不動産屋さんの社長って(愛和住販社長ブログ)

愛和住販っていう不動産会社の社長の日記です。 多分、自分は社長タイプじゃありません(白目)

不動産の買い取り・売買・賃貸を坂戸・川越を中心に埼玉県をメインに営業している不動産会社です。新築戸建て・中古戸建てやマンション・売地など取り扱っています。賃貸の仲介もやってます。

カテゴリ: 地域

先週の話になりますが、JJIとBBA合計7名で川越・笠幡にある「ほるでん」という炭火焼きホルモン屋?さんに行ってきました。JR川越線の「笠幡」というショボい駅の駅前というか駅斜め前というかそんな場所にあります。駅はショボいのですが東京オリンピックのゴルフ競技の会場はこの笠幡駅が最寄り駅の「霞ヶ関カンツリー俱楽部」なんですよ。(延期になっちゃったけどね)
1
店内はそれほど広くなく小上がりとカウンターで全部で15人位入るとキツキツって感じですかね。
3
これは「白ころなんちゃら」という名前のホルモンです。ハラミとかもありますがオススメはやはりこの「白ころなんちゃら」と「塩ホルモン」ですかね。ホルモンは塩とミソがあるんですが塩3:1ミソという割合で食べるのがお勧めです。実は肉以外にも刺身とか寿司もオイシイんですよ。嫁ちゃんは塩辛を毎回注文します。そして締めの一品として欠かせないのが・・
4
味噌ラーメンです(食べかけ画像でスミマセン)濃いめのスープに太麺がよく合います。このラーメンの分の余力を残して飲み食いしてくださいね。腹ごなしにカラオケするなら隣が同系列のカラオケスナックになっているのでそこで歌を歌った後に味噌ラーメンを注文すると「ほるでん」で作って持ってきてくれます。お客さんは地元民の常連さんが多いですが是非チャレンジしてみてください。(駐車場が少し離れた場所で分かりづらいのですがあります)
5
とりえず、オヤジ3人でカラオケで濃厚接触してみました。ちなみに後ろの派手なシャツのオジサンが「ほるでん」とカラオケスナックのマスターです。「ほるでん」の方がヒマになるとカラオケスナックの方で飲んでます。さすがは笠幡、スローライフです(笑)

▼「ポチ」っとクリックしてね!
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 埼玉県情報へ
にほんブログ村

昨日は午後から千葉県の市川市に行きそのまま1泊して今日の9時半ころ市川市から直接会社に出勤しました。昨晩宿泊したのは東西線「妙典駅」の駅前にある「妙典スーパーホテル」というビジホです。まぁ車で行ったので別に駅前のアドバンテージは全然なかったですけどね。因みに埼玉方面から車では外環の「市川南IC」で降りて5分くらいです。市川市に滞在なんて生まれてこの方初めてです。いや、千葉方面は年に十数回はいきますが、いつも市川を通り越して幕張(マリンスタジアムね)ですからね。で宿泊する時は、マリンスタジアムに一番近いアパホテルなんで正直「妙典駅」すら知りません。なんでこんな中途半端な場所に行ったかと言うと市川在住の人に会うためです。でいつものように「にゃらん」「じゃらん」をみてまぁここでいいかって感じ決めました。喫煙ルームお部屋お任せプランです。
2
6階のフロントでチェックインして通されたのがこの部屋です。部屋は広くないですがベットが広くて良かったです。1泊でほぼ寝るだけだからベットが広いのは嬉しいですね。そしてロフトベットまでついています。まぁボクはオトナですからロフトベットに登ったりはしませんでしたよ。ええ、本当です。部屋が狭い分一人なら荷物置き場として最適ですね。今回は9階の部屋だったので窓の外の景色も良かったです。このホテルはカギはなく6ケタの暗証番号で部屋のカギが開くシステムになっているのでチェックインの時にもらう暗証番号が書いてあるレシートを外出の時は持っていかないと部屋に戻れなくなるので注意してくださいね。(スマホのメモに暗証番号を書いておくのがいいかも)
3
これは夕暮れのシーンですが、夜も市川市の10ドル26セントくらいの夜景も見ることができます。駅近なので食事も外にでれば何かしらありますが昨晩は隣の行徳駅の近くの居酒屋さんで一杯のんで夕食の代わりとさせていただきました。
4
青のりたっぷりの玉子焼きが美味しかったです。お店の名前は憶えていませんが店長が「さとる」です。(笑)千葉で「さとる」といえばマリーンズファンとしては「小宮山」ですよね。食事して行徳駅から妙典スーパーホテルに帰るまでのタクシー代は800円でした。意外と近いですね。朝食はビッフェスタイル。普通より「やや良い」ってところです。もっともボクのメインのおかずは納豆と生卵でしたけど。そんな妙典スーパーホテルの今回の宿泊代は「1泊朝食付」で5900円(税込)なんですが車を近くのコインパーキングに止めたので駐車場代が1700円別途かかってしまい総額7600円。まぁ安くはないですね。ただチェックアウトしないで帰れるのは楽ちんでした。近くに「大戸屋」があったので朝食なしでもいいかも?それと冷蔵庫の中には本当に何もないので近くのコンビニか6階のフロントにある自販機で飲み物を買ってから入室することをオススメします。

