不動産屋さんの社長って(愛和住販社長ブログ)

愛和住販っていう不動産会社の社長の日記です。 多分、自分は社長タイプじゃありません(白目)

不動産の買い取り・売買・賃貸を坂戸・川越を中心に埼玉県をメインに営業している不動産会社です。新築戸建て・中古戸建てやマンション・売地など取り扱っています。賃貸の仲介もやってます。

カテゴリ:全般 > 行事

何度もアナウンスしているので「耳タコ」でしょうが、
明日(13日)から15日まで弊社は「お盆休み」となります。
今日は「夏休み」ではなくて敢えての「お盆休み」と書きました。
そうですね。8月13日から15日は一般的に「お盆」といわれる期間です。
ご先祖様が年に1回家に帰って来るのがお盆と子供の頃に聞かされました。
で、この時期には家族そろってお墓参りに行くわけです。
今の人はお墓参りとかあまりしないかも知れませんが、
お墓参りにお寺さんや墓苑に行くと掲示板を見かけます。
その掲示板には仏教的なちょっといいことが書いてある標語的なものが張り出されたりします。
ボクの菩提寺のお寺さんの掲示板には標語的なモノは張り出されていないのですが、
嫁の実家のお墓のあるお寺さんやボクの父親の眠る墓苑の掲示板には、
「標語的」な言葉がかかれた紙が張り出されています。
あの掲示板に書かれている「言葉」ってつい読んじゃいますよね。
そんなお寺の掲示板に書かれている「標語的な言葉」を集めたコンテストが去年ありました。
TVでも話題になった・・いやTVで有名になったそのコンテストが、
「輝け!お寺の掲示板大賞」という名のコンテストです。
お寺の掲示板の画像をスマホなどで撮影して投稿(ノミネート)するだけで誰でも参加できます。
公益財団法人の仏教伝道協会というところが主催しているコンテストですね。
去年、話題になったので今年も引き続き第2が7月1日から投稿(ノミネート)が始まっています。
因みに昨年大賞を受賞したのは、岐阜県の願運寺さんの

「おもえも死ぬぞ 釈尊」 
でした。


と文字で書いても分かりずらいので下にリンクを貼っておきます。

  「輝け!お寺の掲示板大賞」

どうですか?なかなか面白いでしょ?
今年のお盆はお墓参りをしてお寺の掲示板を撮影して、
ツイッター・インスタにあげてみませんか?
ご先祖供養になってインスタ映えも・・とにかく一石二鳥です(笑)
因みにエントリーは10月31日までなので明日からのお盆に間に合わない人は
秋のお彼岸にお墓参りして掲示板をインスタにあげてください(笑)
以上、お墓参り推進委員(仮称)の愛和住販からのお知らせでした。( ー`дー´)キリッ
それでわ。皆さん良いお盆休みをお過ごしください。


にほんブログ村 経営ブログ 零細企業社長へ
にほんブログ村

にほんブログ村 企業ブログ 不動産業へ
にほんブログ村

http://www.aiwa-j.com/



当社には全く関係のない話ですが、今日からGWが始まったみたいですね。
最大10連休ですか。当社には関係のない話ですが羨ましい限りです。
ただ、ある調査によるとGW期間中70%の人は「家で過ごす」とのこと。
そらそうですよね。「休み」があっても「お金」がなければ意味ないですよね。
そんな中、政府与党の13閣僚が「外遊」にお出かけだそうです。

