不動産屋さんの社長って(愛和住販社長ブログ)

愛和住販っていう不動産会社の社長の日記です。 多分、自分は社長タイプじゃありません(白目)

不動産の買い取り・売買・賃貸を坂戸・川越を中心に埼玉県をメインに営業している不動産会社です。新築戸建て・中古戸建てやマンション・売地など取り扱っています。賃貸の仲介もやってます。

カテゴリ:全般 > スポーツ

春の選抜高校野球大会が終わりました。
決勝は東邦と習志野。関東だし千葉だし福浦の母校だし習志野を応援してましたが、
6-0で東邦高校に凱歌が上がりました。
東邦高校のみなさん、平成最後の優勝おめでとうございます!
そして習志野高校のみなさん健闘も称えたいと思います。

習志野高校といえば星稜高校の監督から「サイン盗み」のクレーム受けたり、
応援のブラバンの音がウルサイとクレーム受けたり
今大会でSNSなどで随分と批判されてました。
星稜の監督も、甲子園の応援がウルサイとクレームした人も、
気持ちは分からないわけではないですが、ボクは大人げないと思います。
「サイン盗み」疑惑もゲーム中に審判団から問題なしとジャッジされていたのに
試合終了後わざわざ相手の所に行き相手の選手がいるところでクレームすることはない。
ボクからみたらそういう行為こそ「スポーツマンシップ」に反すると思います。
しかも選手ではなく監督がそのような行為をしたことがボクには理解できません。
また、甲子園球場周辺の皆さんも騒がしいかもしれませんけど、
高校生が頑張って応援してるのだからもう少し暖かく見守って欲しいとも思います。
高校野球なんか半月で終わっちゃうし夜遅くまでナイターでやっているわけじゃないし。
ボク的にはプロ野球のタイガース戦の応援も相当やかましいと思うのですが。
ともあれ、ある意味そんな逆境の中で準優勝した習志野高校も素晴らしいと思います。
高校野球はプロ野球・大学、社会人野球にない楽しさがありますね。
さぁ次は「夏」ですね。
「令和」最初の優勝を飾るのはどの高校になるのか?
全国の高校球児のみなさん、夏に向けてfaith!

よかったらポチお願いします。
にほんブログ村 経営ブログ 零細企業社長へ
にほんブログ村

http://www.aiwa-j.com/

今日から春のセンバツ高校野球が開幕しましたね。
PCの画面にライブの動画が流れていて仕事しながらちょいちょい観られる。(これは嬉しい)
「平成最後」の全国高校野球大会ですね。
昨年は、我が埼玉県から出場校は選ばれずに埼玉県民としては寂しい選抜大会だったけど
今年は、関東大会で準優勝をした春日部共栄高校が出場してます。
しかも大会初日の今日の第2試合です。相手は高松商。
結構な強敵ですが何とか勝利して欲しいですね。
春日部共栄としては、エースで4番の村田君のデキ次第かな?と思ってます。
さて、今回はこの秋ドラ1候補の高校四天王のうち、星稜の奥川君と横浜高の及川君が出ています。
星稜も今日の第3試合で履正社高校と対戦。これは1回戦屈指の好カードで
今日は午後から仕事どころじゃない(仕事して下さ~い)ですね。
マリーンズ非公認勝手にスカウトマンのボクとしては、まづは奥川君と及川君に注目です。
他には投手としては、札幌大谷高のサブマリン太田君に注目しています。
やっぱり、マリーンズと言えばサブマリン投手でしょ。
2度の9回2死までノーノーという記録(西武・西口と二人だけ)を持つ仁科時成。
世界一低い所から投げるといわれた渡辺俊介。
そしてスカイホークを操る、甲子園通算20勝の小さな巨人・里中智(笑)
そんなわけで太田君に注目しています。
野手では、八戸光星の武岡君と智辯和歌山のキャッチャー東妻君に注目してます。
優勝候補はやはり星稜・横浜・札幌大谷・智辯和歌山・筑陽学園といったところでしょうか。
とはいえ、高校野球は一発勝負。何があるか分かりません。
また高校生は冬の間が一番成長するので、新しいスターが生まれる可能性も大。
そういった意味で春の大会は楽しみですね。
さてさて、平成最後の甲子園大会。どんなドラマが見られるか?楽しみです。

よかったら「ポチ」ってください。
にほんブログ村 経営ブログ 零細企業社長へ
にほんブログ村

http://www.aiwa-j.com/

イチローが引退を発表しましたね。
オープン戦も結果が出ずそのまま東京ドームの開幕戦に出場したから
「もしかしたらコレで引退なのかな?」と思っていました。
最後に日本でのプレーを花道にして引退。とっても良かったと思います。
50歳まで現役。というわけにはいきませんでしたが
45歳まで現役を続けたこと自体凄いことです。
イチローにも色々な語録はありますけど、何を成し遂げた人って同じような事をいうものですね。
そして何かを成し遂げた人ってその「何か」に対してストイックなのも共通していると思います。
周囲が見れば自分の好きな野球をして成功して羨ましいと思ういますが、
どんなに好きなことをしていてもストイックにそれを求めるは苦しいものです。
求めれば求めるほどにその苦悩は増していきます。
多分、他人が羨ましがるのとは程遠い苦労があったのだと思います。
いま引退を決めて振り返れば「ここまで来たんだ」という想いなのではないでしょうか。
イチローだから、スーパースターだからというのではなく
誰しもがそういう風に生きているのだと思います。

