年始から日韓関係に波紋!?文大統領が“日本批判”

昨年来から、慰安婦・徴用工・旭日旗・レーザー照射と続けざまにトラブル続きの日韓関係。
昨日の文大統領の遂にのっぴきならないところまで来た感じがしますね。
大統領から多少でも日韓関係を改善する方向への発言があるかと思っていたけど結果は逆。
日本の政治家は謙虚になれ。と言われちゃいましたね。
いやいや日本の政治家も随分と舐められたものですが、そうも言っていられません。
舐められては困るのです。
安倍総理を始めとする日本の政治家が個人的に舐められる分には構いませんけど、
我々の税金を使って韓国に様々な援助をしているわけだから舐められておしまいでは困るわけです。
それにさすがに大統領にこんな風に言われれば、政治家だけなく多くの日本国民も腹を立てていると思いますよ。ボクは何度も書きますが別に韓国については何の感情もありませんけど、ここまでされてここまで言われると正直「ふざけんな」って思います。

嘘ついたり、デマを流したり、過去の約束を守らなかったり
剰え既に支払い済の金員を再び請求してくる。
こんな会社があったら取り引きしますか?私なら取引停止します。
たとえその会社との取引で多少の利益があったとしても
長い目で見れば必ず有形無形の形で損失が出るからです。
いくらその会社の社員がいい人で個人的なつきあいをしていても取引はできません。
まさしく現在の日韓関係は官房長官が言うようにかなり厳しい状況でしょうし、
ここで変に妥協をするべきではありません。
もちろん韓国側も妥協するつもりもないでしょう。
日本にここまで強く出ているのは、韓国にとって日本は今やさほど重要な国ではないということです。
南北朝鮮が統一すれば韓国は恐らく中国・ロシア寄りの国家になるでしょう。
そうならようにアメリカは韓国と同盟を結んでいるわけですが
ここにきて米韓関係も思わしくないのはアメリカがいよいよ韓国を切り捨てる算段に入っているのではないかと思われます。そもそも日本がここまで韓国の言い分を聞いてきたのはアメリカの意向を忖度してたわけですから、そのアメリカが韓国との同盟を破棄すれば韓国といままでみたいな付き合いをする必要もなくなるわけです。隣国とは平和裏にお付き合いするのが両国にとって一番望ましいのですが、どうしても無理という場合は下手に上辺だけで付き合っていがみ合うより、付き合いをやめた方が平和な場合の方が多いのではないかと思います。敵対するのでなくお互い干渉しない・気にしない。その方が平和だったりします。
「未来志向」と日韓の政府はこの言葉をよく口にしますが、
国交を断絶するのが両国にとってベターな未来なのかもしれません。
もちろんベストなのは両国が仲良く交流することですが、
現在の日韓両国の関係は、ミサイルや戦闘機こそ飛び交っていませんが
絶え間ない紛争状態は戦争状態と変わらないでわけで、
昨日の文大統領のコメントは、ボクには韓国からの宣戦布告に聞こえました。
これではベストな選択はできないわけですから、
よりベターな選択をする以外に道はなくとなると断交はともかく
「なるべく関わらない」という道以外にないきがします。

にほんブログ村 経営ブログ 零細企業社長へ
にほんブログ村

川越・鶴ヶ島・坂戸・東松山の不動産の事なら愛和住販にお任せください