 妙典スーパーホテル

ビジホとしては悪くないので、また市川市で宿泊するようなことがあれば利用したいと思います。あくまでも市川で宿泊することがあればですけど。

▼「ポチ」してくれると喜びます。
にほんブログ村 経営ブログ 零細企業社長へ
にほんブログ村

愛和住販コーポレートサイト

突然ですが皆さんは埼玉県にいくつ「市」があるか知ってますか?こんなこと埼玉県民だって知りませんよね。数えた事ないし。不動産物件をネットに入力していると住所入力欄に「市名」の選択が出るんですけどなんだかやたら多い気がする埼玉県。そんな埼玉県には40の市があるんです。実はね、これ日本一なんですよ。埼玉県は日本一「市」の数が多いんです。いや「市が多いなぁ」と薄々思ってはいたのですけど日本一とは驚きました。ちな2位の愛知が38で3位の千葉が37で最少は鳥取県で4市だそうです。「市制」が公布されたのは明治21年で、埼玉県で一倍最初の「市」はボクの住む「川越市」です。( ー`дー´)キリッ 大正11年に「川越市」が誕生したときの県庁所在地は「北足立郡浦和町」です。当時県庁所在地でありながら「市」になっていなかったのはここ埼玉と宮崎県・山口県だけだそうで。浦和が「市」に格上げされたのは、川越・熊谷・川口に続いて県内では4番目で昭和9年。県庁所在地の中では日本一「市」になったのが遅かったんですね浦和は。まぁ違った意味で日本一ですからそれはそれでいいですが。「市」になる条件は人口5万人以上。中心市街地の戸数が全戸数の6割以上など色々とやかましいのですが、やはり埼玉の人口が増えて賑やかになった第一次産業の割合が減ってくるのは戦後復興期から高度成長期あたりということですね。昭和24年に戦後初の「市」は「行田市」です。愛和住販のある坂戸は昭和51年に「市」になりました。ボクは中学生の頃川越市から鶴ヶ島市に引っ越してきましたがその頃「入間郡鶴ヶ島町」でしたからね。さいたま市は平成13年。平成の大合併ってヤツです。で一番新しいのが平成24年に誕生した白岡市です。因みに現在埼玉県で「村」は「東秩父村」しかありません。この界隈は「小川町」「滑川町」「嵐山町」「ときがわ町」あたりが合併すると県下41番目の「市」になりますかね?何はともあれ埼玉は日本一「市」の多い県ですから埼玉県内の不動産屋さんは日本一ネットへの物件登録が面倒くさいのかもしれません。鳥取県のように4市だと逆にひとつの「市」が広すぎて大変だとおもいますが・・

