不動産屋さんの社長って(愛和住販社長ブログ)

愛和住販っていう不動産会社の社長の日記です。 多分、自分は社長タイプじゃありません(白目)

不動産の買い取り・売買・賃貸を坂戸・川越を中心に埼玉県をメインに営業している不動産会社です。新築戸建て・中古戸建てやマンション・売地など取り扱っています。賃貸の仲介もやってます。

カテゴリ:不動産 > 不動産のお仕事

弊社は年賀状の宛名書きは手書きルールを採用していると書きましたが、

過去記事 「年賀状は手書きというルール」

年賀状の宛名書きをしていると気が付く「あるある」的な事をお知らせしておきます。まず必ず数枚書き損じをします。ボクは住所を書き間違えるパターンが多いです。書き損じした年賀はがきは普通のハガキと郵便局で代えてもらえます(手数料かかります)あと「ワタナベ」とか「サイトウ」の難しい漢字がうまく書けない。「渡邉」「渡邊」とか「齋藤」「齊藤」とか絶対に「ど下手」になります。思うのですがご本人達もこれって書くの大変ではないでしょうか?こういう難しい漢字以外に上手く書けないのが意外と簡単な文字です。とくに「ひらがな」が難しんですよ。「ふ」とか「ゆ」とかこういう文字が上手く書けませんね。それと文字の大きさね。苗字を大きく書きすぎて最後の「様」が超小さくなっちゃったりします。あとボクの場合文字が曲がっちゃう。真っすぐ書いているつもりなんですけどね。筆ペンの選択も重要ですね。ボクは極細の軟筆を使っていますが、軟筆はなれないと文字が「へなへな」になります。かといって硬筆だと、「ハネ」とか「はらい」が上手くいかないし、なんかマジックペンで書いたような感じになっちゃって毛筆感ゼロです。
とまぁ~色々書きましたが宛名を手書きする際には参考にしてください。これだと確かに宛名プリントの方が全然いいんですけどね。それでも来年も頑なに「手書き」でいきます。

8d3bc8fc-00fa-403a-a90c-3ddd2164f26b


「ポチ」してくれると喜びます。
にほんブログ村 経営ブログ 零細企業社長へ
にほんブログ村

http://www.aiwa-j.com/

12月になったので昨日から年賀状を書き始めました。当社はボクの一存で年賀状の宛名は「手書き」という昭和ルールを採用しています。今の時代「手書き」なんてしなくてもPCとプリンターで簡単に宛名なんて書けるのは重々分かっていますが当社は頑なに手書きです。字が下手だろうとなんだろうと「手書き」ボクはこの業界に入って30年以上経ちますがずっと年賀状の宛名は「手書き」しています。お客様の住所と名前を手書きすると一人一人のお客様の事を思い出します。ソレがいいんです。業界歴が長くなるとご契約したお客様が多くなってきて日常業務もあるのでお客様を「思い出す」という機会があまりありません。でもこうして年末に年賀状を書いていると少なくても年に1回は今までご契約をいただいたお客様を思い出せるんです。そういう気持ちを自分の中で大切にしたいと思っていてまたスタッフにもそういう気持ちを大切にしてもらいたいという想いがあって「手書き」ルールを採用しています。
確かにプリンター使えばキレイな文字だし時間的な効率もいいですよね。でもなんか味気ない。自分の所に届く年賀状もほとんど宛名がプリントアウトしたものです。そんな中にたまに手書きの宛名の年賀状を見つけるとつい嬉しくなるんですよね。字の上手い下手じゃなくて宛名書きに使ってくれた時間が嬉しいんですよね。なのでボクもせめて年賀状の宛名書きを手書きにしています。まぁキレイにプリントアウトされた宛名の年賀状の中にボクの下手な文字の年賀状が混ざっていると逆に目立ちますしね(笑)

「ポチ」ってしてくれると喜びます。
にほんブログ村 経営ブログ 零細企業社長へ
にほんブログ村

http://www.aiwa-j.com/



先日ご契約いただいた弊社所有の、坂戸市竹ノ内の中古一戸建て住宅。
お引き渡しが近くなってきたので住宅クリーングしました。

161206IMG_0018


弊社は住宅クリーングは自社施工です。
女性スタッフ二人でクリーング。
住宅クリーングというとアレですけど、大掃除みたいなものですから
それなりの道具と基本的な知識があれば誰でもできます。
が、しかしやはり「掃除が好き」というのと
「細かいところまで目を配る」と言うのが大切ですね。
掃除とひと口にいってもなかなか奥が深い。
ボクのようなズボラな人間にはとてもじゃないができない仕事です。
幸い、二人とも「掃除好き」なので助かっています。
他者様のご要望があれば請負もします。
ぜひ、何かの時にはお声がけくださいね。

にほんブログ村 企業ブログ 不動産業へ
にほんブログ村

ハウスクリーングも愛和住販にお任せください!

