不動産屋さんの社長って(愛和住販社長ブログ)

愛和住販っていう不動産会社の社長の日記です。 多分、自分は社長タイプじゃありません(白目)

不動産の買い取り・売買・賃貸を坂戸・川越を中心に埼玉県をメインに営業している不動産会社です。新築戸建て・中古戸建てやマンション・売地など取り扱っています。賃貸の仲介もやってます。

タグ:プロ野球

昨日、阪神タイガーズの藤浪を含む3人の新型コロナ感染がアナウンスされました。球団も本人も十分注意していたでしょうに残念な結果になりました。またこの結果を踏まえて12球団一斉に球団関係者の自宅待機・外出自粛の方向になりました。藤浪選手らには早く良くなってもらいたいですが、これで開幕目標だった4月24日もちょっと分からなくなりました。開幕どころか「閉店ガラガラ」もあり得るかも知れません。最悪無観客で開催もありえなくもないですがそれでは興行として成り立ちませんからNPBも頭がイタイでしょうね。また開幕した所で、入場制限・応援制限は間違いないかもしれませんね。もっとも応援についてはこれを機にいままでのような応援をやめればいい勢力も出てきました。あるネット記事に、

「前から思っていたけど鳴り物の応援はうるさくて試合に集中できない。応援歌を歌って常に騒がしいと、選手の息遣いが聞こえなくて野球の魅力が半減する。メジャーリーグの球場観戦みたいにじっくり見たいので、日本のプロ野球もこれを機にトランペットでの応援をやめてもよいのでは」

との一部ファンの声が取り上げています。はい、はい出ましたメジャーかぶれのご意見が。そんなに静かにプロ野球を観たいならメジャーリーグだけ見てれば?と思います。メジャーの方がNPBよりはるかにレベルの高い野球をやっているのだから「じっくり」「静かに」観るならメジャーがいいでしょう。日本のプロ野球文化はメジャーのそれとは違うわけです。それは国民性の違いであり「ベースボール」と「野球」の違いでもあります。もし日本のプロ野球がメジャーのように応援なしで静かに感染するスタイルにしたら、いまのように球場に人はきませんよ。それにグッツも売れない。どうせメジャー、メジャー言ってるような人は球場に行かない派でしょ。球場には野球を観に行くのではなくチームを応援しに行くのですすから。なにはともあれプロ野球選手たちに感染が拡大しなことを祈るばかりです。

▼「ポチ」してくれると喜びます。
にほんブログ村 経営ブログ 零細企業社長へ
にほんブログ村

愛和住販コーポレートサイト

この夏に予定してた東京オリンピックの延期が決定しました。日本国民の大多数が今年のオリンピック開催なんて無理だと思っていたでしょうから特に驚きもなく「ようやく決定かよ!」という感想です。来年どこかのタイミングでやるのでしょうが、これで今年の不況は決定的になった気がします。GDPももしかするとマイナスになるのでないでしょうか?日本だけではなく世界的に厳しい1年になると思います。今回の一件で思ったのは今後はそれほど積極的なオリンピック招致はしない方がいいということです。招致をすれば多額の税金が使われるわけです。それで内需が拡大して景気が浮揚すれば問題ないのですがオリンピックも昔とは違うし日本も前回の東京オリンピックと全然違う国内状況ですからオリンピックを開催した所で急速な景気拡大とはならないでしょう。社会保証料が足らないだの国が借金で破たんするだのといって増税して国民生活を圧迫しているような状態でオリンピックに莫大な税金を投入するなんて矛盾していると思いますね。借金だらけで将来の不安がある人が呑気に投資なんてしますか?って話です。オリンピックが景気浮揚につながるなんて言うのは少なくても先進国ではありえない話です。国民を元気にするのなら他の方法があるはずだと思いますけどね。ただ五輪よりマリンのボク的にはオリンピックが延期になれば夏場もプロ野球が開催することができそうで、開幕が大幅に遅れている今年のプロ野球もなんとか全日程組めるかもしれないと少し喜んでいます。ナイターでビール飲みながら球場で応援するっていうのはやっぱり「日本の夏・マリンの夏」ですからそれが今年も出来そうな流れになってきたのは個人的には嬉しいです(まだわからないけど)ただ今年のオリンピックを目指してたアスリートの皆さんは本当にお気の毒だと思います。気持ちを切り替えて来年開催されるだろうオリンピックに向けて調整してくださいとしか言えません。代表の選考とかもどうなるんだか・・

▼「ポチ」してくれると喜びます。
にほんブログ村 経営ブログ 零細企業社長へ
にほんブログ村

愛和住販コーポレートサイト

さぁ、今日から今年のプロ野球が開幕!全国のプロ野球ファンの皆さん「明けましておめでとうございます」と書くはずだったんすけどね。コロナの影響で開幕は延期に。今日は「幻の開幕日」になりました。予定していた対戦カードはそのまま練習試合として無観客で行われパリーグTVユーザーのボクとしては試合は観ることができますが所詮練習試合ですからシーズンの時のような盛り上がりとはなりませんね。これで試合に勝ってしまった日には「開幕したたらなぁ」ってきっと地団駄踏むのだろうと思います。なので、シーズンに不安を残さない程度にソコソコ負けてくれたほうが精神衛生上よろしいかなと思ってます。1月2日に佐々木朗希のユニフォームと、美馬&福田秀平の応援タオルを買い。2月には開幕戦からGWまでのチケットを買い先日は追加発注した新ビジターユニフォーム(#5安田)も届き準備万端でこの日を待っていたんですけどね~。
 5試合15枚。

