不動産屋さんの社長って(愛和住販社長ブログ)

愛和住販っていう不動産会社の社長の日記です。 多分、自分は社長タイプじゃありません(白目)

不動産の買い取り・売買・賃貸を坂戸・川越を中心に埼玉県をメインに営業している不動産会社です。新築戸建て・中古戸建てやマンション・売地など取り扱っています。賃貸の仲介もやってます。

タグ:令和

いよいよ「平成」の明日で最後ですね。
元号が変わったからと言って日常生活は変わりませんが、
何となく心機一転の新しい気持ちに一瞬はなります。
ボク等がまだ若いころ、昭和の前が大正でその前が明治。
なので「明治時代」「明治生まれ」と聞くと、
結構、「遠い時代」「古い人」みたなイメージが無かったですか?
そう思うと、令和時代が始まると「昭和」は、前々代の時代で
令和生まれの人は「昭和」は遠い時代。というイメージになるんでしょうね。
ボクの人生の中では昭和と平成がほぼ半分づつ。
正確に言うと昭和より平成の方が長く生きています。
ですから「平成育ち」と言っていいのでしょうが、
生まれが「昭和」なのでどうしても昭和時代の人となってしまします。
丁度、マリーンズの井口監督の現役生活が、
「マリーンズ」在籍期間が一番長いのにホークスの選手のイメージと一緒です(分かり辛っ)
それでも昭和と平成とどっちが良かったか?と聞かれればやはり「昭和」ですかね。
青春時代が昭和だったからなのかも知れません。
平成時代は色々と世の中便利になりましたが、昭和のあの不便さが懐かしくなります。
そんな「昭和」も令和時代の到来でますます遠く感じます。
まぁボクも年齢が年齢なのでおそらく令和時代に人生の終焉を迎えるのでしょうが、
昭和~平成~令和と3つの時代を過ごせるのは意味もなですが幸せかなと思っています。

よかったらポチしてください。
にほんブログ村 経営ブログ 零細企業社長へ
にほんブログ村

http://www.aiwa-j.com/


今日11時40分くらいに新元号が発表になった。
新しい元号は「令和」(れいわ)になった。
さすがにこれを的中させた人はいないだろうな?いやいるかな?
ボク的には「令和」というのは全く想像していなかったけど、
アルファベットの頭文字が、A・K・Rかなとはちょっと思ってた。
まぁ、そんなに新元号についてアレコレ考えてはいなかったけど。
この「令和」というのは万葉集からの引用らしいのだけど、
日本の古典からの採用は初めてらしい。
いままでは中国古典からの採用だったらしいので、
国書から採用したのは純粋に良かったと思う。
新元号の「令和」というのは、いいとか悪いとかは思わない。
いい悪いの感想なしに「令和」になったんだ~と素直に受け入れる。
「平成」の時もそうだったけど「令和」って言葉に
慣れるまで違和感はあるけどそれもすぐになくなるだろう。
昭和生まれのボクにとってまた「和」の文字は親しみがある。
ボクの会社も「愛和」だから、ちょっと嬉しい。
それにしても、まさか自分が生きているうちに元号が3つ目になるとは思わなかった。
若いころ、昭和の前は大正でその前の明治生まれの人を古い時代から生きているなぁと思ったが、
これからの「令和」世代の人達からしたら「昭和」生まれは古い時代になっちゃうんだな。
まぁとりあえず新元号も決まったことだし、しばらくは巷はこの話題で持ち切りでしょうね。


よかったらポチしてください。
にほんブログ村 経営ブログ 零細企業社長へ
にほんブログ村

http://www.aiwa-j.com/



↑このページのトップヘ