不動産屋さんの社長って(愛和住販社長ブログ)

愛和住販っていう不動産会社の社長の日記です。社長っていっても零細不動産屋ですから大したことないです。そもそも社長に向いてないし・・ジョブチェンジするなら迷わず「吟遊詩人」にします(笑)

不動産の買い取り・売買・賃貸を坂戸・川越を中心に埼玉県をメインに営業している不動産会社です。新築戸建て・中古戸建てやマンション・売地など取り扱っています。賃貸の仲介もやってます。

カテゴリ:全般 > スポーツ

プロ野球の日本シリーズは、昨年に続いてホークスがジャイアンツを4連勝で下して日本一になりました。ホークスファンのみなさん!おめでとうございます!毎年日本一で本当に羨ましい限りです。逆にジャイアンツファンの皆さんは残念でした。2年連続でホークス相手に1勝もできず悔しい思いをしているででしょうがそれでもセリーグ優勝ですからね。ボクは子供のころからずっとロッテ球団のファンであり、パリーグのファンなのでシーズン中は憎たらしいほど強い敵のホークスですがパリーグ代表としてセリーグの象徴ともいえるジャイアンツに圧勝したことは胸がスカッとしました。別にボクはアンチ巨人とかじゃないですよ。あえて「アンチ」という言葉を使うとしたら「アンチ・セリーグ」ですかね。というのはいまですらネットなどが発達して12球団すべてのチームの試合の中継を観ることができますが、それまではず~~~っとパリーグの試合なんか地上波で放映なんてされませんでしたからね。「TVじゃ見れない川崎劇場」なんていうロッテオリオンズのCMなんかも有ったんですよ。試合中継だけじゃないですよ。ニュースのスポーツコーナーもセリーグ中心で、ロッテ戦なんて下手すると映像もなく結果だけでオシマイということも多々ありました。唯一当時放送されていた「プロ野球ニュース」だけが全試合の映像を流してくれましたが、それでも「尺」はセリーグの方が長いんですよ。ボクのようなパリーグファンはず~っとこうやって虐げられてきたんですよね。いまでこそパリーグの野球は面白いといわれますが、昔からパリーグの方が面白かったんですよ。今も昔も変わりません。昔からパリーグの野球は力勝負も多いし、投打・攻走守もスピードがありました。ただメディアが取り上げてくれないし露出度が低くて人気が上がらず、ドラフトでも有望な選手はセリーグを希望するし指名しても入団拒否されたりと本当に長年にわたって選手もファンも耐え忍んできたのです。だから交流戦でも日本シリーズでも強いパリーグを見るとジ~ンとくるわけです。そしてまたいつかマリーンズの選手が日本シリーズの舞台に立ち、戦い、勝利する姿を見たいです。

▼不動産に関するご相談はコチラから▼
お問い合わせフォーム

▼「ポチ」っとクリックお願いします。
にほんブログ村 経営ブログ 零細企業社長へ
にほんブログ村

 城西大学野球部、応援します! 

今年から個人的に応援をしている城西大学野球部が先日・・といっても10月31日に「首都大学野球」秋季リーグの2部で優勝しました。選手の皆さん、監督・コーチの皆さん、関係者のみなさん、優勝おめでとうございます。実は今年は城西大の試合を観に行こうかなぁって思っていたんです。が、コロナの影響で一般の観戦は不可ということで現地観戦はできませでした。それでも城西大学は気にしてはいましたので2部で優勝したいたのは知っていました。本当におめでとうございます。なんですが「首都大」は今年は入れ替え戦がないんですよ。「東都」などの他の連盟は2部の優勝校を1部に自動昇格してくれるらしいのですが「首都」はそんな話もいまのところ聞いていないです。これじゃ折角優勝しても意味がなくなってしまします。現在「首都リーグ」の1部は6チームで2部が10チーム。そして2部は10チームを「W」と「R」に分けています。「W」の優勝が城西大で「R」の優勝が明星大。そして優勝決定戦で城西が明星にかって優勝したわけです。本来ならここで1部の最下位チーム(今秋は東海大)と入れ替え戦を戦って勝った方が1部に組み入れられるんですけどそれがない。だから城西大は折角2部で優勝したのにまた来年の春も2部のままなんですよね。これでは選手も可哀そうですよね。ここは「首都」も「東都」などを見習って、城西と明星の2チームを自動昇格して欲しいと思います。ずっと1部8チームでなくてもいいんですよ。特例でもいいです。まぁ元の1分6チームに戻すときの入れ替え戦の方法が面倒になるかもしれませんが来春は1部8チームでいいと思うんですけどね。
IMG_6096
(城西大学野球部寮・愛和住販屋上より撮影)

