不動産屋さんの社長って(愛和住販社長ブログ)

愛和住販っていう不動産会社の社長の日記です。社長っていっても零細不動産屋ですから大したことないです。そもそも社長に向いてないし・・ジョブチェンジするなら迷わず「吟遊詩人」にします(笑)

不動産の買い取り・売買・賃貸を坂戸・川越を中心に埼玉県をメインに営業している不動産会社です。新築戸建て・中古戸建てやマンション・売地など取り扱っています。賃貸の仲介もやってます。

カテゴリ: 地域

国道16号の川越市とさいたま市の間に「上江橋」という橋があります、「かみごうばし」と読むんですがこの橋がやけに長いんですよ。埼玉県は海はないけど「川」が多くて「川の国」なんです。県内の総面積の約3.9%が河川の面積でコレじつは日本一の高比率です。さから橋も多いのですがこの「上江橋」は二本の川が併走する部分に架かっているのですが通ったことがある埼玉県民なら分かると思いますがやけに長い。全長なんと1604mだそうで、一般国道の橋で河川にかかるものとしては日本最長だそうです。さすが日本一をチョイチョイぶっこんでくる埼玉県です。川越市によると最初は渡し場があったのがやがて木の橋を架けコンクリートになったそうで、コンクリー橋の着工は昭和14年でしたが戦争の影響で完成は昭和35年だそうです。それから昭和43年までは埼玉県内初の有料道路として普通自動車100円はだったそうです。当時の物価としては「高くね?」と思います。この橋の下を流れる川の河川敷には「グリーンクロス」というゴルフ場があるのですがこのゴルフ場はクラブハウスからコースに行くのに船に乗って川を渡るんですよ。昔、何度も行きましたが「川を船で渡って」コースにいくゴルフ場はここくらいしか知りません。さてこの「上江橋」は埼玉百景とか川越百景さらには「関東地域の橋百選」などにもなっていて下流側の歩道には展望デッキとかあるらしのですが、百景と言われるような感じがしないのはボクが昔から普通にこの橋を使っている地元民だからでしょうか?実はこの上流には「川幅日本一」もあるのですがその話はまたいずれ。

yjimage

▼「ポチ」っとクリックお願いします。
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 埼玉県情報へ
にほんブログ村 


愛和住販コーポレートサイト

もう9月も目の前というのに暑い日が続きますね~。「暑さ」で一躍有名のなったのが、我が埼玉が誇る熊谷市です。2007年に当時国内最高気温40.9度を記録。その後、岐阜県の美濃・金山、高知県の江川崎の41度に抜かれましたが、熊谷は2018年に41.1度という新記録を樹立して日本一暑い街に返り咲きました。今年の夏、浜松市が熊谷と並ぶ41.1度を記録しましたが何とか同率首位の座を守っています。熊谷市が暑いのは、ヒートアイランドの東京の上空を通過した南風と秩父からのフェーン現象の西風が丁度熊谷市の上空で交差するからだそうです。分かったような分からないような理由ですが、とにかく熊谷市の凄まじい暑さは1990年代頃からすでに有名ではありました。さてそんな日本一暑い熊谷市を擁する埼玉県。当社がある坂戸市の隣に鳩山町と場所があるのですか、ここも暑い。今年のは熊谷を抜いて40.2度の気温を観測してこの夏の県内最高気温を記録しました。そんな鳩山町の隣の坂戸市にわが社ですから当然暑いです。ここ数日はエアコン温度22度で風力最高に設定していても社内にずっといると暑くで扇風機を併用してます。室内でも熱中症になりますから水分をたくさんとっています。そうすると今度は腹痛が・・

▼「ポチ」っとクリックお願いします。
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 埼玉県情報へ
にほんブログ村 

愛和住販コーポレートサイト

今日のランチは丸亀製麺さん。今日で2度目です。

preview (4)
実はこれは「打ち立てセット」なのです。「打ち立てセット」というのは、3人前or4人前のセットで、うどん(温・冷選択可能)に、いなり寿司そして好きな天ぷら一人2個が選べます。つまり4人前セットだと、うどん4個・いなり寿司4個・てんぷら2×4=8個のセットです。これでなんと税込み2,000円。つまり上の画像の1人前でなんと税込み500円ということです。これは激安です。今どき税込み500円でこれは食せません。しかも天ぷらは店内にある好きな天ぷらを一人2種選べるのは嬉しい。ボクは今日は海老天とイカ天にしました。電話注文ではなくお店で買ってテイクアウトする方式です。一人では持ち帰りが大変なのでスタッフ二人で買いに行ってもらいます。3人又は4人ないしその倍数の人数でしか頼めないところがミソですが安いし冷たいうどんも食べられるし最高なんです。ところがこの「打ち立てセット」は今月いっぱい(8月31日)までの期間限定のメニューなんですよ亀製麺さん、なんとか販売期間の延長をお願いできませんか?なんなら定番でオナシャス