2

3
もういつ開幕するかも分からないのですからどうしようもないですね。このままGWとかGW明けの開幕となると、もうボクの方が「球場へ行く」というテンションではなくなるかも知れません。選手たちもコンディションを保つのが大変だと思いますが、それは我々ファンも同じですよね~。


▼「ポチ」してくれると喜びます。
にほんブログ村 経営ブログ 零細企業社長へ
にほんブログ村

愛和住販コーポレートサイト


昨日でプロ野球のオープン戦の全日程が終わりました。優勝はライオンズ。最下位はジャイアンツ。我が鴎軍は2勝5位で10位でした。オープン戦最下位のチームは過去10年間Aクラスに入ったことがないのでジャイアンツは4位以下ですかね。それとオープン戦3位のチームもここ10年間は何故かシーズンで苦戦してプロ野球ファンの間ではオープン戦3位だけは避けたいという空気があります。因みに今年の3位はタイガースです。1位と2位はシーズンでも好成績なので、ライオンズと2位ホークスは盤石ということになりますね。さてオープン戦が終わると開幕に向けてワクワク、ソワソワしてくるのですか今年はコロナの影響で開幕戦は延期。4月中に開幕とだけ聞いてますが具体的な開幕が決まっていなくてテンションが上がってきません。また開幕したところで「応援禁止」的な話もでていて、これまたテンションです。ボクの別ブログの「モヤモヤ、まり~んず」にも書きましたが、「応援なし」ならばわざわざ球場に行く意味がボクにはありません。普通の人は野球場には野球を観に行くと思っているでしょうが、ファンが野球場にいくのは「野球を観る」ためではなく「応援をする」のが目的だと思っています。おそらく多くのファンは「応援目的」で球場に行っていると思います。特に外野席に来るファンはほぼ「応援する」のが目的です。一応4月分のチケットも数試合分購入済ですが当然全て「外野席」です。応援できない外野席はすでに外野席としての機能のほとんどを失っているといってもいいでしょう。まぁそれでも開幕してくれればなんとかテンションもますけどね。昨晩、友人のイーグルスファンと飲んだのですがオープン戦が終わっても開幕しないとなるとボク達は一体これから何をすればいいのか?と二人で酒場で途方にくれました。とりあえず昨年の開幕戦のときの写真を眺めてため息つくことにします。はぁ~~~・・
BlogPaint


▼「ポチ」してくれると喜びます。
にほんブログ村 経営ブログ 零細企業社長へ
にほんブログ村

愛和住販コーポレートサイト

昨日は、ノムさん(野村克也氏)の突然の訃報に驚きました。昨日ボクの別ブログ「モヤモヤまり~んず」にも書きましたが野村克也と言えばパリーグ一筋47年のボクにとっては王・長嶋以上の選手です。

【訃報】ノムさん逝く。

戦後初の三冠王を取ったのがノムさんです。パリーグには三冠王はノムさんを含め落合(3回)ブーマー・松中と4人しかいません。因みにセリーグでは戦前の中島と王さんとバース(2回)です。キャッチャーで3冠王ってハンパなく凄い選手なんですけど映像とか残っているのが少ないですよね。昔はセリーグしかも巨人中心でしたからね。いかにパリーグが蔑ろにされていたのかよく分かります。パリーグでノムさんのいた南海とボクの贔屓のロッテとの試合「ロッテ・南海戦」といえばパリーグの黄金カードと呼ばれた時もあったんですがまぁ多分ほとんどの人か知りませんよね(笑)
そんなノムさんですが数々の語録も残しています。弱小チームを優勝に導く名監督として「弱者の勝ち方」的な語録はボクのような零細企業の社長やっている人間には参考になる部分もあるんですけど、逆に参考程度にしかならないんですよね。なぜなら野村監督が教えていたのは弱小だろうと何だろうと全員「プロ」の選手なんですよね。対して零細企業のスタッフは「プロ」じゃない。知識とかスキルとかキャリアでなくてそこまで「プロ意識」を持って働いている人って少ないと思うんですよね。そもそも「プロ」と名のつく職業は少ない。いくらボクが「不動産のプロ」を自称してもその「プロ」の中身って何なのかといえばアヤフヤです。例えば「将棋のプロ」というとなりたくてもなれないですが、「麻雀プロ」や「パチプロ」なんて自称でいいし要は「ソレで食っているかどうか」だけですから「プロ感」はありません。ボクがこの業界に入った時にはお金も大切ですが「不動産のプロ」を目指したものですが今は「働き方改革」とかなんとかで「仕事はお金を稼ぐための手段」という感覚の人も多く何かのプロを目指している人は少ないと思います。そんな人たちに向かって語録を語ったところで刺さらないですよね。とはいえ弱小チームを率いて巨大戦力のジャイアンツを圧倒したヤクルト監督時代のノムさんが本当に好きでしたね。パリーグ出身の野村監督がセリーグを倒すといった構図にパリーグファンのボクとしては胸がすく想いでした。ともあれ、カネやんに続きノムさんとボクの少年時代にみたていた選手が次々に亡くなってしまい淋しいです。

にほんブログ村 経営ブログ 零細企業社長へ
にほんブログ村

愛和住販コーポレートサイト

↑このページのトップヘ