不動産屋さんの社長って(愛和住販社長ブログ)

愛和住販っていう不動産会社の社長の日記です。 多分、自分は社長タイプじゃありません(白目)

不動産の買い取り・売買・賃貸を坂戸・川越を中心に埼玉県をメインに営業している不動産会社です。新築戸建て・中古戸建てやマンション・売地など取り扱っています。賃貸の仲介もやってます。

タグ:沖縄県

今朝首里城で火災が発生とのニュースをみました。

首里城の火災、午後1時半ごろ鎮火 7施設が焼失 正殿の左側が強く燃える

午後には鎮火し人的被害はなかったものの、7棟が燃えてほぼ全焼だそうです。
首里城と言えば沖縄県のシンボルであり観光地としても有名で、世界文化遺産でもあります。
お城や神社・仏閣がすきなボクにとっては首里城の火災・全焼は本当に悲しい事件です。
しかも復元工事に30年の歳月をかけてつい最近ようやく工事が終わったばかりで今回の火災。
この先再度復元工事をしたとしてもボクが生きているうちに復元された首里城をみることはないでしょう。出火の原因や消防設備がどうなっていたのか今後明らかになっていくでしょうがこうした文化遺産を失う事は本当に心苦しいことです。こんなことなら首里城を見に行っておけばよかったと思います。

にほんブログ村 経営ブログ 零細企業社長へ
にほんブログ村

http://www.aiwa-j.com/

辺野古の埋め立工事反対の電子署名を呼び掛けたローラが
早速ネトウヨさんたちにバッシングされてます。

  モデルのローラさんが辺野古工事停止の署名呼び掛け 「埋め立て止めることができるかも」

実はボクもツイッターのTLでこの電子署名の件を知りサインしました。
ボクは別に人権とか平和とか海を守れとかを叫ぶような人間ではありません。
どちらかというと右のごく一般的な日本を愛する日本人です。
だからこそ今回の辺野古埋め立てには眉をひそめちゃうんですよね。
あまりにも強硬過ぎないかと思うわけです。
座り込みをしている人たちを警察などごぼう抜きする映像なんか見ていると
なんだか日本じゃないみたい。やりかたが「美しくない」と感じるわけです。

で、ローラに対する批判も「芸能人は政治に口出すな」「何も知らなくせに」「反日左翼」とか
的を射た批判というよりも単なる誹謗中傷の類ですからね。
国民に政治に口出しさせない。というのは権力者の発想だと思うんですよ。
戦後の日本の権力者たちは国民をソコソコ豊かにし享楽を与えてきた。
そして国民は政治に関心を持たなくなり選挙にも行かなくなった。
その結果、一部の組織や業界と政治・官僚が利権を欲しいままに手中に収めた。
そんな風にボクは思っているんです。
政治ってそんなものじゃないと思うのです。
「何も知らない人」とはむしろ今の政治家の方だと思うのです。
一般的な世間の暮らしからかけ離れた感覚をもった政治家ばかりな気がします。
だから庶民の痛みが分からないのかなぁと思います。
エリート呼ばれる官僚もしかりです。
ローラの方がよほどマトモに見えます。
別に、ローラのファンではないけどバッシングするほどではない。
少なくとも彼女は誰も傷つけいていない。
自分の主義主張に即わない人間を理由もなく排除する人間こそ「政治」を分かっていないと思います。
ただ、賛否の意見を持つのは健全だとは思います。
なのでバッシングではなくもっと建設的な議論をすればいいのと思います。

にほんブログ村 経営ブログ 零細企業社長へ
にほんブログ村

坂戸・鶴ヶ島・川越の不動産は愛和住販にお任せください

↑このページのトップヘ