不動産屋さんの社長って(愛和住販社長ブログ)

愛和住販っていう不動産会社の社長の日記です。社長っていっても零細不動産屋ですから大したことないです。そもそも社長に向いてないし・・ジョブチェンジするなら迷わず「吟遊詩人」にします(笑)

不動産の買い取り・売買・賃貸を坂戸・川越を中心に埼玉県をメインに営業している不動産会社です。新築戸建て・中古戸建てやマンション・売地など取り扱っています。賃貸の仲介もやってます。

タグ:自民党総裁選

菅さん、総裁選不出馬ですか。総理辞めるんですね。本人は最後まで続けたかったと思いますが例によって党内の同調圧力ですかね。「菅のままじゃ総選挙勝てないぞ」って事でしょうね。なにせ与野党問わず議員さんの一番の仕事は「選挙で当選する」ってことですからね。落選したら失業ですから必死ですね。結局、総理大臣といっても派閥(数)の力がなければ自分の進退すら自分で決められない。いまだと安倍・麻生・二階さんあたりがキングメーカーとして幅を利かせているのでしょう。菅さんは最初から傀儡ぽかったですけどなんか可哀そうですよね。まぁ総理が変われば多少自公与党に対する逆風は少なくなりますかね?そんな目先の首のすげ替えに騙されるほど国民もバカではないとは思いますが。もっとも野党も立憲民主が最大野党だし、維新は限りなく与党だし国民民主も与党と連携するとか野党にあるまじき発言するし政権交代は難しいとは思いますがもう少し自公与党の数を減らさないと何も変わらないし。ボクとしては政権交代して安倍政権が隠蔽してきた疑惑の数々を新政権の方々に暴いて欲しいとは思います。限りなく黒に近いグレーってなんか気持ち悪いんですよね。

▼「ポチ」っとクリックお願いします。
にほんブログ村 経営ブログ 零細企業社長へ
にほんブログ村

安倍総理が辞任して次期総理は菅さんでどうやら決定のようです。TVなどのメディアは連日菅さんを中心に次期総理話題を放送してますが別に何も盛り上がりませんよね。自民党内の権力闘争で派閥=数の力で決まるだけでそこに国民は介入できませんからね。菅さんは安倍政治の継承で各派閥の支持を受けたようです。現状維持を望むのは「現状に満足している人」ですから自民党の国会議員のみなさんは安倍政権時代の様々な事を変えて欲しくないんでしょうね。こうなるとボク達庶民の暮らしぶりも変わらないと言事になります。いま裕福な人はずっと裕福なままでいられるます。おめでとうございます!そしてボクを含めいま大変な思いをしている多くの人々は大変なまま必死で毎日生きていくわけです。菅さんは「自助・共助・公助」と言ってますが、要するに「自分の事は自分で何とかしろや。できなきゃ民間でなんとしろ。何でも国に頼ってんじゃね~よ」ってことです。サスガ叩き上げの菅さんらしい発想だと思います。自分の力で総理大臣まで上りつめた人が言うと説得力があります。でも、だったら国なんて要らないし政府なんて要らない。よって総理大臣も議員もいらね~よって話ですよ。公助が少ないなら税金も下げろよって思います。ボクの想像する政治ってそういう事ではないと思うんですけどね。そんな菅さんが自民党総裁=総理大臣になる日まであと少し。何の期待感も持てません。そもそも以前も書きましたが、自民党総裁=総理大臣ってやっぱり変。三権分立にならないじゃないですか。

政治家
議員さんってこんなイメージしか浮かんできません。まるで悪徳不動産屋です(笑)

▼「ポチ」っとクリックお願いします。
にほんブログ村 経営ブログ 零細企業社長へ
にほんブログ村 

愛和住販コーポレートサイト

自民党の総裁選が終わり、予定通り安倍総理が3選となった。
石破議員も善戦したけど国会議員票が全然だったね。
まぁ党内の総裁選なんてやる前から結果が分かっている予定調和的儀式だけど
与党の総裁=日本の総理だから、野党の党首選とは少し訳が違いますね。
私は自民党員でもなんでもないので投票権はありませんが
盛り上がりはなかったですね。
北海道地震などもあり、安倍氏と石破氏の討論もそれほど報道されなかったし
番狂わせは起きないテッパンレースですからね。
私はネットで二方の討論を見ましたけど、石破さんの方が印象が良かったですね。
安倍さんはいつもの通り良くわからないことを言う場面が多かったように見えました。
まぁいずれにせよこれで総選挙でもないかぎり、あと3年安倍総理時代が続行になります。
戦後最長の総理は佐藤栄作さんでしたっけね。
3期の任期を全うすれば余裕で、安倍総理が戦後最長記録を更新します。
長く総理大臣をやった。ということでは名を残すでしょうけど
果たして実績で後世に名を残すような総理大臣になりますかね。
今のところ私の感覚では安倍総理が「なにかをやった」感がありません。
モリカケ問題くらいしかなく、「やった」というより「しでかした」というイメージです。
まぁ、安倍さんが一番やりたいのは憲法改正。
それをやったら確実に後世に大きく名を残すと思うけど
実際に私たちがやってほしいのは景気回復ですよね。
「アベノミクス」といったところで、株と為替と金利でしょ。
確かに大企業や一部富裕層は利益を上げているかもしれませんけど
いち庶民や中小零細企業が潤っているわけでなく
地方の疲弊やデフレも全く改善されている実感はありません。
むしろ貧富の格差や地方間格差が大きくなっているような気がするのですがどうでしょう?
憲法改正よりも多くの国民は今日の暮らしが大切でそこを何とかして欲しいんですけどね。
円安・株高だけで内需は全くだし個人消費も増えない。
いままで6年間のアベノミクスはどちらかといえば失敗ではないかと思います。
とはいえ有効な施策のないでしょう(あるけど出来ないしやらない)
とりあえずは来年の消費税率の引き上げを再延長してくれればと願っています。

にほんブログ村 経営ブログ 零細企業社長へ
にほんブログ村



埼玉の不動産売買は愛和住販で!



↑このページのトップヘ