不動産屋さんの社長って(愛和住販社長ブログ)

愛和住販っていう不動産会社の社長の日記です。 多分、自分は社長タイプじゃありません(白目)

不動産の買い取り・売買・賃貸を坂戸・川越を中心に埼玉県をメインに営業している不動産会社です。新築戸建て・中古戸建てやマンション・売地など取り扱っています。賃貸の仲介もやってます。

タグ:貴乃花親方

貴景勝「最初で最後の優勝にならないように…」

大相撲は、貴景勝の優勝でした。
相撲はあまり見ない(てか相撲の時間は仕事中)けど、結果くらいはね。
横綱不在の場所とは言え、小結での優勝は立派です。
特に元貴乃花部屋で、部屋が消滅しゴタゴタしている中で優勝できたのは良かったと思います。
貴乃花親方はどう思っているんですかね?
もちろん、弟子の優勝ですから嬉しいに決まっているのでしょうが
それでも、自分の部屋の力士として優勝するところを見たかったんじゃないかなって思います。
自ら選んだ道とはいえ、貴乃花部屋を閉めてしまったのは若貴時代のボクには残念です。
ただ、こうして貴景勝が優勝したことで、
貴乃花親方の育成は間違っていなかったということは証明できました。
貴景勝は、そこまで考えていないでしょうけど
ボクなんかは、貴景勝が貴乃花親方の仇討ちを見事に果たした。なんて思っています。
ぶっちゃけ、八角理事長をはじめとする相撲協会の貴乃花親方に対する扱いには憤りを感じてました。
なにも、部屋閉鎖にまで追い込まなくても・・・って思ってましたから
貴景勝が土俵のうえで相撲協会をやっつけた。って思っています。
そういう浪花節がこのオヤジは大好きなもので(笑)
まぁ、そんなわけで相撲に興味の薄いボクは
しばらくは元貴乃花部屋の力士を自然と応援してしまうのです。

にほんブログ村 経営ブログ 零細企業社長へ
にほんブログ村

坂戸・川越の不動産の買い取りは愛和住販にお任せください

昨日から貴乃花親方引退のニュースが巷を騒がせています。
一連の騒動も貴乃花親方の降格で決着したかに思ったのですが
協会の執行部もしつこいというかなんというか。
どうしても貴乃花親方を追放したかったのですかね
一門に加入しないとダメなんていう時代に逆行するようなキマリを新たに作り
結局貴乃花親方を追い込んで相撲界から追放しました。
執行部側は「圧力はかけていない」といってますけど
パワハラとかセクハラは「された側」がどう思うかであって
「やった側」が「やった」なんて言うはずないんですよね。
レスリングも日大もボクシングも体操も
ぜんぶやった側は「やってない」と言うわけですよ。
実際、「圧力」があったかどうかは分かりせんけど
貴乃花親方の一連の騒動を見ている側は「やったな」と思う人が大半でしょ。
誰一人、貴乃花親方を引止めるコメントもなければ話し合いがもたれた報道もない。
「引退届」を受理しないのは「退会願」が提出されていないからとか笑っちゃいます。
しかし、貴乃花親方も変わり者ですけど
こんな形で平成の大横綱で相撲界に多大な貢献をした人を追放していいんですかね?
これは監督官庁が乗り出すべき案件だと思いますよ。
税金から補助金を出している団体なんですから、
国民がある程度納得しないまま幕引きはいかがなものかと思いますね。

そんな貴乃花親方の引退よりもワタクシの心を震わせたのは
岡田幸文の「引退」の二文字であります。
そう我がマリーンズ「永遠の0」「エリア66」のあの岡田の引退です。

千葉ロッテマリーンズ岡田幸文が引退へ

岡田と言えば、育成ドラフト6位で入団し成功をおさめた「育成の星」です。
初打席から2496打席無本塁打はプロ野球記録であります。
「無本塁打」を不名誉な記録のように書く記事もあるけどそうじゃない。
むしろホームランを1本も打たずに10年もプロ野球界にいたことが凄い。
その守備範囲の広さは「エリア66」と呼ばれ
相手打者のヒット性の当たりをことごとくアウトにし
「残念そこは岡田だ」とのキメ台詞を生むまでになった漢である。
その守備力と走力だけで育成から支配下になり
1軍に這い上がったわけだからこれは誰にでも真似できるのではない。
巨人との交流戦の東京ドームで魅せたスーパーキャッチ3連発を始めとする
岡田のスーパープレーの数々はいまでもこれからも語り継がれ映像として残るわけです。
通算ホームラン70本を打った選手のホームランが映像として残りますか?
よほど劇的なホームランじゃない限り残らない。
でも、岡田のスーパープレーの数々は残され語り継がれるわけです。
まさに昔の小坂誠同様、守備だけでメシを食える職人であり
ファンはその守備だけにお金を払っても惜しくない選手なわけです。
そんな岡田がまさか福浦より先に引退とは想像していなかっただけに寂しいですね。
打てなかったりミスしたりした時には散々ディスっていましけど
それもいまでは懐かしいでです。
岡田幸文。たくさんの夢や歓喜をありがとう!

【ロッテ】岡田引退の理由は


IMG_4174

IMG_4175

にほんブログ村 経営ブログ 零細企業社長へ
にほんブログ村



埼玉県の不動産の買い取りは愛和住販で。

落選の貴乃花親方は2票、阿武松親方は8票で当選

注目の大相撲協会の理事選挙がありましたね。
貴乃花親方はあっさり落選でした。
テレビでは連日「票読み」などをして
逆転もあるかも?と思わされたけど
蓋を開けてみれば、たったの2票。
改めて「一門」の結束の強さというか
何も変わらない体質というか
そういうものを感じました。
テレビで「票読み」なんてしたので
逆に「一門」内の締め付けが厳しくなったのかもしれませんね。

個人的には残念に思いますが
貴乃花親方は自分が落選するのは承知していたでしょう。
それでも、立候補したのは無選挙になることを避けたなど
色々と思惑があったのでしょうね。
それにしても、過去の傷害事件で係争中の春日野親方とかが
シラーっと理事に当選してたりすると
池坊さん達、評議員の方たちは
春日野親方を理事としてすんなり承認するのか?
などと思わなくもありません。

さて、これで相撲界の改革は遠のいたのでしょうか?
八角親方率いる現体制が勝利したのでしょうか?
私はそうでもない。と思っています。
ここ数カ月貴乃花親方が責められていたのは
「理事」でありながら協会に非協力だった。ということだから
逆に「理事」でなくなった今の方が
出来ることも増えたような気がします。
確かに具体的な改革は、理事になり味方を作らないと不可能ですが
具体的な改革よりも先に相撲界の体質を変えるとというか
今の悪い部分を壊すという意味では
むしろ「理事」でない方が自由が利くのではないかと思います。
貴ノ岩の事件も「理事」でなくなった今、
協会に対して強い態度ででれるのではないか。
また、今後様々な問題が起きた時には
理事でない分いまよりもっと色々な発言ができるのではないか
そんな風に思ったりします。
ともあれ、理事選は2年に1回。
貴乃花親方にはここから2年間の過ごし方が重要ですね。
まずは、自分の部屋の弟子たちを鍛え
関取を増やしていくことですね。
横綱・大関でも部屋から出せればね。


にほんブログ村


↑このページのトップヘ