不動産屋さんの社長って(愛和住販社長ブログ)

愛和住販っていう不動産会社の社長の日記です。社長っていっても零細不動産屋ですから大したことないです。そもそも社長に向いてないし・・ジョブチェンジするなら迷わず「吟遊詩人」にします(笑)

不動産の買い取り・売買・賃貸を坂戸・川越を中心に埼玉県をメインに営業している不動産会社です。新築戸建て・中古戸建てやマンション・売地など取り扱っています。賃貸の仲介もやってます。

タグ:夏休み

今年も夏休みは大それたことはしませんでした。ほぼ去年と同じです。去年も映画を観に来ましたが今年も映画を観てきました。『コンフィデンスマンJP プリンセス編』を今年は観ました。

 映画『コンフィデンスマンJP プリンセス編』公式サイト

去年の夏休みに「ダンスウィズミー」を観て以来1年ぶりの映画館です。もちろん近場のワカバウォークです。
preview (1)
ソーシャルディスタンスで野球場同様に座席も両サイドに人がいないのでいいですね。球場は周りに人がいないと寂しいですが映画館は騒ぐような場所じゃないので周囲に人がいない方がいいです。まぁカップルだとツマラナイかもしれませんが、今の時代に映画館でデートってのはないかも知れませんね。ボクが青春していた昭和50年代はデートと言えば映画館は定番でしたけどね。まぁそんなわけで1年ぶりの映画館でした。映画はドラマの劇場版ですがボクは肝心のドラマの方を観ていないのですがそれでも別に支障なく楽しく観ることができました。映画っていうと評論家っぽく語る人もいてそういう人は見るとカッコウええなぁって思うのですがボクはあまり深く考えてみない人なので、今回映画はそんなボクにピッタリなただ見ているだけで楽しめる映画でした。もっともボクは長澤まさみより新垣結衣・綾瀬はるか派なんですよね。長澤まさみは「タッチ」で浅倉南役をやった時に「これは南ちゃんじゃない」という想いがありあまり好きな女優さんではなかったのです。(もっとも、谷亮子のヤワラちゃんよりは全然許せるのですが)ところが年齢を重ねてからだんだんいい女優さんになりましたよね。昔は美人過ぎてコメディーとかには違和感がありましたがここ数年はイイ感じになってきて好きになりました。(でもガッキーがいいけど)まぁキャストも豪華でしたが、「そこは別にこの人じゃなくてもいいだろう」ってやりすぎ感もありました。ただ三浦春馬君の元気な姿をみて少し切なくはなりました。そんなわけでまた映画みたいなぁ~って昨年の夏と同様な気持ちになりました。とか言ってどうせ今度映画館にいくのは1年後とかなんだろうなぁ。

▼「ポチ」っとクリックお願いします。
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 埼玉県情報へ

にほんブログ村愛和住販コーポレートサイト

今日あたりから世間では夏休みに入った会社さんも多いと思いますが、当社は8月13日~15日が夏休みになります。たったの3日間ってわけでありません。会社は3日間ですがボクも含めスタッフは前半と後半で別れて休みをとります。店長は明後日から夏休みに入りますし、ボクは13日から18日まで夏休みに入ります。今年の夏もノープランです。コロナとか関係なくここ数年は夏も冬もノープランのまま特に何するわけでもなく終わってしまうという休暇が多いです。昔は夏は「絶対に海」冬は「絶対に山」に泊りで出かけたものですが加齢とともに遊んでくれる人がいなくなりました。嫁も昔はアチコチ一緒に来てくれたのですが最近ではつきあってくれません。「嫁がオバサンになっても海に連れて行く」気持ちは些かも変わっていないのですが、私がオジサンになったからでしょうか?嫁に拒否られます。それなら今年はソロで行ってやると思っていましたがボクの大好きな九十九里の海水浴場は全てクローズです。近くのプールもクローズですし水辺は全滅です。かといってこのクソ暑いのに温泉気分でもないですし。一応11日と18日はマリンスタジアムのチケットを確保しているのでそこはキマリです。お盆中に1度はお寺さんにお参りもするのでそれもキマリなんですが後は何も決まってません。どこか行きたいけどどこに行っていいのやら?これからボチボチ考えてみます。

▼「ポチ」っとクリックお願いします。
にほんブログ村 経営ブログ 零細企業社長へ
にほんブログ村 

愛和住販コーポレートサイト




関東地方の梅雨明け宣言が出ましたね。今年は梅雨明けが遅いなぁって思っていましたが今日ようやく梅雨明けです。今日から8月ですもんね。なんでも関東甲信越の8月の梅雨明けは13年ぶりとか。まぁとにかくまた「暑い夏」がやってきました。といってもボクは子供の頃から「夏」が好きなんですよ。加齢とともに「暑さ」に対する耐性が弱まってはいますがそれでも「夏」が好きです。なんだか知らないけどワクワクするんですよね。なんか素敵なことがありそうな予感。実際は何も素敵な事なんてないんですけどね。それでもやっぱり夏はいいです。今年はコロナもまた感染拡大してますし、いつもの夏という訳にもいかないでしょうけど折角の短い夏に自宅に引き籠ってばかりでもストレスになりますよね。コロナ対策をして夏休みはどこかに行きたいなぁって思ってます。・・ってまだ会社の夏休みの日程を決めていませんでした。早急に決めます。とその前にとりあえず渡辺真知子の曲でも聞いて夏気分を盛り上げたいと思います。