▼「ポチ」っとクリックお願いします。
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 埼玉県情報へ
にほんブログ村 

▼不動産のことで何かあればこちらから
お問い合わせフォーム 

愛和住販物件検索サイト
愛和住販コーポレートサイト


2020年甲子園高校野球交流試合の組み合わせが決まりました。2020年甲子園高校野球交流試合とはコロナの影響で中止になった春のセンバツ高校野球の出場校32校が夏に1試合だけ交流試合という形式で甲子園で対戦する交流戦で8月10日~17日の日程で甲子園球場で行われる対戦です。無観客試合だそうですが「甲子園」を目指して3年間厳しい練習に耐えてきた高校球児にとっては甲子園で野球をさせてあげられるのは良かったと思いますし野球ファンのボクとしても高校野球が観られるのは嬉しい限りです。その交流試合のカードが昨日抽選で決まりました。
“夏のセンバツ”黄金カード実現 
楽しみな対戦は「履正社高校VS星稜高校」昨夏の決勝のカードで星稜のリベンジなるか?
「智弁高校VS中京大中京高校」も決勝戦でもおかしくないカードですね。
そして「大阪桐蔭高校VS東海大相模高校」はまさに夢の対戦です。
我等が埼玉県代表の花咲徳栄高校は初日の第一試合で大分商業と対戦します。花咲徳栄の3年生の某レギュラーの選手はボクの友人の知人の息子さん(つまり他人ですけど)なので応援にも熱が入りそうです。また千葉ロッテマリーンズ非公式スカウトマンのボクとしては秋のドラフトに向けてみたい選手もいます。投手だと中森君(明石商)高橋君(中京大中京)寺西君(星稜)それと花咲徳栄と対戦する大分商の川瀬君に注目しています。また野手だと西川君(東海大相模)来田君(明石商)内山君(星稜)入江君(仙台育英)そして花咲徳栄の井上君に注目しています。どの選手もマリーンズが秋にドラフト指名してもおかしくない選手です。特にマリーンズは右のスラッガー候補が欲しいので西川君と井上君には大注目です。小深田君・関本君(履正社)西野君(大阪桐蔭)片山君(白樺)などなどチェックしたい選手が大勢いていまから楽しみです。ともあれたった1試合の交流戦ですが3年生は全力で戦って思う存分甲子園を満喫してきて欲しいと思います。出場32校の全ての選手を応援しています。