▼「ポチ」っとクリックお願いします。
にほんブログ村 経営ブログ 零細企業社長へ
にほんブログ村 

愛和住販コーポレートサイト

昨日は夏休みに映画を観に行った話をしましたが今日は日帰り温泉に行った話です。去年も夏休みに日帰り温泉に行きましたが今年もです。映画に日帰り温泉と去年の夏のリフレインですね。去年は「スパジャポ」でしたがボクの夏休み2019(スパジャポへ行く) 今年はグッと近場の「花鳥風月」に行ってきました。 天然温泉「花鳥風月」 日高市のスーパーポークで有名な「サイボクハム」の敷地内にある日帰り温泉です。むかしまだ「花鳥風月」という名前ではない時に一度行ったことがありますがそれ以来です。
preview (23)

駐車場はP2かP3を利用した方が近いです。到着してまずひとっ風呂浴びます。露店も内風呂も広さは普通です。流行りの岩盤浴はありませんがボクは岩盤浴やサウナは不要なタイプなので無問題です。(サウナはあります)お湯はこの界隈の温泉の定番のアルカリ温泉で「美人の湯」ってヤツです。全体的に温度は温めで夏場はいいですが冬場はじっくり浸かっていないとダメです。まぁ温めのお湯に長時間浸かるのが好きなボクにはいいです。この日も露店と内風呂に一通り入りましたが、38~39度の流水風呂と炭酸風呂に費やす時間が多かったです。さて、風呂上りはランチです。
preview (17)
レストラン「花鳥風月」は風呂なしで食事だけでもOKです。で通された部屋が・・
preview (18)
広っ!(笑)3人なのにこんな部屋。これもコロナのお陰です。コロナも悪い事ばかりではないです。
preview (19)
窓の外だけを見ていれば「軽井沢」気分。
preview (20)
とりま、生ビールですよね。
preview (21)  
preview (22)

でお食事。ボクは豚生姜焼き(上)で二人はとんかつ(下)とんかつはロースとヒレの両方ついている定食です。生姜焼きはまぁ普通ですがとんかつはサスガは「サイボク」で柔らかくて美味でした。ただ全体的にお値段高目です。とんかつの定食は1980円ですからね~。入浴料は1200円(お盆料金)で普通ですが食事は高いですね。食事は持ち込んで浮いたお金でサイボクハムでお肉を買って家で食べた方がいいと思います。この日は早めに切り上げたのでお風呂とレストランしか行かずに他の場所は探検しませんでしたが館内は2階もあって比較的広めでした。(個室もあります)もっともこの日は空いていましたが。そんなわけでボクの「花鳥風月」の評価は、3.5点/5点です。敷地内には子供を遊ばせるちょっとした場所もあるのでファミリーで行くのはいいかも知れません。

▼「ポチ」っとクリックお願いします。
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 埼玉県情報へ
にほんブログ村


愛和住販コーポレートサイト


先週末、友人二人と嫁と4人で久しぶりに焼肉を食べに行きました。今回は鶴ヶ島駅の近くの「焼肉シエン」さんにしました。
シエン(鶴ヶ島/焼肉・ホルモン) | ホットペッパーグルメ 
同業者の野村不動産さんの2階にあるお店です。40年ほど前は「シエン」という名前の喫茶店で若かりし頃のボク達の集いの場所でした。ほぼ毎日のように「純喫茶シエン」に行ってました。そんな歴史をもつのが「焼肉シエン」さんです。週末は大抵混んでいて入店できない時も多々あるのですがラッキーなことに最後の1席が残っていました。何を食べてもおいいくハズレはないのですが「タン」は今まで一緒に行った人は全員が「おいしい」と評判です。他の店より「厚切り」なところがポイントです。焼肉というと若い頃は「カルビ」だったのですが最近では「カルビ」はほぼ食べませんってゆ~か食べる気になりません。実は先週もなんで焼肉にしたというと「ミノ」が食べたかったからです。最近ではカルビ&ロースではなくミノ&ホルモン時々ハラミというのがボクのパターンです。
preview
こんな感じですね(ミノ・ホルモン・ハラミ)コロナ自粛中にずっと食べたかった念願の「ミノ」を堪能して大満足でした。この日はカルビ・ロース×2・ハラミ×2・タン・上ミノ・ホルモン・レバー・イカ焼き・石焼ビビンバ・小ビビンバ×2にアルコール少々とソフトドリンク2杯でお一人様約4500円です。
preview (1)
この石焼ビビンバも人気ですがボク的にはビビンバは「石焼かない」ビビンバが好きなのであまり石焼は食べません。また「シエン」さんは冷麺も美味しいのですよ。鶴ヶ島駅付近で「焼肉」食べたくなったら「シエン」さんに立ち寄ってみてくださいね。

▼「ポチ」っとクリックお願いします。
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 埼玉県情報へ
にほんブログ村

愛和住販コーポレートサイト

↑このページのトップヘ