不動産屋さんの社長って(愛和住販社長ブログ)

愛和住販っていう不動産会社の社長の日記です。 多分、自分は社長タイプじゃありません(白目)

不動産の買い取り・売買・賃貸を坂戸・川越を中心に埼玉県をメインに営業している不動産会社です。新築戸建て・中古戸建てやマンション・売地など取り扱っています。賃貸の仲介もやってます。

カテゴリ: 地域

今日のお昼は近所の「丸広」のテナントで入っている「とんかつ和幸」さんのテイクアウト。吟味の結果今日は「なでしこ」弁当にしました。
11
「なでしこ」弁当の内容は、一口ヒレカツ・エビフライ・大葉まきささみフライです。普通のとんかつ弁当であれば「和幸」さんではなく迷わず「かつや」さんに行くのですが、なんだかボクは「和幸」さんのエビフライ入りのお弁当が昔から好きなんですよね。昔は「かつや」さんなんてなくてチェーンのとんかつ屋というとこの界隈では「和幸」さんだけ。もちろんとんかつ専門店でお弁当があったのも「和幸」さんだけなのでたまぁ~に買ってしまいます。エビフライ入りはこの他にもあるのですが「揚げ物」を選択していながらちょっとだけ健康を考えて「ささみ」とのセットの「なでしこ」にしたわけです。お値段は840円(税込)です。「和幸」さんと「かつや」さんのテイクアウトを比べると「和幸」さんはの弱点は揚げ物は作り置きなのでお昼頃にはすでに冷たい。ボクはそのまま食べますが「チン」した方が美味しいでしょうね。「かつや」さんは注文してから揚げるから温かいですよね。いいところはご飯の上の「こんぶ」昔から「こんぶ」なんですよ。ボクはコレが大好きでしてもう少し多目にのせてもらいたいです。それとお弁当の容器が「かつや」さんと違ってプラではなく紙なので、捨てる時に分別しなくて済みますし地球にやさしいわけです。といってもコスパを考えると「かつや」率の方が断然高くはなってしまいますが「和幸」さんも好きです。昔、キャベツなどの食材を使いまわして問題になりましたが頑張って欲しいと思います。ちなみにですがお店で食べるときは「和幸」さんの方が「かつや」さんより価格は高めですが、ご飯やみそ汁がお替り自由なので、たくさんご飯を食べられる人は実は「かつや」さんより安上がりだったりします。店内も「かつや」さんより落ち着けますし店構えも高級なのでキャバのおねえちゃんとの同伴大事な人との食事の時は「和幸」さんがいいですね。「かつや」さんだと牛丼屋さんと同じですからね。そんなわけで今日のお昼は久しぶりに「とんかつ和幸」さんのお弁当を食しました。

▼「ポチ」してくれると喜びます。
にほんブログ村 経営ブログ 零細企業社長へ
にほんブログ村

愛和住販コーポレートサイト

毎日お昼に何を食べるか考えるのが面倒です。基本的びボクはコンビニ弁当が好きではないのでお弁当ならいわゆる「ほか弁」かスーパーのお惣菜コーナーのお弁当を買います。愛和住販の近くには「日本亭」と「ほっともっと」があってだいたいバランスよく交互に食べます。前回は「ほっともっと」だったので今日は「日本亭」にしました。むかしは「ほか弁」といえば「ほっかほっか亭」ひとつだったんですけど、分裂して元祖グループの「日本亭」と「ほっともっと」になりました。店舗数は出て行った「ほっともっと」の方が多いイメージですが、元祖は「ほっかほっか亭」の「日本亭」です。実は「ほっかほっか亭」って埼玉県発祥の会社なんですよ。「ほっともっと」は知りませんが「日本亭」(ほっかほっか亭)の本社はいまでも埼玉県にあるはずです。このほか弁をボクが食べだしたのは18歳くらいの時だと思います。ほか弁の誕生は当時のボクには衝撃的でしたね。当時(昭和56年ごろ)はまだコンビニはほとんどなく有ったとしてもコンビニ弁当は日配品の冷たいお弁当で種類もありませんでした。なのでお昼というとどこかのお店で食べるのが一般的でした。(当時は定食屋さんとか街角中華屋さんとかもたくさんあったけど)それがまさかお弁当で温かいご飯が食べるれるなんて思いもよらず毎日のり弁としゃけ弁を交互に食べてました。さて「ほっともっと」と比べると「日本亭」弁当の方がボリュームがあります。メニューも「ほっともっと」よりも多いですね。もうヘルシーとかそんなもの完璧無視の若者・労働者のための弁当なのが「日本亭」ですね。あと唐揚げがデカイのが特徴ですね。アゲラーのから揚げ2個分はあるのではないかと思います。(Mカラとデカカラがあります)そして一度は病みつきになるのが「ノリからめんたい弁当」です。この弁当もかなり歴史のある定番中の定番ともいえます。こんなですから彩りなど完全無視でほぼ「茶色」の弁当はバランスが悪いと思いつつもソソルわけです。いつも「ほっともっと」ばかり食べていないでたまには「日本亭(ほっかほっか亭)」も食べてみてくださいね。因みに最近ボクは「日替わり弁当」にしてます。今日のメインはとんかつでした。
1

