不動産屋さんの社長って(愛和住販社長ブログ)

愛和住販っていう不動産会社の社長の日記です。社長っていっても零細不動産屋ですから大したことないです。そもそも社長に向いてないし・・ジョブチェンジするなら迷わず「吟遊詩人」にします(笑)

不動産の買い取り・売買・賃貸を坂戸・川越を中心に埼玉県をメインに営業している不動産会社です。新築戸建て・中古戸建てやマンション・売地など取り扱っています。賃貸の仲介もやってます。

タグ:カープ

FA宣言をしていたカープの丸さん。
きょう正式にジャイアンツへの移籍が決まったみたいですね。

モヤモヤ、まり~んず

カープに残留するかも?地元のマリーンズに行くかも?と囁かれてはいましたが
蓋を開けてみれば順当にジャイアンツです。
マリーンズファンのボクとしてはガッカリ感はありますが「でしょうね」と言う感じです。
カープファンの皆さんも「でしょうね」と思いつつも忸怩たる思いでしょうね。
心中お察しいたします。
とはいえ、プロですからね一番稼げる球団に移籍するのは当たり前のことです。
移籍の理由なんて必要ありません。「一番年棒がいいから」で十分です。
チーム愛とか地元愛とかそんなのは関係ない。それがプロというモノです。
むしろ「○○愛」とか語るからおかしくなるわけです。
ファンは色々と想うところはあるけど、選手は金です。
ましてやジャイアンツならば、金の他にステータスもありますからね。
普通の人ならジャイアンツを選びますよね。

昔の不動産営業マンってこんな感じでしたね。
固定給が少ないもしくは無しで歩合給がウェイトを占めていた昔の営業マンは
契約しなければやめていく。つまり戦力外となり
契約できる人は、より「稼げる会社」に移籍します。
なので不動産営業マンの定着率は悪いのなんのって(笑)
ボク達の時代はそんな時代でしたね。
だから「プロ」の営業マンが多かった気がします。
さすがに今の時代の不動産会社は、固定給も人並みに出してくれる会社も増え

昔に比べると営業マンの定着率も上がっていますけど
その分「プロ」と言える人が減った気がします。
いいか悪いかは別として、不動産業界も「総素人化」したように感じます。

なにはともあれ、丸さんの移籍先が決まったので今夜から熟睡できそうです。
昨晩までは、丸さんがいつ公表するのか気が気じゃなくて(笑)
ジャイアンツファンの皆さんは良かったですね。
今年も「新しい血」が入りましたよ♪

にほんブログ村 経営ブログ 零細企業社長へ
にほんブログ村

東武東上線エリアの不動産の売買は愛和住販で。

今季のFAの目玉のカープの丸さんがジャイアンツとの交渉が終わりました。
これで古巣のカープにジャイアンツそしてマリーンズの3球団と交渉完了。
再交渉はどことも行わないという事なので、この3球団から選択することになりました。
再交渉がないかのだから、早ければ明日にでも遅くても今月中には発表があるかと思います。
まぁ、ジャイアンツでほぼ決まりでしょうね。
条件的には3球団中最高額ですからね。
マリーンズファンとして是非来て欲しいですけど、まずその可能性は低いと思っています。
ジャイアンツを選ぶと「金で動いた」と批判する人もいますけどプロですから。
お金をたくさんもらえるところに行くのは当然だろうと思います。
だから丸さんがジャイアンツに行ったからとって「守銭奴」的な批判は的外れです。
とはいいつつも、どうしても日本人気質としては「金だけじゃない」と言いたいんですよね。
特に自分の贔屓のチームの選手だと尚更「彼は金だけで動くような人間じゃない」って思いたい。
このオフはライオンズの浅村がまさしくホークスより金銭面で劣るイーグルスを選んだから
尚更丸にもジャイアンツじゃなくてカープ残留とかマリーンズにと思ってしまうのですけど
丸自身が悩んでいるのであればここは一番金額の高いジャイアンツを選ぶのがいいかと思います。
だた純粋なプレーヤーとして野球を長く続けたいのなら
カープ残留かマリーンズの方がいいとは思います。
まぁそのあたりで悩んでいるのかな?と思います。
いづれにしても、ファンとしては早く結論を聞きたいですね。