▼「ポチ」っとクリックお願いします。
にほんブログ村 経営ブログ 零細企業社長へ
にほんブログ村 

愛和住販コーポレートサイト

昨日、城西大学の野球部の監督とコーチ二人が来店し少しお話をさせていただきまた。実は今年の初めに野球部員の寮として賃貸のお部屋を仲介させていただいたのがご縁です。監督さんが弊社のスタッフと契約をしたのですがその時に監督さんが「村上さん」だったのでスタッフに「村上さんって駒澤大学の出身?」と聞いたらそうだというこで実は駒澤大学の村上さんて大学時代を知っているというような話になって昨日わざわざご挨拶に来てくれました。なぜボクが村上さんを知っているかというと、それはボクがドラフトマニアだからです。村上監督が大学生の時は駒大は強くてその時の主将が村上さんです。日米野球にも全日本に選ばれています。同機には、広沢や秦(ヤクルト)河野(日ハム)などがいます。河野は駒大です。そして村上監督と同期の駒大からは我がロッテ・オリオンズ(当時)に横田真之がいます。阪神でプレーしていた横田慎太郎のお父さんです。その横田と駒大で同級生だったのが村上さんです。村上さんはその後社会人に進みJFE西日本の初代監督も務めた方でボク的には結構な有名人です。その人が城西大野球部の監督になっていたとは驚きです。そしてさらに驚きなのが、コーチとして代田さんも来ました。代田さんは知っているマリーンズファンの人もいると思います。2004年のオフにトライアウトで当時のバレンタイン監督の目に留まり、2005年からマリーンズに在籍していたあの「代田」です。現役時代は俊足の外野手でしたよね。応援歌は「ルパン三世」でしたっけ?懐かしかったですね。こうなったら城西大野球部を応援せずにはいられませんね。正直「首都圏リーグ」は東海大と日体大くらいしか注目していませんでしたが、里崎も帝京大だし千隼も桜美林大で首都圏リーグですもんね。城西大は今2部ですがまずは2部優勝して1部へ昇格が目標ですね。村上監督なら強くなりそうです。大学野球は地元の東洋大を応援していましたが今年からは、東都は東洋・首都は城西を応援します。秋はリーグ戦が開催できることを祈っています。
preview
(左から、安冨HC・村上監督・ボク・代田Cです)
preview (2)
preview (3)
お土産で首都大リーグのパンフをもらいました。
preview (1)
名刺もいただきました。

▼「ポチ」っとクリックお願いします。
にほんブログ村 経営ブログ 零細企業社長へ
にほんブログ村 

愛和住販コーポレートサイト





夏の甲子園、中止へ  

どうなるのか気になっていた高校野球でしたが、どうやら「夏の甲子園」の中止の方向で進んでいるようです。春の選抜に続いて夏も中止。ボク達のような観客は、甲子園大会なんて毎年やっているのだから今年はこんな状況だし中止でも仕方ないと理解はしていますが、今年3年生の高校球児の気持ちを考えると切ないですね。実はボクの友人の友人(まぁ他人ですが)の息子さんが、埼玉の花咲徳栄野球部の3年生のレギュラーなんです。花咲徳栄高校は春の甲子園切符を手にしていたので是非TVで応援しよう(なんなら甲子園まで行って応援するか)と思っていたら、春の選抜は中止に。ならば夏。花咲徳栄なら甲子園も手に届く位置だから「夏の甲子園」を目指して頑張って欲しいなと思っていたのに残念です。一応地方大会は開催する都道府県も多いようなので引退試合的なことはできるかもしれませんが、やはり「甲子園」という目標がないと空しいと思います。特に甲子園を狙えるような高校の野球部だと尚更喪失感は大きいと思います。そういう事を乗り越えた体験が人生に役立つとオトナは思ったり言ったりしますが慰めにしかなりませんね。ボクは高校時代に部活動に熱中したこともないので高校野球に限らず学生さん達が何かに熱中する姿を見ると眩しくもあり羨ましくもあります。そしてそういう子供たちを見ていると応援したくなります。だからこそ夏の甲子園が中止の方向で進んでいるのは、「仕方ない」けど「ザンネン」でもあります。「秋の甲子園」は出来ないのか?甲子園じゃなくて「大阪ドーム」で無観客でもいいからやってあげられないのか?と無責任なんですがついついそう思ってしまします。もっとも、野球だけじゃなく多くの高校スポーツ大会が中止になっていますから「野球だけ」特別扱いはできませんよね。折角3年間頑張ってきたのに・・泣けてきます。

▼「ポチ」っとクリックお願いします。
にほんブログ村 経営ブログ 零細企業社長へ 
にほんブログ村 

愛和住販コーポレートサイト


↑このページのトップヘ