不動産屋さんの社長って(愛和住販社長ブログ)

愛和住販っていう不動産会社の社長の日記です。 多分、自分は社長タイプじゃありません(白目)

不動産の買い取り・売買・賃貸を坂戸・川越を中心に埼玉県をメインに営業している不動産会社です。新築戸建て・中古戸建てやマンション・売地など取り扱っています。賃貸の仲介もやってます。

カテゴリ:全般 > スポーツ

大坂なおみ、世界NO1誕生の“涙の戴冠”に大会公式も感動「なんて瞬間なんだ」

いやね。ボクはテニスはあまり興味ないというか、
スポーツはマリーンズ戦しか観戦しないんですけどね。
昨日たまたま居酒屋のテレビで大阪なおみの全豪オープンみてました。
テニスに興味がないといっても、得点とルールくらいは知ってますよ。
なんていっても初恋の女子がテニス部でしからね(適当)
で、熱燗を飲みながら大興奮してみてしまいましたよ。
折角の熱々の「もつ煮」もすっかり冷たくなったころ勝負がつきました。
大阪なおみが優勝ですよ。
全米に続いて全豪の連続優勝。世界ランキングも1位に。
いやぁ~凄い。テニスの四大大会をひとつじゃなく、二つ。しかも連続で。
日本人が四大大会を制するなんてボク世代のオヤジには想像もしなかったことですよ。
ボクらの時代の女子テニス界の女王といえば「お蝶夫人」ですからね。
高校生なのに「夫人」ですよ。本名「竜崎麗香」ですからね。
そのお蝶夫人もなし得なかった世界一に大阪なおみがなったのですから。
たまたまとはいえそんな試合をテレビ観戦できたのは本当にラッキーでした。
しかし、やはりこのような若者が活躍している姿は本当に元気がでますね。
やはり若い人が元気が良くて活躍できる社会でないといけないと思うわけです。
いつまでもジジ・ババが中心になって幅聞かせているようではいけません。
これはスポーツ界だけじゃなく、財界や政界も同じですね。
ジジイが幅聞かせているような業界には勢いがありません。
不動産業界もそんな業界です。ボクなんてもう50代半ばですけどまだ若い部類ですよ(白目)
いまだにPCも使えないような重鎮さん達がゴロゴロいる業界です(笑)
しかも皆さんお元気です。
ボクはあまり長く社長として君臨したくないのですが、哀しいかなこんな零細企業じゃ代わりに社長をやってくれる人が見つかりません。後継者がいればとっとと引退しマリンスタジアムの年間シートを購入するんですけどね。

ともあれ、大阪なおみ・全豪オープン優勝おめでとう!
ボクの目が見えるうちにグランドスラム達成してくださいね。

にほんブログ村 経営ブログ 零細企業社長へ
にほんブログ村

首都圏の不動産買い取りは愛和住販にお任せください。

稀勢の里が「引退させてください」昨晩親方に話す

稀勢の里引退ですね。ボクはあまり相撲に興味がなく若貴時代以後相撲はあまり見ませんが、
今場所の稀勢の里には注目していました。
なんとか復活して欲しいとおもっていたのですが初日から3連敗を喫し8連敗となり
横綱連敗の新記録を樹立してしまいました。こうななったら引退も止む無しでしょうね。
稀勢の里は愚直で日本人らしい共感のもてる力士でしたが、
ケガに泣かされ短命に終わってしまい残念です。
本人はまだ現役力士を続けたいと思うのですが、
やはり横綱の権威をこれ以上汚すことは出来ないのだと思います。

