不動産屋さんの社長って(愛和住販社長ブログ)

愛和住販っていう不動産会社の社長の日記です。 多分、自分は社長タイプじゃありません(白目)

不動産の買い取り・売買・賃貸を坂戸・川越を中心に埼玉県をメインに営業している不動産会社です。新築戸建て・中古戸建てやマンション・売地など取り扱っています。賃貸の仲介もやってます。

タグ:文大統領

昨日、韓国を「ホワイト国」から除外する閣議決定が予定通り決まりました。
同時に「ホワイト国」という通称も用いないことにもなったようです。
パブリックコメントも95%が賛成で反対は僅かに1%(残りは賛否不明)だったようで、
ほとんどの日本国民が韓国の「ホワイト国」除外を支持しています。

日本政府「戦略的放置」貫き韓国をホワイト国から粛々と除外

そんな日本に対し韓国の文大統領も声明を発表。

文氏「盗っ人たけだけしい」、反日感情あおる

まぁいつものように「全部日本が悪い」という話です。
日本が対話を拒否したかのような話になっていますが、
慰安婦・徴用工・自衛隊機に対するロックオン問題で2か国間協議を拒否してきたのは韓国です。
また、先の日本の「輸出管理強化」に対して「報復」という言葉を用いて非難してきたのに、
自分達は「日本に報復する」と堂々と宣言してますね。
また、日韓の軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の破棄まで口にしています。
日本としてはGSOMIA破棄なんて特に無問題でしょう。
GSOMIA破棄を口にすればアメリカが日本を説得(叱って)してくれると
思っているのかもしれませんね。

自衛隊機をロックオンしておきながら開き直る国と
GSOMIAを継続するのは日本国民としては逆に賛同できない気持ちですが、
ここは日本政府としては米国の手前GSOMIA継続希望と言っておかなければなりせんね。
韓国が破棄をするというのなら日本としては残念ながら破棄する以外ありません(笑)

さらには現在進行中の韓国国内での日本製品不買運動に加え、
東京オリンピックのボイコットなども取りざたされていますね。
また、日本各地での日韓交流もスポーツ・文化といった多岐にわたる分野でキャンセルが続出。
「どらえもん」までも韓国での上映が無期限延期になったそうです。
もちろん、それらは日本側から要請したわけだなく
韓国側がそのようなアクションをしているようです。
いよいよ、日韓関係の悪化は民間レベルまで裾野を広げ「戦後最悪」の様相を呈してきました。
国交正常化から約半世紀かけて築き上げてきた日韓関係も終焉に向かっているのでしょうか?
もっとも、この半世紀そしていまでも韓国で反日教育が行われているわけですから
真の「友好関係」を築いてきたとはボクには思えません。
両国間にずっと燻っていたけどなんとか抑えていたものがついに炎を上げたように思えます。

ボクは以前から言っていますが韓国を好きでも嫌いでもありませんが日本は好きです。
そしてお互いに嫌いな者同士はプライベートでもビジネスでも付き合う事はないと思っています。
プライベートで気が合わない相手とビジネスをすれば必ずモメます。
目先の利益・自分の利益の為に相手を利用するだけになるからです。
だったら最初からお付き合いしない方が良いというのがボクのポリシーです。
ですから韓国ともこちらから絶交することはないですが、
なるべくお付き合いしない方向がベターだと思います。
確かに日本にとって利益の損失はあるでしょうが目先の利益より重要なのは信頼です。
もはや、民間レベルでお互いの国を信用できないのだから普通にお付き合いするは難しい。
ましてや優先的・優遇的にお付き合いするのは「ありえない」レベルの話でしょうね。

まぁ韓国は日本や日本人が大嫌いかもしれませんが、
台湾を筆頭に、フィリピン・インドネシア・カンボジアなどなど
アジアのなかでも日本を好いてくれてる国もたくさんありますから
そのような国々と深い友好を結び共に歩んでいけばいいのだろうと思います。
もっともボクは海外旅行も行きませんし、K-POPも聞きませんし、韓流ドラマも観ません。
ボクの生活のなかでの韓国は、眞露とマッコリ、キムチに韓国海苔くらいです(笑)
なので、日韓関係が悪化しても良化しても個人的は被害も利益もありませんが、
不動産屋は韓国好きが多いので、某不動産屋の社長は気が気じゃないかも知れませんね(笑)