安倍政権GW外遊ラッシュ 13閣僚の“海外旅行”に血税5億円の衝撃

いやいや、13閣僚で5億円の「外遊費」ですか。
1閣僚あたり約3800万円のGWの旅行です。
税金という名の「他人の金」ですからいくら使っても気になりませんよね。
70%の国民がGWを自宅で過ごしているということも気にならないのでしょうね。
こんな方々にボク達の税金の使い方を決められていると思うと、
GWに無関係なボクですら、ヽ(`Д´)ノプンプン となります。
国会議員の皆さんには庶民感覚とか無いのでしょうね。
いや、いいんですよ。議員さんがGWに税金を使って外遊しても。
自分達と同じかそれ以上の生活を我々国民に提供してくれているなら。
ボク達庶民にGWに遊びにも行けないような生活を強いていながら
自分達は税金使って外遊をしているのは政治家と言えるんですか?という話です。
そんな政治家はボク達は必要としていませんよ。という話です。
例えばボクがGWに社員だけ出勤させておいて、一人で海外旅行したら社員はどう思うでしょう。
「やってらんない」と思うのが普通ですよね。
自分のお金を使って遊びに行ってもです。
つまり一人3800万円も使ってGWに外遊してるような政治家をみれば
納税者は「やってらんね」って思うわけです。
まぁそんなことボクがこんなところで言っても痛くも痒くもないでしょうけど。
ともあれ、GWです。
お出かけの際には、事故や事件に巻き込まれないようにご注意くださいね。
当社はGW関係なく営業中ですので、家でも見に行くか。というお客様は是非お声がけくださいね。

よかったらポチしてください。
にほんブログ村 経営ブログ 零細企業社長へ
にほんブログ村

愛和住販はGW中も営業してます。


今日は、統一地方選挙第1弾。県会議員選挙の投票日です。
ボクも出勤前に嫁と一緒に投票を済ませてきました。
BlogPaint



IMG_4721

県会議員選挙ってなんだか一番分からづらい。
市会議員選挙なら知人がいたり、国政選挙は重要だと感じるんだけど
県会ってなんだか誰に投票していいのか良くわからない。
まぁ県会も国政選挙も立候補者の人柄なんて知らないけどね。
人柄が分かるのは市会議員の知人くらい(いい人とは言ってない)
結局、今日も所属政党で選んで投票したのだけど
その政党も4つの政党の立候補者しかいないので消去法だから
いい人を選んだというよりも、一番悪くない政党の立候補者を選んだというカタチになった。
なんだかイマイチ自分の中で納得感はないけど棄権したり白票入れるよりはいいかな。
ボクは政治には関心があるが、政治家とか政治活動には興味がない。
仕事柄政治資金パーティのお誘いがたまにあるがお断りしている。
特定の政治家のパー券買うくらいなら、マリンスタジアムのチケット買う。
それにボクはマリーンズの応援が忙しいので政治家の応援などする暇がない(笑)
さて、今回の統一地方選は18歳から投票できる初めての統一地方選挙。
若いうちは選挙なんて興味がないかも知れないが若い人こそ選挙に行った方がいいと思う。
選挙って国とか地方とかのシステムを作る事なんだよ。
若い人が選挙に行かないとボクのようなオッサンに都合のいいようなシステムになっちゃう。
もっと言えば一部の政治家・官僚・企業の都合のいいシステムになっちゃうよ。
往々として、オッサンに都合のいいシステムは若者には都合の悪いシステムで
金持ちの都合のいいシステムは貧乏人に都合の悪いシステムとなるのが一般的だから
若いみんなが選挙に行かないと、若い人のためのシステムは全部後回しになっちゃうよ。
だって政治家さん達は自分が選挙で当選することが最優先だから、
その為には自分に投票してくれる人を優先するから、
選挙に行かない人達の為に何かをしようとなかなか思わないんだよな。(それがオトナってヤツ)
まぁとにかく面倒でも若い人ほど選挙は言った方がいいとオジサンは思う。
今月、今度は市議会議員選挙もあるしね(ない場所もあるけど)

