘れたころにやって来るようです。
この季節に雪が降るとつい「なごり雪」をカラオケで歌ってしまいがちですが、
なごり雪というのは春になる前ちょっと前に降る雪で、「冬」の「名残」の雪ですから、
微妙に今日の雪とは違いますね。
まぁどちらにせよ積もらなくて良かったです。

よかったらポチしてください。
にほんブログ村 経営ブログ 零細企業社長へ
にほんブログ村

http://www.aiwa-j.com/

今日は「春分の日」。春のお彼岸の中日(ドラゴンズじゃないよ)ですね。
お彼岸といっても今の時代はピンとこなくなっていて、
お彼岸ていつなのかも知らない人も多いと思います。
「春分の日」の前後3日間の一週間が春のお彼岸で、
「秋分の日」の前後3日間の一週間が秋の彼岸です。
なので今日「春分の日」は春のお彼岸の長と真ん中で「中日」といいます。
お彼岸にはお墓参りをするというのが昭和時代のしきたりですが、
まぁお墓参りもだんだんとしない人が増えてきているのが現状です。
ボクは墓参は好きなんですけど、お彼岸はお墓参りしませんね。
その代わりと行っては何ですが、お寺で「塔婆供養」をします。
「塔婆」は「トウバ」と読みます。
お墓の後ろに文字の書いていある木の板が立てかけているのを見たことがあると思いますがあれが「塔婆」といものです。先祖への供養ですね。
まぁ、塔婆のお値段はお寺によってピンキリです。
材質とかが違うのでなく塔婆料というのはお寺さんへの布施みたいなものですから値段はあって無いようなものです。
ちなみに嫁の実家のお寺さんとボクのお寺さんとでは4倍値段が違います。
ボクのお寺さんは嫁の実家のお寺さんの1/4の値段で塔婆供養ができます。
ですからボクは、春秋のお彼岸とお盆の年に3回お寺さんに塔婆をお願いしてます。
もちろん「お金」の問題ではなく「心」の問題です。
やはり今の自分があるのは先祖がいるからですから、
せめてお彼岸とお盆には亡き父・祖父・祖母を含め先祖に感謝の気持ちを表したいと思ってます。
「感謝の気持ちは形に表さないと伝わらない」とよく言われます。
きっと亡くなった先祖もそう思っているでしょうから塔婆を立てています。
自己満ですが、自分自身もそうすることによって「なんかいいことしたなぁ」ってスッキリします。
そして日本の文化って素敵だなぁって思うわけです。

にほんブログ村 経営ブログ 零細企業社長へ
にほんブログ村

http://www.aiwa-j.com/



今年も3月11日になりました。
東日本大震災から8年目。
テレビやラジオでは様々な報道がされています。
当時の映像やら何やらが耳や目に触れるといまでも胸が苦しくなります。
そしていまだに5万人以上の方が避難生活をしている現状を聞くと
戦闘機を買ったり外交の度に金をばら撒いてくる今の政権に対して憤りも感じます。
税金を納めるのは義務としてやぶさかではない。
でも、ちゃんと使えよ。といいたくなります。
戦闘機を買うのならば災害用に役立つモノを買えよ。
外国を支援するも大切だがまずは国民だろう。と思うわけです。
ただ、胸が苦しくなったり憤ったりすることが大切だとも思います。
「忘れない事」「思い出す事」
そうした想いが大切なんだと思います。

にほんブログ村 経営ブログ 零細企業社長へ
にほんブログ村

http://www.aiwa-j.com/

↑このページのトップヘ