不動産屋さんの社長って(愛和住販社長ブログ)

愛和住販っていう不動産会社の社長の日記です。社長っていっても零細不動産屋ですから大したことないです。そもそも社長に向いてないし・・ジョブチェンジするなら迷わず「吟遊詩人」にします(笑)

不動産の買い取り・売買・賃貸を坂戸・川越を中心に埼玉県をメインに営業している不動産会社です。新築戸建て・中古戸建てやマンション・売地など取り扱っています。賃貸の仲介もやってます。

タグ:給付金

5月は税金の季節です。会社をやっている人は5月に限らず毎月何かしらの税金を納めていますが5月はそれにプラスして「税金払え!」と納税通知が届きます。皆さんのところにのも届いたと思いますが、私の会社と自宅にも納税通知が続々と届いています。まずは自動車税ですね。そして不動産を所有している人には固定資産税。ボクの会社は不動産業なので自宅や会社の社屋だけでなく、会社で販売用として所有している物件の固定資産税の納税通知書も届きます。税金の支払いだけでなかなかの金額になります。つい先日に消費税の予定納税を済ませたばかりというのにまたしても納税通知です。いや、いいんですよ。納税は国民の義務ですから頑張ってお支払いします。でもその税金を使って配ると言ったアベノマスクはまだ届いていません。既にマスクも徐々に市場に出回ってきてますね。アベノマスクが届く頃にはあんなガーゼのマスク要らなくなりそうな気配です(てか国会議員からしてアベノマスク使ってね~し)460億円も予算組んで未だに届かないなら、税金の無駄なのでアベノマスクは希望者だけに配布したらどうでしょう?まぁアベノマスクはともかくとして一番肝心な現金が誰の手元にも届いていないんじゃないですか?給付金はもちろんの事、融資金すら手元に届いていない。にもかかわらず、「納税通知」だけはシッカリと届けられます。いやわかりますよ。それとこれとは無関係だってことは。でもそうい所がイラっとします。自粛といってから1か月。お金もマスクも届く前に「税金払え」って気分的には気持ちよくないです。給付金は一人10万。単身世帯の人は、車の税金で半分は持っていかれます。夫婦で20万の持ち家世帯は、車と固定資産税払ったら残らないかもしれませんね。そうした税金の支払い猶予を決めた自治体もありますが「猶予」というのはいつか払わなければいけないわけです。じゃぁいつなら払えるのでしょう?自粛が解除になったからといってすぐに景気が元通りになるわけじゃない。いや、すでにマイナスなのですから元通りではダメでコロナ前より会社なら儲かる、個人なら給料が上がる状態にならないと払えないわけです。ましてや今回の自粛で商売を廃業せざるを得なかった方々は「猶予」されても払えないでしょう。ボクは自動車や固定資産税などの税金と社会保証料は全て「免除」にすべきだと思ってます。まぁそんなことをボクが主張した所で何も変えられませんが・・しかし国民が「生きるか死ぬか」の瀬戸際に「税金払え!」と通知を寄越す。何度も書きますがそれが悪いといっているのでなくて気分が悪いというだけです。そう思いません?

▼「ポチ」っとクリックお願いします。
にほんブログ村 経営ブログ 零細企業社長へ
にほんブログ村 

愛和住販コーポレートサイト

緊急事態宣言延期が案の定発表されましたね。5月いっぱいですか?こうなると今日(5月6日)までと歯を食いしばって耐えて自粛していた人達の心が折れましたね。ボクの知り合いの飲食業を営んでいる何人かの方々は今週末からの営業再開に踏み切るそうです。自粛警察の方々は「許せん!」と思うかもしれませんが自営業の方々の苦労を見ると「許せん」とは言えません。かと言ってそのお店に飲食をしに行くつもりもないのですが・・先日の安倍総理は会見で、「敬意」「感謝」「思いやり」「絆」でコロナに勝とう!と言っていました。素晴らしいスピーチだとは思います。ただしそれは安倍総理が宗教団体の指導者であればの話です。しかし安倍総理は日本のリーダーです。「思いやり」や「絆」は非常に大切な心ですが、「思いやり」では支払いできないし「絆」ではメシが食えないのです。一国のリーダーが具体的な話をしないでポエムを語るのは小泉進次郎だけにして欲しい。これではいつになったら緊急事態宣言が解除されるか誰も分からない。先がわからないから人は不安になるのです。そして一番の問題はここまで国の支援が1円も届いていないとことです。「給付金の支給」は決めたけど決めただけで手元に現金が届いていない。ボクの住む川越市HPを見るとマイナンバーカードを持っていない人には5月末くらいに申請用紙が届くそうで、そうすると現金が手元に届くのは早くて6月。つまり緊急事態宣言から2ヶ月後なんですね。それも10万円。この間家賃は2ヶ月分かかります。家賃だけじゃなく支払いは4月・5月分と2ヶ月分です。貯蓄がある人なら耐えられるでしょうがそうではない人は耐えられない。本当に遅い。というかわざわざ時間がかかるルールにしてるとしか思えません。もっとも給付金どころかアベノマスクすらまだ手元に届いていませんから推して知るべしです。国民の一人としては、コロナではなく今の政府に対して「緊急事態」を「宣言」してやりたい気分です。昔の自民党ならもっと違っていたと思えてなりません。自民党議員は昔よりもかなり劣化していると最近感じます。


▼「ポチ」っとクリックお願いします。
にほんブログ村 経営ブログ 零細企業社長へ
にほんブログ村



↑このページのトップヘ