「アドアド」という名の情報誌があります。
この界隈の不動産関係者ならば知っている人は多いと思いますが
まだ住宅情報誌をお金を出して購入したいた時代から
今に至るまで無料で提供されている住宅情報誌です。

IMG_4192

どこに置いてあるかと言うと「駅構内」です。
各駅の構内にひっそりと置かれています。
ご自由にお持ちください。という冊子です。
いまでこそ住宅情報系雑誌は無料化が進みましたが
アドアドさんは昔っから無料です。
「フリーペーパー」なんていう言葉が無い時代から無料です。
この界隈の不動産界のフリーペーパーの老舗ですね。
昔は表紙も今よりずっと安っぽくチープな感じでした。
いまでもチープではありますが、昔と比べるとかなり進化しています。
いまはネット全盛で新聞折込をはじめとする紙媒体は絶滅に近くなってきましたが
アドアドさんは、ネットとかに参入せずこの「駅置きフリーペーパー」を続けています。
これは素晴らしいことですよね。

弊社でも年に2度ほど「アドアド」に広告を出稿してます。
紙媒体は個人的は10年前から必要ないと思いネットに力を入れてきましたが
このアドアドだけは年2回を目途に利用しています。
弊社を担当してくれているNさんがマリーンズファンだからでしょうか?
見た目横幅はライオンズのおかわり君で夏場は少し暑くるしいのですが
真面目でよくしてくれているので「つい」広告を依頼してしまします。
今年も一緒にマリンスタジアムにはいけませんでしたが
来年はNさんと夏場を避けてマリンスタジアムに行きたいと思ってます。
そんなわけで、明日からの「アドアド10号」には弊社の物件情報が掲載されています。
無料なので、駅で「アドアド」を見つけた是非お持ち帰りください。
何かの役には立つと思います(笑)

IMG_4193


にほんブログ村 企業ブログ 不動産業へ
にほんブログ村



東上線沿線で家を売るなら愛和住販で!

弊社にはいくつかホームページがありますが、
この度、売買物件サイトの「不動産物語」をクローズすることにしました。
結構な時間を費やして色々と考えて抜いて制作したサイトなので
かなりの愛着はあるのですけど今回、思い切ってクローズします。
不動産会社もここ数年でようやくネットに皆さん力を入れるようになりました。
私がネットにシフトした10年前はネットに力を入れている不動産会社はあまりなく
「ネットなんてやったって効果ないよ」と言われていましたね。
実際に効果がでるまでは時間もかかり不安だった時期もあります。
それが今ではどの会社さんもネットが営業もメインになっています。
そんな変化の中、弊社のサイト「不動産物語」もその役目を終えたと判断しました。

クローズを決断した理由はシステムが古くなったという部分もありますけど
なにより感じるのは「物件掲載」中心のサイト運営への疑問と限界ですね。
どんなにいいサイトを作りSEOを一生懸命やってみたところで
いち不動産会社の出来ることには、金銭的・人員的・時間的に限界があります。
また、「物件を掲載する」サイトに魅力を感じなくなってきました。
当社でも、ホームズやヤフー不動産などの不動産ポータルサイトに物件掲載していますけど
そのポータルサイトに掲載している物件も
自社のサイトに掲載している物件も基本的には同じ物件です。
自社サイトでもポータルサイトでも同じ物件が同じ条件で掲載されているわけです。
だったら、なにもわざわざ一介の不動産会社のホームページを見る必要ないんですよね。
不動産にまつわる様々なコンテンツにしたってどこかの会社のHPなんていくよりググった方が早い。
不動産ポータルサイトを利用していないのならいざしらず
不動産ポータル物件掲載しているのに、何故自社サイトも同じ内容にするのか?
そんなこと意味がないと気が付いたんですよ。
自社のサイトは物件を羅列するよなサイトじゃダメだな。と思いました。
現在、運営している自社のサイトにはほとんど物件の事は書いてないんですよ。
他者のサイトのように物件と登録もないので物件検索もできません。
本ブログを含め、「ブログ中心」のサイトの構成になっています。

愛和住販コーポレートサイト

物件のことは各不動産ポータルサイトで検索できますからそちらで検索してください。
で、弊社のコーポレートサイトでは物件以外のことを見て欲しいですね。
社長やスタッフはどんなひとなんだろう?とか
検討している物件のエリアはどんなお店やスポットがあるんだろうと?とか
そういうことをブログに綴っています。
物件メインのサイトはもうその使命を果たしたと思い
今回「不動産物語」を今月いっぱいでクローズします。
といっても、物件サイトも欲しいという人もまだいますので
近い将来別の物件サイトを立ち上げますが
あくまでも自社サイトのメインは物件ではない部分と思っていますので
今後も御贔屓のほどよろしくお願いいたします。(笑)

にほんブログ村 企業ブログ 不動産業へ
にほんブログ村

愛和住販のスタッフのブログを読むならこちら!

↑このページのトップヘ