2


▼「ポチ」してくれると喜びます。
にほんブログ村 経営ブログ 零細企業社長へ
にほんブログ村

愛和住販コーポレートサイト


当社は埼玉県の不動産会社ですので取り扱っている物件のほぼ8割が埼玉県内の物件です。お客様も当然埼玉県民のお客様が多いのですが近隣の都道府県はもちろん、いまはネットが発達しているので遠方から埼玉県へ引越ししてくるお客様もいます。というわけで埼玉県の企業として少し埼玉県をアピールしたいと思います。まづ今回は「埼玉県」という名前の由来を書きます。「だ埼玉」と呼ばれだしたのはボクが10代の頃からですからもう慣れましたが、「埼玉県」という名前の由来は「さきたま古墳」から来ています。行田市に「さきたま古墳公園」という公園があってそこには「埼玉県名発祥之碑」があります。7世紀ころの埼玉には「知知夫」(チチブ)と「无邪志」(ムサシ)という国があったそうで8世紀になって埼玉の前身となる名称が使われだすみたいで「万葉集」にも「佐吉多萬」「前玉」という記述があり「サキタマ」と読んだそうです。それから時が過ぎ明治4年に埼玉県が誕生しましたが当時は現在の県域に多くの県があって統廃合を繰り返していました。まず今の群馬県高崎市あたりの岩鼻県が誕生して埼玉県域の管轄しました。それから大宮県(そのごすぐに浦和県に改称)・川越県など誕生しましたが全て廃止され、岩槻に県庁を置く埼玉県と川越に県庁を置く入間県が作られました。入間県は群馬県(現在の群馬県とは別物)が合併して熊谷県になり明治9年に前述の埼玉県と熊谷県が合併してようやく今の埼玉県になったというわけです。その時に県庁が岩槻から浦和に移ったのですが「埼玉」が県名として残ったそうです。いまでこそ「だ埼玉」などと言われていますが「埼玉県」という県名は伝統ある素晴らしい県名なんですよ。(`・∀・´)エッヘン!!

▼「ポチ」してくれると喜びます。
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 埼玉県情報へ
にほんブログ村

愛和住販コーポレートサイト

先日、千葉ロッテマリーンズさんから2020年度のファンクラブ関連一式が届きました。毎年2月頃なんですけど今年は少し早いお届出した。
b7684807-cb45-4628-8946-552f02f588cd
今年のメンバーズカードはややブラウンぽくて「ゴールド」ぽくないですね。
cd776ca2-e0e4-4a9f-ab8d-a79a30b653e7
今回は、カードが先に来て別送でFCプレゼントが届きました。
7147ac78-0625-4552-8db2-570855d7ca04
早速開封してみました。
97e3e230-7c7e-4fa0-938f-6ea205303c40
今回は昨年同様にアウターを選択しました。今年のアウターはフード付きで開幕直前のマリンスタジアムには「もってこい」ですね。春先のマリンスタジアムは風が強いですからね。「耳」が隠れるフードは助かります。因みに昨年の開幕戦は・・
BlogPaint
こんな感じです。ね?フードは大切なんです。
そして、ことしもプラス5000円を出して嫁にもFCグッツを獲得しました。
79817b66-fee1-48f8-8b2c-e6f5f926b9a7
これ。ランドリーバッグです。5000円でこれはちょっと微妙でした。これならもう1着アウターを貰った方が良かったとは思いますが「コレ(嫁)がコレ(ランドリーバッグ)なもんで・・」(笑)
FCグッツ関連が届くとマリンスタジアムに早く行きたくなるけどまだキャンプも始まっていません。開幕まで長いなぁ~。

▼「ポチ」してくれると嬉しいです。
にほんブログ村 経営ブログ 零細企業社長へ
にほんブログ村

愛和住販コーポレートサイト

今日のお昼は「めん」以前も書きましたが汁あり麺系でテイクアウトでしかも会社から行ける範囲だと、「久兵衛」さんか「リンガーハット」さんの2択です。ボク的には中華麺よりうどんの方が好きなのですが何と言っても「久兵衛」さんのテイクアウトはぬるすぎて真冬の寒い時期にはちょっと微妙なのです。
▼過去記事はこちら
久兵衛屋さん、ちょとぬるいです
もう何度か久兵衛屋さんでテイクアウトしていますがやはり「ぬるさ」が改善されいません。食べ始めからぬるいので食べ終わりの頃には「ぬるぬる」なわけです。それに引き換え「リンガーハット」さんはいつテイクアウトしても熱々なんですよね。「フーフー」いって食べてますから。久兵衛屋さんのテイクアウトでは考えれないわけです。やはり暖かい麺は「フーフー」いって食べるのが基本だと思います。「リンガーハット」さんは最後のスープまで温かいまま飲めるのがいいです。そんなわけで最初は「久兵衛屋」さんにしようと思ったのですが「熱々」というキーワードを優先させて今日のお昼は「リンガーハット」さんのテイクアウトにしました。
bd458761-70b8-4f0d-821d-c751f6e9e41c
まだ「リンガーハット」がそんなになかった頃、川越まで車や単車でわざわざ行ってまで食した記憶がリーンガーハットのちゃんぽんを食べると蘇ります。その頃はサイドメニューでおにぎりがあって具なしの塩結びに海苔をまいたやつにタクアンみたいのがついてるだけのおにぎりなんですけどそれがメッチャ好きでいつもちゃんぽんと一緒に食べてました。あのおにぎりまた復活しないかなぁっていつも思ってます。
それにしても久兵衛屋さんにはも少し頑張って欲しいです。リンガーハットと同等の熱々さがあれば。絶対にちゃんぽんより肉汁うどんを選択するのに・・・

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 埼玉県情報へ
にほんブログ村

愛和住販コーポレートサイト

↑このページのトップヘ