にほんブログ村 経営ブログ 零細企業社長へ
にほんブログ村

にほんブログ村 企業ブログ 不動産業へ
にほんブログ村

http://www.aiwa-j.com/



ここ数日間、朝鮮半島話題が活発ですね~。
米朝首脳会談は結局物別れに終わり
それを受けた3月1日の韓国の文大統領の独立記念日のメッセージも
反日色を随分と薄めた内容でした。
北朝鮮も韓国もまさかアメリカがここまで強硬の出るとは思っていなかったのでしょう。
実際、米朝首脳会談が始まるまでは「終戦宣言」もあり得るくらいの勢いでしたから
それが全く逆の状況ですからね。
まぁ北朝鮮に関しては本気で核を放棄するとは思っていなかったので、
トランプ大統領がそれに騙されずに変な妥協をしなかったのは正解かと。
また、米朝会談が成功してしまうと日本が孤立化する恐れもあったので
日本にとってはいい結果だと思う。
むしろ韓国は、米朝会談が北朝鮮・韓国にとっていい結果が出れば日本は孤立化しそうなれば韓国に譲歩せざるを得ないだろうと考え強硬な対日作戦をとっていたのだろうと思うが
その思惑がすっかり外れて、3・1の文大統領のスピーチも日本に対してトーンダウンしただと考える。
だからといって、日韓関係が好転することはないだろうね。
ここまで散々な事をされて、天皇に謝罪しろとまで言われて日本国民の嫌韓はピークに達している。
いまさら「真の友人になれる」と言われても多くの日本人は納得しないでしょう。
「真の友人」になるためには、過去のことはお互いにキレイさっぱりと見ずに流す。というのが日本人的感覚ですから、いつまでも過去のことを言い続けるという韓国の人とは「真の友人」になるのは難しい。やはり南北朝鮮とは隣同士だけど深く付き合わない方がお互いの為だと思う。
日本はむしろ台湾との関係を強化すべきだろう。地政学的に言って、台湾・沖縄は非常に重要な場所にあるし何よりも台湾の人の方が日本人の気質に合うと感じる。日本人は中華思想は馴染まない。いやむしろ東アジアで中華思想を持つのは中韓朝の3か国くらいだろう。ならば日本はそれ以外の東アジアの国々との連携強化をしていくのが得策ではないかと思う。

にほんブログ村 経営ブログ 零細企業社長へ
にほんブログ村

http://www.aiwa-j.com/


年始から日韓関係に波紋!?文大統領が“日本批判”

昨年来から、慰安婦・徴用工・旭日旗・レーザー照射と続けざまにトラブル続きの日韓関係。
昨日の文大統領の遂にのっぴきならないところまで来た感じがしますね。
大統領から多少でも日韓関係を改善する方向への発言があるかと思っていたけど結果は逆。
日本の政治家は謙虚になれ。と言われちゃいましたね。
いやいや日本の政治家も随分と舐められたものですが、そうも言っていられません。
舐められては困るのです。
安倍総理を始めとする日本の政治家が個人的に舐められる分には構いませんけど、
我々の税金を使って韓国に様々な援助をしているわけだから舐められておしまいでは困るわけです。
それにさすがに大統領にこんな風に言われれば、政治家だけなく多くの日本国民も腹を立てていると思いますよ。ボクは何度も書きますが別に韓国については何の感情もありませんけど、ここまでされてここまで言われると正直「ふざけんな」って思います。

嘘ついたり、デマを流したり、過去の約束を守らなかったり
剰え既に支払い済の金員を再び請求してくる。
こんな会社があったら取り引きしますか?私なら取引停止します。
たとえその会社との取引で多少の利益があったとしても
長い目で見れば必ず有形無形の形で損失が出るからです。
いくらその会社の社員がいい人で個人的なつきあいをしていても取引はできません。
まさしく現在の日韓関係は官房長官が言うようにかなり厳しい状況でしょうし、
ここで変に妥協をするべきではありません。
もちろん韓国側も妥協するつもりもないでしょう。
日本にここまで強く出ているのは、韓国にとって日本は今やさほど重要な国ではないということです。
南北朝鮮が統一すれば韓国は恐らく中国・ロシア寄りの国家になるでしょう。
そうならようにアメリカは韓国と同盟を結んでいるわけですが
ここにきて米韓関係も思わしくないのはアメリカがいよいよ韓国を切り捨てる算段に入っているのではないかと思われます。そもそも日本がここまで韓国の言い分を聞いてきたのはアメリカの意向を忖度してたわけですから、そのアメリカが韓国との同盟を破棄すれば韓国といままでみたいな付き合いをする必要もなくなるわけです。隣国とは平和裏にお付き合いするのが両国にとって一番望ましいのですが、どうしても無理という場合は下手に上辺だけで付き合っていがみ合うより、付き合いをやめた方が平和な場合の方が多いのではないかと思います。敵対するのでなくお互い干渉しない・気にしない。その方が平和だったりします。
「未来志向」と日韓の政府はこの言葉をよく口にしますが、
国交を断絶するのが両国にとってベターな未来なのかもしれません。
もちろんベストなのは両国が仲良く交流することですが、
現在の日韓両国の関係は、ミサイルや戦闘機こそ飛び交っていませんが
絶え間ない紛争状態は戦争状態と変わらないでわけで、
昨日の文大統領のコメントは、ボクには韓国からの宣戦布告に聞こえました。
これではベストな選択はできないわけですから、
よりベターな選択をする以外に道はなくとなると断交はともかく
「なるべく関わらない」という道以外にないきがします。

にほんブログ村 経営ブログ 零細企業社長へ
にほんブログ村

川越・鶴ヶ島・坂戸・東松山の不動産の事なら愛和住販にお任せください


↑このページのトップヘ