「かもめが翔んだ日」


「唇よ、熱く君を語れ」

▼「ポチ」っとクリックお願いします。
にほんブログ村 経営ブログ 零細企業社長へ
にほんブログ村 

愛和住販コーポレートサイト

夏休み期間中に10年ぶりくらいに映画館へ行った翌日。
これまた10年ぶりくらいに「川越水上公園」のプールに行った。
本当は海に行きたかったのだが、さすがに海日帰りは色々とキツイ。
でも夏は水辺にいきたい。というわけでお手軽な「川越水上公園」のプール。
17日に行ったのだがこの日は台風一過ということもあり、朝から殺人的な暑さだった。
プール入口の信号から既に渋滞。プール手前の民間の駐車場に車を停める。
だいたいプール周辺の民間駐車場はどこも1000円。
手前の信号から渋滞している時は水上公園の駐車場は満車。
そして民間もプールに近い所から満車になるので、
「空」があったら躊躇なくその駐車場を利用した方がいい。
「もう少し近くの駐車場に・・」なんてスケベ心を出すとどこにも駐車できなくなる可能性大だよ。
また、チケットはできれば事前購入がおススメですね。
因みにプールは大人720円。ここもまた駐車場の方が高いんかい!

IMG_5145


さてそんなわけで入場したがコパトーンを園内で購入しようと思ったが売っていない。
コパトーン・日焼け止め・シーブリーズは園内に売っていないのでお忘れなく。
で、とりあえず場所を確保しビールでも飲もうかと思いきや
ノンアルコールビールしか売ってない。なんでも園内アルコール禁止だそうだ。
以前来た時は生ビールとか売ってた記憶があるのだが、今はNG。
これには嫁も一気にテンションがさがる・・
でも気を取り直して流れるプールへ。やっぱ「夏は水中」に限る。
まぁどんどん人が増えてきていわゆる「イモ洗い」状態だったがこの時期は仕方ない。
オトナなので3時間ほどで撤収したが十分「水辺」を満喫した。
というより、3時間くらいで疲れてしまうとは寄る年波には勝てないと実感('A`|||)
まぁガソリン(酒)が無かったのが一番の敗因と分析してはいるが。

IMG_5146
この後テントの数は倍に膨れ上がる。今回はテント持参しなかったが
一日いるならテントは必須だな。
BlogPaint   
プールに入る前はまだ元気だったオヤジ二人・・
IMG_5159
お店の人が「ソフトクリーム」作りに失敗。
逆にオシャレ風に。(本当はちゃんと手で持って食べられます)
IMG_5154
そして、川越水上公園のプールでも活躍するマリーンズグッツ( ー`дー´)キリッ
マリーンズのファンクラブに入会するとこんな素敵なグッツがもらえちゃう!
さぁ!来年はキミもマリーンズファンクラブ
「チーム26」に入会しよう!(鈴木大地風)

にほんブログ村 経営ブログ 零細企業社長へ
にほんブログ村

にほんブログ村 企業ブログ 不動産業へ
にほんブログ村

http://www.aiwa-j.com/




昨日までの6日間の夏休みを終えて今日からまた出勤してます。
夏休みと言っても去年同様、遠出・お泊りもなく何となく終わっちゃいました。
最初の3日間は完全に自宅でダラダラしてましたが、
あまりにヒマだったので約10年ぶりくらいに映画を観に行きました。
矢口史靖監督の「ダンスウィズミー」を見ました。

ダンスウィズミー

矢口作品と言えば、「ウォーターボーイズ」が有名ですね。
「ウォーターボーイズ」は県立川越高校水泳部がモデルになっているんですよ。
あとは、「スィングガール」とか「ハッピーフライト」とか。
最近の矢口作品は「サバイバルファミリー」
をDVDで観ました。
特に何も深い事を考えずに観ることができる
矢口史靖や三谷幸喜監督作品は娯楽映画としてはいいですよね。

さてストーリーは、インチキ催眠術師の「音楽を聴くと歌って踊ってしまう」という
催眠術にマジでかかってしまったOLが催眠術を解くために
その催眠術師の追いかけ新潟~秋田~札幌へ。といった感じで分かりやすいお話です。
で、会社とかレストランとかで音楽を聴いてしまい
その都度、歌って踊るというわけです。
作品中に登場する楽曲が昭和(平成)時代の楽曲なので、
ボクにとっては、よく聴いた懐かしい曲ばかりで楽しいのですが、
今の若者たちにとっては「親世代」の曲ばかりで原曲は知らないと思います。
それでも曲そのものは知らなくても十分楽しめる内容にはなっています。
主役の三吉彩花のダンスがあまり上手でなく
いかにも素人っぽいところがまたいい感じです。
もし彼女が演技であのダンスをしていたとしたらかなりの演技力です。
しかし脇役のやしろ優・
chayのキャラが濃くて三吉彩花が目立たない(笑)
そんな感想をもった作品でしたね。
因みに矢口作品の主人公はほぼ「鈴木」という名字なのですが
今回も三吉彩花演じる主人公の名前も「鈴木静香」です。

久しぶりに映画館に行きましたが楽しかったですね。
プロ野球がオフシーズンになったら映画鑑賞でもしようかな?

にほんブログ村 経営ブログ 零細企業社長へ
にほんブログ村

にほんブログ村 企業ブログ 不動産業へ
にほんブログ村

http://www.aiwa-j.com/

↑このページのトップヘ