不動産屋さんの社長って(愛和住販社長ブログ)

愛和住販っていう不動産会社の社長の日記です。 多分、自分は社長タイプじゃありません(白目)

不動産の買い取り・売買・賃貸を坂戸・川越を中心に埼玉県をメインに営業している不動産会社です。新築戸建て・中古戸建てやマンション・売地など取り扱っています。賃貸の仲介もやってます。

タグ:賭け麻雀

黒川検事長が賭け麻雀で辞任しましたがその処分内容が軽いとの批判がありました。その件について衆院の法務委員会で、法務省の川原隆司刑事局長が「旧知の間で、レートはいわゆる点ピン。具体的に申し上げますと、1000点を100円と換算されるものでございまして、もちろん賭けマージャンは許されるものではありませんが、社会の実情をみましたところ、必ずしも高額と言えないレートでした」と答弁しネット上では「点ピンは合法」とザワついています。麻雀を知らない人の為に説明すると、「点ピン」とは、1000点=100円のレートのことです。1000点50円は「点ゴ」1000点1000円は「デカピン」といいます。麻雀は最初に25,000点を持っているのですが30,000点返しといって30,000点がプラマイ0の点数です。つまりゲーム終了時に31,000点持っていれば「プラス1000点」29,000点なら「マイナス1000点」です。最初に持っていた25,000点が全てなくなると「マイナス30,000点」です。1000点=100円ですと3000円ですが、これに順位点(ウマといいます)がつきます。1,2位にはプラスで3,4位はマイナスです。その他にもいろいろとお金のやり取りはありますが通常の回数やると勝っても負けても2~3万円という感じです。ボクもいまでこそ麻雀は数年に1回くらいしかやりませんが若い頃は麻雀が好きで年間250日くらいは麻雀を打っていました。仲間同士で行くこともありましたが、ほぼフリーといって一人で雀荘に行って知らない人と打つというパターンです。もっとも毎日通っているとフリーといってもみんな顔見知りになっちゃいますから飲み屋の常連みたいなものですね(笑)さてそんなフリーの雀荘のレートは大抵「点ピン」で、高くても「リャンピン(1000点200円)」です。なので検事長さんが打つレートしては確かに低いレートですし利益供与目的ではないと理解はできますが、2006年の第一次安倍政権の時に「賭け麻雀は違法」と閣議決定してるんですね。それが今回の上記のような答弁ですからお友達に寛容だと言われちゃいますよね。またいままで賭け麻雀を起訴してきた検察のNO2がいくらレートが低いからといって違法であることを知りながら賭け麻雀をやっていて懲戒じゃなくで辞職で退職金数全万円を受け取るのは国民感情としては面白くありませんよね。そういえばむかし知り合いの雀荘ががさ入れを食らったことがありました。その雀荘も「点ピン」でした。雀荘ががさ入れされるのはたいていが負けた人間が警察にタレこむというパターンらしいです。もう面倒だからマジで「点ピンが合法」と法律で決めちゃえばいいと思います。そして検察庁の中で堂々と「黒川杯」(麻雀大会)を「点ピン」でやりましょうよ。桜井章一さんとか西原理恵子さんを呼んで。優勝者には「総理大臣賞」でトロフィーを安倍総理が授与するとか盛り上がりそうです。そんな「黒川杯」なら参加してみたいですね(笑)

▼「ポチ」っとクリックお願いします。
にほんブログ村 経営ブログ 零細企業社長へ
にほんブログ村 


愛和住販コーポレートサイト

黒川検事長が辞職 森法相が進退伺、首相慰留 

定年延期の法案を巡ってすったもんだしていた黒川検事長でしたが、文春で賭け麻雀をすっぱ抜かれて結局「辞職」ということになりました。検察庁法案を今国会で見送った途端の文春砲からぁ~の辞職に何やら胡散臭さを感じたりします。それにしても処分が「訓告」ですか。「厳重注意」の次に軽い処分です。法の番人である検事さんが賭け麻雀という一応は違法行為を犯していながら「訓告」の処分とはいかにも軽すぎる気がします。賭け麻雀といえば過去には元ライオンズの東尾修さんとか蛭子さんとか逮捕されていますよね。高須先生のパートナーの西原理恵子さんも昔「まぁじゃん放浪記」というマンガを書いていた時には高レート麻雀をしている自分の姿をマンガに書いてましたね(逮捕されなかったけど)かくいうボクも今はほとんどやりませんが若かりし頃は毎日のように雀荘に通う「ジャンキー」でしたから賭け麻雀そのものを非難できるようなモンではありませんが、現状の日本の法律だと賭け麻雀は立派な「犯罪」なんですよね。公務員のしかも検察庁のしかも検事長が「訓告」だけの処分では、東尾さんも蛭子さんも納得いきませんよね?そしてもっと納得がいかないのは、「懲戒免職」ではなく「辞任」ということなので黒川さんには7000万円超の退職金が払われるということです。税金ですからね。一応は「犯罪」を犯してそれを認めたわけでしょ。それなのに辞任して退職金7000万とはボクのような庶民感覚だと納得がいきませんね。そしてこの軽い処分を下した森大臣にはお咎めなし。「進退伺」を出して総理が慰留って三文芝居ですよね(笑)やはりこの国はオカシイです。いやこの国の政治家と役人がオカシイです。ボクは決して自民党が嫌いではないのですが正直ってここ数年の安倍政権は信用できない事ばかりで失望感はあります。野党に対してもそれほど期待感はないのですが、与党に対する失望感の方が今は大きいですね。そろそろ安倍政権も限界じゃないかと感じています。それにしても「賭け麻雀」ですかぁ。一般人や一般企業なら大騒ぎして非難するような案件ではないとは思いますが、公務員で検事長で税金から退職金7000万円支給となるとそりゃ非難されますわな。こちとらまだ10万円支給の申請用紙すら届いてないどころかマスクすらいまだに未支給ですからね~。賭け麻雀といえば蛭子さんが捕まった時に「もう2度と賭け麻雀はしません。賭けてもいいです」というようなコメントしていたのを思い出します。

▼「ポチ」っとクリックお願いします。
にほんブログ村 経営ブログ 零細企業社長へ
にほんブログ村 

愛和住販コーポレートサイト



↑このページのトップヘ