不動産屋さんの社長って(愛和住販社長ブログ)

愛和住販っていう不動産会社の社長の日記です。 多分、自分は社長タイプじゃありません(白目)

不動産の買い取り・売買・賃貸を坂戸・川越を中心に埼玉県をメインに営業している不動産会社です。新築戸建て・中古戸建てやマンション・売地など取り扱っています。賃貸の仲介もやってます。

タグ:宮迫

反社との闇営業問題で謹慎中だったロンブーの亮が一応復帰して記者会見をやったそうですね。宮迫もYouTubeで謝罪動画を配信したとか。まぁどちらもさほど興味がないのでネットニュースのテキストを読むだけで実際に記者会見もみていないしYouTubeもみていませんが、亮に対する風当たりと比べると宮迫に対しては厳しい意見が多いですね。まぁ宮迫の場合は亮と二人で行った記者会見の時もそうでしたが、なんとなく胡散臭いというか演技臭くてそういう「いやらしさ」みたいなものが見え隠れするところに世間の厳しい目が向けられるのかなぁと思います。フジモン&ユッキーナも同じ臭いがしましたけど世間の嗅覚は本人達が思っているほど鈍くないというところでしょうか。でも、宮迫やフジモン&ユッキーナは単なる芸能人で彼らが何をしでかそうがボク達には実害はないんですよね。ボクなんてほとんどTVは見ないし中でもバラエティー番組はまず見ません。お笑いだったらちゃんと「お笑いのネタ」を披露する番組しかみません。むしろ今国会で野党が追及している「桜を見る会」を始めとする政治家がらみの案件の方がヒドイと感じます。宮迫にしてもユッキーナにしても芸能人が不祥事を起こせばそれなりの社会的制裁を受けるわけですよ。謹慎だったり中には引退を余儀なくされることがある。なのに政治家はいくら疑惑があっても平気で政治家を続けるわけです。安倍総理に先日の答弁だってヒドイですよ。「募っているが募集はしてない」ってこれが日本の総理大臣とは思えない発言を平気で国会でしているわけです。芸能人と違って議員はボク達の税金で給料をもらいボク達の税金の使い道を決めているのです。それに対してボク達は宮迫やユッキーナに向けたような批判をしないわけです。だから彼ら政治家は「疑惑」なんて屁でもないんですね。「完璧な黒」でなければ議員として居続けられるわけですから「グレー」段階は謝罪すらせずにひたすら嘘と隠ぺいを繰り返すのだろうと思っています。胡散臭くても演技臭くても謝罪をする宮迫のほうがまだマシだなぁって思います。

にほんブログ村 経営ブログ 零細企業社長へ
にほんブログ村

愛和住販コーポレートサイト

 宮迫・ロンブー亮の記者会見が「吉本興業」の暴露話になり、
それに対して吉本の岡本社長がグタグタの記者会見を行い、
吉本芸人が今度は吉本興業叩き始めるという何だか分からなくなってきた一連の騒ぎ。

吉本・岡本社長 お粗末会見で「芸人大量流出」危機

もう最初の「闇営業」なんてどうでもよくなって、
不祥事を起こした張本人の、宮迫やロンブー亮が被害者のように扱われているのは
なんとなく腑に落ちない今日この頃です。
まぁ日本人的感覚で言えば、勇気をもって吉本興業を告発?
した宮迫・亮に世間の支持は集まるのは納得します。
力が無いものが巨大な権力に立ち向かうのは見ていてスッキリしますが、
どうせ契約解除されるんだ。どうせやめるんだ。って思ってあの二人は吉本批判をしたわけで、
社会人としてはちょっとどうかなとは思います。
辞める会社又は辞めた会社の内部事情を暴露するのって、
ボク的は社会人として大人としてそして人として信用できないという感想です。
会社に対して不満のない人は多分世の中にいないと思います。
例えば転職する人は現在の会社に不満があるから転職するわけです。
だからといってその「不満」を口にしない。
それを口にしたら自分の評価が下がるだけでしょう。
そもそも、宮迫・亮の会見は自分達の「闇営業」という不祥事を説明又は謝罪する場なわけですよね。
その場で「会社」の事を云々いうのは筋違いだし責任転嫁ではないだろうか?
結局、今となっては「闇営業」なんて不問にされて、「吉本叩き」一辺倒。
これっておかしいと思うわけです。
別に吉本興業が正しいとか言っているわけじゃなく、会社としてはブラックなんでしょうが
なんか宮迫・亮がやったことは違う気がしてなりません。
本当に吉本の他の後輩芸人の為ならば、なんで「闇営業問題」の前に言わなかったのか?
そして世間の吉本叩きに乗っかっている吉本芸人もそう。
いままで何で言わなかったのか?なんで吉本を辞めなかったのか?
今になって何言ってんだよ?って気持ちになります。
その点で言えば、加藤浩次が一番マトモでカッコイイと思います。
逆言えば自分達の謝罪?説明?会見で会社の事をアレコレ言った宮迫・亮は逆に信用できない。
そんな感想を抱いています。
もっとも、以前も書きましたが吉本だろうと吉本を辞めようとボク達にはどうでもいい話です。
芸人は面白ければいいと思ってます。面白いからこそ芸人です。
そいうい意味でいうと、現在の「吉本問題」はツマラナイ。
ナイツがネタにしてたけど、そっちの方が面白い。
やっぱり、芸人は面白くてなんぼですね。
とっとと「吉本騒動」を終わらせてもらいたいものです。



