不動産屋さんの社長って(愛和住販社長ブログ)

愛和住販っていう不動産会社の社長の日記です。 多分、自分は社長タイプじゃありません(白目)

不動産の買い取り・売買・賃貸を坂戸・川越を中心に埼玉県をメインに営業している不動産会社です。新築戸建て・中古戸建てやマンション・売地など取り扱っています。賃貸の仲介もやってます。

カテゴリ:プライベート > 本/DVD/マンガ

最近寝る前に「ピッコマ」でマンガ読んで読んでます。無料で漫画が読めるサイトで既に利用している人も多いと思います。まぁ全部読めるわけでもないのですが「待てば0円」といって1日1話づつ読めるタイトルがあってそれを読んでます。寝る前ですから1話ずつくらいが丁度いいですね。

ピッコマ

読んでるタイトルの中に「正直不動産」というマンガがあります。「ビッグコミックス」に連載されていたらしいのですが、主人公の永瀬というトップ営業マンは契約の為に「嘘」を言うのも躊躇わないという人間だったのが地鎮祭で敷地内にあった祠を壊したときから嘘が言えなくなってしまって自分の意志に関係なくお客さんになんでも正直に話してしまうようになってしまうという内容です。まだ途中まで間でしか読んでいないのですがそんな話です。同業者として思うのですけどいまだに嘘や隠ぺいする体質の業者や営業マンがいることは事実です。少し前に問題になった「レ〇パ〇ス」なんてその典型ですよね。まぁ「レ〇パ〇ス」に限らずボクはサブリースなんてそもそもデメリットの方が大きいと思うし、「家賃保証」をアテにするような人には不動産オーナーは向いていないと思っています。それはさておき正直になる前の主人公は完全に悪徳営業マンだなぁって思います。だたそんな嘘つき営業マンがトップ営業マンになっているという設定はちょっと違うと思いますね。嘘つき営業マンが長期にわたってトップ営業マンでいられることは「ない」とボクの長年の経験でそう思います。ただ正直不動産が不正直不動産に負けてしまう場面は多々あります。わが社のスタッフもどちらかというと正直で何でも話してしまう傾向があります。「不動産営業マン」としてはもどかしい部分がありますがボクもそういう部分があるので仕方ないですね。ただ「正直」に信じてもらえない時は少し凹みます。例えば近隣相場や物件特性で「これはお買い得」と説明しても、「売るために煽っている」と思われることが多々あります。また「正直かどうか」よりも「値段」とかで不動産会社を選ぶお客さんもいます。まぁ確かに値段は重要なファクターですけど正直言えばほとんどの場合価格はどこの会社で買っても同じです。もちろんそうではない物件もありますが例えば当社なら他社より値引きが出来る物件を正直に言っても信じてもらえません。まぁそれも嘘をつく業社さんがいるからですけどね。そんなこんなで「正直不動産」は結構「不正直不動産」の後塵を拝すことが多いわけです。でもボクは「正直不動産」でいいかなって思っています。まぁそれで売り上げが増えれば尚いいんですけどね(笑)「正直不動産」が「不正直不動産」よりも利益がでるような業界・社会になってくれといいんですどね。そうなる前に倒産しないように今日も頑張ります!(笑)

にほんブログ村 経営ブログ 零細企業社長へ
にほんブログ村

愛和住販コーポレートサイト

一昨日でしたか女優の八千草薫さんの訃報をしりました。樹木希林さん市原悦子さんと並びボクの中では好きだった女優さんが立て続けにお亡くなりになり残念です。
八千草薫さんといえば、ボクの中のではTBSドラマ「茜さんのお弁当」です。

 茜さんのお弁当

懐かしいなぁと思って検索をしてみたらPCで視聴できるではありませんか!そこで昨日の休日は一日がかりで全11話を一気に観ました。1981年のドラマだったんですね~。ボクがまだ10代の頃でまさにピンズドですね。嶋大輔とか杉本哲太がリーゼント姿で登場しています。演技がマジで「ど下手」で笑えますがその分八千草薫さんを筆頭に草笛光子・長山藍子といった女優陣に俳優も橋爪功・中条静夫・川谷拓三などいったキャスティングで嶋や杉本そして古尾谷雅人の下手な演技をカバーしています。また若き日の石原真理子や所ジョージやMIEなども出演しています。コテコテの昭和の不良モノドラマで昭和感がハンパなくてとても懐かしい気分になりました。ドラマの途中にぶっこんでくる横浜銀蝿の歌とトークがちょっと鬱陶しいけどまぁボクにとっては懐かしい曲ではあります。当時は毎週楽しみに観ていたような記憶があるような。ないような。でもボクにとって八千草薫さんと言えば、「西木茜」さんです。そしていまこうしてドラマを見直すとしみじみ感じます。八千草薫は「かわいい」と。
なにはともあれ八千草薫さんをひっそりと偲んでします。「そこんとこ夜露死苦!」
ご冥福をお祈り申し上げます。

