不動産屋さんの社長って(愛和住販社長ブログ)

愛和住販っていう不動産会社の社長の日記です。 多分、自分は社長タイプじゃありません(白目)

不動産の買い取り・売買・賃貸を坂戸・川越を中心に埼玉県をメインに営業している不動産会社です。新築戸建て・中古戸建てやマンション・売地など取り扱っています。賃貸の仲介もやってます。

タグ:今年の漢字

今年の漢字「令」 新元号を反映 京都・清水寺

年末恒例の今年の漢字ですが、今年は「令」ということになりました。まぁ分かりやすい。確かに今年の国民皆が知っている一番の出来事は元号が「平成」から「令和」に変わった事ですからね。とはいうもののあまり元号が変わった感がありませんね。それらしきイベント的なものもあまり聞かなかったし、会話でもあまり元号の話題もなかったです。世間では段々と西暦も浸透してきたしね。ボクも特にキマリがない時は西暦を使います。生年月日くらいですかね「昭和〇〇年」とか言うのは。いずれにしても今年の漢字は「令」だそうです。一方、「マリーンズ版・今年の漢字」も決まりました。

ロッテ版・今年の漢字は『福』

マリーンズの公式インスタで投稿募集していたんですが、今年は「福」ということです。なるほどね~って思いました。「福」という字を投稿していたマリーンズファンも多いと思います。因みにボクは「惜」という漢字を投じました。でもよく考えるとマリーンズが「惜しい」のは今年に限ったことじゃなくて、例年常に何かが「惜しい」ので「今年の」ってわけではないですよね(笑)
なお、個人的に今年の漢字って何かなぁ?去年は「祈」でしたけど、今年は「耐」ですかね。なんか色々なことに「耐えた」1年間だったと思います。例えば、西武ドームでの翔平のサヨナラ落球とか、サヨナラ落球とか、サヨナラ落球とか(笑)大地のFA移籍とか、FA移籍とか、FA移籍とか(笑)もっとも社長業なんていうのは基本「耐久レース」みたいなもんですからしかたないのですがストレス溜まります。やはりボクは社長業に不向きだとつくづく思います。

「ポチ」してくれると喜びます。
にほんブログ村 経営ブログ 零細企業社長へ
にほんブログ村

http://www.aiwa-j.com/

毎年恒例の「今年の漢字」が発表になりましたまね。

今年の漢字は「災」 清水寺で漢検が発表

今年は「災」だそうです。
確かに今年は自然災害が多かった。
地震・台風・豪雨に猛暑・・・
日本全国北から南まで広範囲で災害に見舞われました。
改めて、被災地の皆様にはお見舞い申し上げます。
天災だけではなく、人災による事件事故も。
言われてみれば「災」の文字が当てはまる一年でしたけど
平成最後の1年を表すのが「災」というのもなんだか暗い気分になりますね。
来年は、「災い転じて福となる」というような一年になるといいですね。

ボク個人的には今年を感じで表すと、「祈」でしょうか。
因みに昨年は「戻」でした。
      
  今年の漢字

今年は、なんだか色々と祈ることが多かった気がします。
祈っても叶わないこともあれば、祈りが叶う事もありますが、
まぁ「祈らざるを得ない」ような出来事がいつもの年より多かったのかな。
人は大抵は「苦しい時の神頼み」ですから
苦しいことが多かったのかもしれませんね。
あまりいい1年ではなかったということなんですね。
それでもこうして年の瀬を迎えられるのは幸せな事です。
みなさんのとって今年の漢字は一体なんでしょうか?
なんであれ今年もあと半月。
いい新年を迎えましょうね。

にほんブログ村 経営ブログ 零細企業社長へ
にほんブログ村

川越・坂戸の不動産の買い取りは愛和住販にお任せください




昨日、今年の漢字の発表がありましたね。
今年の漢字に選ばれたのは「北」だそうです。
個人的には、「北」で思い浮かべるのは
北朝鮮のミサイル・北海道日本ハムの大谷&清宮
そんなところです。
北島さぶちゃん所有の競走馬の
キタンブラックというのもあるらしいですが
いまは競馬は全くやらないので「そうなんだぁ」ってくらい。
しかし、毎年毎年「今年の漢字」を選んでいますが
12月12日は「漢字の日」だそうで、
それでこの時期に発表していらしいです。
京都の清水寺の住職さんが大きな筆で
今年の漢字を書く姿が印象に残ります。

さて、個人的に今年の漢字はなんだろうと考えてみると私的には、
「戻」
でしょうか。
今年は会社設立10年ということもあり
初心に戻るというか。
またプライベートでも色々と元に戻る。事が多かったです。
なんか「戻」っていうと後ろ向き?後退?
みたいなイメージかもしれませんが
そういうことではなく
「原点に戻る」
「基本に戻る」
そんな風に過ごしてきた1年間だった気がします。
みなさんはいかがですか?
今年はどんな感じ(漢字)の1年でしたか?

にほんブログ村 経営ブログ 零細企業社長へ
にほんブログ村



↑このページのトップヘ