不動産屋さんの社長って(愛和住販社長ブログ)

愛和住販っていう不動産会社の社長の日記です。社長っていっても零細不動産屋ですから大したことないです。そもそも社長に向いてないし・・ジョブチェンジするなら迷わず「吟遊詩人」にします(笑)

不動産の買い取り・売買・賃貸を坂戸・川越を中心に埼玉県をメインに営業している不動産会社です。新築戸建て・中古戸建てやマンション・売地など取り扱っています。賃貸の仲介もやってます。

タグ:甲子園

2020年甲子園高校野球交流試合の組み合わせが決まりました。2020年甲子園高校野球交流試合とはコロナの影響で中止になった春のセンバツ高校野球の出場校32校が夏に1試合だけ交流試合という形式で甲子園で対戦する交流戦で8月10日~17日の日程で甲子園球場で行われる対戦です。無観客試合だそうですが「甲子園」を目指して3年間厳しい練習に耐えてきた高校球児にとっては甲子園で野球をさせてあげられるのは良かったと思いますし野球ファンのボクとしても高校野球が観られるのは嬉しい限りです。その交流試合のカードが昨日抽選で決まりました。
“夏のセンバツ”黄金カード実現 
楽しみな対戦は「履正社高校VS星稜高校」昨夏の決勝のカードで星稜のリベンジなるか?
「智弁高校VS中京大中京高校」も決勝戦でもおかしくないカードですね。
そして「大阪桐蔭高校VS東海大相模高校」はまさに夢の対戦です。
我等が埼玉県代表の花咲徳栄高校は初日の第一試合で大分商業と対戦します。花咲徳栄の3年生の某レギュラーの選手はボクの友人の知人の息子さん(つまり他人ですけど)なので応援にも熱が入りそうです。また千葉ロッテマリーンズ非公式スカウトマンのボクとしては秋のドラフトに向けてみたい選手もいます。投手だと中森君(明石商)高橋君(中京大中京)寺西君(星稜)それと花咲徳栄と対戦する大分商の川瀬君に注目しています。また野手だと西川君(東海大相模)来田君(明石商)内山君(星稜)入江君(仙台育英)そして花咲徳栄の井上君に注目しています。どの選手もマリーンズが秋にドラフト指名してもおかしくない選手です。特にマリーンズは右のスラッガー候補が欲しいので西川君と井上君には大注目です。小深田君・関本君(履正社)西野君(大阪桐蔭)片山君(白樺)などなどチェックしたい選手が大勢いていまから楽しみです。ともあれたった1試合の交流戦ですが3年生は全力で戦って思う存分甲子園を満喫してきて欲しいと思います。出場32校の全ての選手を応援しています。

▼「ポチ」っとクリックお願いします。
にほんブログ村 経営ブログ 零細企業社長へ
にほんブログ村 

愛和住販コーポレートサイト

昨晩「モヤモヤ、まり~んず」ブログにも書きましたが、「新型コロナウィルス」の影響で今年のプロ野球のオープン戦72試合が無観客試合になることが12球団の申し合わせの上決定しました。もちろんオープン戦以外の練習試合や教育リーグといった試合も同様です。無観客試合というのは文字通り「観客なし」で試合だけやるということです。草野球や少年野球ですら多少のギャラリーはいるのにプロ野球が観客0というのは驚きです。ボクも40年以上ロッテファンそしてプロ野球ファンをしていますが「無観客試合」なんて前代未聞でこれから先こんなことないだろうと思われ程ある意味貴重な体験です。以前当ブログでも書きましたが今度の日曜日の3月1日のマリンスタジアムでのオープン戦のチケットを購入していて友人達5人と行く予定にしていたのですが昨晩「中止」の連絡をLINEで回しました。「ピクニックボックス」という定員5人のボックス席で今回初めて取った座席でテーブルもついてて皆でビールでも飲みながらのんびり観戦しようと思って楽しみにしていたのですが残念な結果になりました。(レギュラーシーズンだと外野席なのでのんびりしてられません)まぁ政府からの要請などもあり仕方ないと言えば仕方ないので各球団の今回の決定には文句はないのですが、国の初動のミスだったと思っていますのでそこにはやや腹が立ちますね。安倍総理も最初の方なんて「コロナ対策」の会議もそこそこに「会食」だのなんだのと呑気にしてましたからね。ていうか、いまでも医療体制はもとより検査体制も不十分で「新型コロナ」のキャリアが本当はどれくらいいるか分からない状況ですから国民の不安は増すばかりです。一応は2週間の自粛という事ですがそれだって分からないわけです。人間にとっては「分からない」ことが一番の恐怖なんですね。そんな状況にしてしまったのは昨日も書きましたが政府を含めた与党の自公と力もないくせに団結もできない野党ですが結局選挙を棄権してコイツらに国の運営を任せてしまったボク達ですからこれまた仕方ないです。
さてそんな感じでプロ野球オープン戦も無観客試合となり、プロ野球以外の興業も延期や中止が相次ぐ中、高校野球はどうなるのかが気になります。いまのところ中止や延期、無観客試合というような話題は全く聞かれません。3月19日開催ですからそれまでには落ち着いているから大丈夫という予測なんでしょうか?もっともそれまでに鎮静化されてなければ3月20日のプロ野球の開幕も無理なんですけどね。それまでには何とか国内鎮静化を実現して欲しいとは思います。全然関係の話ですが甲子園の無観客試合というと、野球漫画「ドリームス」を思い出します。「ドリームス」では甲子園の決勝が無観客試合でした。どうでもいいことですけど「ドリームス」の終盤はヤッツケ感がハンパなかったですね。