▼「ポチ」してくれると喜びます。

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 埼玉県情報へ
にほんブログ村

愛和住販コーポレートサイト

昨晩は友人のジャイアン(仮名)と鶴ヶ島市の居酒屋「まつや」さんで飲みました。ここ最近のお気に入りの居酒屋さんです。住宅街の中にあるお店で少しわかりずらいのですがジャイアンも気にっていて「どこで飲む?」と聞くと「まつや行こう!」と言う話になり昨夜も行ってきました。
2
店内はカウンターと4人掛けのテーブル席ふたつ。それと座敷の席があり座敷は15人位座れるのでちょっとした宴会などもできます。カラオケもあるので歌もうたえます。カラオケが始まると多少騒がしくはなりますがそれもまた個人の居酒屋さん風景ですね。
3
お酒は色々ありますが、最近ではジャイアンと飲むときは専ら最初からハイボールです。このお店にはブラックニッカのクリアが置いてあるのが嬉しいところです。ブラックニッカクリアを置いてある店ってあまりないんですよね。クリアは女性にも飲みやすいクセのない軽い感じのお酒です。まぁ飲みすぎてしまうのがデメリットなんですけどね。昨晩も二人で1本軽々です。
4
料理は全く奇をてらうことのない安心・安定の「家庭料理」です。ボク達が必ず注文するのが「丸干し」と「ハムエッグ」です。丸干しは今どき珍しいカチカチの固いやつです。最近は丸干しを注文しても柔らかいヤツが多いのですがボクはカッチカチの固い丸干しが大好きなので必ず注文します。そして「ハムエッグ」はメニューにはありませんがママさんに注文すると作ってくれます。時々ハムが無くてベーコンエッグになったりします。そうそうご飯を食べたければライスも注文できます。このハムエッグにご飯は最高です。
5

6

そして「まつや」さんの最大のウリはなんといっても安いんですよ。昨日もブラックニッカのボトルを入れ、氷と炭酸を何回か注文し輪切りレモンにおつまみを5品とカラオケ二人で5曲ほど歌って4時間半くらい飲んでお会計は二人合わせて6950円です。お一人様3500円ですからね。宴会の時はあらかじめ予算を伝えればその範囲でやってくれます。結構満足感有るお店なんですよ。鶴ヶ島で飲むお店に悩んだら一度「まつや」さんに行ってみてください。

▼「ポチ」してくれると喜びます
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 埼玉県情報へ
にほんブログ村

愛和住販コーポレートサイト

今日のお昼は近所の「丸広」のテナントで入っている「とんかつ和幸」さんのテイクアウト。吟味の結果今日は「なでしこ」弁当にしました。
11
「なでしこ」弁当の内容は、一口ヒレカツ・エビフライ・大葉まきささみフライです。普通のとんかつ弁当であれば「和幸」さんではなく迷わず「かつや」さんに行くのですが、なんだかボクは「和幸」さんのエビフライ入りのお弁当が昔から好きなんですよね。昔は「かつや」さんなんてなくてチェーンのとんかつ屋というとこの界隈では「和幸」さんだけ。もちろんとんかつ専門店でお弁当があったのも「和幸」さんだけなのでたまぁ~に買ってしまいます。エビフライ入りはこの他にもあるのですが「揚げ物」を選択していながらちょっとだけ健康を考えて「ささみ」とのセットの「なでしこ」にしたわけです。お値段は840円(税込)です。「和幸」さんと「かつや」さんのテイクアウトを比べると「和幸」さんはの弱点は揚げ物は作り置きなのでお昼頃にはすでに冷たい。ボクはそのまま食べますが「チン」した方が美味しいでしょうね。「かつや」さんは注文してから揚げるから温かいですよね。いいところはご飯の上の「こんぶ」昔から「こんぶ」なんですよ。ボクはコレが大好きでしてもう少し多目にのせてもらいたいです。それとお弁当の容器が「かつや」さんと違ってプラではなく紙なので、捨てる時に分別しなくて済みますし地球にやさしいわけです。といってもコスパを考えると「かつや」率の方が断然高くはなってしまいますが「和幸」さんも好きです。昔、キャベツなどの食材を使いまわして問題になりましたが頑張って欲しいと思います。ちなみにですがお店で食べるときは「和幸」さんの方が「かつや」さんより価格は高めですが、ご飯やみそ汁がお替り自由なので、たくさんご飯を食べられる人は実は「かつや」さんより安上がりだったりします。店内も「かつや」さんより落ち着けますし店構えも高級なのでキャバのおねえちゃんとの同伴大事な人との食事の時は「和幸」さんがいいですね。「かつや」さんだと牛丼屋さんと同じですからね。そんなわけで今日のお昼は久しぶりに「とんかつ和幸」さんのお弁当を食しました。

▼「ポチ」してくれると喜びます。
にほんブログ村 経営ブログ 零細企業社長へ
にほんブログ村

愛和住販コーポレートサイト

↑このページのトップヘ