にほんブログ村 経営ブログ 零細企業社長へ
にほんブログ村

にほんブログ村 企業ブログ 不動産業へ
にほんブログ村

http://www.aiwa-j.com/




吉本興業の所属タレントによる、闇営業問題は沈静化までまだ時間がかかりそうですね。
昔から興業と反社は切っても切れない間柄ですけど、もう今はそういう社会ではありませんね。
とはいえ、振り込み詐欺グループのイベントじゃ反社かどうかは分からないと思うので、
「知らなかった」というのは本当の事だと思います。
そもそも、反社の人達が見るからにソレと分かるような恰好や素振りなんてしませんからね。
うまくソレとは分からないように社会に溶け込まないと詐欺なんてできません。
不動産会社もちょっと儲けてお金を持つようになると、
芸能人や有名人をイベントに呼ぶことが多々あります。
ボクが若かりし頃はバブル真っ盛りですから、会社のイベントで芸能人とか来てましたね。
しかもその時代の不動産屋の社員なんて、パンチ頭にサングラス。
パーラメント(タバコ)にす吸い口をさして吸っていて
外見だけなら「反社」のような業界ですからね(笑)
まぁさすがにこの業界でもパンチパーマは見なくなりましたが、
スキンヘッドで強面とか結構います。実際は全然普通の人ですけど。
まぁ宮迫なんかは「ギャラを貰ってない」ってウソを言ったのが良くなかったですね。
最初から正直に話していれば、まだ情状酌量の余地もあったけど
あの「ウソ」が「反社イベントに参加」よりも悪かったと思います。
さて、吉本興業はそうした芸人を処分してますが、
ボクなんかは吉本興業が一番悪いと思うクチです。
所属タレントと雇用契約をしてないわけでしょう。
となると、最初から外注みたいな感じでタレントは個人事業主というカタチなのかな。
それでは到底食べていけないタレントも多くなるし、当然ガバナンスも効かない。
本気で吉本興業がコンプラを遵守する気であるならば、
所属タレントとの契約を見直さないといけませんね。
外注扱いを止めて吉本興業の社員として雇用し、社員以外の斡旋はしない。
社員については最低限の固定給を払う。そんな風にしなければまた同じことは繰り返されそうです。
実は、不動産業界もよく似ているところがあるんですよね。
いまでこそ少なくなりましたが、昔の不動産営業マンは「フルコミ」という給与体系が主流でした。
「フルコミッション」つまり完全歩合制です。
売れなければ給料は0円どころかガソリンも携帯代も全部自分持ち。
その代わり売れればインセンティブ(歩合)が高い。まぁ個人事業主です。
ボクも勿論そのような経験を経て現在に至ってます。
さすがに最近ではフルコミでやりたいという猛者がほとんどいません。
よほど自分に自信がないとできませんからね。
っていうかどうせ個人事業主扱いならば、他人の会社に所属しないで自分で会社を興しても同じ。
だから、売れる営業マンってみんな独立しちゃうんでしょうね。
とまぁ~話は不動産業界のことに逸れてしましましたが、
今回の吉本の闇営業問題。
ボクの感想としては、あまり売れていない芸人さんの対してはかなり同情的な気持ちもあります。
まぁ普通に売れているのに闇営業でギャラ貰ってた連中は「知らん」って思います。
でも芸人なんだからおしろいネタを作ればTVに出れなくても、
ライブとかでやっていけると思うんですけどね。
最近の芸人さんはちょっと売れてくるとMCとか俳優とかやり出して
観心のネタを全然やらなくなるのは不満です。
その点、サンドウィッチマンや博多華丸大吉やナイツには好感持てます。
芸人なんだからネタ作ってなんぼでしょ。
不動産営業マンだって契約してなんぼですから。

にほんブログ村 経営ブログ 零細企業社長へ
にほんブログ村

にほんブログ村 企業ブログ 不動産業へ
にほんブログ村

http://www.aiwa-j.com/

↑このページのトップヘ