▼「ポチ」してくれると嬉しいです。
にほんブログ村 経営ブログ 零細企業社長へ
にほんブログ村

愛和住販コーポレートサイト


昨日、高校野球の春の選抜大会の出場校全32校が決まりました。「関東・東京」枠の「6枠」の最後のひとつを、帝京高校と同じ埼玉の西武台の3校で争っていましたが花咲徳栄が選抜されました。花咲徳栄はすっかり甲子園常連校になったので西武台にも期待していたのですが西武台高校は本当に残念でした。昨秋の関東大会で優勝した健大高崎校と準々決勝でいい勝負したんですけどね~。帝京高校は東京大会決勝での国士館校との一戦の負け方が印象悪かったですね。まぁ地域性も考慮しチーム力をみたら花咲徳栄の選抜は順当と言えば順当ですね。また今回は「関東・東京」地区から千葉と茨木のチームの選出はありませんでした逆に群馬から2校です。関東圏の春の選抜の基準は前年秋の東京大会の優勝校1校と関東大会ベスト4の5校プラスあと1校という感じです。お気づきかも知れませんが東京は関東大会に出場しないんですね。まぁ出場校が多いから東京大会の優勝校は選抜確定ということなんでしょうけどそこらへんがなんだかモヤモヤします。大阪は大阪大会のあとに近畿大会に出場するわけでなんで東京だけ東京大会で決めるのかずっとモヤモヤしています。例えば今回、徳栄や西武台じゃなくて帝京が選ばれていたらモヤモヤするわけですよ。なんで東京が2校なんだと。東京も大阪と同じように東京大会後に関東大会に出場した方が見たいる方には分かりやすいんですよ。ベスト4に東京勢が2校残れば文句なしに東京2校でいいわけですからね。春の選抜のモヤっとする部分です。
ともあれ花咲徳栄高校みなさん!春の甲子園出場おめでとうございます!埼玉県代表としてまた関東の代表として頑張ってくださいね。
また惜しくも落選してしまった西武台高校の皆さん。この悔しさを夏にぶつけて頑張ろう!そろそろ県西部の高校に甲子園へ行って欲しいです。

▼「ポチ」してくれると嬉しいです。
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 埼玉県情報へ
にほんブログ村

愛和住販コーポレートサイト

【高校野球】佐々木朗希、投げずに終戦… 投球練習することなく大敗 花巻東が2年連続V

高校野球ファンならずとも野球ファンならほとんどの人が知っている
岩手・大船渡高校の佐々木朗希投手。
MAX163km右腕。もちろん今年のドラフトの1番の目玉選手。
その大船渡高校は今日夏の甲子園への切符をかけて花巻東高校と決勝を戦った。
朝から結果が気になっていたが2-12の大敗で甲子園出場はならず。
佐々木はマウンドに上がることも代打で出場することもなく、
彼の高校野球はひっそりと終わった。
彼の将来を考え連投させなかった監督。そしてそれに同意した本人やチームメイト。
それはそれで素晴らしいと思う反面、
強豪校に進まず、中学時代のチームメイトと甲子園を目指し
公立高校へ進学したかつての佐々木の夢は今日破れた。

