不動産屋さんの社長って(愛和住販社長ブログ)

愛和住販っていう不動産会社の社長の日記です。社長っていっても零細不動産屋ですから大したことないです。そもそも社長に向いてないし・・ジョブチェンジするなら迷わず「吟遊詩人」にします(笑)

不動産の買い取り・売買・賃貸を坂戸・川越を中心に埼玉県をメインに営業している不動産会社です。新築戸建て・中古戸建てやマンション・売地など取り扱っています。賃貸の仲介もやってます。

カテゴリ:全般 > スポーツ

昨日、高校野球の春の選抜大会の出場校全32校が決まりました。「関東・東京」枠の「6枠」の最後のひとつを、帝京高校と同じ埼玉の西武台の3校で争っていましたが花咲徳栄が選抜されました。花咲徳栄はすっかり甲子園常連校になったので西武台にも期待していたのですが西武台高校は本当に残念でした。昨秋の関東大会で優勝した健大高崎校と準々決勝でいい勝負したんですけどね~。帝京高校は東京大会決勝での国士館校との一戦の負け方が印象悪かったですね。まぁ地域性も考慮しチーム力をみたら花咲徳栄の選抜は順当と言えば順当ですね。また今回は「関東・東京」地区から千葉と茨木のチームの選出はありませんでした逆に群馬から2校です。関東圏の春の選抜の基準は前年秋の東京大会の優勝校1校と関東大会ベスト4の5校プラスあと1校という感じです。お気づきかも知れませんが東京は関東大会に出場しないんですね。まぁ出場校が多いから東京大会の優勝校は選抜確定ということなんでしょうけどそこらへんがなんだかモヤモヤします。大阪は大阪大会のあとに近畿大会に出場するわけでなんで東京だけ東京大会で決めるのかずっとモヤモヤしています。例えば今回、徳栄や西武台じゃなくて帝京が選ばれていたらモヤモヤするわけですよ。なんで東京が2校なんだと。東京も大阪と同じように東京大会後に関東大会に出場した方が見たいる方には分かりやすいんですよ。ベスト4に東京勢が2校残れば文句なしに東京2校でいいわけですからね。春の選抜のモヤっとする部分です。
ともあれ花咲徳栄高校みなさん!春の甲子園出場おめでとうございます!埼玉県代表としてまた関東の代表として頑張ってくださいね。
また惜しくも落選してしまった西武台高校の皆さん。この悔しさを夏にぶつけて頑張ろう!そろそろ県西部の高校に甲子園へ行って欲しいです。

▼「ポチ」してくれると嬉しいです。
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 埼玉県情報へ
にほんブログ村

愛和住販コーポレートサイト

日本シリーズが昨日終わりました。ホークスVSジャイアンツといういわば球界の盟主?同士の戦いでしたがホークスがジャイアンツに4連勝。ジャイアンツは1勝もできないであっけない幕切れでしたね。日シリで4勝0敗での日本一はあの2005年、マリーンズがタイガース相手に達成して以来の快挙です。ホークスもなかなかやりますね(上から目線)
もっとも日本シリーズにはほとんど興味なくTVもほぼ観ていません。こんなことを言うとセリーグファンには怒られますけどパリーグのCSが実質の日本一だと思っていますので日本シリーズはマリーンズが出ない限り観ないし、オマケみたいなもんです。別にセリーグやジャイアンツをディスっいるわけじゃないんですよ。実際に日シリはパリーグのV7ですし交流戦もほぼ毎年パリーグが勝ち越しているわけです。今回の日シリもセリーグで余裕でリーグ優勝したジャイアンツがパリーグ2位のホークスに1勝も出来ずに敗退してるのが現実です。
今回のホークスとジャイアンツはセパ両リーグを代表する金持ち球団なんですが「お金の使い方」の差が出たと思います。ジャイアンツは毎年FAや優良外国人選手にお金をつぎ込んで補強するのに対して、ホークスも確かにFAや外国人獲得にお金は使うけどそれ以上に育成という部分にお金をかけている。早くから3軍を作りファームの施設も整備してるわけです。短期的に戦力UPを狙うジャイアンツと長期的なチーム作りをしているホークス。今回の日シリを観ればわかるようにホークスの選手層の厚さはそういった部分にあると思います。逆にジャイアンツもホークス以上にお金を投資しているのに戦力的の厚さはホークスに遠く及ばない。要は金の使い途がホークスの方が上手だということです。悔しいけどだからホークスは強いし、その強いホークスを倒すために育成に力を入れているパリーグの球団は強いわけです。もっともパリーグ球団はFAで大型補強なんてできませんから育成するしかないというのもありますが(最近イーグルスがちょっと違う方向向いている気がしますが)いずれにしてもしばらくパリーグの天下が続くと思います。ホークスは強くて癪に障りますが、純血パリーグファンのボクとしてはホークスが圧倒的な勝利を収めてくれたのは嬉しい限りです。だってそんなホークスに今シーズンのマリーンズは9勝も勝ち越していますから少しは気分がまぎれます(笑)
ともかくホークス日本一おめでとうございます!ホークスファンの皆さんもおめでとうございます!
ジャイアンツファンの皆さんが残念でしたがまた来年頑張りましょうね。
マリーンズファンのボクもまた来年応援頑張ります!