「ポチ」っとよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 経営ブログ 零細企業社長へ
にほんブログ村

http://www.aiwa-j.com/


今週の連休は自宅で「3年A組」という日テレドラマをDVD鑑賞した。今年の初めくらいの連続ドラマらしいが、なにせリアルタイムでドラマとか見ません。というか地上波そのもを見ない。昔は朝は時計代わりにTVをつけていたけど最近ではそれもなし。TVというよりモニターと化しているのが我が家のTVです。そんなわけで「3年A組」も特に観たいといったわけでもなかったんだけど嫁が借りてきたの暇つぶしに程度にみたらそこそこだったので(面白いとは言ってない)全話見てしまった。
f5d06064-c5c4-4af7-9300-6356e3910f7e

ストーリーとしては担任の先生がクラスの生徒を人質にして教室に立てこもる。クラスで自殺した生徒を死に追いやった犯人捜しという感じで、まぁ中ほどまで見ると「黒幕」が誰かというのは分かってしまうのだけどその間生徒とのやりとりとか生徒との絆とかできたりして。まぁ昔からある先生と生徒の学園モノでインパクトはあまりないかな。「悪魔の教室」のほうがおもしろかったかな?って感想です。でも若手?俳優では菅田将暉は好きなのでそれはそれでそこそこ楽しめた。
で、ボクが今回のドラマを見た一番の感想は、なんで学園モノのドラマでは不良っぽい生徒はいつも一番後ろの席(多くは窓際)で学級委員長とか頭のいい生徒は前の方の席なのだろうか?という事かな。実際ボクが学生時代って別にそんな感じの席順じゃなかったよね?最後列の窓際という特等席はヤンキーの指定席ってことはなかったのに学園モノドラマだとその席は「ヤンキー」専用みたいになっている。学園モノドラマで最前列の席に「ヤンキー」が座っているシーンを見たことがない。この黄金律の席順はだれがいつ考えたのか?この席順にした最初の学園モノドラマは何なのか?それが一番気になった。誰か知りませんか?

にほんブログ村 経営ブログ 零細企業社長へ
にほんブログ村

みなさん、「ヤフオク」ってやったことあります?
ヤフーのオークションです。
出品者が出品した品物をオークション形式で購入するシステム。
いちいち説明しなくても分かってる?ですよね~。
ボクは実は「ヤクオク」ってやったことないんですよ。
欲しいものは確実に欲しいので買えるかどうかも分からない、
オークション形式って好きじゃないんですよね。
「ヤフオク」なら確実に買える「メルカリ」の方がいいです。
といっても「メルカリ」のやったことありませんけど(小声)
ところが昨日の事、あるもの欲しいモノを検索してていたら
なんと「ヤフオク」に出品されてるではありませんか!
これは好き嫌いとか言ってる場合じゃないので入札しなければと思い。
「ヤフオク」で数々の修羅場を潜り抜けてきた、弊社の坂戸店の店長に入札を依頼しました。
さて日中、入札してもらって入札者がボクだけだったので呑気にしていたのですが
夜、居酒屋で料理がくるまでヒマだったので確認したらなんと他の入札者が!
やりかたが全く分からないボクは店長にラインで連絡して事の成り行きを、
ホッピーを....   固唾をのんでスマホで見守っていたのですが
21時過ぎに無事に落札することができました。(落札したのは店長だけどね)
5400円から入札が始まり、落札価格は6900円でした。
そこで思ったのですが、ボクは競売物件を買うのに向いていないな。と。
まぁ競売はオークションではありませんけどボクには不向きですね。
何を買ったか?って?
いや、大したもんではありません。
マニアックな関係の専門書(古書)です。
しかし世の中にはマニアっているんですね。
こんな本を6900円も出して買うなんて(笑)
納品されるのが楽しみです。

よかったら「ポチ」してくださいね。
にほんブログ村 経営ブログ 零細企業社長へ
にほんブログ村

http://www.aiwa-j.com/




先週あたりから、「ゲーム・オブ・スローンズ」のDVDを借りて観ている。
坂戸店の店長から「面白いから見てみ」といわれて見だした。

ゲーム・オブ・スローンズ


洋画系は、映画もドラマのほぼ見ない。
嫁はアメリカドラマを見まくっているがボクはそんな好きじゃない。
最後のシリーズまで見たのは、
「デスパレートな妻たち」「プリズンブレイク」「バーンノーティス」くらいかな。
「ロスト」や「ヒーローズ」はシーズン1.2くらいは面白かったけど
その後はそれほどでもなかったし。
そもそも洋画系はあまり選択しない。

で、ゲーム・オブ・スローンズだが内容はドラクエとかFFとみたいで
好きなジャンルといえば好きなジャンルだが
最初は相関関係が全く分からないし、登場人物が多くて名前も覚えらなず
よくわからないままに見ていたが、シリーズ1の終盤くらいから少しずつ面白くなってきた。
先週の火曜日は、シーズン2全5巻・10話を一気に見てハマりだしてきた。
よく水曜日にはシーズン3も一気に見るぞ!と意気込んだのだが
全5巻のうち後半3巻がレンタル中。
1、2巻は借りて速攻でみたのだがそこでストップ。
なんとも中途半端なところで止まって5日が経過し
なんだかもう見なくていいかなぁ~というメンタルになりつつある。
一応、きょうビデオ屋に寄ってみる予定だがあまり間隔が空くとこのまま終了するかもね。

にほんブログ村 経営ブログ 零細企業社長へ
にほんブログ村

のんびりできる家探しは愛和住販で。


↑このページのトップヘ