不動産屋さんの社長って(愛和住販社長ブログ)

愛和住販っていう不動産会社の社長の日記です。 多分、自分は社長タイプじゃありません(白目)

不動産の買い取り・売買・賃貸を坂戸・川越を中心に埼玉県をメインに営業している不動産会社です。新築戸建て・中古戸建てやマンション・売地など取り扱っています。賃貸の仲介もやってます。

タグ:埋め立て

辺野古の埋め立工事反対の電子署名を呼び掛けたローラが
早速ネトウヨさんたちにバッシングされてます。

  モデルのローラさんが辺野古工事停止の署名呼び掛け 「埋め立て止めることができるかも」

実はボクもツイッターのTLでこの電子署名の件を知りサインしました。
ボクは別に人権とか平和とか海を守れとかを叫ぶような人間ではありません。
どちらかというと右のごく一般的な日本を愛する日本人です。
だからこそ今回の辺野古埋め立てには眉をひそめちゃうんですよね。
あまりにも強硬過ぎないかと思うわけです。
座り込みをしている人たちを警察などごぼう抜きする映像なんか見ていると
なんだか日本じゃないみたい。やりかたが「美しくない」と感じるわけです。

で、ローラに対する批判も「芸能人は政治に口出すな」「何も知らなくせに」「反日左翼」とか
的を射た批判というよりも単なる誹謗中傷の類ですからね。
国民に政治に口出しさせない。というのは権力者の発想だと思うんですよ。
戦後の日本の権力者たちは国民をソコソコ豊かにし享楽を与えてきた。
そして国民は政治に関心を持たなくなり選挙にも行かなくなった。
その結果、一部の組織や業界と政治・官僚が利権を欲しいままに手中に収めた。
そんな風にボクは思っているんです。
政治ってそんなものじゃないと思うのです。
「何も知らない人」とはむしろ今の政治家の方だと思うのです。
一般的な世間の暮らしからかけ離れた感覚をもった政治家ばかりな気がします。
だから庶民の痛みが分からないのかなぁと思います。
エリート呼ばれる官僚もしかりです。
ローラの方がよほどマトモに見えます。
別に、ローラのファンではないけどバッシングするほどではない。
少なくとも彼女は誰も傷つけいていない。
自分の主義主張に即わない人間を理由もなく排除する人間こそ「政治」を分かっていないと思います。
ただ、賛否の意見を持つのは健全だとは思います。
なのでバッシングではなくもっと建設的な議論をすればいいのと思います。

にほんブログ村 経営ブログ 零細企業社長へ
にほんブログ村

坂戸・鶴ヶ島・川越の不動産は愛和住販にお任せください

   政府、沖縄・辺野古で土砂投入

昨日から沖縄県の辺野古湾への土砂投入作業が始まりました。
埼玉県在住のボクには沖縄は遠い場所ですが
国によるほぼ強行的な辺野古湾への土砂投入は納得いきません。
過日の沖縄県知事選挙で辺野古反対のデニー玉城氏が当選し
沖縄県民の民意は明らかになったにも関わらず、
安倍総理はデニー知事との面会もせずに土砂投入です。
ボクは特定政党を支持していませんし、リベラルでもありません。
それでも今回の辺野古の件は酷いなぁと面ます。
確かに国政選挙で自公与党が信任された結果になっていますけど
沖縄の件にしたって消費税の件したってそれに賛成したわけでもありません。
沖縄県に基地問題を押し付けることは国民の民意ではないと思うわけです。
そして、このようなことがまかり通る事には「恐怖」です。
今回は沖縄県での話ですが、いつ自分達の住んでいるところで
同じような事が行われるかわかりません。
埼玉県民が反対していることを国が強制定期に実施することが起こりえるということです。
日本国民全員が、沖縄県民の皆さんと同じ状況になりえるということです。
遠い沖縄の話ではないのです。
こんな政権で本当にいいのか?と思います。
自公や安倍内閣がどうこというよりも、
やはり一人の人間や特定の政党が長期間政権の座についていることがいけないのだと思います。
本来であれば、二大政党がボクの中では理想なのですが
野党は野党でバラバラでまとまりがなく
また民主党政権時のトラウマもあり二大政党には程遠いの現状です。
自公にNOを突き付けたとしてもそれに代わる健全な野党がない。
もう国民にとってはどうしようもない政治的状況なのかな?と思っています。
といっても、ボク達に出来るのは選挙で投票することだけですけど。
来年は統一地方選と参議院選挙もありますから、そこで意思表示をするしかありませんね。

にほんブログ村 経営ブログ 零細企業社長へ
にほんブログ村

川越・坂戸の不動産買い取りは愛和住販にお任せください。

↑このページのトップヘ