にほんブログ村 経営ブログ 零細企業社長へ
にほんブログ村

http://www.aiwa-j.com/

日本、南アに敗れ史上初4強ならず

昨晩は友人宅で夕食をしながらラクビーW杯の日本VS南アフリカ戦を観ました。以前書きましたがボクはあまりラクビー詳しくなく予選は結果だけしか見ていなかったのですが、流石に昨日の試合は日本人として観なくてはと思いTV観戦。残念ながら日本の敗戦ということで、唯一みたラクビーW杯は日本が負けるところで日本が勝利をした試合を1試合も観ていないという愚か者です。
前半は3-5でボールも支配していて互角以上に戦っていて後半かなり期待したのですが、後半は南アフリカに圧倒され結果はみなさんご存知の通り3-26の大敗。ノートライでしたね。観てて感じたのは南アフリカの出足の早いこと早いこと。オフサイドじゃね?ってくらい出足が早くてチャンスを作る前に潰されちゃってチャンスらしいチャンスがなかったですね。それとモールが強い。スクラムはなんとか互角くらいなんですけどモールになると押されっぱなし。後半の南アのトライもず~っとモールで押し込まれてからのトライですからね。攻守ともに圧倒されたという感想です。
これで日本のW杯は終わりを告げましたが、初の決勝T に進出しベスト8は本当に大健闘だと思います。ぶっちゃけラクビーのW杯を日本で開催してもそれほど盛り上がらないと高を括っていましたがフタを開けてみれば大盛り上がりです。それもこれも選手たちが頑張ってくれたくれたお陰です。台風被害で暗くなりがちな日本に感動と喜びを与えたくれた日本代表の選手の皆さんには心から拍手を贈りたいと思います。
これがスポーツのいいところなんですよね。スポーツの場に政治的なことを持ち込む選手がいたりすると本当に興ざめします。またスポーツを政治的に利用したり利権の温床としたりする人間がいることに非常に憤りを感じたりします。オリンピックなんてまさにその象徴だと思うし、各スポーツ界に存在する「なんとか協会」とかそこの会長や理事とかいう人達が我が物顔で振舞っている姿は本当に醜い。アスリートたちやそれを応援したり観たりしているファンにとっては、そんな利権や政治は無関係なんですよね。いやむしろそういう人間は邪魔なんです。来年は東京オリンピック。ここにきてまたゴタゴタしてますけど選手やファンの邪魔になるような人間は本当に退場してもらいたですね。
ともあれラクビー日本代表のみなさん。お疲れさまでした。そしてありがとうございました。

にほんブログ村 経営ブログ 零細企業社長へ
にほんブログ村

http://www.aiwa-j.com/

現在開催されているラクビーのW杯で日本チームが初の決勝Tへ進出し世界8強になりました。台風19号で被害が出ている中で日本人にとって夢と希望を与える明るいニュースです。

