「金スマ」にユーミンが出演して中島みゆきの事を語ったというネットニュースをみた。ボクはTVを見ないので知りませんでしたが、ユーミンと中島みゆきといえばボクの青春時代からボク達の間では、キャンディーズVSピンクレディー、キャロルVSクールス、聖子VS中森明菜、という感じで議論されていたライバル関係です。ボクの体感では、ユーミンは巨人ファンで中島みゆきは阪神ファン。全国的にはユーミンファンがやや多いですが、中島みゆきファンはコアなファンが多いといった印象です。ボクですか?ボクは阪神ふぁんどころかパリーグのロッテファンですよ。こんなコアでマニアックな漢が心を惹かれるのは当然、中島みゆきです。もちろん、ユーミンも好きですよ。ボクの真っ赤なスターレットの座席にはカーステレオ用のカセットテープを入れる収納BOXがありましたが、SASや矢沢・聖子ちゃんとともに必ずユーミンの曲の入ったカセットテープがありました。ユーミンの曲はドライブに良く似合うんですよ。お気に入りだったのは「パールピアス」でしたね。アルバムの中に「DANG・DANG」という曲がありましてよく運転しながら聞いていました。ボクが19歳の頃です。対して中島みゆきの楽曲ときたらおよそドライブに相応しくないものばかりで21世紀になってようやく「宙船」のような楽曲がリリーズされましたが、20世紀の中島みゆきの楽曲はウキウキ気分で車の中で聞く曲ではありませんでした。ましてやデートドライブに中島みゆきは絶対ダメでしたね。でも、染みるんですよね~。失恋した真冬の深夜。一人の寒い部屋で毛布にくるまりながら中島みゆきの曲を聴いていると、涙がこぼれるんですよね。因みにこの中島みゆきのライバルといわれた山崎ハコの歌は「泣きたくなる」どころか「死にたくなる」ので失恋時にきくのはヤバかったです。さて、ユーミンの楽曲の世代別ベストテンで50・60歳世代の第一位は「卒業写真」でした。まぁそうでしょうね。この世代はそもそもユーミンに入ったキッカケはほぼ「卒業写真」ではないかと思います。ボクもそうです。ただボクの中のユーミンの楽曲で一番好きなのは「カンナ8号線」です。因みに中島みゆきだと「化粧」ですかね。桜田淳子も歌っていました。今夜は久しぶりにユーミン&中島みゆきでも聞いてみますかね。

▼不動産に関するご相談はコチラから▼
お問い合わせフォーム 

▼「ポチ」っとクリックお願いします。
にほんブログ村 経営ブログ 零細企業社長へ
にほんブログ村