にほんブログ村 経営ブログ 零細企業社長へ
にほんブログ村

マリーンズファンの社長の愛和住販です。

プロ野球の日本シリーズは昨晩ホークスが勝ち
カープを4勝1敗1分けで下して2連覇を達成した。
というほど日本シリーズは見ていない。
ボクはプロ野球観戦が好きなわけでなく。
マリーンズ観戦が好きなだけだけだからね。

ホークスは嫌いだ。ラインズも。
なにせ毎年シーズンになると「いじめ」か?
と思うほどにマリーンズをコテンパンにやっつけるからである。
がしかし、日本シリーズともなるとなぜかホークスを応援する。
昨日もホークスの優勝が決まった瞬間に小さくガッツポーズ。
日本シリーズだけはない。毎年の「セパ交流戦」
本当はマリーンズだけ勝って他のパリーグ5球団が負けてるのが望ましいのだが
セリーグにパリーグが勝ち越すと「よっしゃ!」と思ってまう。
やはり45年間、ロッテ球団及びパリーグを贔屓していたので
どうしてもセリーグに負けて欲しくない。
あの憎たらしいホークスでもライオンズでも他のどの球団も
セリーグに負けるのだけは耐えられない。

いまでこそ、CATVやネットでプロ野球12球団の試合を毎日観戦することができ
セリーグとパリーグの格差は少なくなったが
ボクが子供の頃からず~っとTVで野球と言えば巨人戦を中心にセリーグの試合だけだった。
テレビどころかラジオですら放送してない。
パリーグの試合を観ることができるのは「プロ野球ニュース」か
NHKニュースのスポーツコーナー。
それですら試合結果だけで映像なし。という日もままあった。
「テレビじゃ見れない川崎劇場」なんていうCMもやってたなぁ。



ライオンズができててからは、文化放送の「ライオンズナイター」と埼玉テレビ。
千葉に移転してマリーンズになってからは千葉テレビで時折放送したが
千葉テレビは電波がわるくほぼ音声放送と化していたがそれでも聞けるだけましだった。
もちろん、毎朝スポーツ新聞は買うがそれでもセリーグの球団と比べると
パリーグの扱いが小さく雑だったことといったら。
当然だが周囲の野球ファンはほぼジャイアンツ・タイガーズを中心とするセリーグファンで
パリーグファンは本当に肩身が狭く悲しい思いを何十年も味わってきたのだ。
だからこそパリーグを無意識に応援してしまうのだ。

特に今年は去年の横浜と違いシーズン3連覇のカープが相手である。
セリーグの最強チームを、パリーグの2位のホークスがねじ伏せたのである。
今シーズンはこんな強いホークスのさらに上にライオンズがいたわけである。
そんな連中と我がマリーンズは闘っているのだ。
カープが全く盗塁できなかったH甲斐から、奨吾や荻野は盗塁を決めているのである。
尋常じゃないのである。パリーグは。
こんなチームたちを戦って勝ち上がるのは大変である。
だからこそ応援のしがいがあるのである。

ともあれ、ホークス優勝おめでとう!
選手・ファンの皆さんもお疲れさまでした。
来年こそはホークスやライオンズを倒すぞ~
と意気込みだけはあるマリーンズファンより心を込めて
お祝い申し上げます。
そして全国のプロ野球ファンのみなさんも今シーズンもお疲れ様。ありがとう!

にほんブログ村 経営ブログ 零細企業社長へ
にほんブログ村

不動産の売却・買取は愛和住販で!




↑このページのトップヘ