先日鶴ヶ島市の某所で信号待ちしていたら満開の梅の花が窓の外に見えました。
preview
春の花と言えば桜なんでしょうが、ボクは梅とか桃の花も好きです。イメージ的には2月は梅・3月は桃・4月は桜という感じですが、この界隈は梅と桃が同時に咲いていてたりしてそういう場面に遭遇すると心が惹かれます。古来「春」の花と言えば日本では桜ではなく梅なんですよね。「梅」は別名「春告草」と呼ばれてる「春」と告げる花です。万葉集にも多くの歌が詠まれています。当時は紅梅はなくて白梅だけだったらしいですが、2月のまだ寒いころに「凛」として咲く梅の花が昔から好きでした。鶴ヶ島界隈には昔は梅畑がたくさんありました。今の鶴ヶ島運動公園にある「太田ヶ谷の沼」周辺は梅が凄くきれいで駐車場に車を停め梅の花をみながら弁当食いました。運動公園をつくるときにそれも無くなってしまい残念です。梅と言えば松尾芭蕉の【梅が香に のっと日の出る 山路かな】とか小林一茶の【梅さけど 鶯なけど ひとり哉】などの俳句が有名ですが、ボクは松尾芭蕉のお弟子さんの 服部嵐雪の【梅一輪 いちりんほどの 暖かさ】の一句が一番好きですね。この句も非常に有名ですよね。ボクにも俳句の才能が有れば一句詠むところですが、おそらく「才能ナシの最下位」だと思うので止めておきます。ともあれ梅の花も満開で春の訪れを感じますが景気の方は厳冬状態です。トホホ・・

▼「ポチ」してくれると喜びます。
にほんブログ村 経営ブログ 零細企業社長へ
にほんブログ村

愛和住販コーポレートサイト