不動産屋さんの社長って(愛和住販社長ブログ)

愛和住販っていう不動産会社の社長の日記です。社長っていっても零細不動産屋ですから大したことないです。そもそも社長に向いてないし・・ジョブチェンジするなら迷わず「吟遊詩人」にします(笑)

不動産の買い取り・売買・賃貸を坂戸・川越を中心に埼玉県をメインに営業している不動産会社です。新築戸建て・中古戸建てやマンション・売地など取り扱っています。賃貸の仲介もやってます。

カテゴリ:全般 > 行事

先日の2月2日は「節分」でしたね。ボクは節分は2月3日に固定だと思っていたので、今年の節分が2月2日ということでビックリです。3日ではない日が節分になるのは37年ぶりで、2日節分は実に124年ぶりだそうでそんな事知らんわい!っていう感じです。節分と言えばセブイレブンの作戦でまんまと全国区になった恵方巻ですが、今年は恵方巻はやめました。もともと恵方巻というのはボクの食文化にはなかったですし、意外と高いんですよね。恵方巻だけじゃ足らないから「おかず」も作るようだし何かと面倒なので今年は恵方巻は廃止して「手巻き寿司」にしました。近所の友人1名をご招待して「手巻き寿司」の節分を我が家で開催しました。

IMG_6304
中とろ・鯛・うに・えんがわ・ブリ・ホタテ・蒸しエビ・イカ・ネギトロ・トビコなどの刺身系プラスでうなぎ・えび天・玉子焼き・伊達巻・納豆・カニカマ・かんぴょう・シイタケに大葉・かいわれ・たくあん・キュウリなどかなり豪華です。ご飯も酢飯と普通の白米と両方用意(ボクは白米派です)当然のことながら3人では食べきれませんでした。恵方巻が高いからといって手巻きにしたのですが、こちらの方がかなり割高になりました・・。
IMG_6306
少し食べたところで豆まきです。
IMG_6310
大豆を投げると回収が大変なのと猫の遊び道具になってしまいますのでこの袋入りの豆を袋ごと投げます。
IMG_6312
友人が手作りの雑な鬼のお面を作ってきたので彼に向って豆を投げつけました。因みにボクは今年の佐々木ローキ(千葉ロッテマリーンズ・投手)の新フォームで豆を投げつけてみました。そんな感じでオトナ達の節分会を開催しました。まぁ普通に手巻き寿司食べてビール飲んだだけなんですけどね。
IMG_6313
因みに、手巻き寿司のときはこの「トビッコ」は絶対におすすめです。あまり高額ではないので手巻き寿司の時はぜひ使ってみてくださいね。

▼不動産に関するご相談・お問い合わせはこちら
お問い合わせフォーム


▼「ポチ」っとクリックお願いします。
にほんブログ村 経営ブログ 零細企業社長へ
にほんブログ村



東京のコロナ陽性者が621人と過去最多だそうですね。しかし、都心や大阪では夜の人出は1週間前よりも増加しているそうです。まぁ例年なら忘年会シーズンの真っただ中ですからね。政府の一応は飲食店に時短の要請してり国民に不急不要の外出をアナウンスしているけど、その一方でGOTOとか続けていますから今後も陽性者は増えていく一方でしょうね。経済とコロナ。二兎を追う者は一兎をも得ず。の典型的なパターンに思えます。皆さんの所はどうですか?忘年会ってやってますか?ボクの会社は少人数の会社ですしお酒・宴会好きのスタッフもいませんしボク自身あまり宴会好きでないので忘年会そのものを会社で開催は最初からしていませんが、同業者さんからは毎年何社か忘年会のお誘いを受けていました。が今年はそれもありません。不動産屋さんといえば【接待の伴う】飲食業が好きな人々が多いのですが、忘年会も中止するなんて意外とマジメなんですね(笑)もっともだからと言って自粛しているわけではなく、少人数で【接待の伴う】飲食店へ相変わらず足しげく通っている人もいますが、大人数で密になつよりはいいですよね。ボクはその手の飲食店に通勤するのは随分前に引退したので行く気にはなりませんけどね。そういったお店はお値段もお高いのでね。まぁ知人の不動産屋から言わせると1万円近いユニフォームを毎年買っているほうが金がもったいないだろうって言われますが(笑)忘年会に参加する人は色々と対策してくださいね。正月にコロナで隔離されたら堪りませんからね。ボクも今夜は久々に友人達と少人数の飲み会を予定しています。忘年会というより1年の総括ですね。テーマは「贔屓チームの今シーズンの総括と来シーズンの展望」です。今年のドラフトを含めライバル球団のファンたちとミーティングしてきます!