よかったらポチしてくださいね。
にほんブログ村 経営ブログ 零細企業社長へ
にほんブログ村

http://www.aiwa-j.com/





今日は「春分の日」。春のお彼岸の中日(ドラゴンズじゃないよ)ですね。
お彼岸といっても今の時代はピンとこなくなっていて、
お彼岸ていつなのかも知らない人も多いと思います。
「春分の日」の前後3日間の一週間が春のお彼岸で、
「秋分の日」の前後3日間の一週間が秋の彼岸です。
なので今日「春分の日」は春のお彼岸の長と真ん中で「中日」といいます。
お彼岸にはお墓参りをするというのが昭和時代のしきたりですが、
まぁお墓参りもだんだんとしない人が増えてきているのが現状です。
ボクは墓参は好きなんですけど、お彼岸はお墓参りしませんね。
その代わりと行っては何ですが、お寺で「塔婆供養」をします。
「塔婆」は「トウバ」と読みます。
お墓の後ろに文字の書いていある木の板が立てかけているのを見たことがあると思いますがあれが「塔婆」といものです。先祖への供養ですね。
まぁ、塔婆のお値段はお寺によってピンキリです。
材質とかが違うのでなく塔婆料というのはお寺さんへの布施みたいなものですから値段はあって無いようなものです。
ちなみに嫁の実家のお寺さんとボクのお寺さんとでは4倍値段が違います。
ボクのお寺さんは嫁の実家のお寺さんの1/4の値段で塔婆供養ができます。
ですからボクは、春秋のお彼岸とお盆の年に3回お寺さんに塔婆をお願いしてます。
もちろん「お金」の問題ではなく「心」の問題です。
やはり今の自分があるのは先祖がいるからですから、
せめてお彼岸とお盆には亡き父・祖父・祖母を含め先祖に感謝の気持ちを表したいと思ってます。
「感謝の気持ちは形に表さないと伝わらない」とよく言われます。
きっと亡くなった先祖もそう思っているでしょうから塔婆を立てています。
自己満ですが、自分自身もそうすることによって「なんかいいことしたなぁ」ってスッキリします。
そして日本の文化って素敵だなぁって思うわけです。

にほんブログ村 経営ブログ 零細企業社長へ
にほんブログ村

http://www.aiwa-j.com/



今日は3月15日。なぜか3月15日はボクにとっては「卒業」というイメージなんですよね。
なんでですかね?自分の中学の時の卒業式のイメージなんでしょうか?
よくわかりませんが、3月15日はボク的には「卒業」なのです。
「卒業式」というと、男子の制服の第2ボタンを貰う?あげる?
そんな風習がボク達の時代にはありましたね。
いまは制服がブレザーの学校も多くいのでそんな儀式もないかもしれませんが、
ボク達の時代の男子の制服と言えば詰襟。学ランってやつが主流です。
ブレザーの制服なんて一部ブルジョア階級の御子息がお召しになるもので、
一般階級の我々下々の者には無関係な服飾品です。
さて、その学ランの第2ボタンを「卒業式」が終わったあとに
好きな女子にあげる。或いは好きな男子からもらう。
そんな儀式が巷で流行っていたわけです。
なんで第2ボタンなのかは諸説あるようです。
1番目が自分で2番目が大切な人説。
心臓(ハート)に一番近い説。
戦時中の出征前に軍服の第2ボタンを形見として置いて行った説。
どれも説得力がありますが本当のところはわかりませんがともかく第2ボタンです。
もちろん、モテ男子は全てのボタンが無くなります。
本人はちょっといい気になってます。
ボク?ボクはいつも書くように「硬派」ですから
そのような軟弱な儀式などに参加はしないのです。
上から下まですべてのボタンをしっかり締めて帰宅しました。
そもそもですね。中学生で好きな異性がいるなんてとんでもありません。
学生の本分は勉強です。( ー`дー´)キリッ
え?オマエのことなどどうでもいい?ですよね~。
では気分転換に1曲どうぞ




気が向いたらポチもよろしくお願いします
にほんブログ村 経営ブログ 零細企業社長へ
にほんブログ村

http://www.aiwa-j.com/



↑このページのトップヘ