権威というとどうも世間的には悪いイメージがありますけど
本来の権威というものは、歴史と人が織りなす崇高なものだと思うんです。
権威と権力は違うぞ。と思うわけです。
権力の威を借りるのが権威ではないはずなんですが、
我が国の政治家やなんとか協会の会長とか様々な場面で権威を悪用しているわけです。
しかもその権威の
座を利用してるだけで権威を守る気概どころか、
ソレにしがみついているような人間が多い事。
本来は自分から身を引かなければならないことをしていても
言い訳したり誤魔化そうとしたり何とか権威を奪われないようにと必死になる姿は滑稽ですらあります。そんな人たちが作り上げてきたモノに権威なんてないのにと思うわけです。
そういう意味では日本は歴史と伝統が築き上げた「ホンモノの権威」というモノが少なくなりました。
ホンモノの権威とは強制されることなく無条件で美しく威厳を感じるのですがそういうモノが減りましたね。
横綱の権威も最近では勝てば何でもいい。という風潮もあり徐々に失われつつある気がします。
ボクのようなオヤジはどうしても古き良き時代を懐かしんでしまい若者たちには鬱陶しいとおもいますけど、若者たちには偽物の権威にひれ伏して欲しくないと思います。そのためには守るべき権威を守っていって欲しいと願うわけです。
話が変な方向に行ってしまいましたが、稀勢の里関にはお疲れさまといいたいですね。
そして日本人横綱が続々と誕生することを願っています。

にほんブログ村 経営ブログ 零細企業社長へ
にほんブログ村

不動産の買い取りは愛和住販にお任せください


先日、ゴルフに行った。今年2度目で過去3年間でも4度目のゴルフである。
プライベートゴルフとしては多分4年ぶり?くらいかな。
前回行ったときにシューズが壊れたりしたので
シューズを買って、キャディーバッグ買って、ティー&ボール買ってと
行く前からの出費である。
マリーンズのユニフォーム2枚分である。
前回はあまりにも「舐めまっくて」いた反省をしたわけだ。

前回のゴルフのお話は ゴルフをなめるな!

と言っても道具を最低限揃えた。というだけで当然、練習などしていない。
相変わらずの舐めまくりである。スコアも推して知るべしだったが
御当人としては、朝の内の雨もスタート時にはあがり
日中は暑いくらいのお天気のなか日長一日大自然の中で
小さなボールを棒で打ち穴に入れるという遊びを満喫したのである。
来週も行こうか?と誘われれば、もちろん「断る!」が(笑)

IMG_4348
朝の内はこんな感じだったが、この後晴れてあたたくなった。

IMG_4349
昼食は、鉄火丼に生ビール(小)。メニューはイマイチだった。

さて、今回行ったゴルフ場は「鳩山カントリークラブ」
なにがいいって近くていい。自宅から30分足らずである。

鳩山カントリークラブ

この界隈ではちょとしたゴルフ場らしい。
そいえば以前ここでプレーしたときに、風呂で元ジャイアンツの槇原と一緒になったことがあった。
このてのちょっとした名門はドレスコードとかあって個人的には面倒くさい。
今時、ジャケット着用とかなんだとか。
まぁ、名門てのは「嫌なら来るな」的なところもあるし
名門を維持していくためにはそれなりの秩序は必要だ。
また安価なゴルフ場と比べるとコース管理を含めてキチンとしている。
けど、ゴルフというのは金銭面を含めて敷居が高い。
外国の方では、子供が学校帰りに気楽にプレーできると聞いたことがあるが
日本のこの敷居の高さが、ゴルフ人口のすそ野が増えない原因だとおもうぞ。
まぁ、ゴルフには現在ではすっかり興味が失せてしまったので文句はないが。
行けばそれなりに楽しいのだが全く上達しないので
ボクにはゴルフは向いていないのだろう。

にほんブログ村 経営ブログ 零細企業社長へ
にほんブログ村

鳩山・東松山・毛呂山の不動産も買い取ります。愛和住販





貴景勝「最初で最後の優勝にならないように…」

大相撲は、貴景勝の優勝でした。
相撲はあまり見ない(てか相撲の時間は仕事中)けど、結果くらいはね。
横綱不在の場所とは言え、小結での優勝は立派です。
特に元貴乃花部屋で、部屋が消滅しゴタゴタしている中で優勝できたのは良かったと思います。
貴乃花親方はどう思っているんですかね?
もちろん、弟子の優勝ですから嬉しいに決まっているのでしょうが
それでも、自分の部屋の力士として優勝するところを見たかったんじゃないかなって思います。
自ら選んだ道とはいえ、貴乃花部屋を閉めてしまったのは若貴時代のボクには残念です。
ただ、こうして貴景勝が優勝したことで、
貴乃花親方の育成は間違っていなかったということは証明できました。
貴景勝は、そこまで考えていないでしょうけど
ボクなんかは、貴景勝が貴乃花親方の仇討ちを見事に果たした。なんて思っています。
ぶっちゃけ、八角理事長をはじめとする相撲協会の貴乃花親方に対する扱いには憤りを感じてました。
なにも、部屋閉鎖にまで追い込まなくても・・・って思ってましたから
貴景勝が土俵のうえで相撲協会をやっつけた。って思っています。
そういう浪花節がこのオヤジは大好きなもので(笑)
まぁ、そんなわけで相撲に興味の薄いボクは
しばらくは元貴乃花部屋の力士を自然と応援してしまうのです。