なんとも賛否両論ありそうな展開ではある。
佐々木は故障でもなく体調不良でもなかったようだが、監督が判断したらしい。
確かに10年?いや30年に一人と思われる逸材だから、高校野球で無理して故障させたくない。
かつての甲子園のスターが高校時代の無理がたたりプロで花開かず散っていった姿は多く見てきた。
プロ野球ファンのボクとしてはピッチャーに関しては特に夏の甲子園へ行かない方がいい派だが、
高校野球ファンとしてのボクとしては、甲子園のマウンドに立つ佐々木の姿も見てみたかったし、
高校で野球を辞めるというチームメイト達はやはり甲子園へ行きたかったと思う。
それを思うと「投げられる」のであれば先発して欲しかった気もする。
また、佐々木の故障を回避するために決勝で出場させなかったのであれば、
4回戦で佐々木に延長12回で200球近く投げさせたのは何故だろう?とも思う。
まぁ監督しては苦渋の決断であったことは理解できるので、
批判する気も擁護する気もないのだが、一人の高校野球ファンとしてはモヤモヤする。
勝った花巻東高校ナインも佐々木抜きの大船渡に勝っても心の底から喜べなのではないだろうか。
佐々木を打って甲子園へ行く。そう思って花巻東ナインは予選を戦ってきたのではないだろうか。
もちろん、佐々木が投げていたからと言って甲子園に行けたがどうかはわからない。
あの、大谷翔平だって高校最後の夏には甲子園へ行くことなく終わっている。
いずれにせよ、「もしかしたら甲子園で投げている佐々木の姿を見られるもしれない」
と淡い期待を抱いていたボクにとっては、あっけない幕切れだった。
佐々木の投球をまじまじ見るのは来年のマリンスタジアムになりそうだ。
(ってマリーンズに入団してるんかい!)

にほんブログ村 経営ブログ 零細企業社長へ
にほんブログ村

にほんブログ村 企業ブログ 不動産業へ
にほんブログ村

http://www.aiwa-j.com/

今日から春のセンバツ高校野球が開幕しましたね。
PCの画面にライブの動画が流れていて仕事しながらちょいちょい観られる。(これは嬉しい)
「平成最後」の全国高校野球大会ですね。
昨年は、我が埼玉県から出場校は選ばれずに埼玉県民としては寂しい選抜大会だったけど
今年は、関東大会で準優勝をした春日部共栄高校が出場してます。
しかも大会初日の今日の第2試合です。相手は高松商。
結構な強敵ですが何とか勝利して欲しいですね。
春日部共栄としては、エースで4番の村田君のデキ次第かな?と思ってます。
さて、今回はこの秋ドラ1候補の高校四天王のうち、星稜の奥川君と横浜高の及川君が出ています。
星稜も今日の第3試合で履正社高校と対戦。これは1回戦屈指の好カードで
今日は午後から仕事どころじゃない(仕事して下さ~い)ですね。
マリーンズ非公認勝手にスカウトマンのボクとしては、まづは奥川君と及川君に注目です。
他には投手としては、札幌大谷高のサブマリン太田君に注目しています。
やっぱり、マリーンズと言えばサブマリン投手でしょ。
2度の9回2死までノーノーという記録(西武・西口と二人だけ)を持つ仁科時成。
世界一低い所から投げるといわれた渡辺俊介。
そしてスカイホークを操る、甲子園通算20勝の小さな巨人・里中智(笑)
そんなわけで太田君に注目しています。
野手では、八戸光星の武岡君と智辯和歌山のキャッチャー東妻君に注目してます。
優勝候補はやはり星稜・横浜・札幌大谷・智辯和歌山・筑陽学園といったところでしょうか。
とはいえ、高校野球は一発勝負。何があるか分かりません。
また高校生は冬の間が一番成長するので、新しいスターが生まれる可能性も大。
そういった意味で春の大会は楽しみですね。
さてさて、平成最後の甲子園大会。どんなドラマが見られるか?楽しみです。

よかったら「ポチ」ってください。
にほんブログ村 経営ブログ 零細企業社長へ
にほんブログ村

http://www.aiwa-j.com/

↑このページのトップヘ