不動産屋さんの社長って(愛和住販社長ブログ)

愛和住販っていう不動産会社の社長の日記です。 多分、自分は社長タイプじゃありません(白目)

不動産の買い取り・売買・賃貸を坂戸・川越を中心に埼玉県をメインに営業している不動産会社です。新築戸建て・中古戸建てやマンション・売地など取り扱っています。賃貸の仲介もやってます。

タグ:恵方巻

今日は「節分」ですね。
「節分」の食べ物というといつのまにやら全国的に「恵方巻」みたいになってますけど、
昨年も書きましたが、「恵方巻」とやらの食べ物はいまだにしっくりきません。
子供の頃には節分には「恵方巻」どころか、普通の海苔巻きすら食べた記憶がないので、
いきなり「恵方巻」と言われてましても「はぁ」って感じです。
で、その「恵方巻」ですが全国で廃棄処分されている量がハンパじゃないらしです。
試算では処分費抜きで約10億円分が廃棄されているようで
国から廃棄処分を減らすようにとのお達しが今年はでたようです。
まぁ~そうでしょうね~。
「恵方巻」って量が多すぎますよね。アレを食べきるのは大変です。
しかも、切らずに黙って最後まで食べるとかいうルールがまた大変。
それに、「恵方巻」って主食じゃないですか。
ということはアレにプラスアルファでおかずを作るわけでしょ?
おかずなしじゃ淋しい食卓になるし、かといっておかず食べたら「恵方巻」食べきれない。
そりゃ、廃棄になりますよ。
にもかかわらず今年もコンビニ・スーパー・ファミレスなどなど至る所で「恵方巻」を売っています。
どうしたものでしょうかね。
ボクですか?はい。今夜は「恵方巻」とトン汁だそうです。
もちろん残さず食べますけど、来年からはもう「恵方巻」はいいかな?って思ってます。
みなさんも、残さず食べてくださいね。「恵方巻」

にほんブログ村 経営ブログ 零細企業社長へ
にほんブログ村

不動産買い取りは愛和住販にお任せください
















今日は節分。
タバコを買いにセブンイレブンに寄ったら
レジの横に「恵方巻」が山積みに売ってた。
それだけならまだしも、店頭にテントを張って
そこでも「恵方巻」の販売。
どんだけ「恵方巻オシ」だよ(笑)
まぁ、この「恵方巻」という呼び方は昔からあったわけではなく
最初に「恵方巻」とネーミングをしたのはセブンイレブンだそうで
なるほど名付け親ならば気合入るよね。

しかし「恵方巻」っていつから全国区になったんだろ
俺の子供の頃には無かったし
少なくてもバブルの頃にもなかった。
21世紀になってからかなぁ。
俺たちの子供頃の節分っていったら
「でん六豆」のオマケの鬼のお面(何故か赤鬼)を
大人(主に母親)がつけて
そこに向かって「鬼は外~」といって豆をぶつけて
あとは自分の年齢の数だけマメを食べておしまい。
特別な食べ物はなしで、イベントとしては地味。
まぁ、いまでもイベントとしては地味だけど
「恵方巻」の登場で少しは改善されている気がする。

節分というと2月のイベント定期ではあるが
実は「節分」と呼ばれるのは年に4回ある。
「立春」「立夏」「立秋」「立冬」の
それぞれ前日を「節分」というんだね。
この時期は「邪鬼」がはこびるという事だが
要は、季節の変わり目は体調を崩しやすいといことなんだろうね。
昔は病気は「鬼」の仕業と思われていたからね。
日本の昔からの行事って言うのは
意味があって歴史があるから好きなんだよなぁ。
てなわけで、今日の夕食は「恵方巻」で決まりだな。


にほんブログ村


↑このページのトップヘ