にほんブログ村 経営ブログ 零細企業社長へ
にほんブログ村

坂戸・川越の不動産の買い取りは愛和住販にお任せください

昨日から貴乃花親方引退のニュースが巷を騒がせています。
一連の騒動も貴乃花親方の降格で決着したかに思ったのですが
協会の執行部もしつこいというかなんというか。
どうしても貴乃花親方を追放したかったのですかね
一門に加入しないとダメなんていう時代に逆行するようなキマリを新たに作り
結局貴乃花親方を追い込んで相撲界から追放しました。
執行部側は「圧力はかけていない」といってますけど
パワハラとかセクハラは「された側」がどう思うかであって
「やった側」が「やった」なんて言うはずないんですよね。
レスリングも日大もボクシングも体操も
ぜんぶやった側は「やってない」と言うわけですよ。
実際、「圧力」があったかどうかは分かりせんけど
貴乃花親方の一連の騒動を見ている側は「やったな」と思う人が大半でしょ。
誰一人、貴乃花親方を引止めるコメントもなければ話し合いがもたれた報道もない。
「引退届」を受理しないのは「退会願」が提出されていないからとか笑っちゃいます。
しかし、貴乃花親方も変わり者ですけど
こんな形で平成の大横綱で相撲界に多大な貢献をした人を追放していいんですかね?
これは監督官庁が乗り出すべき案件だと思いますよ。
税金から補助金を出している団体なんですから、
国民がある程度納得しないまま幕引きはいかがなものかと思いますね。

そんな貴乃花親方の引退よりもワタクシの心を震わせたのは
岡田幸文の「引退」の二文字であります。
そう我がマリーンズ「永遠の0」「エリア66」のあの岡田の引退です。

千葉ロッテマリーンズ岡田幸文が引退へ

岡田と言えば、育成ドラフト6位で入団し成功をおさめた「育成の星」です。
初打席から2496打席無本塁打はプロ野球記録であります。
「無本塁打」を不名誉な記録のように書く記事もあるけどそうじゃない。
むしろホームランを1本も打たずに10年もプロ野球界にいたことが凄い。
その守備範囲の広さは「エリア66」と呼ばれ
相手打者のヒット性の当たりをことごとくアウトにし
「残念そこは岡田だ」とのキメ台詞を生むまでになった漢である。
その守備力と走力だけで育成から支配下になり
1軍に這い上がったわけだからこれは誰にでも真似できるのではない。
巨人との交流戦の東京ドームで魅せたスーパーキャッチ3連発を始めとする
岡田のスーパープレーの数々はいまでもこれからも語り継がれ映像として残るわけです。
通算ホームラン70本を打った選手のホームランが映像として残りますか?
よほど劇的なホームランじゃない限り残らない。
でも、岡田のスーパープレーの数々は残され語り継がれるわけです。
まさに昔の小坂誠同様、守備だけでメシを食える職人であり
ファンはその守備だけにお金を払っても惜しくない選手なわけです。
そんな岡田がまさか福浦より先に引退とは想像していなかっただけに寂しいですね。
打てなかったりミスしたりした時には散々ディスっていましけど
それもいまでは懐かしいでです。
岡田幸文。たくさんの夢や歓喜をありがとう!

【ロッテ】岡田引退の理由は


IMG_4174

IMG_4175

にほんブログ村 経営ブログ 零細企業社長へ
にほんブログ村



埼玉県の不動産の買い取りは愛和住販で。

↑このページのトップヘ