▼不動産に関するご相談・お問い合わせはこちらから
お問い合わせフォーム


▼「ポチ」っとクリックお願いします。
にほんブログ村 経営ブログ 零細企業社長へ
にほんブログ村

「暑さ寒さも彼岸まで」とはよく言ったものでここ最近はいつの間にかスッカリ涼しくなってきましたね。夜のエアコンは全く不要になったどころか最近では半そでTシャツで寝ていると朝方寒かったりします。こういう時は風邪に気を付けないとですね。コロナ禍の最中ですし風邪で熱がでたら大変です。さて昨日は秋のお彼岸の中日でした。お彼岸については以前ブログにも書きましたが昨日は母と一緒に父の墓参に行き菩提寺のお寺さんでお焼香をしてお昼にうなぎを食べてきました。墓苑にも墓参の人がいてまだまだ日本人も捨てたものではないなぁって思いました。ボクはお盆やお彼岸には墓参やお寺さんへの参詣もありますが自宅の仏壇へもいつもより多めにお供え物をします。色々とお供物はありますがボクはやはり「落雁」ですね。やはり仏壇には「落雁」が一番似合います。まるでボクと嫁のようです(白目)そして今回は初めてお酒をお供えしました。お寺さんで聞いたらビールでもワインでもなんでもいいらしいのですが、やはり仏壇には「清酒」が一番似合います。まるでボクと嫁・・・。で最初にワンカップみたいなお酒にしようと思っていたのですが、「スーパーベルク」さんに「落雁」買いにいったら、ちゃんと「御神酒」が売っているのですね~。(中身は黄桜で金粉入り)さすがだなぁって思いました。大きさもボクの嫁なら一口でイケそうなくらいサイズであまり大きくない我が家の仏壇に丁度いいサイズでした。早速仏壇にお供えしてお線香を灯すとなんとも言えない清々しい気分になるのはボクがJJIだからか?それとも日本人のDNAか分かりませんが「いい気分」になりました。あとは「いい事」があればいいなぁ~って思います。お釈迦様の教えではいい事すれば返ってくるはずなんですけどね。
preview


▼クリックしてくれると嬉しいです。
にほんブログ村 経営ブログ 零細企業社長へ
にほんブログ村 


愛和住販コーポレートサイト


今日は「敬老の日」だったんですね。ボク等世代だと「敬老の日」は9月15日の固定だったのでちょっとピンときません。平成になって日付が変わってしまった祝日が多くてついて行けてません(笑)それに「敬老の日」ってボクの年代だと孫がいないとどうしようもないイベントですよね。ボクの友人達には孫が既にいる友人もいますがボクには孫もいないので孫からのサプライズもないのです。ただ「敬老の日」の発祥はとある村の「老人会」発足と言われていますので、今の時代60代でも「老人会」って感じじゃないしなんとも微妙なネーミングですね。「ベテランの日」とか「大パイセンの日」とかにしてくれるとボクも参加できるイベントになるのにと思います。「敬老の日」というとボクが子供の頃は、比較的近くに住んでいたじいちゃん、ばあちゃんの家に行ったりしましたね。プレゼントは昭和の小学生定番の「肩たたき券」です。今の若者は笑うかも知れませんが、ガチで「肩たたき券」を作ってプレゼントしたんですよ。たいていが5枚又は10枚綴りになっています。で、その券を渡すと早速じいちゃんが使います。「おお、気持ちいい」とか言ってくれて適当な所で「もういいよ」って言ってくれます。そして「肩たたきしてくれたからお小遣いをやろう」といって100円とか50円とかくれます。そうなんです。「肩たたき券」って無料ではなかったんですね~(笑)いや、もちろんプレゼントですからお金を貰おうなんて思ってませんよ。でも、くれると言われればそれはそれで吝かではないわけです。いまの年齢になると分かりますね。孫が顔を見せに来てくれることが一番のプレゼントだということが。そういうわけで全国の小中学生の皆さん!「肩たたき券」を持ってじいちゃんの家にGOTOしてください。じいちゃん、ばあちゃんにもそしてキミ達にもきっとささやかな幸福が訪れるはずです。人生の「大パイセン」が太鼓判を押します!


▼クリックしてくれると嬉しいです。
敬老の日


にほんブログ村 経営ブログ 零細企業社長へ
にほんブログ村 


愛和住販コーポレートサイト

今日9月14日は、「セプテンバーバレンタイン」でもあり「メンズバレンタインデイー」もあるそうです。全く社会に定着してなくで草ですが、「セプテンバーバレンタイン」というのは、ホワイトデーで半年後に女性から別れを切り出す日だそうです。TBSラジオの深夜番組『パック・イン・ミュージック』が発祥だそうで、昭和53年に『セプテンバー・バレンタイン』というレコードが発売されているのでかなり歴史がありますね~。紫色のモノを身に付け白いマニュキュアを塗って緑のインクで別れの手紙をかいて直接手渡すという儀式らしいのです。意味不でしかも面倒です。そもそも「ホワイトデー」から6カ月付き合ったということはその前段階として「バレンタインデー」に女性から告白したという時系列ですよね?自分から告っておいて付き合いだしたら半年で自分から別れるってどんな性格なんだよ?って思います。そんな女性とは付き合いたくないし、そんな女性なら別れて正解だと思います。まぁこんなイベント社会に定着するわけないですよね。しか~し、もっとヤバイのが「メンズバレンタインデイー」です。「日本ボディファッション協会」が平成3年に制定したこの「メンズバレンタインデイー」は、男性から女性に愛の告白をする日らしいのですが、チョコレートではなく「下着」を好きな女性に贈って愛の告白をするシステムのようです。(ヾノ・∀・`)ナイナイ。すでに恋人同士とか夫婦なら「下着」でもいいかも知れませんが、「告白」の段階で「下着」とか渡されても引くわ~。完全にヤバいヤツです。好きじゃない人ならキモいし好きな男性だったとしてもいきなり「下着」とかドン引きだと思います(女性の心理はよくわかりませんが)こんなシステムが社会に定着したらヤバイでしょ。「義理パン」とか「義理ブラ」とか会社の上司が女性社員に贈ったら完璧にセクハラ訴訟ですわ。自分の娘にそんなことしたら絶対に嫌われ親父になりますわな。いくら「下着」を売りたいと思ってもコレはダメでしょう。今から30年目に制定されたとしても当時だってこんなシステム流行るわけない。せめて「ホワイトデーに下着のお返し」にしておけば良かったのに。そうすればセクハラを恐れて「義理チョコ」なんてあげないし貰わないでしょ。まぁ「義理パン」とか「義理ブラ」の世界観も見てみたかった気もしないではないですが・・

▼「ポチ」っとクリックお願いします。
にほんブログ村 経営ブログ 零細企業社長へ
にほんブログ村 

愛和住販コーポレートサイト


↑このページのトップヘ