ボクも社長業を初めて11年が経過しました。
周囲から見れば社長なんて羨ましいと思われたりするかも知れませんが、やっている本人は必死です。
社長業を楽しむ気持ちにもなりませんし、社長業がどういうものかなかも分かりません。
そしていつまで社長業を続けられるのかも。
だた目の前の事を必死にやって11年です。
人生ってそういうものです。
仕事でも遊びでも目の前の事を一生懸命やる事。
そうしているうちに自然と人生はいい方向に向かうのではないかと思います。
万一、それでもいい方向に向かわなかったとしても一生懸命生きた証は残るものです。
4月には新社会人として社会に飛び込む若者もたくさんいると思います。
最初は小さな仕事、つまらない仕事しか与えられないかもしれない。
それでもその仕事に全力で取り組むことが大切です。
自分の「未来を作っている」という想いで頑張ってくださいね。

話は逸れてしまいましたが、イチロー選手。お疲れさまでした。
できたら日本で再びユニフォームを着てグランドに立つ姿が見たいですね。
「監督は無理」といってましたけど、
「社長なんてムリ」と思っていたボクですら社長業を10年も続けられたのだから
是非、監督として戻ってください。
できればどこか特定の球団ではなく、JAPANの監督を希望しています。

にほんブログ村 経営ブログ 零細企業社長へ
にほんブログ村

http://www.aiwa-j.com/

大坂なおみ、世界NO1誕生の“涙の戴冠”に大会公式も感動「なんて瞬間なんだ」

いやね。ボクはテニスはあまり興味ないというか、
スポーツはマリーンズ戦しか観戦しないんですけどね。
昨日たまたま居酒屋のテレビで大阪なおみの全豪オープンみてました。
テニスに興味がないといっても、得点とルールくらいは知ってますよ。
なんていっても初恋の女子がテニス部でしからね(適当)
で、熱燗を飲みながら大興奮してみてしまいましたよ。
折角の熱々の「もつ煮」もすっかり冷たくなったころ勝負がつきました。
大阪なおみが優勝ですよ。
全米に続いて全豪の連続優勝。世界ランキングも1位に。
いやぁ~凄い。テニスの四大大会をひとつじゃなく、二つ。しかも連続で。
日本人が四大大会を制するなんてボク世代のオヤジには想像もしなかったことですよ。
ボクらの時代の女子テニス界の女王といえば「お蝶夫人」ですからね。
高校生なのに「夫人」ですよ。本名「竜崎麗香」ですからね。
そのお蝶夫人もなし得なかった世界一に大阪なおみがなったのですから。
たまたまとはいえそんな試合をテレビ観戦できたのは本当にラッキーでした。
しかし、やはりこのような若者が活躍している姿は本当に元気がでますね。
やはり若い人が元気が良くて活躍できる社会でないといけないと思うわけです。
いつまでもジジ・ババが中心になって幅聞かせているようではいけません。
これはスポーツ界だけじゃなく、財界や政界も同じですね。
ジジイが幅聞かせているような業界には勢いがありません。
不動産業界もそんな業界です。ボクなんてもう50代半ばですけどまだ若い部類ですよ(白目)
いまだにPCも使えないような重鎮さん達がゴロゴロいる業界です(笑)
しかも皆さんお元気です。
ボクはあまり長く社長として君臨したくないのですが、哀しいかなこんな零細企業じゃ代わりに社長をやってくれる人が見つかりません。後継者がいればとっとと引退しマリンスタジアムの年間シートを購入するんですけどね。

ともあれ、大阪なおみ・全豪オープン優勝おめでとう!
ボクの目が見えるうちにグランドスラム達成してくださいね。

にほんブログ村 経営ブログ 零細企業社長へ
にほんブログ村

首都圏の不動産買い取りは愛和住販にお任せください。

稀勢の里が「引退させてください」昨晩親方に話す

稀勢の里引退ですね。ボクはあまり相撲に興味がなく若貴時代以後相撲はあまり見ませんが、
今場所の稀勢の里には注目していました。
なんとか復活して欲しいとおもっていたのですが初日から3連敗を喫し8連敗となり
横綱連敗の新記録を樹立してしまいました。こうななったら引退も止む無しでしょうね。
稀勢の里は愚直で日本人らしい共感のもてる力士でしたが、
ケガに泣かされ短命に終わってしまい残念です。
本人はまだ現役力士を続けたいと思うのですが、
やはり横綱の権威をこれ以上汚すことは出来ないのだと思います。

権威というとどうも世間的には悪いイメージがありますけど
本来の権威というものは、歴史と人が織りなす崇高なものだと思うんです。
権威と権力は違うぞ。と思うわけです。
権力の威を借りるのが権威ではないはずなんですが、
我が国の政治家やなんとか協会の会長とか様々な場面で権威を悪用しているわけです。
しかもその権威の
座を利用してるだけで権威を守る気概どころか、
ソレにしがみついているような人間が多い事。
本来は自分から身を引かなければならないことをしていても
言い訳したり誤魔化そうとしたり何とか権威を奪われないようにと必死になる姿は滑稽ですらあります。そんな人たちが作り上げてきたモノに権威なんてないのにと思うわけです。
そういう意味では日本は歴史と伝統が築き上げた「ホンモノの権威」というモノが少なくなりました。
ホンモノの権威とは強制されることなく無条件で美しく威厳を感じるのですがそういうモノが減りましたね。
横綱の権威も最近では勝てば何でもいい。という風潮もあり徐々に失われつつある気がします。
ボクのようなオヤジはどうしても古き良き時代を懐かしんでしまい若者たちには鬱陶しいとおもいますけど、若者たちには偽物の権威にひれ伏して欲しくないと思います。そのためには守るべき権威を守っていって欲しいと願うわけです。
話が変な方向に行ってしまいましたが、稀勢の里関にはお疲れさまといいたいですね。
そして日本人横綱が続々と誕生することを願っています。

にほんブログ村 経営ブログ 零細企業社長へ
にほんブログ村

不動産の買い取りは愛和住販にお任せください


↑このページのトップヘ