ここのところなんだか朝晩が涼しくなりましたね。
あんなに暑かったのにいつのまにやら夏の気配がしなくなりました。
秋と言うと「食欲の秋」とか「芸術の秋」とか「読書の秋」とか昔から言われています。
「読書の秋」といえば、ワタクシこう見えても結構な「活字マニア」です。
マンガも好きですが、暇つぶしにマンガ本を買うくらいなら週刊誌系を買っちゃいます。
子供の頃からの「活字好き」です。
なにせ私ら子供の頃にはPCどころかファミコンすらありませんでしたからね~
テレビのチャンネル権はオヤジが握っているので好きな番組も見られません。
そうなるとやることと言えば、マンガを読むか本を読むかプラモデル作るか音楽聞くか
そんなところです。そして私のチョイスは本だったわけです。
そんなわけでワタクシはすっかり「活字マニア」の大人に成長したのです。
といっても最近は小説とかは読みませんね~。
もっとこう小一時間位で読める簡単な本がいいです。
で、先日こんな本を読みました。

IMG_4137
「わけあって絶滅しました」
1000円だったと思います。
いままで絶滅した生き物の絶滅理由が面白おかしく書いてあります。
この本によると、今まで地球に登場した生命(種)の、99.9%は絶滅したそうです。
絶滅原因の第1位は、地球環境の変化だそうです。
火山が爆発したり隕石が衝突したりその他もろもろの自然災害が原因での絶滅が1位だそうです。
人間が原因で絶滅したのは3位。
自然災害よりもかなり少なめとは言えかなり多いですよね。
近代に入ってからは、人間による絶滅が堂々1位です。
こうしてみると、人間は全生物の共通の敵ですね。
もっとも、地球の歴史上人間(ホモサピエンス)ほど多く存在した種はいないそうですから
そりゃ他の種を滅ぼすのもハンパないでしょう。
と言っても「現在の人間」の歴史は25万年程度らしいです。
恐竜が2億年以上ですからまだまだ人類の歴史は浅いですね。
また、一つの種はせいぜい数百万年くらいしか持たないようなので
いづれは人類も絶滅するかもしれませんね。
まぁその頃にはワタクシも生きていませんけど(笑)
そんなわけでなかなか面白い本でした。
1時間半位で読めますので秋の夜長に是非よんでみてください。

にほんブログ村 経営ブログ 零細企業社長へ
にほんブログ村



書斎のある家に住もう!愛和住販