日本初8強!スコットランド撃破し全勝で1位突破



ボクはラクビーに詳しくないのでTV観戦はしていませんがYouTubeやネットのスポーツニュースでちょいちょい日本戦はチェックしてたので今回の決勝T進出は喜び半分驚き半分です。まさかラクビーで日本が世界の8強に入るなんて思いませんでした。しかも予選リーグを1位通過というオマケ付きです。
自国開催でホームチームとしてのアドバンテージがあったとしてもラクビーはまだまだ世界の壁は厚いと思っていました。そもそもラクビーはボクらが子供の頃は全くやったことのない子供の方が多かったでしょう。男子は球技で言うと、野球>サッカー>バスケ・バレー>>>卓球>>>>ラクビーといったイメージです。ボクの通っていた中学校でも高校でもラクビー部ってなかった。ハンドボール部はあってけどラクビー部は無かったんですよ。なのでボクがラクビーというスポーツを初めてやったのは高1の体育の授業。これが最初で最後。先生に教えてもらったツールはノックオンとスローフォアードだけという有様です(笑)それでもスポーツ観戦好きなボクは若い頃は全国高校ラクビーはよくTVでみてました。まぁボクがサッカーやっていてので全国高校サッカーを見るついでという感じでしたが(高校サッカーとラクビーって全国大会の時期が被るんですよね)一番記憶に残っているのは堀越擁する熊谷工業がベスト4になった大会ですかね。なんか埼玉ってサッカーも強かったけどラクビーもそこそこ強かったんですよね。熊谷とか深谷とか北の方の高校が強いイメージがあります。なので今回のW杯の一部試合が熊谷で開催されたのも納得です。
ともあれこれだけ競技人口が少なく国民の関心が低かったラクビーで世界8強ですよ、世界ランキングも今日現在7位です。確かに純日本人選手は少ないとはいえこれはタダごとじゃないし快挙といって間違いないと思います。決勝T の初戦は南アフリカが相手ですね。今度の日曜日(20日)に試合です。さすがに決勝Tですからボクもテレビの前で応援したいと思っています。幸か不幸かライオンズが昨日ホークスに1勝も出来ずにCS敗退して野球の日本シリーズは巨人とソフトバンクの対決になりましたので、どちらのチームもボク的には応援したいというチームでもないので(西武なら埼玉県民なので多少応援したかったけど)心置きなくラクビーW杯のほうに全力応援できそうです。因みにもしもマリーンズが日本シリーズに出ていたらW杯どころではなかったと思います(笑)

にほんブログ村 経営ブログ 零細企業社長へ
にほんブログ村

http://www.aiwa-j.com/


韓国で行われていた野球のU-18W杯。日本は豪州に敗退し5位で終戦となった。

 侍U18、拙攻拙守で豪州に敗れる…3位決定戦にも進めず5位での敗退が決定

優勝目指し戦って気が優勝どころか3位決定戦にも進めないという残念な結果でガッカリしている。選手たちの健闘は大いに称えるが、佐々木・奥川のJAPANが誇る2枚看板も結局登板は1試合ずつ。佐々木に関しては僅か19球で降板とちょっと寂しい。今回のU-18侍JAPANの戦いを見ていると投手陣は良く投げたが攻撃と守備がダメだった。打線は水物だし守備にエラーはつきものだけど8試合で9失策は彼等の能力からすると予想外ではあった。まぁ人選の段階で多くの高校野球ファンが心配していたことが現実となったような大会結果だと思う。

今回のメンバーの力不足ということではなくバランスなどを考えると今回の高野連人選に疑問を抱く高校野球ファンは多かったと思う。例えば今回選ばられた内野手はほとんが遊撃手。確かにショートを守れれば内野はほぼどこでも守れるのだろうけどそれでもセカンド・サードとは打球の速さだったり動きは違う。なのにショートの選手ばかり集めてしまった。結果エラーが多発したのではないかと思う。そして打線も好打者は揃っていたが強打者が少なかった感じがする。例えば今回選出されなかった、黒川(智弁和歌山)、井上(履正社)、内山(星稜)、東妻(智辯和歌山)、来田(明石商)など長打を期待できる選手を2名くらい入れておけばもう少し得点期待値が上がったのではないかと思っている。あと貧打という事で言えば現在の高校野球で使われている金属バット。飛びすぎる金属バットをなんとかしないと木製バットを使う国際試合で苦戦する。ボク的には高校野球も金属バットは止めて木製バットでいいとは思うがコスパの問題もあるので木のバットってわけにもいかないのだろうか。まぁどちらにせよ悲願のU-18杯優勝はまた次回に持ち越されることになった。アメリカは勿論のこと、台湾・韓国・カナダも優勝しているのに野球大国の日本が一度も優勝できていないのは忸怩たるものがある。次回は2021年。いまの1年生が3年生になった時だ。次回大会では是非優勝をして欲しい。そして今大会を戦った選手は本当にご苦労様でした。この悔しさを胸にU-23そしてWBCでまた世界と戦って欲しいと思う。

にほんブログ村 経営ブログ 零細企業社長へ
にほんブログ村

http://www.aiwa-j.com/

↑このページのトップヘ