不動産屋さんの社長って(愛和住販社長ブログ)

愛和住販っていう不動産会社の社長の日記です。 多分、自分は社長タイプじゃありません(白目)

不動産の買い取り・売買・賃貸を坂戸・川越を中心に埼玉県をメインに営業している不動産会社です。新築戸建て・中古戸建てやマンション・売地など取り扱っています。賃貸の仲介もやってます。

カテゴリ:プライベート > 音楽

今日から3月ですね。「3月」の声を聞くと「春」という気分になります。
不動産業界も特に賃貸は最盛期でしょうかね。
我社は今のところそれ程賃貸は取り扱っていないのでピンきませんが
賃貸会社さんは忙しい盛りですね。
売買も賃貸程ではありませんけど、2~4月くらいは、取引が活発になる季節です。
というか「活発」になってくれないと困るのですが。
春の訪れを感じるのは「風」ですね。
暖かくて優しい南風が吹くと「ああ、春だなぁ」って思います。
そして今月末にはいよいよプロ野球も開幕し春本番を迎えるわけです。
そんな3月になると思わず聞きたくなるのは、尾崎亜美です。
2曲続けてどうぞ!





にほんブログ村 経営ブログ 零細企業社長へ
にほんブログ村

春の不動産フェア・愛和住販

今夜はクリスマスイヴ。聖夜ってやつですな。
聖夜と言えば若い頃はカノジョと過ごしたり、
飲み屋のおねいちゃん達からパー券買ってお店のはしごなどしましたが、
さすがに50歳を超えてくるとそんな元気もなくなり、
クリスマスイヴといっても、ほぼ平常運転であります。
そもそもボクは仏教徒なので(笑)
「セイヤ」ときくと、聖闘士星矢か
マリーンズの井上晴哉が最初に目に浮かびます。
2014marinse_44


あとこの時期になるとカラオケでクリスマスソングがよくかかりますね。
ボク達の世代のクリスマスソングの定番と言えばコレ



山下達郎ですな。もはやベタ過ぎてボクは歌いませんが。
ボク的には一番好きなクリスマスソングはコッチです。



「サイレントイヴ」
こちらは毎年5回は歌います(笑)
それではどちら様も楽しい井上晴哉をお過ごしください。

にほんブログ村 経営ブログ 零細企業社長へ
にほんブログ村

不動産の売却・買取は愛和住販にお任せください!


今日は朝から雨です。
最近の天気はカラっと晴れないし雨もそこそこみたいな感じだったので
今日はなんだかハッキリわかりやすい天気です。
梅雨の時にも書きましたがワタクシは雨は意外と好きです。
雨の季節と言えば、梅雨時の6月と秋雨の9月ですよね。
同じ雨でも、6月と9月だとイメージが違います。
6月の梅雨時の雨は「ザーザー」と言う感じで
9月の秋雨は「シトシト」というイメージです。
梅雨はこれから夏!なのでウキウキ感が多少ありますが
9月の雨は夏が終わり寒くなっていくのでどことなく寂しさが漂ったりします。
なので梅雨時期に聞きたい曲と今時期に聞きたい曲はおのずと違ったりします。
そんなわけで、9月の雨の日に聞きたい歌を3曲。



まずは八神純子のデビュー曲だったですかね?
「水色の雨」



イルカの「雨の物語」
伊勢正三作品ですよね。確か。



で、最後は太田裕美の「雨だれ」
太田裕美には「9月の雨」という曲がありますが
ワタクシ的にはこっちの方が好きです。

にほんブログ村 経営ブログ 零細企業社長へ
にほんブログ村



埼玉で家を売るなら愛和住販で!

今週の土日は今月最後の週末ですね。
来週の土曜日からは9月になります。
今日あたりは、まだまだ暑いですけど、
8月の終わりは「夏の終わり」の訪れな感じがしますね。
今年は結局、大好物の「海」にも行かなかったぁ~。
来年は「海」に行きたい!
夏の終わりの夕暮れの海はいいですよね~
夏休みの終わった海は人もまばらで
デッキチェアーに座ってビール片手に
心地よい海風を浴びて過行く夏の日を惜しむように
ただ何も思わず波の光を見ている。
このひと時が最高です!
そんな時に聞きたい曲を今日も3曲。続けてどうぞ!


井上陽水「少年時代」


矢沢永吉「ひき潮」

 
SAS「恋はお熱く」

にほんブログ村 経営ブログ 零細企業社長へ
にほんブログ村



埼玉で不動産を売るなら愛和住販で!

毎日暑いですね~。今日も埼玉坂戸地方は最強に暑いです。
もうね、「溶ける」どころの形容詞では追いつきませんね。
「燃える」とか「焦げる」とかそんな感じです。
外に出ると一瞬で服が燃え出しそうです。
熊谷市では41.1℃の歴代日本記録を5年ぶりに更新したようで
本当に危険な暑さです。

これほど暑いと「海」ですね。
私はかなりのオヤジですが、毎年暑くなると「海」に行きたくなります。
海なし県の埼玉っ子にとって「海」は永遠の憧れです。
昨年は久々に海に行ったら天気が悪くて最悪でした。
こういう「クッソ暑い時」こそ「海」の魅力が最大限に引き出される時です。

おっさんが若いころには、海には「ラジカセ」を持って行って曲をかけます。
ラジカセを浜辺に置いて音楽を流すわけです。
それが昭和の海です。
カセットテープに好きな曲を色々と詰め込んで
「海」バージョンにして持っていくわけです。
もちろん、行き帰りの車の中でも聴くわけです。
そんな私の海バージョンカセットの中の1本に
3連発で入れていたのが次の3曲です。


榊原郁恵「夏のお嬢さん」


堀ちえみ「稲妻パラダイス」


小泉今日子「渚のはいから人魚」


ああ~オジサンの青春がいま蘇る(笑)
やっぱり、海にいきて~なぁ~
でも、こうしてみるとキョンキョン最強だな。

にほんブログ村 経営ブログ 零細企業社長へ
にほんブログ村



不動産の事なら愛和住販ね!



↑このページのトップヘ